立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臭気恐怖。

 今日もグチです。
 聞き流してください。

 ここは近頃、すっかりグチの墓場となっておりますね。


 アタクシね、
 いろいろ事情があって、父も母も、決して心底悪い人だと思わないし、
 同じ大人として理解しあいたいとも、
 協力したいとも思っています。
 
 でもできれば距離を置いていたい。

 同居した方がいいと、
 母子家庭なので周囲は思うだろうし、そう言われることも多いのですが、
 でもそうしたくない。

 もめるから。


 距離を置いた方がうまくいく関係もありますよね。
 同居したばっかりに、
 こじれてしまう親子関係や嫁姑も、よく居ますから。

 疲れてしまうと思うんです。
 お互い。

 距離をおきたい、なんて言ってると、
 孤独死しそうで怖いですが、
 連絡だけはとりあって、
 たまに会えばいいんじゃないかと。

 どうしても両親だけでは暮らせないほど老化したり弱ったら、
 そのとき同居を考えようかと。


 世の中に、家族がいるのに独居の老人が多かったり、
 いったん同居したものの、
 子供夫婦が出て行ったり、親がアパート借りて出て行くケースが増えてるそうだけれど、
 分かる気がする。

 親子だからこそ許しあえることもあれば、
 肉親だからこそ許せないこともあるし、
 人が同居するというのは、便利さの影に衝突や面倒がつきものだから。





 母は、たぶん無意識だと思うんですが、
 父への憎しみを、私によくぶつけるんですよね。

 ワタシは父に、顔も似ていますし、
 母は父に直接憎しみをぶつけて、父の機嫌が悪くなるのが怖かったので。

 同居していた頃、ワタシはいつも、
 母に「体がとても臭い」と言われていました。

 臭い、臭い、と言われていると、
 本当にすごく気になるものです。

 私も女だし。


 
 そして今は、三十路になり、確かに少し女性でも加齢臭があるような気がして、
 頻繁に服を洗っています。

 洗いにくい素材の服は買わないほど。

 毛玉ができようがなんだろうが、
 ぼろい服でもしっかり洗って着ています。

 それでも、母にはワタシは、「臭い娘」であって、
 切ない・・・。

 本当に臭うんだろうな。
 母は臭いと感じるんだろうな。
 精神的なものか、それとも通常程度の体臭であっても、私のものには嫌悪を感じてしまうんだろうと思う。



 友達にも、付き合った彼氏にも、
 正直に言って!と言って体臭について聞いたことが何度もありますが、
 ワタシは別に臭くないそうです。
 
 汗かいてるときは別ですけどね。


 病院にも行きましたが、
 今時の人にありがちな「臭気恐怖」だそうで、
 臭くも無いのに自分を臭いと思い込む症状だと言われました。


 でも実際、
 母にとってワタシは臭い。

 脳がそう感じるんでしょう。
 この娘は臭い、と。

 いろいろもめた父方の血を引いている私に、
 潜在的な嫌悪感を感じてしまうのかしら。



 だったら近寄らないのが一番です。

 母にとっては臭いのだし、
 ワタシはそう言われてると、どんどん自分が嫌いになって悲しくなる。

 臭くて美人じゃなくて、
 性格も悪い娘、と言われて生活するのは、本当に切ないものです。


 ということで、
 今日もせっせと洗濯。


 世の中には、フランスのように、入浴が頻繁じゃない国やら、
 女性の汗や体臭を「セクシー」と表現する国もあるって言うけど、
 日本はデオドラント路線一直線ですもんね。

 抗菌に消臭。

 そんな服を着たって、
 ワタシは実家に帰ったら、きっと悲しい思いをすることになる。

 だから離れて暮らす。
 お互いのために。

 両親が老いて、どうにもならなくなるまでは・・・。





 
スポンサーサイト

可愛い人になりたかった。


 世界で混乱や災害がたくさん起きているときに、
 些細な自分ごとですいません。

 グチを書かせてください。

 独り言です。



 久しぶりに母に会って、また言われた。
 「なにその服。どっか行くの?変にオシャレして変なの。似合わない」


 ・・・。

 「化粧もしてるんだね、こんな大変なときに、オシャレして化粧なんだね」

 ・・・。


 お母さん。
 お母さん。

 私のこの服を覚えていないかしら。

 私が20代の頃、
 一時期、ちょっとスリムだった頃があったよね。
 
 あの頃に来ていた、面接用のスーツだよ。
 
 痩せて、体に合う服が減って、
 ズボンが下がっちゃうから、着てるんだよ。
 
 休みだけど、ダラダラした格好じゃなくて、
 そうだ、たまにはきちんと化粧してちゃんとした服着て、
 しゃっきりしようと思って着たんだよ。

 細い服なのに、ぴったりでしょ。
 余裕があるくらいでしょ。

 「痩せたねぇ、苦労してるんだね。お互い頑張ろうね」って、
 なんでそう言えないの。

 言ってくれないの?


 葬式の時も、あの人の喪服が派手だの、
 私が着ている黒いスーツがちょっと丈が短いだの、
 そんなことばかり。

 人の着ている服なんてどうでもいいじゃん。

 それに、着たい服を着て、そんなに悪いの?
 贅沢してるわけじゃないよ。

 
 つらいことがあって、
 毎日くじけそうになって、
 せめて格好はビシッとして、鏡を見て、
 「よし!まだワタシはやれる!まだ少しはキレイよ!」なんて思って自分を励ましているのに、
 なんで何もかも否定するの・・・。


 昔から、ワタシはいつか褒めて欲しかった。

 可愛いと。
 
 可愛い格好もしたかった。


 姉は幼い頃から父に虐待されて、
 一時期、子供なのにストレス性のノイローゼになったこともある。
 そんな姉を、母は無意識に姉をなにもできない弱い人間に育てた。
 弱いから1人では暮らせない、と言って育て、
 学歴も資格もあげなかった。


 妹のワタシははお菓子をたくさん与えられて太り、
 歯の矯正も、なぜか途中でムダだからと中断されてしまった。

 太って歯並びも悪い私を、
 母は「何を着ても似合わない」
 「肌も汚い」「どうせ運動してもできない」
 「父に似て性格が悪いから似合わない」 と言って育ててしまった。



 無意識だったのかもしれないけど、
 今も続くそれが、とても悲しい。

 
 子供の頃、ピンクの服が着たかった。

 長い髪にして、お母さんにミツアミして欲しかった。
 髪をといて欲しかった。

 スカートを履かせて、「似合う」と言って欲しかった。

 運動したり、
 鍛えたらきっと体つきも良くなるって言って欲しかった。

 いつかきれいになるって、言って欲しかった。




 父が「誰の世話にもならん!」と威張って生きてきても、
 今となっては母の介護の世話になっているように、

 母だって、
 いつか絶対に私が世話をすることになる。

 それでも、
 私がやることは全部ダメだと言われて生きていくんだろうか。


 
 ワタシは母に、そんなにいっぱいダメ出ししてないじゃないか。

 長男の嫁なのに、
 夫の実家の宗派も知らなくても、
 檀家も知らなくても、
 姑の料理を一回も習ったこともなく、ただ悪口だけ言っていても、
 それを母に娘が言うのはおかしいと思って、
 黙って見守ってきた。


 いざ祖父が無くなって、
 親族の騒乱になったとき、
 「今まで何もしてこなかったんだから、しょうがないでしょ!」って叱ったけど、
 それだけだ。
 
 その一回でも、
 「生意気なことを言われてひどい目に遭った」と、
 母は、私の悪口を、周囲にさんざん言ったらしい。

 人から聞いて、けっこう落ち込んだ。


 
 今まで、生意気と言われても、
 勝気で嫌な性格と言われても、
 親族との争いの矢面に立ってきたのは私だ。

 私が父との間の緩衝材になり、
 親族からの非難が母に向けばかばい、
 母が言い続ける、父や親族の悪口を、ずーっと聞いてきたのに。



 それなのに、
 30過ぎても、
 言われる言葉は「なにその派手な格好。オシャレなんて似合わない」


 ただスーツ着て化粧して、
 パンプス履いただけなのに。

 仕事の格好なのに。

 言われるのはそればかり。



 美人に生まれなくて残念だったね。
 背が伸びないのは遺伝だからしょうがないよね。
 親が運動できないから、あんたもやってもできないよ。
 やってもムダだよ
 父親に似たから性格が悪いね。
 

 いくらでも言えばいい。
 もう聞き飽きた。

 でも、それだけ言っても、
 一言、
 「でも可愛いよ、大事な娘だよ」と言ってもらえたら、

 すべてが吹き飛ぶかもしれないのに・・・。

 父親に似て性格が悪い。
 礼儀が悪い。
 ダンゴ鼻で可愛くない。
 
 ・・・。それだけ?




 いい年して、親との確執で涙する、本日のタガメ。

 タマクローには、
 「やれるだけやってみなよ。
   努力は無駄にならないよ、失敗しても、それは何か力になるよ
」って

 そう言って育てて行こう。



生きて帰ろう


 /_-)ウウッ


 アタクシ、昨日は朝から新聞見て泣いちゃいました。

 いや、うちは新聞とってないんですが、
 朝、数社の新聞をドクターに運ぶ仕事があるんで、
 その時に、一面の大きな記事くらいは見えるんですよね。

 それを見ながら運んでるので。
 チラ見しながら。

 それが・・・
 本当に胸が痛くて。


 NZの大地震で救出され、足を切断してしまった男性の話が、
 本当に胸にせまるものがございまして。

 普通に教室に居て、
 いきなり床ごと落ちて埋まる恐怖。

 声をかけあい、
 携帯がかけられる人は連絡し、
 「生きて帰ろう、生きて帰ろう」と言いながら救出を待った時間。

 助けられて足を切断すると言われても、
 「覚悟はできてました」とキッパリ言った態度。

 全てに涙が出ました。


 
 声が聞こえなくなっていったり、
 声も出せない人も埋まっている中で、
 生きて帰る!生きるんだと思っていたのだから、
 周囲の亡くなったことの方を思えば
 足の切断も、「生きているんだから」と言えるのかもしれない。

 これから不自由な思いや、つらいこともあるかもしれないけど、
 亡くなった犠牲者の分も、
 前向きに生きて言って欲しい。
 
 あの人ならできる気がする。



 アフリカで混乱の続く昨今ですが、
 内戦や独裁政権による虐殺よりも、
 平和な日常生活が一瞬で崩壊されるニュースの方が、
 自分にも起き得る出来事に思えて、リアルに感じる。

 まるで自分の家族が巻き込まれたような気持ちになる。

 それはあちらに住んでいる日本人が多かったり、
 NZ在住の日本人の方のブログを見ていたりするせいでもあるけど、
 
 実際、私の友達も、NZにワーキングホリデーでしばらく行っていたこともある。
 知り合いがあちらで、造船の仕事を学んでいたこともある。

 遠い国の出来事には思えない。
 
 地震は日本でもよく起きる災害ですし。




 もしまだ生きている人が埋まっているのなら、
 どうか、
 1人でも多く、生きて助けられますように。
 
 どうか。



 「生きて帰ろう」 このコトバは、いろんな意味で心に突き刺さった。


 よく、老後は海外で過ごそう、という人に、
 例えば、認知症が悪化したら強制送還される場合があることや、
 病気になったときにトラブルが起きる可能性があること、
 配偶者が亡くなっても永住する覚悟があるのか、
 などと問題点が語られますが、

 災害や
 下手したらテロ、内戦に巻き込まれる可能性もある、ということも、忘れちゃいけないよね。


 残念なことに、
 アメリカのツインタワーテロの時には、
 遺体すら見つからなかった方も居た。

 大災害の時には、
 そういうこともある。

 洪水で流されてしまったとか、
 埋まってしまったとか、
 遺体が粉砕されてしまったとか。


 どの国に居ても、
 明日は何が起こるか分からない。

 老後を海外で、という人は、
 大げさなようだけど、その国で亡くなって、遺体も見つからないような自体になることも、
 少しは覚悟しなきゃいけないんだよな、って
 悲しいことを考えました。


 留学生たちが、
 外国の避難所で心細い思いをしている姿に、
 本当に心が痛みます。

 「生きて帰ろう」という願いが、
 少しでも、1人でも多く叶いますように。

 


 

無視くらいOK?

【“無視くらいOK?”の続きを読む】

リビアに思う。


 リビアでは、
 デモを抑えるために、軍が民間人を無差別に攻撃したと聞きます。

 ・・・。

 どんな国か知らなくても、
 子供の頃、国旗がキレイだったから、世界地図でいつも見ていた国、リビア。

 その国で起きた事件。

 
 日本で、と想像したら考えられない。


 日本は、まだ国民が圧制でどん底に追い詰められていないからか、
 昔の一揆や
 打ちこわしのような事件はあまり起きていない。

 生活保護を打ち切られた弱者も、
 静かに飢え死にしていることがあっても、
 役所の前で抗議の焼身自殺を図るような激しさは少ない。

 なら、
 リビアもだけれど、
 今、国民が独裁政権に向かって命がけで立ち向かっている国は、
 どれほどの圧制が、長く続いたのだろう。
 
 どれほど多くの命が失われたのだろう。



 その悔しさ、
 虐げられた苦しみは、
 申し訳ないけれど、まだ私には分からない。



 今回も、市営住宅の抽選は、3人以上のファミリー限定の物件以外は、
 すべて
 「風呂釜や浴槽は無いので、自費でつけてください」という物件ばかりだった。

 いくら貧しくても、
 風呂かシャワーくらいつけてよ!と、
 新築の市庁舎を睨んでいた私ですが、
 
 リビアの人たちの怒りは、その程度じゃないんだろうなぁ・・・


 まさか軍に爆撃されるとは思わなくても、
 それでも、命の危険はあると分かっていたはず。

 分かっていてもデモを起こし、
 怒りを行動で示すほどの圧制の中の暮らしは、私の想像を超えます。

 あの美しい国旗の国には、
 こんな苦しみがあったのね。
 
 知らないとか、知ろうともしなかった自分が恥ずかしい。



 私・・・

 やっぱり贅沢言ってたな。
 うん。

 頑張ろう。
 昼ごはんは毎日節約してるけど、もっと頑張ろう。

 もっと笑顔を。
 ビッグスマイルを。

 

天災はどこにでもやってくる

【“天災はどこにでもやってくる”の続きを読む】


 ここ数日、
 異常な『顔のむくみ』に悩まされているアタクシ。

 とにかくパンパンで、
 誰が見ても、すごく眠いか体調が悪い様子らしく、
 近くで見た人に「ど、どうしたの!?」って言われる。

 ・・・自分が一番思うわ。どうしたのアタシ。


 思わず「顔・むくみ・原因」って検索しちゃったわよ。

 出てくるのは、
 飲みすぎだの、疲れただの、塩分の摂りすぎだのミネラル不足だの。

 分からない。
 
 少なくとも酒は飲んでないぞ。

 風邪や頭痛でいろんな薬飲んでるから、何か薬の影響かもしれないけど、
 とにかく顔を洗ったり、
 軽い運動したり、
 顔をもみもみしたり、いろんなことやったのよ。

 でも変わらない。
 まぶたを蚊に刺されたかのようだわ。

 だいたい、
 夕方には少し良くなるんだけど、
 また寝たら朝には同じ顔。

 ・・・。

 切ない。


 答えは分からなかったけど、
 なんでも検索できるのはほんとに便利ね。

 とりあえず
 考えられる可能性はミネラル不足?

 カリウムやマグネシウムが不足すると良くないって言うから、
 タマクローばっかりに食べさせてないで、
 アタシも納豆食べようっと。

 それでも改善されなかったら、
 きっと風邪薬か何かの副作用だわね。

 しゃーないわ。

健康の自転車操業


 不景気日本。

 余裕のある生活をしている人ばかりじゃないのは、
 十分分かってますが、
 それにしても、コマーシャルなんかを見ていると、リッチな戸建て住宅やら、
 新型家電のCMがいっぱいで、
 なんだか切なくなります。

 はてさて
 明日の自分はどうなるだろう、
 とにかく元気でいないことには何もできんぞ、と
 今日も何とか頑張る。

 幸い、母子家庭で今は医療費がいらないので、
 ドラッグストアなどを使わず、
 なるべく処方薬を出してもらうようにすれば、
 体の不調もなんとか無料でケアできる。

 この点は、
 日本の政治に感謝せねばなるまい。

 ・・・堅苦しい言い方になっちゃったけど。



 ここのところ、疲れが溜まったせいか、
 インフルエンザにはかかるわ、
 しょっちゅう風邪ひくわで、
 週末にまとめてやろうとしていたことが、まだ終わらない。

 送らなくてはいけない手紙とか、
 いろんなことが後回し。


 週末までに疲れが限界までたまり、
 土日でだいたい、
 親子のどっちかが熱出したり吐いたりして、
 月曜の朝までに回復して
 なんとか通常の生活に戻る。

 で、
 1週間で疲れが溜まって、
 また同じことの繰り返し。


 自転車操業だわ。


 借金じゃなくて、
 健康の自転車操業だわ。


 仕事をクビになるのはショックだけど、
 少し休めると思えば、明るく考えることも可能かも。



 日曜の夜は、タマクローが咳して吐くし、
 私も熱出して大変でしたが、
 なんとか月曜の朝までに回復。

 さて、また一週間が始まる。

 やる気は出ないけど、
 なんとか前を向いて進まねばね。


生きることは食べること


 痩せて、細々とゼリー食で生きている父を見ると、
 それでも点滴などでは人は何年も生きられないので、

 「生きることは食べること」 だなぁ って

 つくづく思います。


 寝たきりのオトシヨリなどは、
 口腔内がとんでもない汚れ方をしてしまうことがあるけれど、
 しっかりケアして、
 専門の人が入れ歯などを作り直してあげたら、
 食べられると同時に、笑顔が戻ったとか、
 会話をするようになったなんて話も聞きます。

 食べることは生きること。
 そして食べることは、
 いろんな命を頂いたり、自然を取り入れることなんだよ、と
 しつこくタマクローに言うアタクシ。

 食べれもしないのに欲張ってお菓子を開けて、
 食べきれない時なんかには、
 鬼のように叱ります。



 で、

 アタクシ、日曜の昼間にテレビ見てて、
 笑っちゃいました。

 
 和菓子屋さんの奥さんのインタビュー。

 生クリームとイチゴの入った
 洋菓子のような大福を考えて、周囲にダメって言われながら売り出して
 ヒットで店の危機を救った女将さん。

 でも、
 「餅アレルギーで食べたことが無い」んだそうな。


 ヾ(@゜∇゜@)ノあははははは


 死ぬまでには一回食べてみたい、と
 自分が開発した人気商品を箱につめながら言っていた。


 そういえば、
 栄養士さんも、
 食べられなくなったら死にたいって、よく言ってるなぁ。

 管で栄養を入れていれば生きていられるけど、
 そうやって長生きしている人を見ても、
 自分はそうしたくないという栄養士さんは多い。

 ・・・多いって言っても、
 アタシが知ってる10人くらいの管理栄養士さんが、ってことだけど。



 栄養士さんは食べることについてしっかり学んだからこそ、
 カロリーを計算して与えていれば生きていられるって分かってても、
 それじゃ違うって思うのかなあ。



 それで、
 ある栄養士さんが
 「もう胃ろう(胃にあけた穴から栄養を入れる)にしないと生きていられない、となったら、
  ノドに詰まって死んでもいいから
  最後にシュークリーム食べさせて欲しい」 って言ってたのを思い出した。

 (* ̄m ̄) ププッ


 「詰まって死ぬなら何がいいか」って、
 
 そのあと、嚥下(口で飲み込むこと)ができなくなった場合の話で盛り上がった。


 「シュークリーム」
 「高級和牛」
 「刺身」
 「アワビ」

 なんか、スイーツか高級食材だわね。

 アワビが詰まって死ぬなんて、
 なかなかなの死に方かもしれないわ。


 あの和菓子屋さんの女将は、
 最後に、餅アレルギーなのに、自分がヒットさせた大福を食べて死ぬんだなぁ。

 「ああ、こんな味だったのか」って思いながら。

 
 その願いが、叶うといいわね。

 死ぬときはじわじわ来るとは限らない。

 
 突然の死だと、最後の食事がカロリーメイトだったり、
 昨日の残りの味噌汁だったりするんだろうな。

 最後の晩餐。
 ワタシは何になるんだろう・・・

 

 

絶対に使うのに死蔵在庫?


 私の雇用契約を切るために
 言われた理由は、「人材過剰」だ。

 人が余ってるからいらないんだそうだ。


 ま、表向きの後付の理由だろうけどね。


 今日も、学会に出席する人やら、
 エアコンが壊れて出動する人やら、
 来年の予算に備えて経理軍団の打ち合わせがあるやらで、
 事務所はガラッガラだった。

 で、
 昼前は私が1人で事務所の留守番をしていた。

 やることはあったけど、
 代表電話に誰も出ない病院なんてありえないし、
 いろんな来客もあるしね。

 アタシが1人で留守番してることもあるのにさ、
 「人員過剰」?
 
 ふーん。

 へー。


 ま、それはいいんだけど。



 それで、今日は実は、
 ちょっと買出しに行かねばならなかったけど、
 午後は血液の運搬とかがあるから、買出しに行けない。

 そこで外出する人に、
 ついでに「ラミネート用紙」の購入を依頼した。

 ラミネート用紙、
 つまりその、紙を透明の樹脂でコーティングするためのカバーね。

 熱で掲示物などを圧着させるヤツ。

 あれを良く使うので、
 買ってきてくれるように頼んだの。


 でも売り切れだった。
 
 il||li(つд-。)il||li


 事務用品の通販で買えばすぐだけど、
 ホームセンターで買ったほうが安いのよ。

 どうせ毎月買うものだから、
 以前、セールで880円の時に、上司にまとめ買いしていいか聞いたら、
 それはお得だからよし買え!と許可をもらった。

 ちなみに通販で買えば1500円。
 ホームセンターでは1280円。
 ホームセンターのセールだと880円。

 880円だと飛びつく主婦心は分かるでしょ?



 でも以前それを倉庫にしまってたら、
 そりゃあもう、
 パワハラランカーにしつっこく叱られましてねぇ。

 「死蔵在庫を増やしてどういうつもりだ!
  注文を受けたら受けただけ買うのが常識だ!
  なぜ注文を受ける前にここに在庫があるんだ!」
 ヽ (´ー`)┌ やれやれ


 上司に許可もらったと言っても意味ナッシング。

 俺様の機嫌が悪くなったんだから許さん!ってなものよ。

 だいたい、
 上司のこともバカにしてて嫌いなのよね、ランカーは。

 親会社から出向で着た上司が
 「病院のことを知らない素人のくせに」って、すっごくバカにしてる。

 自分がその席に座りたいのよね。


 
 ってなわけで、
 ランカーがしつこくしつこく猛烈に怒ってくるので、
 二度とラミネート用紙の予備を買わなくなったら、

 今日買いに行ったら売り切れだった。


 ・・・。

 ・・・。

 
 ああ、もうっ!!

 だから在庫持ってた方が楽なのに!!

 

 ってなことで、
 今日も涙をこらえてスクワット。 

 やりすぎて、
 ちょいとヒザを痛めました。

 
 何事も、やりすぎはダメってことで。

 でも多少の在庫を持つのは、
 やりすぎとは違うっしょ?

 合理的じゃん。毎月使うんだから。



  

タヌキのボーナス。


 へこたれていてもしょうがないけど、
 働くお母さんは、大変だ。

 子供を背負ったりして働いてきた昔のお母さんも大変だったけど、
 子供を職場に連れていけないお母さんだって、
 同じく大変だ。

 保育園が満員だったり、
 病弱な子のためにたびたび休んで顰蹙を買ったり、
 いろいろもろもろ。



 子供を産んだから悪いとか、
 自分で選んだ道だからしょうがないと言われれば返す言葉もなく、
 自覚もしてるんだけれど、
 大変なものは大変だ。
 どこかで愚痴もこぼしたくなる。


 (それがブログなわけだけど)


 今日、タマクローがあまりにも調子悪いので、
 病院に連れて行ってから職場に行きました。

 「通院のため遅刻します」って連絡したらボスに

 「いっこうにかまわないよ、うん。
 お子さんのためだもんねぇ、大変だねぇ。

 しかし多いね、よく病気する子だね。いいんだけど。」


 けっ。(ー"ー )タヌキめ。



 タヌキに嫌味を言われたけど、
 気にしちゃいられない。

 笑顔でいつも「お疲れさん、よくやってくれてるねぇ」なんて言いながら、
 アタシの解雇を決定したのはあんたでしょうが。

 部下のパワハラも止められないで、
 何が管理職よ。

 あんたのボーナス一回分より、
 アタシの年収は低いのよ!!



 毎度言ってることだけど、
 解雇が決まってる職場で、クビの日までカウントダウンの私に、
 そんな嫌味など屁でもない。

 「すみません。ほんと病弱で困りますね、あはは」と笑っておくしかない。


 最初に採用するときにも、
 「子供が小さいし、職場に迷惑をかけるかも」って言ったのに
 小さい子がいる私を採用したんだから、
 今更文句言われても知らんズラ。


 クビだからって投げやりになってるワケじゃないけど、
 クビが決まっていたら
 「やる気がおきない」のも確か。

 どうしようもない事実。



 仕事を工夫しようとか、
 進んであれこれやろうっていう気は失せる。
 片付け仕事になっちゃうのは、仕方ないんじゃないかなぁ。

 内定が取れて、
 卒論も終わった大学生が講義に対して抱くやる気くらい、
 わずかなやる気しか起こらない。

 
 そんなことより、できることなら次の仕事を探したり、
 保険がどうなるんか、役所で聞いたりしたい。

 ので仕事に身も入らない。



 世の中、派遣切りは常識になってるし、
 職員はある程度資格や経験のある即戦力を、派遣や非常勤で補う気持ちも分かるけど、
 こうやって使い捨てにしてると、
 ほんと、やる気を失うわ。

 他の職場でもそうだと思う。
 愛社精神とか、自分も役に立つために頑張るぞ!と思える意識を育てるためには、
 社員を大事にした方がいいと思うわ。


 あたしはね。


 あ、どんなサボり社員にでもボーナスを出すとか、
 そういう意味じゃないわよ。


 頑張ったら報われるようにするとか、
 腎剤を育てる努力もして欲しい。


 正社員と同じ仕事をしても非常勤にはボーナス無しとか、
 妙な使い捨ての人材補充は良くないと思う。

 この間、ホテルのレストラン職員が、
 ツイッターで芸能人が来てるってつぶやいて問題になったじゃないですか。

 あれだって、アルバイト社員だった。
 アルバイトにも社員の守秘義務の教育はしているとホテル側は言ってたけど、

 短期のアルバイトじゃ、こう、
 仕事への責任感も育ちにくいんじゃないかなぁ。



 アルバイトで人を補充しないと飲食業界はとくに難しいのは分かる。


 大手焼肉チェーン店でも、店長以外は全員バイトで、
 店長が休んでも運営できるシステムになってるって言ってた。

 それで人件費を浮かせて利益にしているのだから、
 しょうがない。



 でも、出入りが激しくなればなるほど、
 情報も漏れやすくなるし、
 変な人も増えるだろうし、
 顧客の信用をキープしていくには、それなりの努力が必要だと思う。

 バイトでも昇給があったり、
 頑張れば社員になれたり。



 ん?
 何が言いたかったんだ?あたし。

 
 忙しく働いてて、
 仕事してて突然、ふっと、
 「あれ?わたし、なんでこんなに真面目に仕事してるんだろう」って

 何もかもイヤになったりする、
 そんな今日この頃。

 でも明日も仕事だホイ。

 つい、頑張るホイ。




整形したっていいと思う




 前から言ってることだけど、
 私は別に、美容整形に反対じゃない。

 リスクもあるし、ある意味、贅沢なことに医療を使うわけだから、
 予防接種が足りないとか、
 まだポリオやハンセン病が蔓延してる国も多い中で、
 なんだか先進国のエゴみたいな気もするけれど。

 その問題はちょっと置いておいて・・・

 
 美容整形って、
 必ずしも絶対に安全じゃないでしょ。

 昔よりは良くなっているとは言え、
 病気でもないのに体を切ったり、何か削ったり取ったりするんだから、
 それなりに覚悟が必要。


 あごを小さくしたり、えらの張った顔を削って小顔にする手術も流行ってるらしいけど、
 老後のこととか考えたら、
 「噛み合わせとか大丈夫か?」と心配せずにはいられない。

 ので、
 どこまで本人が覚悟をしているのかは知らないけど、
 大きなお金を使って、自分の容姿を理想に近づけようとすることに、
 私は別に反対じゃない。


 ただ、美の基準は人それぞれなので、
 自分で美しくなったと思っても、周囲が必ず好意的な反応を示すとは限らないし、
 それをやったから就職できるとか、
 恋愛がうまくいくとか、
 そういう現実的な効果が伴うかどうかは分からない。

 
 少なくとも、
 手術が成功して満足すれば、
 本人は自分のコンプレックスを克服できたりするのだから、
 それによって今後前向きに行動できるなら、人生にプラスになる。

 だから反対はしないんです。



 先日、知り合いのBさんが言ってました。

 「あーあ、キレイに生まれたかったなぁ。そうしたら人生違っただろうなぁ。
  タレントの○○ちゃんみたいな顔になりたいなぁ」



 Bちゃんがそう言うので、ふとその芸能人を検索してみて驚いた。
 
 めっさ整形してる。

 別人になるくらい整形してる。


 Bちゃん、確かに美人に生まれたら人生は違うかもしれないけど、
 人生を変えるために後で美人になった人もいるんだよねぇ。

 整形前の写真もたくさん出回っているから、
 「すごく整形した人」というイメージを、今後も消すことはできないと思う。

 それでも確かに、
 彼女は美容整形でキレイになることで、芸能界で仕事をつかんだ。

 それが長く続くかは、
 後は努力と運と実力次第だろうけど。



 
 
 
 Bちゃんには、○○ちゃんはキレイに生まれたんじゃなくて、
 キレイにして仕事をつかんだのよ。
 やってみる?
って言ってみた。


 アタクシは、もしお金があったとしても、 
 「キレイに整形したのにこんなはずじゃ・・・」って、
 うまくいくと勝手に夢想した人生どおりじゃなくてガッカリしそうだから、しないと思う。

 理想の外見を手に入れることと、
 理想の人生を手にいてることは、また別だから。

 でも、
 やるのも人生の選択の一つよね。



 ということで、
 私は整形には反対じゃないです。

 刺青には反対だけど。

 どこが違うって、
 刺青は普通病院でやらないし、
 整形みたいにしたことを誤魔化すこともできない。

 まだ日本では異質な目で見られるから、
 服を着ても隠せないところにやると、
 法事やら葬儀では、包帯で隠したり、ファンデ厚塗りしたり。

 「やったんだぞ」と周囲にアピールするシルシみたいだから、 
 好きじゃないんザンス。

 古いと言われても嫌なものはイヤ。
 タマクローが整形したっていいけど、刺青入れたらイヤだ。

 やるなら病院でやる「アートメイク」のアイラインくらいにしてちょーだい。

 
 
 

怒涛のように現実はやってくる


 ふぅ。


 物事をてきぱきと片付けられない私。

 こう、やることがたくさんあると混乱してしまって、
 あれもこれも途中になってしまう。

 自分でもなんとかしようと思うけど、
 そういうことにすごく弱い。

 全部を遺伝のせいにしたくはないけど、
 父親がこういう性格だから、似ていてイヤになる。

 仲人を頼まれただけで一ヶ月前から眠れなくなるような父よりは、
 まだマシだと思うんだけどね。

 明日が町民運動会だって言うときに、出るのが怖くなって逃走したし。

 ヽ (´ー`)┌ フフフ


 私も父ほどじゃないけど、そういうところを受け継いでいて、
 プレッシャーや環境の変化に、
 とても弱い。


 うつ状態の時には、
 人生の大きな決断を避けて、静かに暮らすのがいいと聞く。

 判断能力が低下しているから、変化は良くないし、
 判断は後回しにした方がいい、と。


 しかし現実はそうはいかない。

 私の解雇まであと一ヵ月半。


 仕事も探さないといけないし、
 解雇されたら保険や年金も急いで手続きしないといけないし、
 やることは山積み。

 休んでなんていられない。

 プレッシャーの中、
 日々混乱しながらあっという間に過ぎていく時間。

 

 その中で、今日は決断をせまられた。


 「あなたと同じパワハラ被害に、多くの女性が遭ってきました。

  しかし全員が正社員だったし、
  加害者を別の部署に異動させることで、加害者には口頭注意だけで過ぎてきました。

  あなたがもし人事に訴え出れば、被害者が多いこともあって、
  加害者は懲罰の対象になるでしょう。

  けれどそうしたら、
  第一に、あなたが彼から復讐される可能性があります。
  懲戒解雇にした場合、その後の彼の行動までは責任がとれません。

  第二に、加害者を解雇しなくても、
  あなたを鬱病に追い込んだことや、人格を否定するようなイジメがあった事実は明白なので、
  慰謝料のようなものを、退職金代わりに請求することはできます。
  数十万円は確実でしょう。
  しかしそういう辞め方をすると、次の職場からあなたについて問い合わせがあったとき
  円満退社とは言えないから将来のためにならい。


  第三に、黙って自主退社にする。
  円満な退社にもメリットがある。
  被害を取り下げても、多少の見舞金も出るかもしれないし、
  次の職場から問い合わせがあったら、
  いい人だったけど、経営縮小でやむを得ず契約を終了した、と言えます。


  さあ、どうしますか。
  タイムリミットがあるので、早く決めてくださいね」



 ( ̄▽ ̄;) ・・・

 
 えっと

 えっと

 えっと・・・



 なに?
 アタシ、パワハラで訴えたら仕返しされちゃうの?
 黙って辞めた方が身のためって言われてる?


 子供の病気、
 家族の病気、
 お金のトラブルや親族の不幸、
 怒涛のように押し寄せる現実と、
 忙しい毎日の中で、

 ビンボウシングルマザー、

 混乱中。



ちょっと違う。


 保育園で他の子のママが
 「子供のHIVがさー」とか
 「HIVって心配じゃない?」 とか言ってくるので、

 ?? HIV??と思っていたら、


 ヒブワクチンの話だった。



 それはHibだよハニー。

 HIVは違うよハニー。(言えなかったけど)

とにかく良かった。

アパート排気口の上に乳児を裸で置き去り
読売新聞 2月15日(火)10時40分配信

 15日午前6時30分頃、横浜市神奈川区三ツ沢下町のアパート玄関脇の外壁に取り付けられた排気口の上に、生後間もない男児が裸で置き去りにされているのを、泣き声に気づいた住民の女性(28)が見つけた。

 神奈川署が保護責任者遺棄容疑で調べている。

 発表によると、男児は身長45・4センチ、体重2670グラム。へその緒がついたままで、生後数時間しかたっていないとみられる。命に別条はないという。 最終更新:2月15日(火)10時40分



 ああ、生きてて良かった。

 このお母さんにとって、子供なんてほんとうにやっかいなものだったんだろう。
 死んでもかまわないつもりで置いたとしか思えない。

 少なくとも、
 無事だれかに育てて欲しいと願ったら
 保温して目立つところにそっと置くもん。

 子供が欲しくてどんなに治療受けても授からない人もいるのに、
 こうして、いらない人には授かってしまうのが、
 この世の中のままならないところですよね・・・

 子供の将来を悲観して、
 いらない子供なら助かっても幸せにはなれないと言う人もいますが、
 私は助かって良かったと思います。
 とにかく、生まれてくることに罪はない。

 その子が生まれてきたことにも、
 意味があると信じたい。
 その子が将来、誰かの助けになったりすると、信じたい。


 幸い、生後間もない子なら、養子に出されても、
 実子として登録できる制度があります。

 親が誰だか分からないと、
 おそらく妊娠中に健診も受けていないだろうし、
 遺伝的的になにか問題のある遺伝子があるかとか、
 親の病歴も分からないなどの問題もあるけれど、
 寒空の下で助かった子の運の良さに、私は賭けたい。

 幸せになってくれると信じたい。



 自分で産んだ子じゃなくても、
 赤ちゃんを育てたいと願う夫婦は大勢いるのだし、
 例え施設で育ったとしても、人のためになろうと、まっすぐ生きている人もいる。

 生まれた環境が恵まれていたとしても、
 そのありがたさに気づかずに曲がっていってしまう人もいる中で、
 その子は、暖かい心を持って育って欲しいと、心から願います。


 ま、もし私が育ててって言われたら、 
 贅沢はさせられないけど、精一杯育てるわ。

 こういう
 「子供なんて邪魔なだけ」という考えの人が一人でもいる以上は、
 たとえどんな批判があろうとも、
 「赤ちゃんポスト」のようなものが、各地に必要だと思う、
 そんな三十路。

 

バレンタインには、もちろんムスコだけに愛を。


 バレンタインでしたね。

 本当に、一生の一大事のように、チョコを抱えて好きな人を待っていた、
 あの頃の自分が懐かしいです。

 好きな人には振られ、
 あんまり好きではない人にはとても好かれ、
 けっきょく恋愛も結婚も、ちぐはぐでうまくいかない不器用なまま、
 三十路になってしまいまいた。

 が、

 女であることはギリギリ忘れず、
 タマクローが独り立ちした頃に、また恋ができたら、なんて思ったりもします。

 
 そんな希望を持たないと、
 今の状況はやっていけません。



 落ち込んでうつ状態になった人は分かると思うんですが、
 よく頭が真っ白になって落ち込んだり、
 食欲が無くなったり、不眠になったり、
 大変、体調が悪くなるザンス。

 未来も明るく思えないし、
 すべてがイヤになることも。


 だけれど、
 だからってその不幸が誰かのせいだと思いたくも無いし、
 八つ当たりして放火してやろうとか、
 通り魔起こそうとか、
 まったくもって、そんなことに考えはつながらない。

 一体、生活に困ったからって、ヤケクソになって
 社会への復讐だので通り魔になったりする人って、
 どんな経路でそうなるのかしら。

 自分が困ってることと、
 他人の生活は違うものなのに、巻き添えにしてどうなるもんでもあるまいし。



 無理心中も、考えられません。

 自分が死にたくなっても、わが子のためには死ぬわけにはいかないので踏ん張りますし、
 親子で心中だ何て、
 せっかくあんなに痛い思いして産んで、感動して愛して育ててきた子を、
 なんで殺さなあかんのかしら。

 わが子を道連れにする親も、
 見ず知らずの人を自分の不幸の道連れにしようとする人も、
 私から見たら、そんなのはただの不幸の押し売り。
 
 自分が不幸だから他の人も不幸にしてどうなる。
 不幸が不幸を呼んで、問題になること間違い無しじゃないか。


 でも、ワタシはどうも、
 自殺するんじゃないかと上司にびびられているらしい。

 「死ぬと会社側と親族が後ですごく問題になるし、労災にならないかもしれないから、
  もったいないから死なない方がいいよ」

 などと、私が退職になる前に社内で自殺しないように、
 気を使ってるけど、

 ( ̄(││) ̄) 死なないってば!もう。



 そして今日、疲れた頭で、熱を出しながら仕事をしていたら
 「あ、タガメさん、バレンタインなのに、お茶とチョコをみなさんに出してくれなかったの?」と
 軽くダメ出しされた。

 ・・・こんなに疲れてて熱があっても、お茶出しを省略したらダメなのね。

 雪の降る中、
 上着もなしで銀行に行ったアタシに褒めコトバも無く、
 「で、お茶とお菓子は?」

 
 (T∇T )す、すいません。


 切ない。

 明日、熱が下がって出社できたら配ります。
 
 ああ、明日は購買の仕事もあるのに・・・。
 支払いもあって、忙しい日なんだけどなぁ。

 解雇されるのに、
 最後まで最低限がんばりたい。

 書類を隠されようとも、
 捨てられようとも。



 

知らない親族。



 月曜の訪れとともに、猛烈なめまいと頭痛に襲われる三十路。
 気合だ気合だと自分に暗示をかけても、
 どうにも目が回る本日。

 みなさんいかがお過ごしです?


 ワタクシはこの季節、体調が悪かったり熱があっても、
 花粉症のせいであるときがあるので、
 原因が分からず、困ります。

 先日も、熱が出ても、疲れとストレスだろうと思ってましたが、
 病院に行ったらインフルエンザだったし、
 どうも、何が原因なのか分からずに体調が悪いときには、
 一体何科に行ってどうしたら治るのか分からず、
 困ります。


 疲れているときは、病院に行くのもツライもの。
 それなのに、原因が分からず、あちこちの病院で別の診断や薬をもらったり、
 「精神的なものでしょう」と言われたり、
 精密検査が必要だと言われたりすると、どっと疲れて、
 さらに具合も悪くなる・・・


 近頃は毎日忙しいので、めったに病院に行きませんし、
 「たぶん全部ストレスのせいだ」と自分に言い聞かせて頑張ってますが、
 激しい頭痛には恐怖を覚えます。

 前からちらほら書いてますが、
 私には、現在生きている祖父母は、父方の祖母一人だけです。

 けれど、祖母は私の父の母親ではなく、
 再婚で祖父と連れ添った人です。

 なので私との血縁関係はありません。

 血がつながった父方の実祖母は、
 父がまだ保育園くらいの頃、脳出血と思われる症状で病死しました。

 激しい頭痛もちだったそうです。

 そして現在、私の父は脳出血で倒れて、
 入院中。


 60歳になったばかりですが、
 半身不随で寝たきりオムツ生活になった父は、
 一気に老け込んで80歳くらいに見えます。

 父も激しい頭痛もちでしたが、
 血圧も高すぎず、健康診断の結果はいつも良好でした。

 でも、よく頭痛で吐いたり寝込んだりしてました。

 ・・・嫌だわ。
 
 遺伝が怖いわ。

 亡くなった実祖母の親類には、
 私は会った事がありません。

 そりゃそうですよね。
 親戚ですけど、血縁者ですけど、そんな風に、
 会った事がないとか、存在も知らない相手って、実はけっこういるんだろうなぁ。

 戦後の混乱期は、戸籍だってあやふやになっただろうから、
 実子になってるけど実は養子だとか、
 犬神家のスケキヨみたいに、帰国するときに別人になりすました人だって、
 いるかもしれない。
 現代でも、やり方さえ知っていれば、戸籍ののっとりもできますもんね。
 

 あら、話が脱線したわ。



 とにかく、
 父方の実祖母は若くして脳の病気で亡くなり、
 その血を引いている父も脳出血で倒れた今、
 私は自分の頭痛がとても怖い。

 以前なら「いつもの頭痛だなぁ」とうんざりするだけで済んでいたのに、
 大人になってから実祖母の死因を知り、
 そして父の現状を見ていると、
 とっても怖い。

 ストレスのせいだ、疲れで頭痛が、と思い込もうとしても、
 ちょっと怖い、そんな三十路。

 実祖母・・・
 どんな人だったんだろうなぁ。
 父だって記憶にないほどだって言うから、私は全然分からないや。

 けど脳出血と頭痛の家系であるとしても、
 その遺伝があってもここまで続いてきたんだから、致命的な欠陥じゃなかったのかなぁ。

 ズキズキする頭で、まとまらないことを考える三十路。
 どこかにいる大叔父や大叔母、はとこたちを想像しつつ。


あら、意外と堂々としてんのね、小向さん。


 疲れててワイドショー的なものも全然見ないでいた週末だったけど、
 逃亡中と言われる小向さん、
 普通に外食して、
 マニラで暮らしてるのね。
 
 けっこう堂々と目撃されてるのね・・・。

 ( ̄▽ ̄;)やだわ。


 これはさすがに、
 引渡し条約を結んでなくても、
 とにかく早く逮捕しないと、

 「ああ、そうか、マニラに逃げちゃえば警察は手を出せないんだねぇ」っていう、
 とんでもない宣伝になっちゃうわ。


 もし今回捕まえたとしても、
 それは有名な犯人で、警察の名誉にかけて捕まえないといけないから。

 特にマスコミで話題にならないような人なら、
 マニラに逃げちゃえば、
 その後は安泰なの?
 
 
 ・・・ま、死ぬまで故郷の土を踏めなくなっちゃうから、安泰ってコトバはおかしいかもしれないけど。


 もし警察が手を出せなくても、
 その代わり何か困ったことがあっても、
 大使館に助けを求めることはできないわよね。

 海外への逃亡は、
 お金さえあれば大成功ってことにはならない気がする。

 少なくとも、
 安泰であっちゃ、いけない。

 市民感情として。


 

薬の怖さを、逃げている小向さんを心配しながら思う。

 小向さん、マニラで何してるんでしょうねえ。
 ずっと逃げ続けるには、資金も必要でしょうし、どうするんでしょうか・・・


 全員とは言いませんが、
 薬物で捕まった人の再犯率は高いですよね。

 性的な犯罪もそうですけど・・・。

 薬物の場合は、
 例えいくら反省してみせても、
 収監して、しっかり薬を抜かせる時間を持ってあげることが、
 執行猶予を与えないことが、
 本人のためにもなるような気がしてなりません。

 そのために、私たちの税金が使われるのは悲しいですが、
 再犯でまた捕まって税金が使われるなら、
 同じことのような気がしますし。


 こうして、海外との行き来も盛んになり、
 すべての郵便や通信を管理することもできない以上は、
 薬物の氾濫を抑えることは
 もう不可能な気がします。

 手に入る状況なら、
 疲れていたら、もしかして私だって手にしたいと思うかも。

 寝ないで働けたり、
 つらいことを忘れたようにふるまえたり。

 もちろんそんなことしませんけどね。
 だって子供がいるから。




 薬物は本当に怖い。
 簡単には抜け出させない。

 再犯の多さや、
 一回軽い気持ちで手を出したら止められない人の多さが、
 それをはっきり物語っているのに、
 どうも、薬物を手に入れる手段は、
 違法なものでも、簡単になっているような気がしてなりません。


 多くのドクターが、
 タバコの害を患者に説明しつつも、禁煙できずにいます。

 糖尿病の怖さを語る医師が、
 メタボで糖尿持ちだったり、
 人は、自分に対してそんなに厳しくなれません。

 


 ということで、
 小向さん、もう、捕まえてあげないと、
 命を落としかねません。

 捕まえてあげることが、
 もう、彼女を救う最後の手段のような気がします。
 
 勝手に。



 捕まえてあげて、
 実刑を受けても、それでも出てきて周囲に多くの裏の世界の人が群がれば、
 またもとの木阿弥でしょう。

 人は弱い。
 自分で変わろうと思ったつもりでも、
 心は簡単に折れる。

 私も今、ツライ時期だから、
 頑張って立ち直る姿を、見てみたい。

 ストリップとか、そういう世界では、
 いくら本人が仕事に誇りを持っていても、やはり人生の表街道ではない。

 こつこつ、
 時給いくらの世界で働いたり、
 難しい国家資格に挑戦したり、堅実な世界で頑張って欲しいものです。

 まだ若いんだから・・・。


 捕まって欲しいな。
 どこかで命を絶ったりしていないといいな・・・。



 

さーて 仕事を探さねば。

 グチばっかりでごめんなさいね。
 もう何日グチ書いてるかしら。

 ヽ (´ー`)┌ へへへ


 年末からずっと、ほんと、どん底ですから。
 
 人生いろいろだ、と、
 それしか言えません。

 いい大学出てても就職できない子もいる時代ですから、
 凹んでても仕方ないですよね。

 ・・・と、言えるのは、今の時間だからです。


 完全に鬱ですね。
 実は病院に通ってます。
 
 精神的にもう、限界で。
 薬でなんとか仕事に行ってる状態。

 うちの祖母の認知症が典型的なように、
 私の鬱も典型的で、
 時間の波があります。

 比較的、午後から夜には前向きな考え方になれますが、
 朝はけっこう死にたいです。

 死にたいだけで死にませんけどね。

 子供がいるから、
 頑張りますけど、気分的にはどん底。


 ああ、今日もクビが決まってる職場に行って頑張るのか、
 そして私より遅く来るパワハラ男ランカーに、
 「自己管理がなってない」とか言われるんだわ、って思ったら、

 ヽ (´ー`)┌  動きたくないったらないわ♪



 それでも頑張ってますけどね。
 
 「俺は自己管理ができているから、2時に寝て6時に起きる生活で
  体が慣れてるから平気だ」

 ああそうですか。
 っていうか、6時に起きても、出社するのが最後なんだから、
 もっと早く起きなさいよ。


 「仕事中に眠いって言ってる上司は、無能な証拠だ」

 ああそうですか。
 実際居眠りしてるあんたにだけは言われたくないわね。


 そうして今日も、
 ワタシは「見えない人間」として、挨拶しても話しかけても返事もしてもらえないまま、
 必死こいて仕事して帰宅。

 疲れ果てた一週間だった。
 
 
 物干し台買っといてですって?
 そりゃやるけどさ、
 アタシはもうすぐ居なくなるんだから、
 そういう雑用も、クビを言い渡した上司がやってちょうだいよ。

 洗剤も、減ってきたら買っておくのよ。
 コーヒーのフィルターも、
 風呂掃除用のスポンジも!

 ちゃんと買っとけよ!

 突然注文が来るから、
 いつも輪ゴムは予備買って、ちり紙の予備も切らさず、
 そしてゴミは

 o(〃^▽^〃)o 雑用ばっかじゃねーか!

 ( ̄▽ ̄;) ・・・。


 でも忙しかったんだもん。



 ということで、
 明日は仕事もないからよく眠れそうです。

 
 誰も責任をとりたくないし、
 パワハラを放置しておくこともできないけど、
 でも放置しておいたとなったら責任問題になるから、
 表ざたにはできないらしい。

 相変わらず、
 クビになるんじゃなくて、
 自分で辞めるんだから黙っておきなさい、という状態。

 ・・・。

 とりあえず今週も頑張ったわ。

 民事で訴えてもこっちには勝てないぞって産業医のドクターにも釘を刺されましたが、
 アタシ、
 そんなパワー残ってないっす。

 もう、生きてるだけで精一杯♪

 

典型的な認知症。


 暖かいコメントをたくさんいただいて、
 本当にありがとうございます。

 今、本当に、倒れこんでそのまま砂になりたくなります。

 それくらい、
 疲れ果てています。
 考えようとすると、頭が真っ白になってしまう。

 クビは悲しいけど、
 一旦、仕事を探しながら休養も必要かもしれない。

 このひどい眩暈と、
 生理不順に、胃痛。

 ストレスで体が蝕まれすぎ。




 さて、先日久しぶりに祖母を見たとき、
 祖母は典型的な認知症の人になっていました。

 気分の変化が激しく、
 本当に、マニュアルに書かれている通り、
 財布を隠されたと泣いたり、
 数秒ごとに「あんただれ?」と聞いたり、
 
 そして自分の夫が亡くなったことも、分かったり忘れたり。

 法事の場なのに、
 「誰か死んだの?」と聞いている祖母。

 

 あの状態で1人で放っておくことはできない。

 施設に入れるのを「母を捨てる気か!」と叔母が許さないなら、
 もしうちで引き取るのなら、
 誰かがつきっきりで面倒を見ないとダメだ。

 でも、じゃあ、父の面倒はどうするんだろう?
 買い物にはどうやって行けば?
 
 もし父が退院したら、
 寝たきりの父と、徘徊する祖母を抱えて、
 うちの母は面倒見られるの?


 無理だ。



 じゃあ私が同居したら?

 私が仕事もしないで、
 母と一緒に、介護に明け暮れる?

 タマクローを保育園に預けて、「あんた誰?帰る!」と怒る祖母をなだめながら、
 「今のうちに買い物行ってきて!」とか、母と言ってるのを想像したら、
 目の前が真っ暗になった。

 そして盆正月にはきちんと親戚を招いて、
 法事もしっかりやって、
 本家としての役割を担ってください?

 無理・・・。



 それにしても、
 見本のような認知症の祖母を見て思う。

 うちの母だって、いつまで元気でいられるかどうかは分からないのです。

 父が60歳で寝たきりになってしまったように、
 母だって、60歳を越えているのだから、何が起きるかなんて分からない。

 そうなったら、
 確実に、面倒を見るのは私しかいないんだな・・・と。


 面倒を見ると言うと嫌な言い方かもしれないけど、
 でも、そうだよね。

 少子高齢化の昨今、
 みんな、自分の家のことで手一杯じゃないのかなぁ。

 父に回復の見込みがない今、
 母には、少しでも元気で頑張って欲しいところ。

 せめて、
 タマクローが中学生くらいになるまでは・・・。


 
 

弱ってても書かない。


 一年以上働いてきて、
 一方的に契約修了を言い渡されたアタクシ。

 普通ならあれこれ対応もできるのだろうけど、
 今はほんとうに、
 家のことも大変で、何もできない。

 サインを拒否した
 「退職願」についても、そのまま保留になってはいるものの、
 「ルール上、辞める一ヶ月前には書いてもらうことになっている」という説明は変わらない。

 自分で辞めるならともかく、
 4月に契約更新したときにも、一年後には特に変化がなければ自動更新だと聞いたので、
 今回で契約が終わると分かっていたわけでもない。

 じゃあこれはいわゆる「雇い止め」なワケで、
 本当は会社側から解雇の理由などを明記した書類がもらえるはずじゃないの?

 忙しい中調べても、
 いまいちよく分からないのだけど、
 雇い止めであっても、「退職願」は出すものなの?

 願ってないから出したくないとか、
 そういうものとは違うのかな・・・。

 解雇される人も、
 退職願って書くのだろうか。

 「深い意味はないのよ。
  みんなにサインしてもらうものだから」 なんて言われても、

 誰も信じられないわ。 
 書けないわ、退職願へのサイン。

悲しい思い出。


 今は祖父が亡くなり、
 祖母も認知症で、「あんただれだっけ?」を繰り返しているから、
 昔のことをどうこう言うのも悪いと思うのだけど・・・

 今日一日、
 頭の中をいろんなことがグルグル回ってまして、
 つらいので聞いてください。

 前にも言ったことがありますが、
 私の父はファザコンです。

 祖父母に愛されたくて、
 長男なのに一番に愛されないことが悲しくて、
 ずっと祖父母の愛を求めていました。

 気に入られたくて、
 男の孫を祖父に見せたかったので、
 生まれたのが私や姉だったことすら腹が立ち、
 「なんで女なんだ!」って、むやみに叱られましたっけ。

 しょうがないじゃん。
 好きで女に生まれたんじゃないしね。




 その後もいろいろ、
 お金もたくさん渡し、一生懸命祖父母の気を引こうとしました。

 だけれどそのお金は、
 末娘の叔母に流れるだけで、
 父が貢げば、
 そのお金で祖父母が高額なものを食べたり、叔母に小遣いをあげたり、
 そんな風でした。



 そしてある時、
 アタクシは祖母から電話を受けました。

 お盆だか、ゴールデンウィークの時だったと思います。
 
 まだ小学生だった私が電話に出ると、
 祖母はこう言いました。


 「あんたが出たならちょうどいいわ。
  お父さんには言いにくいからね。

  正直、あんたたちが来ると気を使うし、
  あまり好きじゃないから、あまり来ないでもらえんかね?

  仕送りはありがたいけど、送ってくれるだけでいいから」


 Σ┏(|||`□´|||;;)┓!


 おばーちゃん、
 ほんとに私たちのこと嫌いなんだ・・・


 幼心に、けっこう傷つきました。



 でも、子供でも分かりました。
 これは、父には言っちゃいけないことだって。

 言ったら父は哀しむし、
 きっと私がウソを言っていると思うだけだろうと。



 幼かった私が言った言葉はコレ。
 
 「おばーちゃんちに行ってもつまらないから行きたくない」



 怒られましたねぇ。
 父に。

 「孫に会うくらいしか楽しみがないのに、
  そのおじいちゃんおばあちゃんに会いに行くのがイヤだと!?
  ふざけるな!!」


 父に怒られて泣きながら、
 でも、
 「おばあちゃんがキライだから来ないでって言ったから」なんて、
 言えませんでした・・・。



 なんてことを、
 祖母の面倒を誰が見るかとか、
 そんな話でもめたあと、ぐるぐると思い出しました。

 今更、もう祖母も認知症なのだから、
 そんなことを恨んで面倒を見たくないのではありません。

 他に見る人がいなければ、
 私や母が世話するべきなんでしょう。


 でも、他に祖母が信頼して愛している人がいるのだから、
 だったらそちらが世話してくれるのがスジじゃないかな、なんて思ったり・・・。

 嫌な言い方なのは分かっていますが、
 そういえば、今までおじいちゃんやおばあちゃんに、
 可愛がってもらったこと、無かったなぁ・・・。

 私の誕生日も知らないだろうし、
 おめでとうも言われたこと、無かった・・・。


 叔母のところの孫たちは、
 いっぱいお祝いしてもらってたのになぁ。
 
 叔母が宗教のセミナーに通ったりしてたから、
 祖父母がいつも、孫を預かって世話してた。

 

 おじいちゃん、おばあちゃんにとって、
 孫と言うのは私や姉ではなく、
 叔母が産んだ子だけなんだよね。

 それを思うと、
 もう、
 「あんたたちとは縁を切る」って言われても、
 いいのかな・・・

 悲しいけど、
 父は祖母を引き取りたいって言うかもしれないけど、
 向こうも望んで無いし、
 父も体が動かないしね。


 人間関係って、
 家族や親族でも、
 ほんと、難しいもんですよねぇ。

 つくづく、難しいです。


 

私にだって言い分はある。

 ね、眠れなかった・・・

 今日はすごく忙しい日なのに、
 寝ないで仕事行って大丈夫だろうか。

 胃も気持ち悪いし。
 倒れそうでほんと、怖いわ。




 あのですね、
 去年の離婚から始まって、
 正直、普段子供を育てながら一人で頑張ってるだけでも、
 病気のときとか、本当にしんどいです。

 じゃ、実家帰ればいいじゃんとも言われますが、
 実家もいろいろありましてね。

 そうもいかないんです。


 さて、倒れた父の病状ですが、
 さっぱり良くなりません。

 脳出血と言ってもいろいろで、
 出血しても損傷が少なく、脳が元気で、リハビリさえ必要ない場合もあります。

 後遺症が残っても、
 リハビリしながら頑張れる場合もあります。


 が、父の場合は、
 全然良くならないパターンだそうで、
 二箇所の病院で言われたので、事実なんでしょう。

 なぜかじわじわと脳の壊死部分が広がる一方で、
 しかも、もし広がらなくても、脳の大事な部分が大部分欠損しているため、
 体の機能は回復しないそうです。

 思考や記憶も混乱していて、
 体は完全に半身麻痺。

 視野もとても狭く、
 左側にあるものが認識できないんじゃなく、
 目だけじゃなく、脳自体が壊れているので、
 「左側」というものがあることが認識できない。

 平衡感覚も狂って、
 ベッドの上に座っていることも不可能。


 でも、「リハビリしても良くなる可能性はない」と言われたら、
 誰でも生きる気力を無くすので、
 「がんばって良くなろうね」と励ますしかない。

 良くはならなくても
 命に関わることはないので、
 このままベッドの上ですごく長生きしそうで、
 それも本人にとって、なんだかつらいことのような気が・・・。




 そんな実家に今起きている問題は、
 母の疲れだ。

 父方の祖父が亡くなり、
 長男の嫁としての役割をなんにもしてない母は、
 けっこう針のむしろ。

 仏壇をついで本家の仕事をしなさい、ということでもめているんだけど、
 家が遠いので問題山積。

 仏壇をつぐというのは、
 はい、と、もらって終わりじゃない。

 墓と法事がセットでついてくる。


 墓は遠い。
 でも、墓を移すと言ったら、親類たちに超怒られた。

 そのままの場所で管理して、
 守らねばいかんのだそうだ。


 今後も法事をちゃんとやりなさいと言われたけれど、
 宗派もよく知らなかったお坊さんに連絡をつけて、
 今後、家に来てもらわねばならない。

 近くに同じ宗派のお寺を探さなきゃ。

 


 永代供養なんて言おうものなら、
 「先祖を捨てるのか!罰当たりにもほどがある!」って怒られ、

 認知症の祖母を預かろうとしても我が家を嫌って嫌がるので
 『じゃあ施設を探しましょう』と提案したら、
 
 「母も捨てるのか!じゃあこちらで面倒を見る!!」と怒られ、
 そして、
 「祖母の面倒も押し付けて何にもしない嫁だ」と言いふらされる。

 面倒見てやってるんだから、
 ソレ相応のものを払えと要求される。



 にっちもさっちもいかない。


 こちらもできる限りのことを言ってみたのだけど、
 何を言っても溝が深まるばかり。

 
 祖母が引越しを嫌がり、
 さらに墓もうつしてはいけない。

 じゃあ、今ある我が家を売って、
 祖母が慣れている地域に家を買って越すしかない。

 (祖父母は借家暮らしだったので)


 寝たきりの父を抱えて、
 家を売って引越しなんて、無理すぎる。


 ずっと私が長男のように、母の代行でいろいろ動いてきたけれど、
 私にも私の人生があって、
 今、大変な荒波にもまれている。

 親族の争いにまで巻き込まれて、
 沈没しそう。


 父のいる病院を往復するだけでも、
 母は、すでに極度の疲れに陥ってぼろぼろ。

 食事もインスタントばかりになってるし、
 鍵もちゃんとかけないから、
 私と姉は、大変心配している。

 
 先が見えない。

 真っ暗な闇のように思える日々の中で、
 タマクローの笑顔だけを支えになんとか頑張る日々。


 そんな私たちに、
 罰当たりだの、タタリが起きるだの言われても、
 もう十分起きてるので、
 ご勘弁を・・・



 ・・・だいたい、老後の資金を全部最新家電や外食で使い果たしちゃった祖父母が
 一番ダメなんじゃん。

 (と言いたいけど言えない)

 一緒になって散財してた叔母も悪いんじゃん

 (と言いたいけど言えない)


 なんでお金がたくさんあったときに、
 家とか買っておかなかったの?
 
 全部使い果たしてから、世話だけ頼むってのも都合が良くない?

 なんで年に4回も5回も旅行ばっかりして、
 うなぎや寿司の出前取りまくって、貯金ゼロなんて、無計画すぎるよ!

 (と、言いたいけど言えない)


 私だって言いたいけど言えない。

 
 怒りまくる親戚の前で平身低頭して
 ただ謝りまくったタガメ親子。


 ただひたすら疲れ果てました。
 疲れすぎて、もう我が家では、誰も正常な判断ができない気がしマッスル。


  

絶対に認めない。


 福をもとめて豆を食べた翌日、
 待っていたのは
 「退職願」へのサインだった。

 今は悔しくて言葉もあまり浮かばない。

 私は絶対にサインしませんと拒否して帰ってきた。

 なぜに、
 なぜに自己都合で退職しますという書類を書かねばならないのか。

 バカにするにもほどがある。



 パワハラのことを表ざたにしないため?
 解雇と騒がれないように自分で辞めたという証拠を残すため?

 絶対にサインはしませんと言いながら、
 涙をこらえられなかった。
 
 自己都合で勝手に退社なんかじゃ、
 絶対にない。


 パワハラで訴える気なら、
 産業医のドクターは
 「暴力を受けた証拠があるか、
  性的暴行を受けたか、
  あなたが自殺しないとダメだ」と言われた。

 自殺までしても、
 彼は「ボーナスカット」をされる程度だと言う。

 私に、死ねと言うのですか。
 私が死ぬか、性的に暴行された証拠があれば
 彼に懲罰を与えられるのに、
 そうでなければ、彼はボーナスすら満額もらえる生活が続く。

 毎日遅刻して、
 居眠りして、
 残業して、
 タバコ休憩して、
 職場のパソコン部品を自分のものと混同して持ち帰ったりしている人に、
 負けたくない。

 自己都合での退社を迫る会社にも、
 負けたくない。

 


 私は死なない。

 自殺なんかしない。


 自殺もしないけど、
 私の意志で勝手に辞めるという書類にも、サインはしない。

 どう戦ったらいいのか分からないけど、
 こんな仕打ちが、
 大企業なら許されるのでしょうか。

 チュニジアやエジプトのように、
 抗議の焼身自殺でもしない限り、
 誰からも責められず、弱者を切り捨てていけるのでしょうか。

 パワハラがずっと続いて、
 被害者がたくさんいるのに、ずっと対処してこなかった会社側に、
 何の責任も問えないの?

 ターゲットになった私が運が悪く、
 そして弱かっただけなの?

 負けない。
 負けたくない・・・

いらん!


 毎日のように、
 本当に病院って、人の出入りが激しい職場なんですねぇ。

 アタクシ、今回病院で働いたのは初めてで、
 また他で仕事を探して初体験していくんでしょうけど、
 いろんな体験をしました。

 (もう終わったような言い方ですがあと二ヶ月あるわね)


 昨日出社したら、
 朝、霊安室に明かりがついてて、
 新聞を届けに医師の部屋に行ったら、そちらにある霊安室も明かりがついてました。

 更衣室の横が霊安室

 朝から明かりがついてるのを見ると、
 凹みます。

 そして霊安室が空いたら、
 またすぐ1人運ばれた。


 ( ̄(││) ̄)・・・。



 ヒトはどうしたって、いつか死ぬ。

 そう思うと、
 ほんとつらくても、
 「ほっといても死ぬから、わざわざ死なないで頑張る!」という気になります。


 今は心が弱ってて、
 疲れてる時期だから、イイワケっぽいけど、
 離婚後一年過ぎるくらいまでは、暖かく見守って欲しいところですが、
 愚痴りながらも、
 泣きながらも、
 なんとか頑張っています。

 ヒトはいつか死ぬんです。
 死にたくなくても死ぬんです。

 そう思って、
 なんとか、今日を生きてます。



 そんな毎日、
 今年から急激に、人材紹介会社からの看護師紹介が増えました。

 募集広告を出しても応募が少ないから、
 広告費がもったいないから、
 もう、「紹介料」を払ってでも人材紹介会社を介そう、という感じになってきました。

 いくら人手不足でも、
 頑張って社会人になってから看護師の資格をとったヒトでも、
 アタシは裏で、
 人事担当者が丁寧に電話切った後で、

 「使えんな!クリニックの経験しかないって!総合病院ゼロじゃ使えん!却下!」とか
 「こいつもダメ!45歳だって!45歳で主任経験も無いヤツ、使いようがない!」とか、
 毎日ケチョンケチョンに言って断っているのを聞いてます。

 本当に人手不足で、医師や看護師にきて欲しい田舎の小病院じゃ、
 十分な施設や給与が確保できない。

 若い新卒の学生さんが大企業を目指すように、
 看護師さんや医師も、
 いいところを目指しますもんね。

 やりがいを求めたり、
 より高い給与を求めたり。


 不景気だっちゅうのに、
 いや、不景気だからこそ、これから成長する会社に賭ける気持ちになれなくて、
 みんな大手を目指すのかな・・・。




 多くの「資格保有者」が、使えん使えんと門前払いされている昨今、
 新卒の学生さんが仕事を見つけられない昨今、
 私にだって甘い未来はないって分かってます。

 ただ一旦、
 今はちょっと休憩させて欲しいな。

 甘えてるようですが、疲れちゃいました。
 
 ヒトが人の心を読みあって、
 探り合って、うまく立ち回っていくのが社会です。

 仕事ができるヒトが出世するとは限らない。
 真面目なヒトが報われるとも限らない。

 運も、コツも、愛嬌もゴマすりも、美貌もいろいろなものが関係してくる。



 とにかく、今年は変わるわ。
 変わる。

 変わろうと思わないと、ヒトは変われませんもんね。
 自分しか、自分を変えられない。


 一回休んで、
 再出発いたします。

 3月末まで、
 もがいてもがいて、グチもいっぱい書くでしょうが、
 混乱しているので、どうかお付き合いくださいませ・・・。( ̄(││) ̄)

 タガメ

遺体はモノ?

「人体の不思議展」を訴えた人がいたというニュースが、
ちょっと前にありましたよね。

 それで改めて知ったんですが、
 昔やっていた学術的要素が強かった展示とは、
 内容も変わって、
 興行している会社も、中国の会社に変わっているんですね。

 CMもたくさんやっているのでご存知の方も多いかと思いますが、
 本物の人間の遺体に特殊な防腐処理をして、
 ニオイもしない、弾力もある不思議な状態で、筋肉や血管などを見せる、
 そういう展示です。

 理科室の人体模型のように並んでいても、
 それが元は生きていた人間だと言うのは、
 妙な感じです。

 芸術や学術のためなら、
 遺体を展示してもいいのかなぁ・・・


 ・・・。

 献体を希望した方からのものだ、と遺体を展示しているけれど、
 証拠の書類が公開されたことは一回も無い。

 こっけいな格好をした標本や、
 性器や乳房の形が分かる姿で展示されることを、十分納得して献体しただろうか。

 コスプレのような格好をさせた標本もある。

 本当にそんな格好を展示されて興行になると知っていて、
 本人が希望したんだろうか。

 怪我もない、健全な若者の献体標本が、
 そんなにもたくさん、手に入るのもなんだかオカシイ・・・




 献体を希望したという書類は一切公開しないという興行主や、
 身元も一切公開されない標本に、
 疑問を抱いているのは私だけじゃない。

 「触ってみるのも勉強ですよ」と遺体に触れさせるのも、
 亡くなった方に対して気が咎める。

 人体の構造や、自分がどうやって生きているのか、
 興味を持つのはいいことだけれど、
 遺体を見て面白がっているのは良くない。

 その差はどこからかと聞かれたら困るけど・・・
 それはその遺体が自分でも納得できる扱いをされているかどうかじゃないのかなぁ。



 献体が本人の希望なら、
 では、胎児の標本はなぜあるのかしら。

 胎内に子供がいる状態の、妊婦の遺体の標本もあるけれど、
 じゃあその人は、
 「すいません、ワタシは出産前に死ぬので、子供ごと標本にしてください」って、
 申請したの?

 



 じゃあ、ミイラはどうなんだとか、
 即身仏はどうなんだとか、
 遺体なのか展示物なのかという境目は難しいんだけど、

 「畏敬の念」を忘れたらダメなんじゃないかな。



 本当に本人が納得して献体したのかどうか、
 それが分からないなら、
 やっぱり展示物は、無体に扱われた犠牲者に思えてならない。

いまどきの事情

 インフルエンザで寝込んでる間、
 回復期でも外出は良くないので、ひたすら家の中で、
 テレビ見たりしていた。

 子供と遊びながらとは言え、
 こんなにテレビを見たのは正月以来だ。

 まさか1月中にこんなにテレビを見るとは思わなんだよ、おっかさん。
 テレビ見て閉じこもってて有休が無くなっちゃうなんて、
 そんな寂しいことが年初から起きるとは・・・。



 しかし正月と違って、
 今は特番ばかりじゃない。

 通常の日にやってるワイドショーとかドラマとか見ちゃった。



 その中で、
 江口洋介さんがやってた、小学校のドラマがありましてねぇ。
 
 ごらんになりました?


 いまどきの小学校に、一般公募のような形で入ってきた校長先生が、
 学校の現状にガッカリして改革しようともがいてく話なんですがね。
 
 昔なら荒れてる学校に熱血教師が乗り込んできて青春一直線、
 というパターンが多かったですが、
 今は違いますねえ。


 無気力な子供に、
 塾重視の親、
 訴訟を恐れる教師たち、
 怪我やトラブルを恐れて活発さを失わせる教育。


 まぁねぇ・・・

 分かるんですよ。



 アタクシも今、半年に一回提出する「アレルギー検査結果」を
 早く出せって保育園に言われてましてね。

 アレルギー数値がどれくらいで、
 卵アレルギーでも、焼いてあればいいのか、
 カスタードくらいだとだめなのか、
 マヨネーズはどうなのか、
 そういう細かい検査を半期に一回、出さないといけないワケです。


 ただ、アタシ忙しいの。

 忙しいしさ、
 子供だって、血をとられるのはイヤなワケ。

 
 病院だって、「あれ?また検査?年一回でいいじゃない」とか言うんです。
 それでも保育園は出せと言う。

 何かトラブルがあったら怖いから。



 だけどさ、
 もう、いいじゃん。

 前回カスタードはダメですって言われたなら、
 とりあえず今回も除去しておいてよ、春には検査するから♪

 っていうのが、通じない。


 「半期に一度がルールですから」



 うーん。

 先生方は「万が一の場合の責任」が怖い。
 訴訟が怖いから、親に対してもルールが増えてくる。

 インフルエンザだって、熱が下がって何日経とうとも、
 「治癒証明書」を出さないと登園させてくれない。

 とにかく「証明書を持ってきてください」

 ルールだから。




 
 ドラマの中のセリフは、あながちウソじゃないわよね。

 「子供が外で遊ばない?
  いいじゃないか!怪我のリスクが減って大変よろしい!」



 うーん・・・
 うーん・・・

 そうなんだけどさ・・・
 確かに問題が起きないことも大事なんだけどさ・・・


 なんだかしっくりこないなぁ・・・・。



 アタシは鳥取で今流行だとか言う、芝生の校庭で、
 ハダシで元気に走り回ってくれたらいいと、
 思ったりするんだけどね。

 そういうのも、もしかして
 「足を怪我した場合の承諾書」とか
 「ハダシで外に出す応諾書」とか、そういうの出せって言われたりしそうで怖いわ。


 保育園で「危険の可能性がある遊具の撤去」が行われ、
 ぐるぐる回る遊具が取り外されていくのを見ながら、
 『難しいよなぁ、いろいろ』と思う三十路。


 病院も学校も、
 「サービスを受ける場所」という認識が高まったせいで、
 みんな訴訟を怖がってるわよね。

 確かに安全のためのなんだろうけどさ・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。