立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越してきましたの挨拶。


 引っ越してきました、の挨拶をされたことがないと
 知人が言いました。

 そう、
 今は微妙なライン。

 引っ越した先がチンタイであっても、
 独身用か家族向けかでも、ずいぶん違う。

 
 ワタシは、一応家族向けだけど、子供が生まれたら狭い、という微妙な広さのアパートにいるので、
 引っ越してきた人は挨拶に来ることがあります。

 でも独身向けだと、
 お互い「関わりたくない」とか
 「他の部屋の人に個人情報を知られたくない」とか
 いろんな理由で、行き来が少ないように思います。

 
 
 以前1人暮らし用のアパートに住んでいたときには
 その中間だった。
 
 引越ししてきた人は、
 たまに「引っ越してきました」というメモと、ラップやティッシュを、
 ドアの取っ手に引っ掛けておいてくれたりしました。

 1人暮らし同士だと、
 家にいる時間も合わないことが多いし、
 居そうだと思っても、夜行くのは憚られるし。


 
 で、アタクシのアパートに、一気に3部屋の引越しがあった。
 一軒だけ引越しの挨拶に来てくださったけど、
 このご時勢なので、
 危ない世の中なので、
 子供と二人暮らしの世帯だと、ドアを開けるのを迷ってしまう。

 引越しの挨拶に行くのも、危険と隣り合わせだ。
 引っ越してきた方も、ドアを開けたら怖そうな人が出てくるかもしれないし、
 挨拶される方も、ウソをついてドアを開けさせる泥棒かもしれないので、
 どっちも怖い。

 
 嫌な時代だけれど、
 だから同じアパートに住んでいる人と、
 面識も会話も挨拶も無い、っていう場合も、よくありますよね。


 ということで、
 この間挨拶に来られたときは、
 ちょっと緊張しました。

 
 同じアパートでも、誰が住んでいるか分からない時代。
 ドアを開けるのも逡巡する時代。
 
 ふと、
 今どんどん増えている孤独死や、
 孤独死した人の部屋を片付ける業者さんのお仕事を思い出しました。

 私たちの老後には、「孤独死」ってのが、
 当たり前みたいになるのかな、と思いました。

  
 プライバシーと防犯の意識が、
 イコール社会との隔絶、になっていってしまうのは、なんとなく寂しいもんですねぇ・・・


 
  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1025-bf369c30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。