立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題性さればあればいいの・・・

 のりぴーはやっぱり、芸能界に復帰するそうな。

 芸能界にそういう需要があるんだろう。
 間違いなく、
 「話題性」はあるんだから。
 
 コマーシャル代もいらない。

 批判はともかく
 マスコミはとりあげる。


 ・・・。


 それでもね、
 それでも、

 贅沢さえしなければ
 普通の生活はできるんだよ。

 介護の資格、ちゃんと取れば
 地道に生きていけるんだよ。

 不祥事を起さなくても
 芸能界をさっぱり引退して、
 (話題性がなくなったせいもあるけど)
 
 普通に暮らしてる人も、大勢いるんだよ。


 ここで
 いつでも戻れる甘い世界だと思わせてしまったら、
 彼女は変われないような気がする。

 どんなに反省してみせても
 どんなに泣いて見せても
 それは演技にしか見えない。

 

 つらい肉体労働で
 汚物の処理もして
 体の不自由なご老人や病人の介護もしてこそ、
 人間的に深みが増すと思ったんだけど・・・

 今回のことは
 別にダンナが全て悪いとは思えないけど
 それでも話題を求めてしまうのが
 日本なんだななぁ・・・。

 マスコミなんだな・・・

スポンサーサイト

力を注ぐ方向


 以前、人間を一番やる気にさせるのは
 「怒り」だと言った人がいる。

 その人の持論では
 「こんなこともできないのか」とバカにされたり
 「使えないやつだ」と決めつけられたり

 その屈辱をバネにして
 必死で努力してその人以上に仕事ができるようになったり
 ある分野に特化した勉強を進めたり、
 資格を取ったり、

 だとしたらその「怒り」は
 確かに活力になっていて
 向上するための力になっているのだけど

 力の使い方を間違える人って、いません?



 怠慢を注意されたら頑張るのではなく
 注意した人にいかに復讐するか、それに力を注ぐ。

 恨み、憎み、
 足をひっぱり、
 仕事を邪魔し、
 書類を隠したり、ひたすら陥れることを考える。

 自分がその人を超えることより、
 他人を下に落とすことに全力を注ぐ人。


 その力と時間を
 他に使えばいいのに、と
 もったいなく思う、そんな三十路。

 30年以上も生きていれば
 そんな人を、見かけますよね。

 善意のアドバイスにも
 逆恨みしか持てないような大人を・・・。


 
 

宝石と夢

 宝飾会社の「ジェムケリー」に業務停止命令が出たそうな。

 無料プレゼントなどで釣って呼び出した客を返さず、
 強引に買わせるなどの手口が悪質だったとか。

 無料プレゼントか・・・

 うーん、欲しいけど、
 あからさまに怪しいから私はいかないな。

 画廊も。
 エステも。
 粗品プレゼントとか無料券とか。

 中にはほんとに単なるプレゼントもあるんだろうけど、
 じゃあ「こっち送っておくれ」ってなもんだ。


 少なくとも、
 私は宝石って
 記念や特別な日の贈り物として
 自分で買ったり誰かにもらったり
 「思い出」とともにあるものだと思う。

 ふと歩いていて
 ショーケースにくぎ付けになって
 それが欲しくて一生懸命働いて節約するのもいい。

 それも一種の「欲しかったから頑張った思い出」なんだし。


 ところが
 ローンを組んだりして、
 呼び出されて無理やり買わされた、と思う宝石はどうだろう。

 宝石に心はないかもしれないけど、
 見るたびに嫌な気持ちになる宝飾品なんて
 持ち主に厭われて
 寂しいものだ。

 高価なのに、宝飾品にはあまり実用性がない。

 転売しようとすると
 一気に値段が下がるのは常識。


 無垢な金、プラチナ、ダイヤなどなら
 高く売れる場合もあるだろうけれど、 
 アクセサリーは加工代などもあるから、原材料価格だけで買えるわけではないからね・・・。


 絵画にしても、
 エステにしても、
 「とても高額なのに、強引に買わされてしまった」という事態を防ぐ一番の方法は、
 そういう逃げにくい場所にいかないことと
 デート商法などを見抜くこと。

 オレオレ詐欺や、架空請求などと一緒で
 「うちだけは大丈夫」なんてことは、無いんだもの。

 
 近頃はデート商法のために婚カツサイトに登録している
 イケメンや美女も多いと聞く。

 みなさま・・・どうぞご用心を。



 (やばいと思ったら、借金があるので、って逃げることザンスよ。
   そこで逃がしてくれないようなら、確実に監禁で犯罪だから、逃げられたら警察直行アル)


 宝石や絵画と、ペットを同じにしちゃいけないけれど、
 動物も貴金属も
 「儲けるための道具」 や
 「投資目的のモノ」
 としてガンガン売るのではなく

 それを気にいって
 愛して大切にしてもらえる人に売るのが、
 望まれるから売る、ってのが理想なのだけどな・・・。




 
 
 

チェルノブイリとの比較

 福島原発事故の影響があった地域で
 被爆したコドモに多い
 「甲状腺がん」が一例見つかったそうだ。

 見つかったけれど
 政府は
 「チェルノブイリでは初めて症状がでたのは
   事故から4年後だ。

  だから早すぎるので因果関係は立証できない
」と見解を示した。


 ・・・。

 ・・・。


 ガンだぞ。

 幼い体で「ガン」って言われるんだぞ。

 親も子供も、果てしない重圧とストレスで、人生が変わるのに。



 原発事故は、なんでもかんでも「想定外」

 放射性廃棄物置き場の屋根がふきとんでも「健康に影響はない」

 いつまでも立ち入り禁止なのに「他の原発は安全が確認されました」



 ・・・。


 福島だって、安全っていいまくって操業してませんでした?

 のどもと過ぎてないのに
 もう熱さ忘れちゃったの?

 お金の力と原発への天下りが、のどを冷やしたの?



 とにかく
 なんでもチェルノブイリと比較するのは
 やめてもらえないだろうか。

 ここは島国だし
 住んでいる人種も違うのだし。

 惨事だが『チェルノブイリよりはまだ良い』とか、
 健康被害はチェルノブイリで出てないものは、日本でも出ないだろうとか
 チェルノブイリで数年後に出てきた症状はまだ出ないだろうとか、


 チェルノブイリを全部の基準にするの、
 どうかんがえてもおかしいでしょ。



 少なくとも、
 隙間だらけでも
 チェルノブイリは原発を壁でかこって
 「むき出し」だけは、今は格好だけは避けているのに。(現実には漏れてても)

 津波に地震に避難生活に家族の離散、死亡
 日本には日本の災害があって、
 日本の被害者が居て、
 原発事故は全部同じではない。


 チェルノブイリと、
 「ただ原発の事故だから」って比較の対象にするのは

 犯罪の被害者に
 「もっとひどい目にあってる人もいるから、あなたは楽な方だよ」って
 そんな比較をするくらい

 違う気がする。

 
 

吉凶

 生活の中で
 吉凶をとても気にする人もいる。

 私は無頓着な方なのだけれど、
 それは、見ている側からすれば
 イライラハラハラすることもあるようで、

 吉凶に無頓着だからそういう結果になっているんだ、と
 説教されることも、多々あり・・・

 しかしねぇ
 アタクシ、そういうのを全部否定するつもりは全く無いんですよ。

 何か根拠があったり
 実際にそういう事例があって言い伝えになったりしたこともあるんだろうし、

 科学的になにか証明できなくても
 証明できないからデマカセだ、とは思わない。

 証明できないことだって
 ただ証明はできないけれど
 現実にはそうだ、ってことも、あるんだろうし。

 これから証明されるものごともあれば
 永遠に証明はできない不可思議なことも。


 

 前置きが長くなりましたが
 それでも、
 名前の画数や産まれた日で、すべての運命が決まるとは
 どうしても思えないアタクシ。
 
 運勢についてどれだけ熱く語られても、 
 「誰にでもあてはまるような運、不運だよな
   ものは言いようだよな」 なんて思いつつ聞いてしまう。



 そんなアタクシでも、ふと家相や庭の吉凶を見て、
 さすがに少々、
 嫌ーな気持ちになった。


 ■禍を招く凶木:
  芭蕉、しゅろ、そてつ、ぼけ、楠、むくげ、ざくろ、もみ、梨、
  百日紅、ぶどう、柳、その他に、下方に垂れ下がる木、つた類、雪ノ下などが
  忌み嫌われる。

  家の前にいちぢくがあれば、病人が絶えない。


 
 ・・・。


 えーっと

 ざくろ
 そてつ
 芭蕉
 しゅろ
 百日紅
 もみ 
 ツタ
(家の壁に這わせてある)

 これらは間違いなく、実家に生えてたっけ。

 さらに、
 家の前にいちぢくの木、植えてたっけ。


 ・・・。


 吉凶に無頓着にもほどがあるタガメ家。

 確かに姉は病弱で何度も死にそうになってるし、
 父は60で倒れてほぼ寝たきりになった。
 
 家族も仲悪かったねぇ。 (苦笑)

 だからと言って、
 いちぢくが無ければ家に病人が出なかったとも思えない、
 そんなアタクシ。

 これから新たに「凶」と聞いた木をわざわざ植えようとは思わないけど、

 柳が生えてようが
 ぼけが植えてあろうが
 幸せな家は幸せだろうと思う、本日のタガメ。



 ただ一つ言えることは、
 実の生る木を生垣にしてしまったがために
 うちの実家は鳥たちのフン害に悩まされた。

 ご近所にも迷惑をかけまくった。


 実のなる木や
 葉っぱが大量に落ちる木は
 ・・・


 住宅地では

 植えない方が、吉 に違いない 

 (面倒だから)


神隠しじゃ済まない


 6年生の女の子が
 かばんに詰められて連れ去られるところだった、と言うニュースを聞いて
 背筋が凍った人は、
 私だけじゃないだろう。

 6年生と言えば
 かなり体も大きい。

 体力もある。

 だけれど、かばんに詰めようと、 
 連れ去ろうとしてしまえば
 できないことはないのだ。

 今回は女児に意識があって声が出せたことと
 タクシーで移動したので運転手が気付いたことが救いだったけれど

 もし、大形の旅行鞄で
 キャスターがついて自分で移動できるものだったら
 どうだったんだろう。
 
 自分で車を所有していて
 自分で運転していったとしたら?

 恐ろしい結末を想像できなくもない・・・。

 子を持つ親なら
 震え上がったことだろう。


 もちろん女の子の親はともかく、
 男児なら大丈夫という保証はない。
 
 お金目的でもないなら
 裕福な家庭だけが用心すればいいわけでもない。



 オートロックのマンションであっても
 まったく油断はできはしない。

 怖いのが「隣人」である可能性は、いくらでもあるのだから。



 世の中に怪談はいくつあれど、
 やはりどう考えても怖いのは、生きている人間だ。

 何を考えているか分からない。



 「行方不明」とされたまま、ずっと解決していない幼児の行方不明事件も、まだある。
 成人だって
 本人が自発的に家出したのか分からないので
 うやむやになっていることも、ある。

 自分が美人だとかお金持ちだからとか
 そういうことは関係なく、
 誰しもそんな風に
 「消えて」しまうこともあるってこと。それは他人事じゃない。

 そしてもし見つかったとしても
 すでに命がなければ、
 犯人が捕まっても、救いにはならない・・・。




 
 

婚カツサイト


 こうしてネットを開いていると
 画面のどこかに「婚カツサイト」へのバナーが表示されていることが
 よくある。

 楽天やグーグル、
 ヤフーでも、どこを開いても
 なんらかの出会いを求めるサイトがあったりする。

 それはお金をたくさん払ってお見合いのようなものをするタイプであったり、
 ただ単に出会いの機会を作るだけのサイトだったり、
 パターンはさまざま。


 ただ、気になるのは、
 そのバナーはやっぱり、美男美女のカップルであったり、
 理想的なカップルを表示していること。

 今日、ふと見たバナーでは
 「アラサー独身、そろそろ嫁さん欲しいな」という言葉とともに、
 若くカッコいい男性に、
 優しそうな若い女性がスーツの上着を着せ掛けている写真が載っていた。

 
 うーん。


 奥さんに上着を着せ掛けてもらって、
 となると、
 共働きは難しい。

 一家の家計はアラサー、つまり30代前半かそこらで
 男性1人で賄える状態、と言うことになる。

 なかなか難しい・・・。

 婚カツサイトは多々あれど、理想を追いすぎちゃダメだし、
 自分が求めている結婚って何だろう?ってちゃんと考えないと
 結局誰からも断られたり、
 自分からも断り続けることになるんじゃないかな。

 お見合いも、3回以内に決まらないと、
 その後何回やっても納得しづらいって言うし。

 「もっと良い人がいるんじゃないか」
 「もっといい条件があるんじゃないか」
 「この人で決めて本当にいいのか」

 そう思い始めたらキリがない。


 




 私の世代では、
 まだ子供の頃
 「クリスマスケーキ」という言葉を聞いたことがある。

 25日になると値段がぐっと下がる、という意味で、
 女性は25歳になると結婚適齢期を過ぎ、
 価値が下がるという嫌な意味だったけれど・・・

 
 それもいまや昔。


 晩婚化も進んだ昨今、
 25歳で「行き遅れ」だなんて言う人は滅多にいない。

 かつてドラマで「女性の一番の適齢期は27歳だ」なんて
 マツシマナナコさんが言ってましたけど、
 その後、それもさらに上昇している気がしなくもない。

 30歳独身の女性は周囲にわんさか居るし、
 別にだからって、
 それで恥ずかしいだの
 焦っているだの、そういう人ばかりでもない。

 だいたい、可愛い衣装を着て踊っているアイドル集団にだって、
 20代半ば子が居る時代なんだから。

 
 焦ることはない。

 焦ることはないけど、
 いざ結婚を自分の意思だけで決めるとなると
 なかなか難しいのが結婚。


 そして、
 理想はあくまでも理想、
 ドラマの中の出来事のようなことばかりは起きないって
 ちゃんと考えてないとダメだよな、と思う三十路。


 結婚に一回失敗した身でどうこうは言えないけど。

 ( ̄▽ ̄;)


 
 
 
 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。