立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚約おめでとう。

 ウィリアム皇太子の婚約が決まったそうで。

 あ、間違えた、王子だった。

 いや、なによりざんす。
 幸せになって欲しいものです。


 子供の頃から幼い彼らの姿を映像で見てきたので、
 「あんな小さかった子が、結婚!?」

 なんて思っちまいますが、
 気付けば28歳ですか。

 早いものです・・・

 
 その分アタシは老けたのか・・・

 結婚が早すぎるということはありません。

 婚約者も同じ28歳ですからね。
 
 一般家庭と違って、跡継ぎを望まれる微妙な立場にいる未来の王としては、
 相手の女性をいたずらに待たせるのも、
 よくないことでしょうから。
 
 とにかく、
 大変な世界だと思うんでね、
 頑張って欲しいものです。



 一昔前は、
 王子様との結婚なんて夢の出来事。

 ある意味シンデレラドリームとなった。


 けれど、優秀で美しい女性には、
 さまざまな仕事で活動できる昨今では、
 「子を産む」重圧と
 「人々の見本でいる」疲れと、
 「常に視線にさらされる」緊張を考えたら、なかなか王族との結婚には踏み切れない。

 実際に王族の離婚やトラブルもあり、
 それを考えたら、
 王子と結婚するのが、ただの「憧れ」では済まないことを、みんな分かっている。


 チャールズ皇太子も、
 結婚相手を選ぶとき、男性経験がなく、育ちが良く、
 若く見目麗しい相手を選んだけど、本当に好きな女性は別だったようで、
 多くの悲劇を招いた。

 今や、王族と言っても、
 国によっては、バツイチ子持ちの人と結婚したり、
 違う人種の人を選ぶ人もいる。

 多くの人の期待や、
 血筋への自分たちのプライドや、国民の厳しい目もあるものの、
 日本でも今後、
 ますます「皇族の方との結婚」は、
 デリケートで大きな問題を抱えた話になりますよね。

 今はまだ若き、
 日本の宮様方が、将来、支え得る相手とめぐり合えることを
 心から願います。


 結婚しない、という選択も許されそうにないし、皇族・王族は大変だね・・・。

 とにかく、
 末永くお幸せに。

 王子様と結婚したお姫様には、
 「幸せに暮らしましたとさ」となって欲しいものだから。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1030-9971b0f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。