立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数字のまやかし。


 いろいろ反論はあるでしょうが、
 アタクシの言い分は言い分ということで、
 おおらかな気持ちで聞いてください。


 テレビのニュースで
 「完全失業率」が下がっただの、車業界の景気が上向いた証拠です、 だのとやってるのを見て、
 ため息をつきました。

 休みが増えたり、
 残業が減ったり、
 車業界の景気が良いようには、少なくとも、
 現場の人たちを見ていて思えない。

 保育園に送り迎えするパパも、
 増えた。
 土日操業で平日休みも増えたので。




 ハローワークは満員で、
 求人を検索して出てくるのは、
 看護師や大型運転手などの専門職や、
 数時間のパートが多い。

 政府の緊急雇用対策で出された求人は
 期間一年で更新の可能性なし、と明記されているものもあり、
 週三回勤務だの、
 一日4時間だの、とても生活できるレベルじゃない求人が多いので、
 たまにまともな求人が出ると
 みんなそれに殺到する。

 
 お、役所の求人だ、と喜んでみてみると
 「被災者限定」と書いてあったりもする。


 それで生活に困って、
 やっとやっと週3回、一日数時間勤務で働いても
 「失業者」ではなくなる。

 バイトを始めても、
 完全失業率の数字からは抜け落ちてしまう。



 本当は、
 正規の仕事を望んでいても。



 ということで、
 完全失業率が減っただの、
 だから少し景気が良くなっている証拠だの聞くと、

 イラッとする。


 数字のまやかしで、
 そんなバブルはどこにも起きていない。

 と、
 満員のハローワークで思う。




 甘えているワケじゃない。
 だからなんとかしてとか、思って無いし
 なんとしてでも仕事を掛け持ちしてでもやっていくけれど、
 それで、だから
 「あなたは求職してませんね。失業率は下がったぞ」って言われたら、

 それは絶対に違う。



スポンサーサイト

誰だ?


 お叱りを受けるかもしれないが、
 新しい総理の野田さんって、
 アタシは最初、テレビじゃなくて電車の文字ニュースで見たので

 「・・・どんな人だっけ」となった。



 申し訳ないが、
 よく知らなかった。


 本当に申し訳ない。



 が、

 正直言って、似たような人が多いんじゃないかと思う。



 日本人が誰だろうと思っているからこそ、
 こんな人ですよ、という番組があったりするんじゃないだろうか。

 これじゃあ、
 外国人はますます分からないはず。

 正直、遡って言えと言われると、民主党はさすがに分かるけど、
 自民になってくると、
 森さんあたりから頭を抱える。

 えっと、橋龍さんだっけ、小泉さんだっけ、
 順番は、えーっと・・・




 総理が代わりすぎて日本人も忘れちゃうんだから、
 これは確かに、
 海外が信用できないと考えてもしょうがない気がする。

 
 独裁政治を褒めるわけでもないし、
 任期が長ければ立派だとも思わない。

 でも、成果があげられないとか
 不始末で任期半ばでやめさせられたり、

 勝手に辞任しちゃうくらいのポストでいいんだろうか、
 総理って。

 総理ってなんだろう。

 一度は手に入れたい肩書きだけど矢面に立たされてイヤなポスト?

 小沢さんみたいに
 影のドンでいるのが一番利口なの?


 この未曾有の大危機の中、
 「急性白血病で死んだ原発職員がいますが、事故とは無関係です」とか
 「事故炉以外はフクシマも動かせます」とか

 なんか、「え!?」と思う発表が流される毎日。

 
 あまりにも簡単に総理が変わっていき、
 大臣選びに占拠に、そんなことばっかりやっていると、
 日本人が日本を信じられなくなっていく気がする。


 野田さん、
 あまり知らなくて申し訳なかったけど、
 あなたは少し頑張ってくれると信じたい。

 口だけじゃないと。




天国と思わないと天国はない。

 楽して暮らそうと思ってるワケじゃないですが、
 現実から逃げたいと思うことってありますよね。


 アタクシ前にも書きましたが、
 別に家族を捨てたいとも思わないですが、
 影でけっこう頑張っているのに
 ボロクソに言われるだけの生活には疲れるのです。

 かと言って
 離れている間に親が死んじゃったりしたら
 後悔はしそうなんですが、
 自分も傷つくので、
 どこか遠くへ行きたくもなります。


 そしたらほら、
 「娘の世話してて大変だから何もできない」なんて
 うちの母も周囲にウソ言うのやめて、
 自立するかもしれないじゃないですか。

 姉は、
 もう還暦すぎているから母は甘えが治らないと言いますが、
 生涯、人は変われると信じたいです。



 墓に手ぶらで来てしまう母。
 法事とは用意するのではく、呼ばれるだけだと思っている母。

 娘たちが恥ずかしがってそれぞれ
 「私たちで花や線香は用意しようね」と話し合っているのに、

 影でこっそり母の代わりに墓参りして掃除してるのに、
 娘たちのダメ出しばかりしてる母。

 なんで、
 「ダメ出ししなくて済むように娘を育てられなかった」
 自分を省みることをしないのかしら。

 なーんも教えてくれないで放置だったせいで、
 あたしたち姉妹は社会に出てとっても苦労しているザンス。



 母は結婚してすぐ家に入り、
 手続きから家の購入まで、
 ぜーんぶ夫の会社任せで生きてきた人だ。

 健診とは
 夫の会社から連絡が来たら行くものだと思っているし、
 確定申告なんてもちろんしたこともない。

 家を買おうがなんだろうが、
 減税のためのローン減税の手続きもさっぱりやらない。



 父が定年になって倒れた今、 
 周囲は
 「タガメちゃん、家族を支えてあげてね」って言うけれど、

 シングルマザーで求職中のワタシに、
 もう勘弁して欲しい。
 





 この世にパラダイスはない。

 理想郷を求めて宗教にのめりこんだ人にも、
 この世の楽園はやってこない。

 ただ、
 楽園だと思い込むことができるだけで。



 じゃあ、ワタシもどこへ行くにしても、
 自分が持っている幸せを忘れないようにして、
 「楽園だ」と思いさえすれば、楽園なんだと思いたい。

 そう思って生きていけば、
 不平ばかりじゃ仕方ない。

 不平はここで書くものの、
 そればかりが本心じゃないもの。




 昔、海外から来た人が言ってましたっけ。


 「地雷が埋まってないだけ、日本は幸せだ」と。


 その人から見たら、
 ほんと、日本は楽園なんだよね。

 忘れないでいよう。




家紋を決めよう。

みなさんの家に家紋ってあります?

アタクシには、
ありません。

もちろん、
父方の家紋が家紋なんでしょうが、
どうせ、世の中、戦後まではほとんどが小作人だったりしたし、

それ以前も
士農工商の時代には苗字すらない人なんていっぱいいた。


だったら、
家紋なんて全ての家にあったはずがない。

どこかの小作人の家に家紋があったり
苗字があったら変だ。

五作ドンどかたろべぇさんとか、
梅さんとか
そんなもんだったんじゃなかろうか。



アタクシが急にそんなことを言うのは、
家紋を作ろうかと思ったので。

父の実家では
家紋がわざわざ掛け軸にして飾ってあったり、
細工物で作ったりしてあったけど、
遡れる先祖は、昭和までだった。

昭和まで?


・・・こりゃ、絶対苗字も家紋も、あとから適当につけたな。


そうとしか思えない。


日本中の多くの人が、
そうなんじゃないだろうか。

由緒ある家柄とどこかでつながっていたとしても、
分からなくなってる場合もあるだろうし、
適当な立派な祖先をでっち上げて子供に教えた親もいるだろう。

家紋なんて適当に後付でつけたに違いない。

(これはワタシの勝手な意見なので、反論しないでね)


小作人にも家紋は全部あったんだ!とか
そう言われても、
字もまともにかけない人が多かった時代に
そんなことがあったとは思えないし。

それに、
戦後の混乱期を生きて、
実の両親を知らない人やら、
養子なのに混乱で実子にされた人やら、いっぱいいるはず。

すべて遡れる家系ばかりではないと思う。



アタクシが立派になった父方の墓を見て驚いたのは、
おそるべく短命だったこと。



昨年亡くなった祖父は90まで生きたけれど、
それまでの曽祖父母は、30だの23歳だの、
信じられないほど若い。


実祖母は脳出血で死んだと聞いてるけど、
30歳で死んでいた。
ワタシより若い頃に死んでたんだね、
おばーちゃん・・・。




他の人の死因はよく分からない。

分からないけど、
そりゃ、盲腸になったって死ぬような時代だったんだから、
結核は死病っていう時代だったんだから、
今なら助かる病気でも死んだんだろうな。


昭和までしか遡れない祖先に対して、
祭らないとタタリがあるだの、
やいやい言われて疲れたけど、
おかげで参考になった。



きっと苗字だって、
歴史で習ったように
「農民は苗字を許されたときにお坊さんなどにつけてもらった」
っていうパターンなんじゃないだろうか。


さかのぼれば偉い人かもしれないし、
小作人かも
泥棒一族かもしれない。

でも、とりあえず
昭和までしか遡れないんじゃん。



じゃあ、
アタシャ、世帯主になったことだし、
自分で家紋を選ばせてもらうよ。

可愛い家紋を選ぶよ。

アタシの家紋。

いいよね。それで。


始まりはそんな日本人が、
きっと多かったはず。




あるわけがないもの。

 紳助さん引退ということで、話題になってますね。

 くやしいです。
 デタラメです。
 一緒撮った写真だの、直筆の手紙なんてあるわけないのに。
 ぼくがくやしいのはそこなんです。
 


 そう力説して、あくまでも濡れ衣だと言う雰囲気を作った彼だったが、
 すぐ写真や手紙があることが分かってしまった。

 
 大物ではあったけれど、
 この大嘘は、
 すぐにばれた大嘘は、ひきずる気がする。

 もし事業を始めても、
 暴露本を書いても、
 なんとなく「ウソじゃないか?」と、みんながひっかかるんじゃないだろうか。


 こんな印象を残すくらいなら、
 あんな会見もするべきじゃなかった気がする。

 静かに辞めれば良かったのに。


 今後生活に困ることもないし、
 お金もいっぱいある。

 だったら、 
 最後に嘘つきの印象を残してしまったのは、
 残念なことです。
 
 もちろん、周囲の人は支えてくれるでしょうが・・・。





アメーバさんメンテだね。


 メンテが多いアメブロさん。
 記事の投稿も閲覧もできない。

 しーかたがないので♪こっちにかーいた♪(ヤギさん郵便のメロディーで)


 地味め。


 地味でごめん。

 でも、「おじーちゃん」って言われるほど地味か・・・?


 なんか、ちょっと持ってるもので工夫しよう・・・。


なんかもう、めんどくさいからいいかなー、って。


 バツイチでダメダメな感じでも頑張っているアタクシが、

 もごもごと、

 「一生懸命やってるのに食べないんです。
  本当に、ちゃんとご飯はあげてるんです。
  食べてくれればお菓子でもいいと思っているのに、お菓子も残すんです」

 って、勝手にイイワケしてたら

 保育士さんは分かってくれて、ニコニコしてた。


 「わーかってますって。

  給食見てれば分かります。ぽーっとしてて、あんまり食べないですよね。
  ガツガツ食べるとこ見たことないし、
  でもいい子でママに懐いてるし、
  誰も虐待なんて思いませんってば。

  おかあさんも工夫してるのは分かります」


 il||li(つд-。)il||li  ありがとうセンセー。



 胃が小さいから食べないんだ、『胃を膨張させよう作戦』で、
 たくさん牛乳を飲ませたら、
 その分ご飯を食べないし、

 すぐ
 「もういらなーい。」

 無理に怒れば食べますが、お腹が痛くなってしまうらしい。

 ( ̄▽ ̄;) おそるべし、逆フードファイター。


 将来目指すべきは仙人かもしれない。



 保育士さんにポツリと行ったら、受けた。

 「仙豆(せんず)が欲しいです」 
 字が違ったらすいません。


 センセイ、大ウケ。



 いや、マジで欲しいアル。
 このままじゃ、うちの子、体育とか体力不足でついていけないよー・・・
 
 il||li(つд-。)il||li



 そんなセンセー、バツイチのアタシと同世代のようだけど、
 「ワタシ、まだ×も○もないんです」とおっさった。

 つまり結婚も離婚もなく、独身でいらっさるらしい。

 「もう、面倒だからいいかなーって。恋愛自体も」
 
 ( ̄▽ ̄;) 結婚する前から面倒になってるアル。

 
 ある意味、達観

 センセイ、あたしは個人的には、センセー好きあるよ。


 

周りを見てマネ。


 独身で(離別ですが)あっても、もう三十路半。

 テレビで三十路半の女性が、
 まだ「○○ちゃんわかんなーい♪」って、おバカで可愛いっぷりを発揮しているのも見るけど、

 一般人はそうはいかない。


 
 母は相変わらず、
 初対面の人にまで、自分の夫がいかに憎らしくて嫌な男で、
 その介護にどれほど自分が苦労しているかを語るのに一生懸命で、
 あたし達、娘にはダメ出しの連続。

 そして父のことを
 「あのままよね。ひどくなる一方だわ。
  60過ぎたら性格なんて変わらないし、
  欠点はひどくなる一方。」
 とののしる。


 うー・・・


 つまり母も還暦すぎているので変わらない一方、
 ということか。

 焼香のときに周囲の人と雑談してたら相変わらずアタシがこそっと叱り、
 納棺のときに世間話してたら手を合わせるように注意し、
 そして、いつも持ってこないから2人分の黒いエプロンも持参しなきゃ。


 ( ̄▽ ̄;)面倒だ・・・。



 ということで、
 黒い大型バックに、
 「手伝いもできる法事・葬儀セット」を準備。


 ご近所や親類の葬儀に呼ばれることは、
 まだあるかもしれないので。

 黒エプロン二枚。
 黒ハンカチ二枚。
 
 それから葬儀の常識本を一応熟読。




 必ずしもルールどおりにすることはないけど、
 周囲を見て周囲はやっていれば、
 その程度はマネしていくようにしようと思う。

 形式ばかり大事ではないけど、
 形式を無視して雑談ばかりしてては、呼ばれた子供と一緒だから。


 三十路半。
 いい加減、自力で大人になっていかねば。

 親の面倒見つつ・・・




ゲリラ豪雨


 近頃、雨が
 本当にいきなりドバーーーって降ってきて
 一気に道路に水が溜まるようなことが
 増えた気がします。

 大規模でなくても
 ゲリラ豪雨、までいかなくても、ゲリラどしゃ降りが増えた。

 

 たたきつける雨のしぶきで前がよく見えなくなるほど、 
 道路に水しぶきが白く立ち、

 あまりの水に、車のワイパーもイマイチ効果なし。
 というレベルの。

 ドーっと、
 ゴーっといきなりくる。


 いきなりくるからゲリラなんだけど、
 明らかに増えているから、
 なんだか、この先も増えていきそうで怖い。




 新しい総理は、
 今後、日本の気候も変わっていくことを考慮して、
 水が通りやすいアスファルトを、高いけれど普及させたり、

 地下の排水対策を考えたり、
 復興以外にもやることがいっぱいありそうで、 
 大変だ・・・。



 あの東北の大津波が来た日、
 避難警報が出る前に避難に踏み切った学校が
 たくさんあったらしい。

 その判断に、賛辞を送りたい。

 そうだよ 
 逃げて、別になんともなければ問題ないんだもの。

 臨時の訓練だったと思えばいい。


 警報を待っていたら助からなかったかもしれない。

 逃げて正解だった。




 私たちも、
 いつゲリラ豪雨に襲われるか分からないので、

 津波が来ない地域でも、
 対処方法なんかを普段から調べておかないと、と思った。

 少なくとも、
 車に「窓割り器具」は載せた。

 避難するときは長靴よりスニーカーがいい、と聞いて、
 スニーカーも常備した。
 ヒモタイプの。


 子供がいるんだから、
 備えて損はないよね・・・。

 逃げるのが臆病でなく、
 一番賢い場合も、ある。




ありがとうの言葉。


 離婚した私がほんとに言える立場ではありませんが・・・。


 私はありがとうの言葉を
 忘れてはいけないと思う。

 夫との間には、
 もう、ありがとうもごめんなさいも通じず、
 ずっと「無視」という無言の暴力を受けていたので
 いくら言っても通じませんでしたが

 やっぱり言葉は大事だと思います。


 仲直りしたいとき、
 誰かを励ましたいとき
 そばにいると伝えたいとき
 味方だと教えたいとき
 支えたいとき

 そして、なんでもない日常の中でも

 「ありがとう」を。

 「大好き」を。



 いつもありがとう。
 お、すまないな。
 ごめん、感謝してる。

 形はいろいろ。 
 でも言葉にして欲しいと思う。



 私にはダレも言ってくれないし、
 今日は1人で黙って父方の墓を掃除してきたのに、
 何も知らない母にボロクソに言われて
 力尽きました。

 よく考えたら、
 本当に褒められたことも感謝されたこともない。

 母に認められたくて頑張ったりするのはイヤだ。


 うちの父は祖父に褒められたくて貢ぎ続け、尽くし続けたけど、
 片思いのまま祖父は亡くなった。

 アタシは別に、
 褒められたくも認められたくも無い。

 ただ、両親に近づくことで
 もうこれ以上傷つくのはイヤだ。


 ありがとうは、言ってもらえなくていい。

 私がその分、
 子供にいっぱい言うから。

 タマクロー、大好きだよ。
 タマクロー、いつも笑顔をありがとう。


 言う方も、言った分幸せになれる気がする。




 

そうなんだよ志麻子さん

 
 作家の岩井志麻子さんは
 老後は海外で飲食店をやりたいんだそうな。

 空き店舗を探して、
 内装もそのままで、
 ダーリンと2人で。


 そして、
 雇用するのは子持ちのシングルマザーがいいそうだ。

 若いキレイな子はお客を呼ぶけどイヤになるとやめそうだし、
 いつまで続くか分からない。

 でも生活のかかったシングルマザーなら
 根性入れて辞めないだろうから、と。


 そうなんだよ!

 そうなのよ生活かかってるから!!


 学生バイトより、同じ時給でも熱く働くよ!


 
 世の中の雇用担当者みんなに教えたい。

 確かに子供が熱出したりして急に休んで迷惑かけるかもしれないけど
 子持ちのおばはんを、
 雇ったほうがいいよ!

 そんで、
 能力給も上乗せすると、
 猛烈に働くと思う。


 
 志麻子先生、あんた、さすがだよ・・・


墓地迷子。


 うちの家族は
 脳出血でほぼ寝たきりの父と
 超めんどうくさがりだけど自覚のない母と
 超病弱な姉と
 ワタシの4人家族だ。


 娘2人はヨメに出ているので苗字も違うが、
 相変わらず何かと言うと
 離婚もしたせいで
 「身体も元気だし、タガメさんがしっかりしなきゃね」と周囲に言われる。

 ・・・。


 きりが無いが、
 アタシと姉は、これでも母がいろいろやらかしていることの後始末を
 こそこそやっている。


 何も知らないので母は威張って娘たちの悪口ばかり言っているけど、
 けっこう頑張ってるのだ。

 着ているものから言葉遣いから、
 すべてダメ出ししてくれるので、本当に一緒にいると
 「言葉の毒」にやられるけれど。



 よそ様の家にお伺いするときなど、
 近頃は母が素足に下駄で「和風モダンなの」と来てしまうこともあるので、
 いつも母用の新品の靴下まで持ち歩いている。

 やっぱり、それほど親しくない人の家に上がるときに、
 いきなりいい歳して初対面で素足はどうかと思うし。




 今回は、まさかと思ったが、
 母方の墓にお参りにでかけたのに、
 母が手ぶらだった。

 まさか、完全に手ぶらだとは思わなかったので、
 誰も線香もマッチもなく、
 花もなく、
 墓掃除だけして帰った。

 ・・・。

 
 暑いから病弱な姉は、日中の墓参りを避けたい、と言ったら、
 激怒した母なのに。

 手ぶらかい・・・。



 その後私は自分でコソコソ墓参りセットを準備して
 いろいろやり直したが、
 情けなかった。

 墓参りは気持ちだとは言うものの、
 行かないと言ったら激怒した母が、てぶらとは。

 ワタシが心配して靴下まで持ち歩いているのに、
 相変わらず、
 父が元気な頃からからどんなに性格が悪いか、
 母方の親類に延々と恨み言を言うのに夢中になっていた。



 あれも老化現象の一つだろうか。
 姉は「あんた頭おかしいんじゃないの!」と言われてしょげ、
 ワタシは「誰の血をひいたんだか、いいところもないね」と言われて凍った笑いで帰宅。


 母・・・
 大丈夫か。


 ワタシに一個もいいところがないのかい。(T∇T )




 「今更聞けない大人のマナー」みたいな本を持っていったら、
 
 「あんたはそんなもの読まないと知らないのね」と言われて自分はひらきもしない。




 難しい。


 姉は「母を小学生の妹だと思って頑張ってね」と言うものの、
 小学生にしては毒が強いし、
 母が小学生だとは割り切れないので、

 やはり逃げたくなる。



 姉は、老化のせいできっと性格もひどくなるのだと言うけれど、
 それならそれで、脳の方も心配。

 目も悪いのにメガネもしないで運転しちゃうし、
 気が気でない。




 遠くに移住したくなる・・・。



 一緒には住めない。

 少なくとも、自分の娘や孫に嫌な面があると
 すぐに「○○の家系の遺伝だ!」と血筋を責めるのは間違いだ。

 アタシに悪いところがあれば、
 それはきっと母からも似たんだろうし、
 タマだってそうだ。

 自分だけは違う、と思っている限り、
 母は永遠に変わらない。



 父と母、
 自分だけが大変で可哀想だと思っている限り、
 周りを笑顔にできないぞ。

 しかしそれも、
 ワタシにも言えること。

 日々勉強。
 日々反省。


 墓参りのルールを基本からいちおう調べ、
 最低限のものを持っていく。

 検索しても最後には
 「墓参りは最後には来たときよりも心を清めて帰るのが基本です」とあった。





 気持ちが大事だと思い、
 1人、タマをつれて祖父の墓参りにこっそり行ってきた。


 ない。


 ないよおっかさん。


 アタシの記憶にあるあたりに墓が無いよ!!

 記憶を頼りに何度、見慣れた墓を探しても、広大な墓地に墓が無い。



 さんざん歩いて、ぐずるタマクローと花を持って泣きそうになった夕刻、
 遠縁のおばさんを見つけ、
 こっそり教えてもらったら、

 超豪華にリニューアルしていた。

 こ、これは分からん!!



 豪華すぎる!!



 父の弟がお金を出して作ったのか、
 それとも遺産が実はあったのか分からないけど、超豪華な墓になっていた。

 しかし、
 墓のリニューアルも、
 ワタシのファミリーは全然知らなかったので、気付かず何度も通り過ぎていた。

 それほどに縁がなくなったものの、
 新しい墓に気持ちを込めてお参り。


 自分の心はキレイになっただろうかと思いながら、
 せっせとできる限り掃除して、
 墓前に家族の近況を報告して帰宅。


 そんなアタクシ。

 もう、絶対墓地で迷子にはなるまい。
 あんなデカイ墓になったから、一回見たら忘れないわ・・・( ̄▽ ̄;)


 こそこそと墓参りだけは続けようと思う。
 勝手なことだけれど。






生きている人間が本当は大事。


 怒る人もいましょうが
 ワタシ、つくづく思います。

 法事やお盆って
 やっぱり

 生きている人のためにあるんだと。



 生きている人たちが集まり
 生きている人たちが自分の命が今あることの意味を考えたり
 自分の死を考えたり
 故人への思いを整理したり、
 故人を思って懐かしんだり

 結局は生きている自分たちのためなんだと思う。



 何度も似たような話をしてきましたが、
 自分が例えば
 もしかしたら法事を仕切ったりしなきゃいけない立場になって
 つくづく思いました。

 ワタシはもう、
 父方の親類への接触は、ほぼできません。


 
 でも故人をしのんだり、
 生きるってなんだろうと考え、
 法事に参加できずとも、
 私有地でないので墓参りくらいはできます。

 そうして考えます。


 こうして
 「仏壇を継承してきちんと法事をやらないなら
  あなたたちはもううちの親類ではありません」 って締め出すのを

 亡き人々が見ているとしたら
 喜ぶだろうか、と。




 生きている人たちを翻弄するのが
 法事でしょうか。

 仏事でしょうか。

 何宗であろうが何派であろうが、
 ブッダに関係があるはず。
 
 ブッダはどう思うんだろうか。




 徳川将軍は、先の将軍・正室の命日や月命日などには
 大奥に渡ったり、
 閨を女性と共にしたりしないとか、
 命日には法事を盛大にやるとか細かくやっているうちに、

 大奥に渡れる日がめちゃめちゃ減っていったとも言われます。



 法事に振り回されて、
 日常生活がごちゃごちゃしてしまうなんて
 それが法事の本来のあるべきすがたなんでしょうか・・・。



 そんな風にまでして、
 仏壇を守らないならあんたたちは排除!と親戚を切り捨てるほど、
 生きている人間が仲たがいするほど
 仏壇や法事の「かたち」は大事なんでしょうか。



 ワタシは
 自分の気持ちを整理したい。

 勝手に心の中で法事をすることにします。


 遠くから思いをはせます。


 少子高齢化が進む以上、
 どんどん、ルールどおりに法事を行い、
 田舎に本家があってみんなが集まる、ということは難しくなります。

 実際、ワタシの実家が法事を引き継いだとしても、
 交通の便も悪いし、
 ほとんどみんな、来られなかったでしょうし・・・。




 お墓は、
 そんな気持ちをまとめるシンボルでしょう。

 石は、単なる目印。

 高い石でも朽ちる木でもかんけいない。


 うまくまとめられませんが
 それでも亡くなった人を思う気持ちがある場合はあるんです。

 高いお金をかけられなくても
 法事を仕切ることができなくても。


 遺産を残さず、
 遺族に確執だけ残してしまった祖父を少し恨みつつ、
 それでも
 数少ない思い出をたどり、
 自分の祖先について、思いを馳せる権利は
 少しは自分にあると思いたい。

 
 ここから黙祷します。
 お墓にも、こっそりいきます。

 そして、
 戦没者も、震災の被害者も
 多くの命に思いをはせます。

 それが生き残ったものがしなきゃいけない
 心の持ちようのように思います。

 争いではなく。




 

BMI


 BMI ってのがある。

 体重と身長から割り出した数値で、
 計算してくれるサイトもいろいろあるので
 やってみると分かると思うのだけど・・・

 理想の数値は22
 「一番長生きできるとされる健康体重」が目標として出されるのだけど、
 それがかなり重い。

 一番健康的な体型だと、
 外見は
 今の時代だとぽっちゃりさんだ。

 ルーベンスなら「いい脂肪だ」と絶賛しそうな体型になる。
 いや、ルーベンスならもっと太れと言うかも。


 22が標準

 18.5未満は痩せ

 25以上は太り気味
 30を肥えると肥満
 と、健康診断の紙に書かれたりする。


 しかし、
 アタシの周囲でちょっとスリムな人は、
 たいてい、BMIなんて18くらいだ。

 ワタシも18.5を切ってるけど、じゃあ痩せすぎかと言われると、
 たくましすぎてどうかと思うくらい
 ガッシリしてる。

 うでも太い。


 

 目標は22だとしているのは、 
 そのくらいの人の寿命が一番長いからだそうだけど、

 筋肉質な人は重いし、
 必ずしもこの数値だけが全てじゃないけど
 でもまあ、参考にするには便利な数字。

 ワタシは実は
 標準体重だったことがある。
 
 その頃は、洋服もパンパンで身体も重く、
 下っ腹の肉がものすごかった。

 なんか、あれが一番健康で長生きできる体重なのか、
 なんだか謎。



 だけれど、
 どう見ても痩せすぎの女の子が、ものすごく近頃目に付く。


 あの子達のBMIは、一体いくつだ?

 痩せれば痩せるほど美しいとは、
 思えない。

 大丈夫か、と心配になる。


 太りすぎの人よりは、病院に掛かる率も少ないそうだけど、
 それでも痩せすぎでは?と心配。

 スキニージーンズをしゅっとはいて、
 細くて長く、キレイな腕の若い子を見ていると

 垢抜けているようで、
 それでも健康が心配な今日この頃・・・。



風呂は水代だけ。


 あのですね、
 大げさじゃなく、タンクが温まりすぎて
 この猛暑のせいで、

 水道から生ぬるい水が出ます。

 時間によっては、生ぬるい水じゃなくて、確実に「湯」が出ます。



 比べたら、
 昨日の残り湯より、

 シャワーから今出てくる「水」の温度の方がずーっと高かったです。


 残り湯は冷めたんだな・・・
 変な話だな。

 残り湯がつめたくて、
 水のシャワーが暖かいとは。


 ということで、
 沸かしたりしなくていいので、
 風呂の料金は水道代と石ケン代だけになってます。


 いいことなのか悪いことなのか・・・


 飲む水までホットなのはちょっと・・・



電車も燃える?

 詳しくは知りませんが
 電車の連結部分の油が、暑さで発火して

 火災騒ぎがあったらしいですね。

 電車なら小さな火でも大変です。



 ・・・。

 暑いですよね。


 なんか、「夏は暑いもんじゃ!」って、
 精神論でどうかできませんよね。


 今、深夜ですが、
 水道からは湯が、ぬるい湯が出ます。

 集合住宅の人は、
 同じような経験してないでしょうか。

 貯水タンクが温められすぎていて、
 水が湯になって出てくるんです。

 なかなか冷めないみたいで、
 夜になっても水がなまぬるい。

 人が温かいと感じるということは、
 水と言っても、プールの温度より高いくらいかも。

 プールって入るとヒヤッとすることがある。
 最初は。

 
 でも、うちのシャワーはいきなりかぶっても生ぬるい。
 
 ま、
 自動で湯が出ていいと思えばいいけど、
 飲料水としてはどうかしら。



 こんなに暑きゃ、
 そりゃ、うん、電車も燃えるよ・・・。

 今後燃えないように対策ってできるのかな。
 気温が相手だしね。




また、親になるべき人でないところに子供が生まれてしまった・・・

 ・・・。


 虐待されて餓死した2歳の子が、
 亡くなる前、飢えて自分の紙おむつを食べていた形跡がある。

 というニュースを聞いて、
 息が一瞬止まった。


 そのあと、一気に涙が溢れてきて、 
 どうにもならなかった。




 ネグレクトだとか
 放置だとか
 そんな言葉がテレビから聞こえてきたけど、

 違うじゃないか!


 そんなの、拷問だよ!!!

 そんな風に命を失うために生まれてきたの・・・?
 たまらない・・・。




 「蟹工船」の中で、作業をさぼった船員が、
トイレに閉じ込められるシーンがある。

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)蟹工船・党生活者 (新潮文庫)
(1954/06)
小林 多喜二

商品詳細を見る



 人間がまるで部品のように扱われ、
 別に海に落ちても「落ちたね」で終わってしまう船の上。

 労働者に補償なんてなにもない時代と環境。

 その中で、トイレに監禁された男は、
 泣き叫ぶが、出してもらえない。

 水洗じゃないから、水も無い。
 食べ物もない。

 飢えて苦しくて、「なんでもします」と言っても出してもらえない。

 トイレの紙とか、なんでも食べてでも生きたいともがきながら、
 声がだんだん細くなり、
 いつか声は途絶えて、男は餓死した。

 作業をさぼった罰に。
 見せしめに。




 それと、親に食べ物をもらえず、紙おむつを食べながら餓死した二歳児に、
 違いがあるだろうか。

 2歳児は1人でどこかに行って
 バイトして稼いで食べることなんてできない。

 電話して助けを求めることもできない。

 じゃあ、トイレに監禁されて、見せしめの拷問で殺された男と、
 どこが違うのか。

 そんなことを、
 なんの罪もおかしていないのに、自分の親にやられたなんて。



 ネグレクト?
 まさか死ぬとは思わなかった?


 そんな言葉で済むのだろうか。





 
 

核の悲しい記念日に心に届く言葉。


 悲しい記念日。
 
 原爆が落とされて、
 多くのものが失われて

 残った人々に傷と苦しみを残した、悲しい記念日。


 
 8月のこの悲しい出来事を、
 いつかわが子に伝えたい。
 
 伝わるだろうか。

 わが子が成長する頃に、
 戦争経験者はますます減っているだろうけれど・・・。

 ひめゆり隊の記念碑にイタズラする修学旅行生とか、
 原爆記念館でふざける学生とか、
 そういう子に、水木しげる先生の話などを聞かせても
 何も通じないだろうか。

 戦争というものの恐ろしさ。
 人がヒトとして生きられず、
 選択も許されず、
 捨て駒のように戦地に送られ、疫病や毒虫にやられ、
 ワニに食われ、
 そうして仲間が減っていっても、
 当然になっていく光景が。

 それが正義だと、
 外国人を殺すことも正しいと教えられ、
 負けるくらいなら死ねと強要される時代を。



 そして、その恐ろしい時代の最後に、
 多くの一般人の命を奪った、
 二つの原爆を・・・。


 ワタシは、戦争や犯罪の犠牲者を笑いものにするようなネタだけは、
 嫌いだ。
 
 慰霊碑や、
 慰霊行事などを軽んじるのは、ジョークでもイヤだ。




 脱線してすみません。

 長崎市長の演説が、簡潔で分かりやすく、
 そして深く深く心に響きました。

 分かりやすいことと、
 説得力のあることに、感銘を受けました。

 二度と、
 二度とこんなことが起きてはならないのに、
 なぜ日本は今、原発の爆発で大混乱しているのか。

 自然を軽んじて、
 人は、自分たちの力を過信し過ぎなかったか。



 本当にそうです。



 菅さんの演説は、
 下向いて紙を読んでいて、力もなくまとまりもなく、
 論点がぼんやりしていて心に響きませんでした。

 残念です。

 本当は、総理に心に響く演説を、何も読まずにやって欲しかったです。


人を動かすのはタダではない。

 疲れている上に朦朧としているので
 文章が怪しいのはご容赦ください。

 どうにも、
 菅さんには菅さんの事情があるんだろうけど、
 あの民主への政権交代を思い返すと、

 簡単に廃止に決まった子供手当てが、
 なによりも一番悔しくてたまらない。

 たった一つ、これだけは守る、と約束したことを
 そのたった一つすら守ってもらえなかった気持ちで
 悔しさがつのる。




 今ちょっと、とにかく疲れて大事な書類が見当たらず
 探しているんですけどね・・・

 私は別に、
 生活保護も受けていないし、
 確かに母子家庭として多少優遇はされていても、
 生活は大変で、
 疲れます。

 引越し用だったお金を切り崩したり、
 失業給付など、やりくりは厳しい。


 それなのに、
 少額でも補助が出るからには調査がある。




 ただ、私がうんざりしているように、
 そんなのを大量に調べてチェックして手続きしている役所の人も、
 時間も手間もかかって
 人件費は無駄になってるはず。


 子供手当て廃止して、
 自民時代に戻します。

 でもちゃんと、子供を守ろうという基本理念は守ってますよ!




 そんなことを民主の方がおっさってましたが、
 その「やめます変更します」が、

 どれほどの税金を使った人海戦術での作業を伴うか、
 考えたことがあるですか。

 申請する側も
 受ける側も混乱し、
 また、騒動になりそうな予感・・・。

 マニュフェストを守らないことも、
 こうして税金を無駄遣いすることを謝ろうともしない態度も、
 腹が立つ。

 地方自治体も、怒ってるだろうな・・・。

 いつ始まるのかも未定だし、
 雑務の量は、ハンパじゃあるまいに。






守らなくてもいい約束。


 菅総理は
 また原発の廃絶を訴えた。

 あの特別な地で。
 広島の地で。

 



 なんかズルイ。

 国民が株主と考えたら、
 そんな約束を信じて納得するだろうか。

 もうすぐ辞任する社長が、
 後継者も定まっていない状態で、
 「来期はこうします」と、自分がいなくなった後のことを約束していいのかしら。

 

 確かに選んでしまったのは国民。

 民主党に期待して選んでしまったのは国民。




 だけど、鳩山さんは一回も子供手当てを満額出していないのに
 平気で菅さんをバッシングし、

 菅さんは菅さんで、
 辞めると公言したのに、平気でこの先のことを公言する。


 この先のことを公言するのなら、
 誰がどう責任をとってやるのかも明確にすべきじゃないだろうか。

 言いっぱなしで何の責任もとらなくていいなんて、
 ズルすぎる。



 世の中、嫌な大人が大勢いる中で、
 政治家は、せめて、
 「大人って嘘つきだね」と
 子供に思わせる見本になってはならないように思う。

 今後、
 もし菅さんが死ぬまで原発が減らなかったとしても、
 別に菅さんの年金が減額されるワケでもなんでもない。



 小泉さんの言葉を借りれば
「痛みに耐えて頑張ろう」だ。

 国民が痛みに耐えるのなら、
 菅さんは、自分が言ったことを守れなければ、なんらかの痛みを受けるべきだ。

 痛みも損害も無い中でどんな約束でも公言していいのなら、
 私もいくらでも夢のようなことが言える。



 新入社員への教育風に言えば、

 誰が
 どうやって
 いつまでに
 どのような方法で
 その発言の内容をやり遂げる予定なのか。

 

 責任者は誰?
 今後の予定は?


 なにも具体的に言わず、
 目標だけ大声で言うのなら、私にだってできる・・・。


400年


 批判を覚悟で言います。
 やはり、もう原発は減らし、日本は原発の無い国にしていくべきです。

 少なくとも、
 最低限、地中深く埋めるしかないような廃棄物が出るものは、
 事故を起さなくても安全じゃない。


 原発反対って言うヤツは、
 電気使わないのか!もう使うなよ!

 なんて言う子供のような書き込みをたまに見ますが、
 それは小学生がケンカで、
 「それ何時何分何秒に言ったんだよ!証明できんのかよ!」って言うくらいレベルの低い話のように思えます。

 原発でない発電で、
 なおかつ、二酸化炭素を極力出さない発電を研究し、
 不可能なら、
 国民の電力使用を制限したっていいじゃないですか。

 多少暗くなっても、
 派手な電光掲示板などを減らすとか、
 公共の場での、過度な冷暖房を減らすとか。

 熱中症で死ぬほどガマンしなくてもいいけれど、
 「ある程度のガマン」を、みんなでしましょうよ。

 「原発反対ならもう電気使うなよ!」なんて子供っぽい書き込みをしていないで。





 フクシマ原発で、1万ミリシーベルトを超える放射線量が測定されたということで、
 ニュースになっていたけれど、
 正直、そういわれても、最初はどの程度ひどいかは分からなかった。

 専門家に、
 それを浴びると、
 全員30分以内に死にます。と言われてはじめて、
 その恐ろしさを痛感した。


 しかもその測定方法が、
 防護服を着た職員が物干し竿のような棒の先につけた計測器で、
 近づいて測るというものだった。

 なんだそれ・・・。
 科学技術は発達してるのかしてないのか・・・。

 そんな測り方しかできないのに、
 原発を制御なんてできるわけがない。





 さらに恐ろしい言葉は続いた。

 一万ミリシーベルト以上は測れない計測器なので、
 本当は何万ミリシーベルト放射されているのか分からないと言葉が続いた。

 つまり、100㎏までしか測れない体重計に、
 300キロの人が乗っても、
 100キロ以上であることしか分からないということ。


 ( ̄(││) ̄)・・・。



 そして、一万ミリシーベルトちょうどだったとしても、
 そのままにしておいたら、
 放射線量が安全になるまで、
 400年かかるんだそうで。


 400年・・・。



 400年って、
 400年って、徳川家康の時代から、平成の今の世の中くらいまでの時間でしょう?

 気が遠くなるとはまさにこのこと。


 
 それを聞いても、
 原発開発を続けることはやむを得ない、とは、
 ワタシにはどうしても言えない。




たぶん逃げられない。


 いーろいろいろいろありましてね。

 疲れに疲れて、
 メールの返信なども送れるどころじゃありません。

 どうぞお許しを。
 生きてるだけで精一杯、と言いたいところなのに、
 手続きだの支払いだの子育てだの、何かが後ろからどんどん追いかけてきますんで。

 押し出されるところ天の気分が分かる。
 にゅーって細くなってこなごなになって落ちていきそうだ・・・。

 o(〃^▽^〃)o でもそれ気持ち良さそうだね。



 
 えーっとなんでしたっけ。

 人は疲れると、猛烈に記憶力と判断力が低下します。
 日々、脳がニワトリに近づいていきます。

 


 実家の方でいろいろいろいろいろいろいろありましてね。

 ええ、面倒なのでモロモロまとめて、
 世の中大変だなっていうことが追ってくる。


 そんな中、

 「実家の母が子供っぽ過ぎて、手がかかる。
  悪口ばかり言われて疲れ果てる。
  ・・・倒れてる父もセットで、両親の後は頼むね」


 と姉から電話で言われてしまった。

 その後、
 姉にあまり電話がつながらない・・・( ̄▽ ̄;)


 無理だってば!
 無理だって!!!


 「あ、でも田舎だと仕事が無いからって、実家を売って引っ越さないでね。
  私の資産でもあるし」


 ( ̄▽ ̄;) ・・・。


 家族内で、核家族内で、
 相続と介護の押し付け騒動勃発・・・?




 ワタシはタマクロー以外家族はいませんって、
 本気で北海道に移住しようかと
 北海道の友達に電話してしまった今日この頃。


 逃げたいときや、
 爆発的に夜中に泣き喚いてしまうとき、
 感情が凍って顔が固まってしまうとき、

 ありますよね。

 近頃感じます。
 
 そんな時は呪文を繰り返す「生きてるだで幸せ」
 そしてジャンプしてみる。

 疲れ果てて言葉も出ないときに
 無理に跳ぶ。

 ・・・そして頭から水をかぶると、なんとか動けるタガメ。


 支離滅裂ですいません。

 絶対、絶対今月中に立ち直ります。

 仕事も決めなきゃ。
 生きていかなきゃ。
 両親の面倒は・・・


 ねーさん頼む、と言って逃げようかな。

 o(〃^▽^〃)o 押し付け合いか!




 

少々立ち止まる


 近頃立ち止まり気味。

 疲れていると
 ささいな言葉も、毒の刃になるもの。

 普段は平気な菌にも、
 弱っていると感染するようにね。

 でも元気になれば大丈夫。
 それに、一度感染すれば二度とかからない病気だってあるんだしね。

 ってな気持ちで空を見る。

 蚊にも食われつつ。


豪雨のニュースが毎年。


 今年はどこだ、何度来る?と
 梅雨だけでなく、
 ゲリラ豪雨や集中豪雨は、毎年のことのようになってきましたねぇ・・・。

 私たちが子供の頃も、
 こうだったんでしたっけ?

 幼くてニュースを覚えていないだけかもしれないけれど、
 台風以外で、
 こんなにも水没だの床上浸水だの、
 頻繁に聞きましたっけ・・・?



 やっぱり地球は温暖化してるんかなぁ。
 こうしてどんどん、
 住みにくくなっていくのかなぁ。

 たった数十年で・・・?


 だとしたら子孫にはほんと、
 謝るしかない。

 猛烈なスピードで、
 この悪い環境に対応しつつ、
 生き残るための手段を考えていって欲しい。

 私たちや、
 私たちの親世代が、便利な世の中にしようとして失敗してしまったなら、
 スマンとしか言いようがない。



 飢えたくないから食料を増やし、
 死にたくないから医療を充実させ、人は増えすぎたかも。

 この間、昭和のウルトラマンの再放送を見ていたら、
 地球に移住したいという宇宙人に、地球人が反論していた。

 「二十億もの宇宙生命体が移住したいだって?
   地球の人間より多いじゃないか!」


 !Σ( ̄ロ ̄lll) ・・・えっ



 確かに20億の宇宙人に来られたら困るけど、
 カラー放送が始まってる頃には、
 さすがに20億人以上は、地球人はいただろう。

 けど、
 爆発的に増えたことは確かだ。


 10年ごとに10億人くらい、統計じゃ増えてる。

 2010年には69億人ですって。


 ウルトラマンに教えてあげたいわ。

 宇宙人の侵入を阻止しても、
 人間がめっさ増えてしまうことを・・・。


 東北を襲った豪雨がおさまり、
 もう、台風や豪雨がしばらくこないことを、ただ天に願いつつ。





 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。