立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減る新成人


 今年も一年ありがとうございました。
 良いお年を・・・

 例年とはまた違って
 深く深く
 心から良い年を、と願う年でございました。

 地震は明日はわが身、ですから。
 世界各国でも地震は起きてますが
 日本はとくに、多い地域ですからね。


 そんな年末。

 来年の新成人は過去最少というニュースが目に入りました。


 若者だけが大事なわけじゃないけれど
 若者が少ない国に、明るい未来は難しいものです。

 元気なお年寄りが増えたからと言っても、
 正直に言えば、
 お年よりは子供を産まない。

 人口を増やすとしたら
 若い世代でないとできない。
 
 くずれたピラミッドは、
 ひ弱な若者が、よく太った中年男性を肩車している様子を連想させます。

 ふらふらと、なんとか持ちこたえているけれど
 今にも倒れそうで
 倒れたら二度と持ち上げられなさそうで。


 高齢者への福祉が、今、早急に必要な緊急手術だとしたら
 術後の回復に必要なケアは
 間違いなく少子化対策だと思う。

 福祉を厚くしていくには
 基礎はどうしても若者の増加に頼るしかないのだから。


 と、思いつつも
 景気が暗くて、老後も暗そうだと
 気楽に子供なんて産めないのも現実。

 ちょっとため息をつく、そんな年末。



 
スポンサーサイト

慌しくてクリスマスって忘れてました

 明日は適当に簡単ケーキを作りますわ。
 買うと高いのだもの。

 うちはもともと2人だし、
 簡単な土台にクリーム塗って
 タマクローがマーブルチョコでも飾って
 中に缶詰の果物でも入れれば十分。
  
 心のこもった楽しいクリスマスにできるようにしなければ。


 疲れて、
 つい怒りっぽくなってしまう昨今、
 反省中。

 遅い時間にお店に行けば
 安い値下がりお惣菜もあるはず。

 半額チキンを目当てにいきましょうか。


 年末や正月は
 売り場もいっせいに変わって
 食材の売り場は激変します。

 でも、それほど左右されずにやっていきます。


 慌しいので
 今年は、頂いた年賀状に遅れてお返事するかもしれません。
 
 どうぞお許しを。



 今年はつかれきっていた一年だったわ。

 地震もおき、
 「いつかやろうと思っていたことは、永遠にできなくなるかもしれない」と
 身を持って感じた一年。

 来年も同じ生活が送れる保証はどこにもないのよね。



 独裁者だろうが
 栄華を極めようが、
 100億ギャンブルで使おうが
 人生は一瞬で変わってしまうこともあります。

 私は何がしたいんだろう。
 どうなりたいんだろう。

 ・・・考えちゃった三十路。


 キレイになりたいと思ったけど
 やっぱり加齢と重力と
 疲れにはなかなか勝てませんね。

 ちょっとだけ
 再婚したくなる人の気持ちが分かりましたが
 うーんと

 やっぱり別れるときのあのゴタゴタを考えると
 もう、しばらくいいかな・・・。



 ただ、ガマンばかりしていてはつまんないので
 クリスマスくらいは
 ケンカしないで
 タマクローと過ごしましょう。

 アタクシは年賀状が遅れても
 頑張って手書きで出すので
 もし送って欲しい方がいたら、
 メッセください。

 必ず返せるかどうか、
 今は分かりませんが。

 年の瀬まで、
 すっごく職場が忙しいので。



 ええ。



 

北朝鮮どうなるのかしらねぇ

 今年は波乱の年でしたね・・・
 よく、○○年に世界が滅びるとか言いますが
 そんなこともあるかもと思わせるほど。

 師走に入り
 金総書記死去のニュース。

 一体今後、近くて遠い国 
 北朝鮮はどうなっていくのかしら。



 正直、
 世襲だろうが独裁だろうが
 その国がある程度豊かで
 国民が満足できれば
 いいんじゃないかと思う。

 でもどう見てもあの状態は・・・。


 観光に行って
 「意外にいい所でしたよ!対応もいいし!」と言う人も居ますが

 好き勝手に国じゅうを観光して
 写真をとりまくって良かったの?
 
 一部しか見られないのに
 なんでいい国だって言えるのかしら。

 見せていい部分だけ見せられて
 それでいい国だと判断するのは
 バックヤードにゴキブリが居ても、テーブルがきれいなら良い飲食店だと判断するのと
 近いことだわ。



 やっぱり
 あの国は傾いてるわ。

 世襲でもいいけど、
 世界から孤立して一部の人が富をむさぼっていては
 下降線。

 武器で脅して食料をせしめても
 国民が苦しんでいる国は成長しないと思う。



 成長はしなくてもいい。
 安心して、やる気を出して暮らせる国ならばいい。


 そう思うと
 日本も悲しいですよね。
 
 頑張れば報われるとか
 いつか景気が良くなって頑張れば結果が出るとか
 そんな風に、どうも思えない。


 身の振り方を考えたいけど
 なんか疲れて頭が回らない昨今。

 国のこと、大きなことも考えたいけど
 生活に追われると
 大きなことはなかなか考えられないものです・・・

得意なことくらいはやろう。

 先日突然、試験で県庁所在地だとか
 外国の首都を聞かれたのだけど
 ・・・

 昔、試験のときには覚えたはずなのに
 すっかり忘れてて焦った。

 那覇なんか
 漢字を思い出すのに時間がかかって・・・。

 すっごく反省。


 だって、閣僚の名前は、言い訳すれば
 「よく変わるから覚えていない」と言えるけど
 県庁所在地はそうそう変わらないんだもの。

 あと、外国の首都だって
 内戦や独立運動でもない限り、変わりはしない。
 
 安定した国の首都くらい覚えておくべきだった。

 
 そんなこと知らなくても生きていけるのに!
 なんて一瞬思ってしまったけど
 そんなの「なんで受験勉強なんてするのさ」って言う受験生と同じだわ。

 「試練に耐えられるかどうか」
 「世間に目を向けているかどうか」

 それを見るのもテストの一つ。


 日経よく読むどころか、
 世間にどんどん疎くなるのが主婦というもの。
 
 料理をする機会はあっても
 文字を書く機会はどんどん減っていく。

 

 無駄にはならない。
 知っていることは無駄にはならない。

 知識を得てひけらかすためじゃなく、
 一つを知ればそこから世界が広がるわよね。

 反省して
 とりあえず県庁所在地は慌てて復習しました。


 世の中には、ほんっとうに知らないことが多すぎる。



 ああ、でも
 ポルトガルの首都くらいは書けて、ほんと良かった。
 
 ちょっと嬉しかった。


 継続は力なり。
 得意な暗記は当然だけど、
 興味ない数学も、たまには復習しよう・・・

 ゲームでやるより、本当の脳トレだと思ったアタクシ。


いい言葉


 いい言葉を言おうと思う。

 母に会うたびマイナス思考になるアタクシ。
 母がマイナスなことを言うから
 それをイヤに思うのに
 つい引きずられていた。

 母が言う。
 「どうせ間に合わないから」

 間に合わせる努力はしよう

 「どうせやっても無駄だから」

 無駄かどうかやってみよう

 「どうせあなたには無理だから」

 無理そうでも努力はしよう

 


 なんちゅうか、いろいろ人生は疲れるので
 もう無理だと思ったら無理なんですよね。
 
 無理そうでも口で
 やらないうちは分からないから
 努力してやってみよう、って言いながら
 
 頑張って生きようっと。

 考えはよく揺らぐけど、
 無理無理って
 できないできないって言ってると
 できない方に現実が流れていってしまいそうだから。

 いい言葉言おう。

 「できなくないかもしれないから やってみる」



 

大掃除もかねて


 今日けっこう地震でゆれましてね、
 大きいと思ったのに震度4でした。

 関東や東北じゃ
 4や5の地震がちょこちょこ来てるというから
 その怖さをやっと分かった気がします。

 東海大地震がいつかくると
 生まれた頃から言われているけど
 怖いけど実感が湧きにくい。
 
 自分の死を、人がふだんあまり意識しないのと同じで。


 でも今日、震度4でかなりびくついたアタシは
 本棚を降ろすことに決めました。

 眠る場所には高い家具を置いてませんが
 せまいので、通路に本棚を二段積んでるんですよね。

 これ、倒れたら夜中に避難するとき大変だし、
 もし近くでタマクローが遊んでたら下敷きになる

 ちょっと家具を明日移動します。



 思いついたときに思いついた場所だけ掃除してしまうアタクシ。

 この間は風呂掃除しようと思ったら
 つい、風呂ガマの下が気になって、
 浴槽を外して裏を洗ってしまいました。

 アパートの風呂なんて、
 業者さんがさっさと組み立てられるようになってるから
 浴槽も分解できるのよね。

 とってみたら、あなた、
 裏は地獄絵図でしたがな。


 よくコマーシャルで洗濯槽の裏側のカビをやりますが
 そんなもんじゃありません。

 普段風呂を洗っていても、
 気付かないうちに、
 浴槽の裏にカビが大繁殖してたら、空気も悪くなりますってば。


 アパートの風呂は、たいてい窓もないですしね。


 そんで、夜中に大掃除いたしました。
 風呂釜の下も、
 見えないところはきれいになりましたが、

 組み立てれば終わり。


 ・・・汚れていたことも、掃除したことも分からない。


 アタシの大掃除は、
 どっか的外れだと思いつつ、
 一気にやらずに、毎日一箇所ずつ進む大掃除。


 ちなみに寒いので
 網戸掃除は夏に決めてます。はい。

 o(〃^▽^〃)o 夏かよ!!


帰宅困難区域


 福島原発周辺が
 「帰宅困難区域」に指定されたそうな。

 
 ・・・新語?

 聞こえが悪くないようにしたのかしら。

 つまりは
 危険で人間が住めない地域ができたってことでしょう?
 その中は汚染されていて
 そこにすむ動物は野生化し、宅地は荒れ果てていくんでしょう?
 廃墟になっていくんでしょう?

 そこが故郷だった人たちにとっては
 どんな気持ちでしょうね・・・。


 起きたことは取り返しがつかないけど
 一体ナゼこんなことになったのか
 かつての原発開発担当者をめぐる番組をやっていた。

 かつての担当者として
 隠居した人たちが出てくれるのは勇気のいることかもしれないけど、
 「あんたのせいで」と思われるかもしれないのに
 顔を出したのはすごいと思うけど、

 一種、「でも俺だけのせいじゃないから」という空気が
 どうしても感じられた。

 彼らは住む場所も追われないし
 年金ももらって、
 余生なのだから。

 福島周辺の、住まいを追われた人は、若い人も大勢要るのに。



 
 アメリカから取り寄せた原発開発に関する注意点として
 周囲に人が住まない地区を設定する、ということについては
 「日本がせまいから」その項目は取り払ったのだそうだ。

 他にもいくつもの安全への対策が、
 候補に上がっても採用されなかった。

 「だって絶対に安全な原発なのに、
   もしもの備えなんかしたら信用されないでしょ?」

  「もしもの備えがいらないほど安全だと示すためには、
    もしもの備えをしないことが一番なんです」



 安全のための対策が、
 「安全であるというイメージ保持」のために取り払われてきた結果がこれだ。

 安全だから人がそばに大勢住めます。

 事故など起きないので、
 もし爆発したらどうするか、などという訓練や説明は不要です。

 安全だから、絶対に絶対に安全だから
 日本の未来のためにもっと増やしましょう、原発。

 そういう方針で突き進んできた日本。


 「帰宅困難地域」
 
 アメリカのマニュアルどおりにすれば
 もともと、人が住むことを避けねばならない地域だったのに・・・。


塞翁が馬


 ある、パラリンピック選手が
 事故に遭ったことで不思議と下半身マヒが治り
 話題になっている。

 ちょうどいい衝撃を再度作り出すのは不可能でしょうから
 まさに奇跡としかいいようがない。
 医者ですら、うまく説明のつかないことだと言う。

 人体というのは不思議だ。


 体が不自由であるのは、必ずしも不幸ではないけれど
 足が麻痺していたいのに治るとか
 歩けるようになるというのは
 「便利」です。

 便利には違いありません。

 頭の中に、あの言葉がすーっとよぎりました。


 塞翁が馬。

  

 事故っていう不幸で、幸せが来ることがある。
 現実にもあるんだな。


 嫌なニュースが多い中、
 少し嬉しかった、
 そんな三十路。

 私は、世界の幸せや不幸せ、
 幸福や不運がつりあっているとは思いません。

 ひどい目にばかりあう正直者や
 巧妙に人を騙して、逮捕されずに生きていく人も、
 殺人を犯しても気付かれずにのうのうと生きていく人もいる。


 でも、不運な目に遭った人が、
 たとえ1割でも、0.1割でも、こうして何らかの幸せを手に入れられたら、
 この世は、捨てたもんじゃないかも。

着たい服、したい化粧

 以前の職場に
 「こんなブサイクに生まれて可哀想ねぇ
  アタシが親なら整形させてあげたいわ
  化粧ももっとプロに習わせてあげたい。 なんてかわいそうなのタガメちゃん」と

 日々ネチネチ言ってくるおばさまがいましたが、
 聞いたところによればその家の娘さんたちも
 それほど美人じゃないそうで、
 まあ、なんかアタシをいじめてウサ晴らしをしたかったんだろうと
 ただそれだけ思います。

 言い返したことはなかったですが
 私は逆に
 その人の、ピンクメイクがすんごく気になってました。

 若い頃に褒められたのか知りませんが、
 アイシャドーからチーク、リップまで、はっきり明るいピンクで統一していて
 すこし紫がかった色のメガネをかけて
 つんと澄まして歩いていました。

 もし何か言えるのなら、
 「あなた・・・あなたのそのピンクメイクも直してあげたい・・・」



 化粧ってのは
 人それぞれ趣味があります。
 
 男性にナチュラルメイクが受けると聞いても
 濃いメイクをしたい子はするものです。

 クセになっちゃうのかな。



 ということで、
 アタシは飲食店や、食品レジで、
 あまりに濃い化粧をして働いている人を見ると、

 「衛生面で考えて注意すればいいのに」と不愉快に思って並びません。


 ただでさえ、
 手洗いだって、指環をしたままだとその部分がしっかり洗えないなんて言われる
 インフルエンザまっただなかのシーズン。

 食品や医療の現場において、
 ツケマツゲのかさね付けなんかしてる職員を注意できないなんて
 おかしな話です。
 
 無関係な上司からのいびりではありません。
 食品の上にツケマツゲが落ちただの、
 爪につけていたストーンが入ってしまっただの、
 そんなことがあってからじゃおそいじゃありませんか。


 ということで、 
 アタシはメイクは個人の自由なので

 「あなたは変なメイクですね」とか
 「あなたは似合ってませんね」とか

 いうつもりはさらさらない。


 が、TPO と、それから職種をわきまえた格好をして欲しいわ。

 普段はどんなにパンクでもギャルメイクでもいいから。




罪の重さに気付いたかどうか・・・

 柔道金メダリスト内柴氏の
 準強姦罪での逮捕が報道されている。
 
 最初はセクハラ疑惑、という曖昧なものだったから
 「柔道だから指導で体を触ることもあるだろうに」なんて言う擁護論も出てましたが、

 体の関係を持っていたことは本人も認めました。
 未成年の、学生と。



 そして、あんなに堂々と
 やってないとかじゃなくて、

 「強姦じゃなくて合意の上です」って言われたら・・・。


 被害者もそうだけど、
 奥さんもたまらないに違いない。

 既婚者で、指導者ですよ?
 合意の上ですもんって、全然威張れないこと。


 誰がどう聞いても
 いくつもオカシイ。

 未成年の教え子にお酒を飲ませてるところから
 もうすでにおかしい。

 そして本人は合意の上だったと言っているけど
 万が一合意があったとしても
 酔った未成年相手に既婚者の指導者が、性行為に及ぶとは。

 一体・・・。



 私が以前ひどいパワハラで困っているときに
 職場の産業医が言っていた。

 「彼はセクハラもしてるんだけど、言うだけだから処罰できない。

  日本では、セクハラってのは
  無理やり性関係を持つほどの、刑事事件レベルのことをしないと、
  なかなか処罰できないのが現状なんだよ」

 と言っていた。


 だからアタシは最初、
 セクハラで大学側が処罰と言い始めたときに
 「これはかなりのことをしたな」と思ってました。

 尻を触ったようなレベルじゃ、
 こんな騒ぎにならない。


 でも、性行為に及んだのに
 だからどうしたと言わんばかりに「合意の上だった」と
 まるで被害者のように旅に出てしまったのは、驚きです。

 残された奥さんはどう過ごしたらいいんでしょう。
 恥ずかしいし情け無いし。
 
 そして被害者だって
 もう柔道界には居られないかもしれない。

 金メダリストを告発するのだ。 
 名誉市民を告発するのだ。

 被害者も周囲に非難もされることでしょうし、反応は大きい。
 白い目で見る人もいるでしょう。


 被害者の気持ちを考え、
 そして自分の教え子たち全員が迷惑していることも考えて、
 堂々と「合意の上だった」と言うのはやめて欲しい。

 聞いていて恥ずかしい。



 旅に出たのは、
 わざと「そうたいしたことじゃない」とアピールするつもりだったのかもしれないけど、

 奥さん
 自分の身内
 被害者
 被害者の身内
 大学関係者

 その他多くの人が、今どんなに困っているか、少しは分かってる態度を見せて欲しい。



 
 

天皇陛下の定年


 天皇陛下が公務に復帰されたそうな。


 ・・・

 正直、もうご高齢なので心配。

 右翼でも左翼でもないけれど
 あの方も1人の人間なのですから
 もう、あの年齢で無理をさせなくても・・・。


 人前で疲れた顔もできず
 いつも写真をとられ
 人の見本にならねばと緊張するのが公務。

 普通なら引退できる年齢だけど
 死ぬまで引退できないなんて、
 過酷過ぎませんか。

 1人の人間として、
 心配です。



 国会議員だって、死ぬまでやるわけじゃないし、
 議会中に居眠りしててもそれほど突っ込まれない。

 でも、
 雅子妃がバッシングされてしまったように、
 ご公務中の皇族がうとうとするのは
 疲れていても許されない。

 姿勢をただし
 笑顔を絶やさず・・・
 あれは疲れるでしょうに。



 どんなにお金をもらっても
 正直、私はあんな立場になれない。

 生まれながらに皇族として教育を受けていたからできるけれど、
 だから余計に義務感も強くてしっかり公務をこなしてしまう。


 定年制には
 私も賛成です。

 定年と言うか、
 生きている間にでも、「譲位」などを可能にしてあげたい。



 側室制度も終わってから二代目。
 中心の皇族もだいぶ減ってしまった。

 制度を早く変えていかねば、
 お疲れになって陛下が亡くなってから
 「もっと早く引退をされていたら」と後悔しても遅いのだから。

 今まで頑張った分、
 いい加減、ゆっくりさせてあげて欲しい。

 陛下も、
 皇后様も。



 

いいギャップ 悪いギャップ


 先日テレビ番組で、あるベテラン女優さんが料理を試食するシーンで、

 筑前煮のような煮物に、
 ブスッとお箸を刺して食べたので、
 アタクシ仰天しました。

 !Σ( ̄ロ ̄lll) うわ!


 なんか、ギャルタレントならいいけど、
 良家の奥様役とか
 出来る嫁の役をやってる女優さんだけに、
 けっこうなギャップが・・・。

 この人、
 マネージャーさんとか、誰か注意してあげなきゃ、と。

 
 ついじっと見ていたら、
 自分の分を食べ終わるまで、
 全部ハシを突き刺して煮物を食べてました。

 「やだー!美味しいコレー!」と。



 生放送じゃないんだから、
 アタシがプロデューサーなら彼女のためにカットしてあげるわ。

 イメージ悪い・・・。



 出来る嫁の役をたくさんしてる女優さんが
 「実は料理はできません」とか
 「家事はしません」という話はよく聞きますが、

 食べるシーンはドラマの中でも出たりするはず。

 刺し箸はお行儀が悪いので、
 なんで誰も今まで教えてあげなかったのか、
 不思議に思ってみてしまいました。



 見た目で差別しちゃダメだけど、
 ギャルっぽい子が煮物を箸で刺して食べてるのと、

 ブランドスーツのベテラン女優がやってるのじゃ、
 全然受ける印象が違う。


 こんな細かいこと気にするなんて
 アタシはダメなやっちゃな、と思いつつ、
 思いつつも、
 箸ははさんで食べる道具じゃん、と、すごく突っ込みたかった。

 きっと
 言ったら自分が悪者になるから
 女優さんににらまれるから、
 誰も怖くて言えないのね。

 売れてしまう、ベテランになってしまうってことは、 
 叱ってくれる人も減るってことかもね。

 
 そう思いつつ、
 そういえば、彼女は他の俳優さんの葬式に
 濃い化粧とアクセサリーで来てたっけ、と思い出した。

 やれやれ・・・。
 でも来る役は「上品で優しい奥様」だったりするもんなのよね。

 
 反面教師だわ、また。

 箸、自分がちゃんと使えてるか、
 思わず顧みる三十路。






 

影響は少ない・・・?


 福島第一原発から
 45トンの汚染水が流れ出し
 一部は海に流れたそうな。

 海に流れたとしても少量と見られ、
 影響は小さい

 と発表された。



 もう、今まで事故のせいで
 十分大きい影響出てますから。

 大勢の人が住みかを追われてますから。



 今までのと比べたら、影響は少ないと言えるんでしょうが、
 出ちゃったのは本当は大問題でしょうよ。
 
 それに、
 海に出なかった分は地面に吸い込まれたんでしょうね。

 地下に沁み込んだら
 海に出なかったから安心なんでしょうか。



 それに流れてしまったものだから
 『海に出たのが少量かどうか』なんて、分かりゃしないわ。

 ほんとは40トンくらい出ちゃったかもしれないじゃん・・・。


 海水の濃度基準の100万倍という汚染水が流れ出て、
 「少量なので平気」って言われても、
 素直にはいそうですかなんて無理。



 アタシは脱原発を目指そうとさっさと決めたドイツを
 正しいと思う。




難しい求刑

 今日、強姦致傷(強盗含む)を9件繰り返した男性に
 60年の求刑が出たそうな。

 当然、執行猶予無しで。

 納得できないので上告するそうだけれど
 「本人はまだ35歳。反省してやり直す気なのに残念」と言われても

 正直、
 女性の私としては、
 9件も強姦致傷を繰り返し、
 動機は「女性が泣いて哀願し苦しむのを見たかったから」と言ってる男性が

 30代や40代で出所してきてもらっては、 
 困る。

 反論を覚悟で言うけれど
 60代で出てきても怖い。

 女性が泣いて苦しんで懇願する姿を見るのが快感だという人が
 長い禁固生活の後で出てきて、 
 ガマンできるのかどうか恐ろしくて仕方ない。

 苦しみ懇願する女性を見るのが楽しくて仕方が無いという性癖が、
 刑務所に入ったら変わると言えるのだろうか。

 その供述を聞いただけでも
 一体女性たちがどんなにヒドイことをされたのか
 考えて胸が痛い。

 その男性が例えば15年の求刑だったとしたら、
 被害に遭った女性たちは、15年後を恐れて、怯えて暮らすつらい生活になるだろう。




 60年なんて長すぎるという声もあるだろうけれど、
 突然男性に襲われ、暴行を受け、蹂躙され、
 苦しむ姿を楽しんで鑑賞した男に金品も取られた女性たちの嘆きは
 いかほどのものか。

 性的暴行は、その後の人生を変えてしまう。
 そのせいで結婚もできなくなった人もいれば、
 男性を恐れるようになった人もいる。

 被害に遭ったのに
 恥じて言えないで命を絶つ女性も。



 被害者たちの
 その苦しみや被害
は、年数で簡単には換算できはしない。




 刑務所では高齢化が進み、
 今は受刑者の仕事の中にも、「高齢の服役者の介護」という仕事がある。

 刑務所の職員が介護職員化していってしまうので、
 仕方なく、縫製や木工ではなく
 介護という分野も増やしたんだそうな。


 受刑者が受刑者のオムツを替え、
 食事を世話し、
 そしてそこに「将来の自分の姿」を見たりする。

 絶望もすることだろう。
 悔しいし、納得できないだろう。

 でも、そうやって禁固しておかないと
 他の人が安心して暮らせないのだから、仕方が無い。

 罪はおかしたのだから、
 反省しても、亡くなった人は生き返らない。


 どうして人のモノを盗ったらいけないのか
 どうして騙してはいけないのか
 どうして暴行してはいけないのか

 それは、それが自由にできる社会では
 誰も安心して暮らせないし、
 自分も盗める代わりに、自分のものも盗まれるからだ。
 

 誰もが自由に殺し、奪い、犯せる世界なら、 
 自分もいつも被害者になる恐怖を抱いて生きねばならない。

 それがイヤだから
 本能のままに、欲望のままに好き勝手に行動してはいけないと、
 人は罰則を作った。

 残念だけれど
 罰則をさんざん破った後で
 反省しても、罪は簡単には消えない・・・。



 60年は長いのかどうか。

 もし、その性犯罪者が50代で出所してきて、
 隣に住んでもあなたは平気だろうか。


 無期懲役が無い日本では、外に出すことが危険な人物には
 60年はあってもいい判決だと
 私は思った。

 痛がり苦しむ姿を見るのが楽しくてたまらないのなら、
 自分もやられてみればいいのだけど、
 同じ恐怖と苦しみを与えるのは難しいし、
 法では報復は認められない。

 では、これ以上被害者を出さないことと
 被害者が安心して生活できること を優先すべきかも。


 反論は覚悟の上で。



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。