立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生はけっこう我慢。


 客と口論になったバスの運転手が
 バスと乗客をそのままにして
 下車してどっか行ってしまったそうで・・・

 会社側は懲戒を考えているそうな。

 そ、そりゃまあそうでしょうね。


 どんなことを言われたかされたか知りませんが
 ほかの乗客は完全にとばっちりだし、
 お金払って乗ってるのに運転手がどっか行っちゃったら
 困る。
 
 実に困る。

 急にタクシーも拾えないし
 急いでいたらたまらない。

 髪染めの途中で美容師さんがいなくなっちゃったくらい困る。

 (ん?ちょっと違うか?)



 大変なのは十分分かる。



 ある、クレーム担当をしている友達は
 同僚がすでに、何人も自殺してしまったそうだ。

 


 だけど仕事だもん・・・つらいけど。

 人はかなり、
 我慢して生きている。


 その中でも
 お客さんと密に接して同じ部屋(車内)で近くにいなきゃいけないから
 バスやタクシーのドライバーは
 クレームどころか
 暴力の犠牲になることもある。

 忍耐どころか危険と隣り合わせの仕事。

 

 それは分かる。

 客が悪い場合もかなりあるんだけど、
 分かっていても
 今回は運転手が悪い。

 1回目じゃないし。


 他にも客と口論になったり、
 トラブルになった他の車のドライバーに接触させたりして
 問題になっていたそうな。

 以前にも言ったけど
 車は凶器になる。



 バスやトラックと小型車が当たれば、
 たいてい小型車が負ける。

 人間には感情があって
 つらいときには逃げ出したくなったり
 逆らいたくなるときもあるだろうけど、

 大型車の運転手には、悪いけど、それは許されない。



 雇用側も
 怒って他の車の運転手に故意にバスを当てたりした過去のある運転手は
 そのままドライバーで使っちゃダメだよ。

 カッとしてバスを放棄していなくなったからまだ良かったものの、
 カッとして暴走していたら、
 命にかかわる事故になっていたんだから。

 ニュースじゃすべては分からない。
 客にどんなことを言われたのか
 運転手がどんなストレスを抱えていたのかも分からない。


 でも、ダメなんだよね。
 仕事だから、我慢しないと。


 (双方の保護のためにも事故の対応のためにも
   タクシー、バス、普通の乗用車にも、ドライブレコーダーの標準装備を願っています。)



 
  
スポンサーサイト

結局東電もボーナスは出るということで。


 東電はやっぱり
 ボーナスは出るということで。

 電気料金は値上げするけれど
 非難されている「東電社員と家族・OBのためだけの東電病院」は売却されることもなく
 一般の患者を受け入れることもなくそびえたち、
 ボーナスは出て、
 株主の意見は全部却下。


 株主からの提案は絶対に聞かず、
 会社側の決定事項を言うだけ。

 すべて却下されるなら、株主総会は
 開く費用すらもったいない。

 ・・・株主総会の意味はあるのだろうか。意見が一個も通らない株主。



 国もだけれど
 予算縮小とか
 経費節減とかいう時に
 
 下から下から削っているように思えてならない。


 豊かなところからは取らず、
 ギリギリのところから取っていないだろうか。

 東電だって
 一番危険な原発の後処理の現場作業は
 下請けの、孫請けの・・・正社員でもない人たちが・・・




 企業を優遇しないと
 海外に拠点をうつしてしまって、
 法人税がとれなくなって困る?


 ふぅん・・・。


 低所得者層が増え続けて
 福祉に税金がどんどん投入される一方で、これでいいの?

 法人を優遇すれば
 そのメリットはちゃんと
 社員に、社会に、一般人に還元されるの?

 
 幸福度はお金では測れないけれど
 少なくとも
 国民の所得を、平均して「日本の所得はだいたいこれくらい」と言うのは
 絶対に間違ってると思う。




 

ロンサム・ジョージ


 世界でただ一匹、生き残っていたガラパゴスゾウガメの
 通称ロンサム・ジョージくんが亡くなったそうだ。

 推定100歳。



 亀の時間の流れは私たちとは違うから
 かわいそうなのか、寂しかったのか
 よく分からない。
 
 分からないけど、
 生物が環境に応じて変化してきたガラパゴスでも
 人間による急激な環境変化や乱獲には
 とても進化は追いつかなかったんだな、と
 寂しく思います。

 絶滅寸前まで追い詰めて
 ピンチになるとなんとか種を存続させようと必死になる姿は
 日本でのトキと言い、
 人間の愚かさを感じます。

 私も含めて。



 カラスだってうんざりするほどいるから害獣扱いだけれど
 あと残り数羽になったら
 保護で必死になるんですよね、
 きっと。


 人間の数は
 どんどん増えるばかりなのだから
 その分他の生物が減らないと
 住む場所も足りないってことかしら・・・

 この悪循環はそう簡単には止まらないんでしょうね。



 100年以上生きたと言われるジョージくんの話を聞いて
 ふと100年前って
 どんなんだったんだろうと考えました。

 日本は大正になったところで
 だからまだ和服の人が大勢居て
 学校に行けない貧しい人も居て
 そしてあの大きな「第二次世界大戦」の前だった。

 日本で100年生きてきた人は
 時代が変わり
 戦争が起きて
 その後復興してきたのを見てきたんですよねぇ。

 もちろん、その間に外国に兵士として駆り出されたり
 移住して戻ってきた人もいるんでしょうし。



 100年の重みを感じるとともに、
 ああ、私はその三分の一くらいは、もう生きたんだな、と気がつきました。

 30数年の人生の中で
 オウム事件を見て、日本でもテロは起きるんだと恐怖し、
 阪神大震災を見て
 アメリカの911テロも見て
 東北の震災も見て
 原発の爆発も見た。

 100年生きるとしたら
 まだ50年以上ある。

 悲しい事件を
 これ以上見たくないし
 今まで起きた事件を
 絶対に忘れずに伝えていきたいと思った、そんな三十路。



 もちろんロンサムくんは
 ただそんな人間たちのごたごたをよそに
 静かに生きて
 命を終えたのだろうけれど・・・

 保護を受けている絶滅危惧種、
 それから存在さえも知られないままに絶滅していく動物たちも
 将来の人間の姿なのかなぁ・・


 勝手なようだけど
 子供を持った以上、
 人間には絶滅してほしくないし
 人間の住みやすい世界であって欲しい。

 天災が避けられないなら
 せめて
 テロも戦争も原発も、無い世の中でありますように。








 

年齢限定でもいいから、補助が全額だといいな・・・

 
 海外の制度をすべて手放しで賞賛するわけじゃないけど
 フランスの不妊治療については
 いいなって思いました。

 42歳までなら不妊治療費は全額補助とか。


 日本は、いざ子供が欲しいと思っても
 援助が少ないんですもん。

 結果的に
 裕福な人は子供を得られる機会をより多く得られることになってしまう。

 海外に渡るとか
 高額な体外受精を何度も受けるとか。

 (代理母や受精卵の提供については、私もまだ反対なのだけど)



 よく知らない人は
 「日本だって不妊治療には補助があるでしょ?」って言いますが

 わずかな額です。

 実際に苦しんでいる人たちの支払いを聞いたら
 びっくりすると思います・・・。


 たしかに不妊だからって、それで死ぬわけじゃない。

 だから死ぬような大病にかけるお金を増やしたいという
 国の言い分は分かるけど

 人口が減っちゃうからさ、
 産みたい人が産めるように、
 不妊治療にも保険を適応して欲しいわ。

 若いのになぜか原因不明で流産してしまうとか
 うまくいかないひとは
 ほんっとに大勢いるんだもの。

 そしてその治療費は、
 軽く車が買えちゃったりするくらいだから
 庶民にはつらい。

 il||li(つд-。)il||li



 そして、若年層には
 厳しいようでも現実を伝えたい。
 
 年齢を重ねても出産は大丈夫だったりするけれど
 危険や障害児の発生率、流産も増えるってことを。

 もし不妊治療を始めるなら早めに。
 それに、婦人科の健診を受けるのも、
 若いうちから行っておくにこしたことはない。
 
 自分の体のためにも。





殺したいと言われたら?


 鬼束ちひろさんが 他のタレントさんなどのことを
 「殺してぇ」とツイートして
 問題になってるようだけれど・・・。

 どんな理由があるにしろ
 軽い気持ちにしろ、
 もし本当に個人的に憎しみや遺恨があったとしても
 
 公の場で「殺してぇ」って、
 それはちょっと・・・。


 
 有名人が有名人に対しての言葉だから
 今回は大きな問題になったけれど
 一般の人も、同じ面がある。

 
 死ねとか
 殺すとか

 あんまり、簡単に誰かに向けて言ったり書いたりするのって
 どうだろうか。


 私は霊とか占いとかはぼんやりとしか信じないのだけど
 「言霊」ってものがあるように思う。

 言葉が人の心をえぐったり、
 追い詰めたり
 命を縮めたり。

 そんな力があるから、それが言霊ってことなんだと思う。



 醜く、人の心をえぐる言葉を安易に発すると
 それは自分のどこかにも溜まっていって、いつかへどろのように
 中から自分を腐らせていくんじゃないだろうか。

 特定の個人に対して
 「殺してぇ」はないんじゃないかと、思ったりする三十路。

 
 頭、固いのかなぁ。

 そのくらい、
 アーティストならいいのかな。
 
 自由でかっこいいんだろうか。


 古いんだな、きっと私は。


ウマズメ

 石女、って言葉知ってます?
 私は大嫌いな言葉。


 
 いまだに男性への不妊治療への協力が薄いと言われる日本。

 男性だって不妊にはなる。
 精子が少なかったり
 精子がいてもほとんど動いていなかったり、
 それは本人が健康でもスポーツマンでも関係ない。

 性交渉が盛んでも
 血気盛んでも
 精子がいなければいない。

 それは別に、
 誰にだって起こりうること。


 誰でも盲腸炎になるように、
 本人が鍛えていても関係ないこと。

 なのに、
 正直、まだ男性が不妊と言うと
 とても恥ずかしいことのように思われていませんかねぇ。

 とくに男性自身がそう思って
 なかなか検査しない気がします。

 私の印象ですけどね。


 ※うちもそうでしたし、世の中そういう男性が多いと聞きますが
  違うという意見があればすいません。
  日本の男性は女性よりもずっと不妊治療に積極的で
  男性の方が率先して検査を受けにいくのに!と思う方がいたら
  ごめんなさい。




 ある夫婦が不妊に悩んでいたんですが、
 なかなか夫が不妊治療に参加せず、
 奥さんは1人で通院していました。

 結局、
 数年後に夫にほぼ精子がないことが分かりましたが、
 その結果を聞いたお姑さんは言いました。

 「ウマズメをもらったせいで、苦労して困るわ!」


 男性が原因だと検査で分かっても
 お姑さんにはまったく関係がないようです。

 子供ができない=産めない女=ヨメが悪い

 そう思いたいのか、
 本当に分からないのか。

 自分の息子に悪い噂が立たないためにか、
 率先して「石女の嫁をもらってしまった」と周囲に言いふらし始めました。



 未だにそんな考えの女性がいるようで
 悲しいです。

 ウマズメなんて言葉が、この世から無くなってしまえばいいのに。
 石女なんて、本当に嫌な言葉。



 結局、お姑さんにとことんいじめられて離婚されちゃったので
 元奥さんは引っ越して、再婚しました。

 近所にもひどい悪口を言いふらされて、
 実家周辺にも住めませんでした。
 
 男性関係がひどかったので性病を持っていたとか、
 とにかく聞くに耐えないことを言いふらされてしまったので。

 
 元奥さんは再婚したらどんどん子供が生まれて
 実家に挨拶に来ていました。

 そして元夫は姑の勧める
 「貞淑で妊娠できる腰の女性」と再婚しても、子供はできませんでした。
 
 それだけのお話。



 久々に、最近私の知人がお姑さんに
 「ウマズメ」と言われて傷ついたので、そのことを思い出しました。


 嫌な言葉。
 

 デリケートな言葉なんだから。
 だけれど、「女性の不妊のほうが責められやすい」ってのは
 直したいものだわ。

 世の中の、せめて女同士でのさげすみ合いは
 高齢の女性の「不妊は女の方が悪い」っていう認識は、
 無くなったらいいのにな・・・。

 もちろん、男性から言われるのだって許せませんけれど。




 

6文字


 ある本の中で
 主人公が長く付き合った彼氏との結婚に悩んでいた。

 レストランで食事をしていて
 ウェイトレスさんに、なんだか傲慢な態度なのが気になってしまう。

 その気持ち、
 私もすごい分かる。
 
 お金を払ってるんだから、こっちはお客様なんだからって態度が
 あまりにあからさまだと
 自分が馬鹿にされていなくても、嫌な気持ちになることがある。


 
 主人公の彼氏は、
 終始店員さんにはぞんざいな口調で態度も悪く

 水がなくなると
 「ちょっと!水!」と投げやりに言う。


 それを聞いた主人公は
 「ちょっと みず は6文字
  みずください も6文字
  同じ6文字なのに水下さいと言わない相手と、私は結婚できるだろうか」



 細かいようで
 これが大きいのよねぇ・・。


 そんなこと言ってるから晩婚化が進むとか
 生涯独身の人が増えるとか
 そう言われちゃうとグゥの音も出ないけど

 贅沢なことかなぁ。



 もし相手がお金持ちでカッコよくて
 お姑さんも優しくて
 そんないい条件の相手でも

 一緒に食事に行くたびに
 店員さんを「おい!」って呼んだり「ちょっと水!」とか
 下手したら「店長呼んで」とか
 そんなんだと疲れる。

 それだけじゃなく
 そうして店員さんの前で態度が悪くなる人って
 ほかでもそういう面があるんだよね。

 少なくとも私はそう思う。



 逆に私は
 レストランでも店でも
 会計が終わったら、ありがとうとかご馳走様って言って
 商品をもらったり、店を出たりする。

 するとね
 それを「店員にまで気をつかって気持ち悪い」って言われたことがあるんですよねぇ。
 その相手はもちろん
 「ちょっと水!」派の人で。


 お互いそういうところが合わないと
 きっと小さな鬱憤がたまって、うまくいかないんだろうな。 
 日常が疲れるんだろうな。

 「水下さい」
 
 そして

 もらったら「ありがとう」と言っても、損は何も無い。


 そう言える子に、
 うちの子を育てたい。

 別にお金を払う側が店員さんに丁寧に話しても
 気持ち悪くないじゃん。
 いいじゃん。





プディングへの憧れ


 近頃、「あの本にでてきたお菓子が食べたい」という希望に沿った
 グルメ本が売れていたりするそうな。

 ハイジが食べてた山羊のチーズやら
 ぐりとぐらが食べていたパンケーキやら。

 こんな作り方だろうと
 似たようなレシピを紹介して、食べてみよう、と。



 昔あこがれたものを再現したり食べてみたい気持ちは
 もしかしたら
 ちょっとだけ、懐かしのおもちゃを大人買いする気持ちとも通じるもんだろうか。



 私の場合、
 未だにあこがれの気持ちがあるのは
 「プディング」


 ぷっちんぷりんしか知らなかった子供時代に
 本に出てくる「プディング」はほんとに不可思議で魅力的な食べ物だった。

 ライスプディング
 パンのプディング、

 そして大皿に載って出てきて、切り分けられるプディング。



 カップに入って出てくるプリンしか知らない私には
 プディングを切り分けるとはどういうことや?と謎だった。

 そして
 なんだか外国のおしゃれな家庭で食べる
 素敵なものに思えてならなかった。

 アリス・イン・ワンダーランドにも
 何度かプディングが出てきましたっけ。

 プディングとともに
 「ブドウ菓子」というものも出てきた。

 食後のプディング
 食後のブドウ菓子。


 どんなものか、味わってみたい。



 だけれど、憧れのままでいたい。
 現実に食べてがっかりするのも嫌だし、 
 もしがっかりしなくても、どういうものか分かってしまったら
 それ以上物語への夢が無くなってしまうから。



 プディングは、憧れのままがいい・・・。


 

火だるま


 空き地で二人の焼死体が見つかり、
 どうもゴミ捨てをしていて誤って体に引火したらしいと報道されている。

 布団などを運んでいる姿が目撃されていたそうな。

 詳細はまだ分かりませんが
 ・・・空き地でごみを燃してしまおうと思ったのかしら。

 廃棄物を出すのも大変な時代ですし
 捨てるのも有料だったり。
 少なくとも私の住む地域では、お年寄りが粗大ゴミを出すのは大変だ。


 
 この話を聞いて
 ふと、父が燃えた話を思い出しました。

 昔、各家庭で出る可燃ごみは
 庭や簡易焼却炉で燃しちゃってた時代のことです。

 昭和の時代には
 ホームセンターに小さな家庭用の焼却炉がたくさん売られていたりしたんですよねぇ。
 ダイオキシンなんて言葉も知りませんでしたし。


 そうして家でごみを燃していたとき、
 火の粉が飛びましてね

 化繊のウィンドパーカーを着ていた父の服が
 一瞬で燃え上がりました。

 ほんっとに一瞬でしゅわっと!


 あの瞬間人って動けませんねぇ。


 一拍置いたあと、はっとしてバケツの水をかけましたが
 奇跡的に中に燃えにくい服を着ていたので
 髪や眉が焦げただけで済みました。

 一歩間違ったら
 死亡事故だったかも。



 家庭でも
 料理の火がフリースの袖に燃え移る事故なんかが
 たまに起きると聞きます。

 火は便利ですが
 やっぱり危険。

 家庭用消火器は、「使わずに無駄になるかもしれないけど保険のつもりで」
 常備したいものでございます。


 そして、屋外でのゴミ燃しは、ダメってことで・・・。



 

クレジットカードにも逃げ道。


 話題になっている生活保護について
 各国の対策をいろいろ見てみた。

 国民が餓死したりするのは良くない。
 だけれど保護が充実すると向上心が薄くなる。

 難しい問題・・・。
 誰がどう線引きして判断するのか。




 「食料だけが買えるクレジットカードを配給する」という手もあるそうな。

 それならパチンコなどに浪費はできないだろう、と。


 うーん・・・。

 どんな方法にも悪用しようと思えば方法を考えてしまう人がいる。

 パチンコやかけごとは、
 ある意味中毒だ。
 病的ですらある。

 食費を削ったって、何としてでも行く人はいくだろう。


 食べ物だけが買えるクレジットカードだって
 購入したものを現金化する手だって、ありそうだ。


 生存権、
 人権、
 健康で文化的な最低限度の生活を送る権利は
 確かにあるのだけれど・・・

 「本当に保護を必要としている人」を見極めるのは難しい。

 近所の人が不正受給だと通報する例も多々あるようだけれど
 それも本当に難しい。


 
 事故の後遺症で、見た目には分からないけど働けない傷害を負ってしまった人や、
 笑顔でいても、重い心臓疾患などがあって、働けない人やら・・・

 
 答えの出ない問題って、 
 多いもんですよね・・・・



系譜

 私は祖先についてあまり知りませんが
 家系図を持っていて
 自信を持っている方もいらっしゃいます。

 名家の出であるとか、
 何代前に没落する前は豪商であったとか。

 ・・・。

 怒られそうですが、
 何代か前の祖先がかっこつけて見栄を張って
 適当に書いた場合もあるので、
 あんまり自信満々なのもどうかと・・・。

 いや、ごめんなさい。

 うちの祖先は見栄なんて張らない!
 家系図に嘘なんて書かれることはない。
 本当に高貴な血筋なんだ!

 って、この間ちょっと怒られたので
 家系を自慢に思っている人には、
 もう、そんなことは言いませんが。

 ただ、私はもし
 今、自分の家系図が出てきて
 実は数代前に立派な人物が居たと分かっても、

 「そう」と思うだけです。


 それが真実であっても嘘であっても
 他にも立派でない血だって、絶対に混じっているワケで
 人間、元をたどれば誰と親戚かは分かりません。


 身分を隠して農民に身をやつした敗将もいるかもしれないし、
 犯罪者もいるかもしれないし。 
  

 家系図に書かれなかった人だっているはず。


 小泉元首相だって、祖父は総身に入れ墨の入ったとび職上がりだし、
 正妻にはお子が生まれず、
 おめかけさんたちが産んだ子が跡を継いだ。

 つまり、小泉さんの親は、お妾さんの子だ。

 だから悪いでしょうか。
 何か人として劣っていますか?

 
 小泉さん家だけじゃなくて、 
 世の中、実は養子だけど家系図には書かなかったとか
 そんなことは過去にいくらでもあると思う。

 吉田茂だって
 嘘かまことか「おれは本当は妾の子なんだ」とよく言っていた。


 人間はもとをたどればみんな猿なんだし、
 自分の系図をどこまでも正確にたどれる人なんて、
 本当はいないはず。
 



 戦乱の世で殺しあった血も、
 貧しい農家の血も
 朝鮮半島から流れてきた渡来人の血も、

 はるか数百年たどれば、みんなどう混ざってるかなんて分からないでしょ?




 だから何ってことでもないけど、
 名家の血筋なんだと自慢している人が、

 他の別の方については、
 「あいつは隠してるけど在日三世なんだ」と馬鹿にしているのを聞いて

 不思議に思いました。


 家系図が立派ならその人は立派なんでしょうか。

 祖先が豪商や華族の血を引いていたら、その人自体の価値もあがるんでしょうか。
 在日だと自分よりも劣るのでしょうか。



 韓国との領土問題は、もちろん解決していかないといけない。
 国家間のいがみ合いも、いつか解消されるといい。

 でも、北朝鮮との拉致問題とは別にして、
 個人の貴賎に問題はないでしょうに。
 
 人として「私は高貴であの人は下賤だ」というのは、何か妙だ。


 宗教や国籍だけでなく、
 そうやって自分の血筋を自慢して、差別をするのは
 何か違うと思う。

 簡単に解決できる問題ではないですが。
 


 

サシハラさんに思うこと。


 いまや人気上位にいれば何でも話題になるAKB48。


 その人気ランキングで一ケタに入ったサシハラさんが
 男性とのお付き合いがバレて
 地方の別チームに左遷になったそうだ。

 AKBはいまや、各地と各国にあるから
 海外チームにならなかっただけでも
 救いだろうか。

 
 アイドルの不祥事に関心があるわけではないけれど
 商品価値としては気になる。

 この間、議員と不倫した官僚が更迭されたけれど、
 つまり
 「公人」として認識される人にとって、
 スキャンダルはお金になるから売れるのだ。

 それを忘れちゃいけない。

 アイドルだって人間だから
 恋愛をしたい。

 しかし証拠を残せば、
 それはいつか、お金に替えられることがある。


 売れたアイドルが、過去にいかがわしいビデオに出ていて追放されたり、
 男性との写真が流出して人気が無くなったり。

 恋愛は自由だけれど、
 相手を信じるのも自由だけれど、
 
 アイドルや公人が恋愛に夢中になるときには
 それと引き換えに「今の地位」を失うことは覚悟すべきだと思う。

 
 ヒトヅマなら、恋愛の自由と引き換えに
 今の家庭を失う覚悟が。
 コドモや夫の信頼を失う覚悟が必要だし、
 
 誰だって、何か好きなことを選ぶなら
 それを引き換えに他のものを失う覚悟も必要。

 

 アイドルとして多くの男性にモテつつも、
 自分も特定の男性と自由に恋愛したい。

 それはなかなか、難しいことザンス。

 サシハラさんだけの問題じゃなく、
 自分の写真は「商品価値がある」ってことを、有名人の方々は忘れちゃいけない。

 写真、
 ラブレター、
 何気ないツイート、

 いろんなものに注意しなきゃいけないもんなんですよね。
 何かを守るためには。



他の人は原発に賛成なんだろうか


 一人ひとりに聞いて回るわけにはいかないので
 分からないのだけど・・・

 原発の再稼動に
 多くの命を預かる総理や議員が賛成しているように
 一般の人も
 再稼動に賛成なんだろうか。



 分からない。

 
 産廃置き場やお墓や火葬場だって
 「必要なものだけど我が家の近くにあったら困る」と反対活動が生まれる。

 だけれど必要だから
 どこかには作らなくてはならない。


 
 でも原発はどうなんだろう。

 安全ではないことは分かった。
 安全ではないことが分かったけれど、
 それでも「絶対に必要でなくてはならないもの」なんだろうか。

 再稼動する前に
 「本当に原発はなくてはならないのか」
 「無いとどうなるのか」
 
 そういった議論を、うんざりするほどしてみるべきじゃないんだろうか。



 総理がやると言ったら動いてしまったり、
 原発がある地区の責任者が再稼動に賛成したら、
 それで済む問題ではない。



 ある議員が「放射能汚染された血液を輸血されたいか?」というようなツイートをして弾劾されたけれど、
 海外の見る目は
 一時期日本全体に対してそうだったでしょう?

 海外旅行で日本人が放射能検査を受けたり
 差別されて問題になったでしょう?

 日本で「フクシマ」を差別するのなら
 海外から「JAPAN」が差別されても、文句は言えない。

 小さな島国で原発が爆発したんだから
 「日本は放射能汚染された。日本のものも汚染された。日本人も汚染された」と。



 原発を再稼動させるかどうかは、
 その原発がある地域の人が決められる問題では、もはや、ない。


 原発が事故を起すことは
 日本全体を危険に落としいれ
 日本全体を巻き込み
 日本人全員に影響があることなんだから。

 日本人全員の問題。




廃炉40年


 原子力発電所は原則として
 40年稼働したら廃炉にするという案が廃案になりそうだ。

 40年以上稼働しても問題ない、という議員が多数だから。

 ・・・。


 いくら頑丈に作ろうとも
 所詮は機械。

 機械は老朽化する。
 いつか壊れる。

 それが精密な機械であればあるほど、
 顕著だ。


 10年前の携帯電話は、今、どうだろうか。
 20年前のは?

 すでに骨董品の域に達している。


 さまざまな産業の40年前の安全基準は
 今も同じだろうか。

 違うなら、40年後の安全基準だって違うだろう。



 「原発はたぶん大爆発しない」という前提にして
 日本の原発は動いていた。

 だからアメリカでは原発の周囲にこんなに人は住んでいないのに
 日本では住んでいた。

 だって事故は起きないという前提だったから。

 もし起きたら、と考えるのはタブーだった。



 40年、たぶん大丈夫だろう、じゃなくて
 逆に40年も稼働させて大丈夫だろうかという前提に立たないと、

 結局、今回の事故の教訓は何にも役立っていない。


 同じ間違いを、また起こすのだろうか。
 自分の利益のために。
 議員や、天下りした役人たちのメリットのために。


 

殺されるための殺人



 自殺する勇気がないから
 だれか殺して死刑になろうと思った。

 という身勝手すぎる理由で
 二人の犠牲者が出た。

 ただ通りすがっただけ。
 ただ、そんな悪意ある人に行き会ってしまっただけで
 殺されてしまった。


 誰がそうなるかは分からない。
 運が悪ければ私だって明日、そんな身勝手な人に殺されるかもしれない。





 死刑になりたいから人を殺す人にも
 やっぱり人権があるのが悔しい。

 刑務所でちゃんと裁判を受け
 病気になれば治療を受け
 三食食べて風呂に入って生きる権利がある。

 税金で。

 


 死刑にかかる負担は、それまで生かしておくためのお金だけじゃない。

 執行するまでの多くの裁判、 
 執行するかどうか決める裁判官や裁判員の心の負担、
 執行をする、ボタンを押す人の苦悩。

 そしてもちろん、
 死刑が執行されたとしても
 殺された人の無念と遺族の悔しさに、
 終わりはない。


 死刑にしてあげず、厳しい強制労働を無休で続けさせることもできない。
 人権があるから。


 ただ一つの救いは
 もし死刑になるとしても
 「自殺が怖いから死刑になりたい」という人が

 死刑執行なら怖くないとは思えないこと。

 後悔して毎日刑務官の足音におびえながら
 自分のしたことを後悔して欲しい。

 残酷なようですが
 私はキリスト教徒でないので
 人を殺すくらいなら勝手に自殺して欲しいと思うんです。

 自分で自分を殺すのは、ある意味、「権利」とも見ることができる。
 見ず知らずの他人を殺す権利は、無い。



 他人を身勝手に殺す罪と
 自分で自分を殺す罪の重さは、比べ物にならないと思うから。

 (これには反対の意見の人もいるので私の勝手な言い分です)




 間違っても
 精神鑑定で無罪になって、出てきたりしませんように。

精神論?


 首相は原発の再稼動について
 
 「精神論だけでは乗り切れないから」と言ったそうな。


 ・・・

 精神論じゃないと思うんですけど。

 実際、避難している人が苦労してるとか
 危ないから不安とかじゃなくて

 今回、原発は意外にコストがかかってる上に
 手入れはアナログで危険だって分かったじゃないですか。

 
 暴走したときの被害への対処に
 どんだけお金がかかると思ってんですか。

 今回も、電力値上げするとか言ってるけれど
 それは原発が止まったから費用がかかるんじゃなくて、
 事故が起きたからでしょうに。



 精神論じゃなくて
 事故を起したら被害額がハンパじゃないから。

 人間が受ける被害もとてつもないけど、
 金銭的にもすごい損失だから。

 
 稼動しちゃえばなんとなく
 「しょうがない、やっぱり無いと困るもんね」っていう雰囲気になるだろうと思ってるんだろうか。


 将来、また事故が起きたときに
 歴史に名を残すことになるわよ。

 「原発が大事故を起して間もないのに、また稼動させて
  再度日本を危機にさらした首相」として。


 もちろん、そんなことになるのは望んでないけれど
 とりあえず、福島の燃料も冷えてないのに
 ノド元過ぎちゃったんでしょうか。

 
 私は、断固反対。

 今まで冷房かけすぎだったの!!
 足りないなら節電すべき。



払い損

 また生活保護の話だけれど
 受給者が増え続けるのは
 今後も同じだと思う。

 政府だって
 そのくらいの予想はしてるんじゃないだろうか。

 だって国民年金の未納者が大量にいるんだから。

 
 長生きしたら、
 生活保護を申請することになるだろう。

 生存して
 最低限度の生活はする「権利」があるのだから。

 そして年金の支払いは
 義務じゃ無い。
 




 どう考えても
 どこまで考えても
 「納め損」という言葉しか浮かんでこない。

 国民年金を満額納めても
 それでも生活保護の支給額より少ししかもらえないなら
 「じゃあ払わないでおこう」と考えるのは
 そんなにおかしな結論じゃないと思う。

 
 年金の支給額をあげるために財源を変えるとか
 高所得者や資産家への年金支給を止めるとか
 「どこかから大反対されても制度を変える」ことを実践しないとダメなんじゃないかなぁ。



 とりあえず、
 現在の高齢者がすでに年金じゃ最低限度の生活ができないようでは
 若者が払う気にならないのは
 そりゃそうでしょう・・・


 (払えない人もいるし)
 
 
 

ニュース


 朝、ニュース見ようと思ったら
 AKBの話題でてんこ盛りで、驚いた。

 そうか、朝、そんなにみんなに伝えるべきニュースなのか・・・。
 需要があるから供給されるものなのか、
 それとも需要を増やすために大きく報道するのかどうかは分からない。

 分からないけど
 ゴールデンタイムに生放送するほどだから
 見る人は多いんだろう。



 皇位継承権のあった皇族が亡くなり、

 逃げ回っていたオウム信者がもう一人追い詰められそうで

 だけれどテレビをつければまずAKBの人気投票の順位。


 悪いってことじゃないけど
 なんだろう
 もやもや、もやもやしている本日のわたくし。




 景気が悪いニュースを流すから景気が悪くなるんだ!
 と主張する人もいる。

 不景気だ不景気だと言うから不景気になるんだ、と。


 だったら
 世の中に深刻なニュースや辛いことがあると報道するより
 アイドルの順位の方がいいのかなぁ・・・

 分からないなぁ・・・。



 好きなアイドルを一番にするために
 応援するために大金をつぎ込む人たちがいる社会は・・・

 平和で景気は悪くない、と言う事?

 それともそう思わせたいってことかなーと
 ぼんやり思った三十路。

 それでもとりあえず
 どんなに報道されても、
 興味は持てず・・・




 

それぞれの正義


 また長年逃走していたオウム信者が一人捕まり
 生きていたかという想いと
 逃げながらこんなに長い間生きられるんだという思いをかみしめました。
 
 隣に住んでいるかもしれない、と言われても
 なかなか自分だとは思わないものです。

 隣の人の正義がどんな正義かなんて
 わからない。


 宗教の強みは
 人の心の支えになれることと
 
 人の心を一つにできること。


 怖いところは
 権力者に利用されて戦いの理由にされたり

 自分たちだけが正義で
 同じ宗教の人以外は敵だとか

 排除していいのだと
 命を奪っても当然なのだと考え始める時。


 宗教の差
 人種の差
 部族の差
 言葉の差

 いろんなものが
 時に
 「異質だから排除していい」という理由にされてしまうことがある。

 そんなときに
 その中にいるとき
 違うと抗って参加しないと
 自分も異分子とみなされてしまう。
 
 そこで反抗する勇気や判断力は
 あると思っていても
 実は消えやすいもの。

 強い力でオウムから抜け出そうとした人の中には
 そのために命を奪われた人もいる。


 一緒に暴走するか
 異分子として殺されるか。

 
 思えば本当に怖い事件で
 そして、今後もないとも限らない。
 
 あの事件を知らない世代にも
 警告を続けることを
 忘れてはいけない・・・



 

 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。