立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝のテンション

 ハイテンション、という表現があるからと言っても、

 テンションが高いとか低いという表現は英語では正しくありません。

 ・・・。

 ということは知ってますが、日本ではテンション低いとは、ドヨーンとした状態を言うので、
 そういう意味で使わせてください。



 アタクシ、朝のテンションの低さがハンパなくてですね。
 とにかく落ち込んでます。

 朝は正直、
 ちょっと死にたくなります。

 いや、ちょっとですよ。
 
 まだ大丈夫です。

 なにせ子供がいるんですから。



 ふと思い出します。
 アタクシが幼い頃、近所のお父さんが早朝に自殺なさいましてね、

 朝、もうダメだって死にたくなる気持ち、分かるような気がするんです。
 妻子を置いて死んでしまうほどに、
 もう何もかもつらくて、子供を守っていく責任感さえ放棄してしまうほどの苦しみが、
 あったんでしょうねぇ。
 
 そして朝がつらくて苦しくて、
 もう何もかもイヤになっちゃったんだろうな・・・。


 
 でもアタシはまだ大丈夫です。
 息子が笑顔で元気なんですから、ありがたいハナシじゃないですか。(痩せてるけど)


 まだまだどん底じゃないって思える。

 理屈じゃ分かってるんですよ。

 ビンボウだろうが、リストラされようが、子供が病気や大怪我するよりははるかにマシだと。
 分かっているけど気持ちがついていかないだけ。


 なので、

 昼過ぎくらいから「よっしゃ!まだなんとか仕事探すぞ!」って思えるし、

 なんとかなる!って思えるんだけど、

 朝はどうにもダメだな。( ̄▽ ̄;)


 これは理屈じゃないんですよね。

 きっとなんか、早朝に頭の中で発生する物質だとか、アドレナリンだとか、
 何かが関係してるんでしょうねぇ。


 毎朝、どうしても自分がとてつもなく不幸で、
 もう立ち直れないような気がしてたまらない。


 ヾ(@゜∇゜@)ノ バカだねあたしゃ。



 ってことで、頑張ります。


 まあその、
 今後どうしようかと考えると、どうしても真っ白になっちゃってうまく考えられないんだけど、


 世の中、頑張ってたって、会社が倒産したり、いろんな苦労してる人はいるんだと自分に言い聞かせて、
 今日もタマクローの手を引いて保育園へ。

 ファイト。

 ファイトだアタシ。

 ファイトだ、世の中の、つらい思いをしてるみなさん。


スポンサーサイト

考えがまとまらず。


 疲れてるなー、って、

 つくづく思います。


 リストラ予告されて、せっかく慣れた職場なのに、
 
 またこれからどうしよう、と思うものの、

 考えようとすると頭が真っ白になってしまう。


 ちょっといろいろありすぎて、疲れてましてね。

 うつ状態なんざんす。


 まだ自覚してるからいいんですけど、

 「ああ、ワタシは今相当やばい状態だ。適応障害ってヤツだ」って気付いてはいるんですが、

 ランカーの嫌がらせにもやっと慣れた頃に、

 転職っすか。

 
 と思うと、いろいろ考えがまとまらない。


 
 仕事をえり好みしてるから見つからないんだ、という指摘もいただきましたが、

 そりゃえり好みます。

 子供が保育園に行ってる時間にできる仕事がいいんだもん。

 できれば土日祝日休みで、残業も無しがいい。

 店の仕事やレジなどは、だいたい「日曜日にもたまに出てもらいます」とか書いてあるので、

 なかなかに難しい。



 そこだけなんですけどね。

 できれば社会保険完備だったら嬉しいけれど、もうなんでもいい。

 平日の昼だけの仕事なら。


 いろんなこと、調べたり考えたりもしてますが、

 どーも考えがまとまらないんです。



 うつ状態のときには判断能力が低下しているので、

 離婚や退職などの大きな決断はしない方がいい、とWikiに書かれてましたが、

 だって、離婚はもう、借金がイヤだったし、夫が出てっちゃったからしょうがない。

 
 転職だって、不景気で非常勤を減らすって言われたら、

 ぐうの音も出ない。

 
 何ができるのか、わが子と2人生きていくにはどうしたらいいのか、
 
 考えてもなかなか結論がでない。

 本を読んでもちっとも頭に入らない。


 ・・・ほんと、判断力低下してるなぁ。



 この世には、家族を一気に事故で失ったり、
 
 わが子の治らない病気に悩むシングルマザーも、とにかく悩んでる人は大勢居る。

 
 分かってても、

 それでもだからって自分のストレスは減らないわよねぇ。


 仕事して子供の世話して、風邪ひいてフラフラしてるうちに一日が終わる。

 明日は忙しい火曜日。

 ・・・頑張れ自分。



テレビ越し。


 有事のたびに、
 よく、その時政治家がゴルフしてただの、
 官邸に来なかっただの、
 後で問題になりますが、

 北朝鮮と韓国のミサイル事件の時、
 首相は官邸に行かず、民主党のみなさんとテレビでそれを見ていたと言った。

 
 官邸に駆けつけなかったことを問題視する声に対し、

 いつものおっとりした声で、

 「テレビを見て、大変なことになったと話してましたよー」と答える姿に、
 ワタシは力がヘナヘナと抜けた。



 平和を望むことと、
 世界は平和だと思い込むことは違う。

 韓国との領土の境界線にミサイルが打ち込まれて、
 なんで日本にはやってこないだろうと言えるのか。

 本気になれば、
 韓国にだって軍はあるし、アメリカ軍も駐屯してる。

 そういう国にミサイル撃って来てるのに、
 「日本は撃たれない」と、なんで思えるのかしら。

 「へー、大変だね。」って、

 まるでよそのうちの離婚問題を聞いた人みたいじゃないか。




 よく言う例え話だけど、
 ある映画の中で、大勢の敵がガンガンに銃を撃ったり、
 攻撃してくる中で、
 神父さんがこう言って震えていた。

 「神は人を殺すなかれとおっしゃる。  
  私は殺されても本望だから、神に祈っています」と銃をとって攻撃しようとしない。


 そこに敵が押し寄せてきて、
 他の男がこう言う。

 「ああ分かった!
  じゃああんたはそこで、シスターや子供たちが殺されても、
  暴行されても、そこで神に祈ってろ!」


 そう言われてはっとして、
 神父は銃をとって戦い始める。



 平和を望むことと、
 平和を求めることと、

 今、何が起きていても平和だと思い込むことは違う。


 テレビを見ながら、
 
「あー韓国は大変だねぇ。

 ここは日本だから別だけどねぇ」 じゃなくて、

 すぐに「もしわが国に攻撃がきたら」って
 対策を練るのが、国民の安全を担うトップの責任じゃなかろうか。

 
 悪い方に想像力を働かせるのは楽しいことじゃない。

 でも、
 こう言うじゃないか。

 「備えあれば憂いなし」 って。



 自衛隊が攻撃を仕返すってことじゃなく、
 どこに撃たれたら国民をどう避難させようとか、
 電力をどうしようとか、
 考えることはいくらでもあるような気がするんだけど・・・。


 

ガムテープ


 備品のガムテープを頼まれたので、
 机の端に積んでおいたら


 「タガメくん、そんなにバームクーヘン食べるの?」って上司に言われた。



 ・・・。


 デスクにバームクーヘン山盛りにして仕事してるワケないだろ!

 
 
 アタシのデスクの上にあるのは、ほら、
 梅昆布茶のど飴だけです。

 あの人に業績評価されるんじゃ、
 そりゃ、あたしの評価なんて最悪だわ。

 ( ̄▽ ̄;) 確かにバームクーヘンは大好物だけど。


 

成年後見人とか、五人組とか、そんな感じで。

 後見人っているじゃないですか。

 
 幼い子が遺産を相続したりしたら、
 代わりに親族などが管理したり、

 認知症などで判断力が低下してしまったお年寄りや、
 知的障害がある方などが、
 騙されてモノを買わされたり、
 資産を誰かに奪われたりしないように判断してくれる人。

 法的に認められた代理人のようなもの。


 高齢の方には、
 そういう後見人がついていることが多い。

 病院などの手続きもわからないし、
 なにか手当てが支給されても、親族が勝手に引き出して使ってしまうかもしれない。

 もろもろの問題を防ぐために、
 後見人は弁護士だったり、
 いろいろだ。


 前置きは長くなりましたが、
 車の免許や自転車についても、
 後見人がつけられないもんでしょうかねぇ。

 アタシの父、
 前の記事で書いたように、とても車の運転が下手。
 
 下手な上に無謀な運転をするし、
 すぐにテンパッてしまう。

 興奮して、緊張して、疲れすぎて信号を見落としたり、
 興奮疲れで居眠り運転してしまったり。


 家族や近所の人が口をそろえて、
 「あの人は運転したいと言っていますが、不適格です!」って言う場合、
 それを後見人の意見のように採用して、一旦免許を停止して、
 本人をテストしてくれたらいいのに。

 もう一回、本当に運転が大丈夫かどうか、
 自動車学校で試験を受けなおすシステムにしてくれたらいいのに。

 ・・・。

 
 もともと運転が下手で、その上すぐパニックになって興奮する父が、
 還暦を過ぎて、さらに猛烈にひどい物忘れに陥っている。

 携帯電話は無くし、
 暗証番号は次々忘れ、
 なのに定年になったからと、あちこち出掛ける。

 家族が見てると、判断力がすごく低下してるのがはっきり分かる。

 ( ̄▽ ̄;) 非常に危険です。


 まだ60代なので、
 運転したい気持ちはよーく分かる。
 
 せっかく定年になったんだから、いろんなところにも行きたいし、
 例えば、通院や日常の買い物にでも、
 車があればとてつもなく便利だとは、分かってる。
 
 でも免許を取り上げたい。

 家族全員の一致した意見。


 おそらく、私の父に激突された、事故の被害者の人も、
 もう運転止めてほしいと願ってると思う。


 なのに、家族は免許を勝手に返納できない。
 ああ、後見人になって返納したい!

 誰かをひき殺してしまう前に、ほんと、取り上げたい。

 
 父が自分で気付くことを願いつつ、とりあえず放置するしかない三十路。


 

近くてもハナシは通じない。

 北朝鮮のこと言った後で、
 大変に規模の小さい話で申し訳ないんですが、

 アタクシ困ってましてね。



 お恥ずかしいハナシですが、
 あまり実家の両親と仲が良くないんですが、
 その父が事故りまして。

 ・・。はあ。


 多いんです。

 もうね、何回目だろう。

 子供の頃から、父が事故るのを何度も見てきたし、
 ギリギリスレスレで運よく事故にならない危険運転も見てきた。

 なんでこう、
 ギリギリ免許取り上げにならないの?
 
 あんな危ない人に運転させちゃダメだよ!!


 と、本当に腹立たしいのですが、
 自損事故の物損が多いので仕方ありません。

 家族が警察に訴えて、
 「あの人は危険なので免許取り上げてください」とも言えないので、
 法が許す限りは、
 あの人は、電柱にぶつかり、
 溝にはまり、
 信号を無視し、
 スピード違反をしながら、運転を続けるのでしょう。

 ・・・なんとかしたいけれど。



 私ね、
 子供の頃から父が運転する車に乗るのが大変辛かったです。

 運転が下手な上にミッションの車だったので、
 ガクンガクンして気持ち悪かった。
 
 田舎で、車くらいしか移動手段がないから乗るしかないんだけど、
 父はものすごい緊張する男なので、
 子供が泣いたりするとパニックになってキレるのよね。

 「うるさい!!黙らせろ!降ろすぞ!!」って、
 急ブレーキかけて怒鳴ったり、

 道を間違えたことに気付いて恥ずかしくなって、
 それを誤魔化すために家族にキレたり、

 興奮しちゃって、その後何度も信号無視したり、
 ウインカーだし忘れたり、
 車に乗ってて安心できたことが無かった。
 
 ( ̄▽ ̄;) 誰だよ、あの人に免許発行しちゃったのは。




 とにかく、
 今ワタシは、それなりにギリギリな状況で
 子供と頑張ってます。

 生活に余裕も無いし、
 今もなんか胃がむかむかして、吐き気をこらえて書いてます。
 
 食欲無いし、
 子供の病気は多いし、シングルマザーライフは大変です。

 
 なので、



 ここで実家のトラブルを聞いても、
 なんの手助けもできません。


 正直、
 自分の親に向かって、
 「うるさいっ!」って、昔の父のようにキレて怒鳴りたくなります。


 数年前、タマクローがお腹にいる頃、
 父は居眠り運転をして、
 停車中の車に激突しました。

 相手の車には子供も乗っていました。
 
 車は双方共に、全損
 でも奇跡的に怪我だけで、犠牲者は無し。

 あの時はさすがに警察沙汰になりました。
 もちろん、100%、父が悪い。


 
 相手の方が無事で本当に良かったけど、
 なぜ分からないんだ。

 それは神さまがくれた最後のチャンスだと思うべきじゃありません?

 次は、絶対に死人が出る。

 アタシは何度も父に言ってきました。


 「車がないと不便なのは分かるけど、これだけ事故を起こせば
  運転に向いてないことは自覚できたでしょう?

  若い頃から事故ばかりで、
  歳をとっても変わらない。もう、死人が出る前に運転はやめて。
 
  事故で今まで、死んだ人がいないことは、
  不幸中の幸いなんだよ?
  死んでいてもおかしくないんだよ?」


 でも、父は聞かない。

 家族の言うことなんて、
 一度も聞いたことが無い。


 仲も悪いし、
 娘が言ってもどうにもならないんだけど、
 でも自分の父の運転で、
 誰かが犠牲になるかもと思うと、放ってはおけない。

 心も痛むし、
 どう相手に償っていいか分からない。

 危険な父を野放しにしておいたことを、どう謝ればいいか分からない。


 父はただ小心者なのだ。

 小心者だから、
 すぐパニックになって、興奮して、
 なにかちょっとした出来事があると、信号にも気付かなくなる。



 で、今回の事故。

 自損でひっくり返って骨折っただけだけれど、
 見舞いになんて行く余裕は無い。

 私とタマクローはひどい風邪だし。

 骨折が治っても、
 今度ばかりはどうしても運転ができないように、
 徹底的に戦わねば。

 正直、
 アタシだって忙しいんだから、いい加減にして自分で気付いて欲しいけど、
 無理だから。


 言葉が通じない。

 ハナシが通じない。

 実の親子なのに、
 30数年の付き合いなのに、つくづくそう思う。
 

 誰だって運転してりゃ、事故ることはあります。
 例外はありません。
 
 でも、こう、野球みたいに、3回やったらアウトとか、
 自分の中でルールを決めて運転して欲しい。

 デッドボールで怪我をさせてしまったら引退しようとか。

 いくら生活が不便になるからと言っても、
 人をひき殺してしまうことを思えば、免許を返納するのも勇気。

 根気よく
 しつこく言い続けよう。
 
 もう二度と運転しないように、と。



 

話せば分かる?

 北朝鮮と韓国の戦いは、
 死者も出て、民間人の家も燃える大騒動だったらしいですね。

 ・・・・。

 民間人の家が焼かれるって、
 やっぱりそれ、もう、戦争なんだよな。

 戦争しかけたようなもんなんだよね。

 何考えてるんだろうな。
 どうしても通じ合えないな。

 

 みんなね、
 世の中、誰だって生き残りたいし、
 できれば自分の思うことをしたいし、
 楽したいとか、夢をかなえたいとか、それぞれの欲がある。

 それを主張したいし、
 自分たちの考えが正しいと押し通したいものですよね・・・。


 ご近所トラブルだの、
 家族間のDVや虐待だの、
 学校のイジメだの、
 社内のセクハラ・パワハラなど、
 同じ言語を使う同じ民族であっても、まったく話が通じないと感じるときはある。

 なんでそんなことするの?
 そんなことして楽しい?
 そんなこと自分だけして恥ずかしくない?

 いろいろ思うことはあるけど、
 まるで異星人と話しているような気がすることは、ないですか?


 
 同じ国の、近所の人でもそうなんだから、
 もう、北朝鮮なんて、
 ほんと分からない。

 けっこう近い国なのに、全然分からない。


 国のトップは、
 海外の学校で学んだ人でしょう?
 
 このまま「言うこと聞かないと撃つぞ!」っていう外交を続けても、
 拉致被害者などを取引のカードに使っても、
 長く続かないことは、分かっているんじゃないの?

 この政治はおかしいと。
 学んでいた外国より、自国の人民が飢えているとか、
 気づいているんじゃないの?


 気づいているはずなのに、
 もう、誰も止められないの?

 じゃあ、あのトップはただのお飾り?
 それとも海外で学んでも、自国の教育から抜け切れなかったのかしら・・・。

 中国もいつまでも後ろ盾になってくれるとは思えないけど、
 どうなんだろう。
 ずっと虎の威をかりられるのかしら。


 あまりにも分からない。
 分からなすぎて、
 ただひたすら怖い。

 失うものが無いのに、
 プライドだけを守っているような気がする相手は、
 本当に何をするか分からないから怖い。

 分かり合いたいのに。

 分かり合えない人は、
 どう話し合っても、いつまでも分かり合えないのかもしれない。

今、のどもと過ぎてないので。


 今、親子で体調崩してます。

 ムスコは少し元気になってきましたが、
 親のワタシは、なにやらだんだん悪い方向に行っているような気がしないでもありません。

 で、
 人間って、命がかかったときや、
 ものすごく大怪我や病気で弱ったときって、
 贅沢言わないじゃない?

 普段あまり信心深くなくても神に祈って、
 「もう一生ケーキ食べなくてもいいから怪我治してください」とか思ったり、
 そういう、勝手な願掛けしてみたり、
 ささいな悩みなんてどうでも良くなって、
 この苦しさに比べたら、普段の悩みなんて小さかった!って思ったり。


 ということで、
 私もまあ、
 ムスコが命に関わる病気になったら、
 当然こうしてブログも書いてないだろうし、
 まだまだ甘いのかもしれないけど、
 「贅沢言わない気分」にはなってます。

 私自身、
 ずっと体調が悪くて、どんなに好きだった食べ物を見ても、
 ムカムカするだけで食欲湧かないし、
 だから体力がなくて、風邪も全然治らない。

 ふらふらヨロヨロしながら、
 栄養剤でなんとか立ち上がって仕事に行っている。


 そんなとき、
 子供が熱出してゲーゲーしたりピーピーしたりして、
 看病に追われると、
 本当に泣きたい。

 看病して欲しいくらいの時に、
 たまらん!と思うのだけど、
 親だからね、まあ、体は動くんだよね。
 
 吐けばサッと手でうけようとするしさ、
 ゲリピーでもらしたら、とっとと風呂場で脱がせてキレイにしてやったり、
 自動的に体は動く。

 今はもう、
 ほんと贅沢言わない。

 こういう状態の時って、
 何にも思わないよね。

 
 普段は実は
 子供にスケートやらヴァイオリンやら習わせられる人をうらやんだり、
 英語教室や水泳に通わせてやりたいとか、
 でも余裕がないとか思うのだけど、

 今、ぜんっぜん思わない。

 ノドもと過ぎれば熱さ忘れるというけど、
 今、ノドもとに熱いものがある最中だもん!


 元気で保育園に行ってくれたら、
 普通に毎日学校に行けて、
 日本語の読み書きができて、
 なんとか成長してくれたらそれでいいじゃないか!

 そうだ、なんで高望みしちゃうんだアタシは。

 胃腸が丈夫で、
 ゲロゲロしないで、毎日子供がスクスク育てばいいじゃないか。



 なんつってね。

 ほんと、人間、ゲンキンなものです。
 
 
 これで2人とも元気になったら、
 「もう少し楽な生活がしたい」とか言いはじめるのかな。

 人間、
 欲も必要だけど、足るを知る生活も、また大事よね・・・


 

カレー事件を思い出す。


 日曜の夜。

 タマクローと「ちびまる子ちゃん」を見ていたら、
 町内おでん大会なるものをやっていた。

 それぞれ、
 タマゴだの、ハンペンだの、
 自分が好きな具を持ち寄って、
 町内のみんなが同じ鍋にそれぞれ投入し、
 煮えたら食べるというイベント。


 ( ̄(││) ̄)・・・。


 今じゃ不可能よね。

 ふと、和歌山カレー事件を思い出しました。

 あの事件があった後は、
 しばらく自治会や運動会のイベントでも、手作り料理は自粛になって、
 個別包装の菓子パンとか、
 そういうものになったよね。

 みんなで食べるものが。


 「誰が何をするか分からない」


 そんな風に思うのはイヤだけど、
 でも事実。


 具を持ち寄って、それぞれが鍋に入れていくおでん大会なんて、
 もし傷んだものが入っていたり、
 何か不潔なものが混ざっていても、
 分からない。

 何か問題が起きても、
 誰が責任を取るのか、
 誰が犯人なのかも分かりにくい。

 問題が起こりそうだから、
 今じゃ絶対ありえないイベントよね・・・。



 友達同士ならできるけど、
 老若男女、町内の人なら誰でも好きな具を持ち寄って投入する鍋なんて、
 すごい度胸試し。


 ああ、
 そういうイベントで誰もが安心して鍋をつつけたら、
 それって本当にいい世の中だよなぁ・・・

 でも難しいわよね。

 

仕分けの意味。


私ね、
新聞をとってないんです。

で、たまにこう、
職場でドクターが読み終わった新聞を片付けるときに、
一日遅れでちょっとだけ、
ちらっと見る程度しかできないんですが、

「事業仕分け」の意味が、よく分からない。


人によっては、
あの、会場を設置したり、借りたり、飲み物を用意するお金すらムダだという意見もあるけど、
飲み物持参となると、なんだか変な感じになるので、
まあ、ペットボトルの配布くらいはいいのかもしれません。

持ち込むものが多いと、セキュリティ上、チェックも面倒かもしれないし。


ただね、
よく言われる、
「自民党のムダをあばくための仕分けだったはずなのに、
 なぜ民主のたてた予算を、民主が仕分けするのか」というのは、

私の頭ではいくら考えても分からないんです。

みなさんは分かるんです?


最初から、
ムダが無いように予算を組む努力はできないの?

チェックする機関を設けないといけないの?



予算には、
多くの人の思惑がからんでいます。

議員たちは、もちろん自分たちの地元に多くの予算を割きたいし、
自分たちが世話になっている天下り法人や、
自分が価値があると思う事業に、多くの予算が欲しいものです。


例えば宇宙事業についても、
人は本当に、そんなに宇宙にお金をかけて意味があるのかと討論したら、
分からないんですよね。

米国なんかでもよく言われますが、
その宇宙船を打ち上げるお金で、
一体どれだけの貧民層に教育をほどこせるのか、と言われたら、
一体どっちが優先課題なのか分からない。

予算は限られている。

削られるほうはたまったもんじゃない。

みんな生活がかかってるし、
自分がやっていることに意味があると思って生活している。

否定されていい気分はしない。


でも、やっぱり一番のムダは、
なんで事業仕分けという形で二度もチェックしなくてはならないのか、ということ。

人々に、
このような事業にこのようなお金が使われています、という
情報公開には役立つ気がしますが、
なんだか見ていても、高いお金で会場を借りている意味が・・・。


いや、私なんかには、
理解できない世界なんでしょうな。

政治ってそう簡単なものじゃないですから。

ただ、
簡単に数千万円単位の予算が組まれたり、
やっぱりムダだと言われたり、
そういうのを聞いていると、ケタ違いすぎてついていけないです。

事業仕分けの一番の意味は、
庶民に分かりやすく、
税金は有意義に使われているということをアピールする点にあるんじゃないかと、
思ったり思わなかったり・・・

それはですね!

 ランカーくんのお話。

 
 先日休みとって社員旅行に出かけたランカーくん。

 やっぱり机の上には
 クッキーとコーヒーが出しっぱなし。


 なぜだ。
 なぜ、今から連休をとると分かってるのに、
 クッキーを置いていけるんだ・・・。

 なぜ誰も注意しないんだ・・・。

 分からない。
 とにかく分からない。




 そんな彼の生き甲斐は、
 雑学収拾。

 いつもデスクの上には、
 「某国の裏事情」みたいな本が何冊も置きっぱなしになってて、
 アジアの小さな国の首相から、
 政情や通貨にも詳しい。
 
 Amazonからひっきりなしに彼宛の荷物も届く。

 そして、上司や偉いドクターがチラッとそういう話をすると、
 「それはですね!」と、ものすごい勢いで話に飛び込んでいく。


 で、分からないときは急いでネットで調べる。
 一瞬黙って、
 「・・・・・・それはですね!」

 ああ、今検索してたんだね、って分かるけど、知ってますみたいにすぐ食いつく。



 ヽ (´ー`)┌  ご苦労さんです。


 上司が居ないときは、
 漫画みたいに、その上司のデスクに座って電話とかしてるくせに。

 いや、イスじゃないですよ。 
 机に座るんですよ。
 机に腰掛けて、足組んで電話。

 いつもは猛烈にヘコヘコしてる上司の机に。
 
 裏表がありすぎて、もう、ほんとに漫画としか思えない。



 そんな彼に、
 先日ふと上司が言った。

 「そういえば、あの人は今何やってるのかねぇ。

  横山やすしの息子」



 !Σ( ̄ロ ̄lll) 


 意表をついた質問が来た。

 株式にも政情にも関係ないぞ。
 さあ、急いで検索して、ぼくは知ってます!って答えるのか?
 ランカー、急げランカー!


 
 しばらく沈黙して黙々と検索していたランカーくん。

 「・・・そ、それはちょっと分かりませんね」

 ヾ(@゜∇゜@)ノ あーはははははははは。




 ああ、面白かった。

 それにしても木村一八さんお元気かしらね。
 私も検索してみたけど、
 ブログが一回で終了してるとか、なんだか不吉な話しか出てこないし、
 近況が分からないわ。

 

 暖房が効いてきたせいで、
 居眠りが増えてきたランカーくん。

 寝てるのはいいけど、
 寝起きに機嫌が悪いのだけは勘弁して、ほんと。
 
 もう5時まで寝てて・・・il||li(つд-。)il||li

 

バカにしすぎ。


柳田法相は辞任に追い込まれる様子。
 
辞任じゃなくて、
菅さんが罷免とかできないんだな・・・。


・・・。

決してマスコミに踊らされているつもりはないけれど、
昔より、一回の失言が誰かに拾われて、
ネットに流されたりすることが多い時代。

もう少し言動に慎重になれなかっただろうか。



すでにマニュフェストをちっとも守らないことや、
できもしない約束をしたり翻したりすることで、
民主党は信頼を失ってきている。

少なくともアタクシはそうだし、
週刊朝日で室井祐月さんもガッカリしてる。

耳鼻科でいつも読むんだけど、
政権交代のときは、
「10年先のできるかもしれない約束より、来年からの子供手当てを約束してくれる民主党を
 支持したい」
と書いてらっさった。

ので、
その後約束を守らなかった民主党にガッカリしてる様子も、
エッセイで読んだ。

・・・ほんとに同じ気持ちだ。


子供手当ては半額もらえたけど、
児童手当が無くなるだの、増税するかもとか、扶養控除を減らすだの、
なんだよソレ、と。


そんな中で、
疲れきったような顔でボソボソと話す菅さんにもイライラしているけれど、

今回の柳田発言は痛かった。


問題は、「うっかり言っちゃった」んじゃなくて、
おそらく本音だろうと言うこと。

フロイトのまねをするワケじゃないけど、
言い間違いや書き間違いの中には、
本人が押し隠している本音が表れることがよくある。


国民に選ばれ、
国の将来を左右する立場でありながら、
法相が「国民を馬鹿にしすぎ」じゃないだろうか。

仕事を甘く見すぎじゃないだろうか。



飲んだ席で言ったことは責任をもたなくていいとも言われますが、
でも、「本音」であることも多い。

「こう答えときゃいいや」なんて、
自分の仕事をどう考えているんだろうか。

国民を全員、バカだと思っているんだろうか。



どう発言したかも問題だけど、
その発言の内容から感じられる、彼の仕事への熱意の薄さが、
国民への責任感の薄さが、
それが怒りにつながるんです。


菅さんも仙谷さんも、みんな疲れてるのは分かる。

でも、公の場で、
「疲れてるぞ。すごいもう、めんどくさいぞ」っていうのをむき出しにしすぎじゃないだろうか。


ハキハキ堂々として見せることも、
役目の一つだと思う。


ワタシはただ、
政治家の人たちから感じたい。

「国を良くしようと全力を尽くしている姿勢」を。


子供たちが、
あんな風になりたいと思う職業が、政治家であってほしい。

それが、「悪いことし放題で儲かるから」とか、
そういう理由ではなく。

夢として。
憧れとして。


ち・・・ちっさ!


 体調が悪いときの味方「ポカリスウェット」を買いに行って、
 ドラッグストアで仰天した。


 な、なんて小さい柔軟剤なんだ!!




 昔のことばかり言うようになって、
 近頃スッカリ年寄りっぽいですが、
 ワタシは三十路半ば。


 まだまだ、
 洗濯機は二層式で、
 洗剤が旅行用のキャリーバッグくらいデカかった時代を知ってる世代。

 おそらく、20代だと、
 もう、スプーンで量る、コンパクト洗剤の記憶しかないんじゃないかしら。



 でね、
 そんなアタクシがさらに驚いたわけ。

 柔軟剤のあまりの小ささに。


 初めてあの、ランチボックスくらいの洗剤が発売された頃も、
 「ほんとにスプーン一杯でキレイになるわけ?」って、
 けっこう疑問に思ったけど、
 今はさらに小さくなってる。

 液体洗剤で「今までと同じ回数洗えます」と書いてあるボトルの、
 小さいこと小さいこと。

 キッチン用の食器洗剤と変わらないじゃないの。


 
 あたしゃね、つくづく感じましたよ。
 時代の流れを。

 この世に生まれて30数年。

 
 携帯電話は生まれてどんどん小型化と高性能化し、

 洗剤はどんどん濃縮されて小さくなって、
 洗濯機も高性能になって、
 
 タレントさんはどんどん細くなって。


 ここ数十年で、
 小さくなったのは、
 タレントさんの顔と、洗剤ケータイだわね。

 ま、他にもあるけどさ。

 近頃の女の子たちの、
 細くて長い手足と、顔の小ささを見ると、同じ人種とは思えないザンス。




 しかし、柔軟剤のサイズが小さなヘアスプレーくらいになってるのを見て、
 つくづく思った。


 あと30年経ったら、
 目薬くらいになってんじゃないかと。

 宣伝文句は
 「一滴の力で、タオルふわふわ」

 ( ̄▽ ̄;) どう?ありえないハナシかしら。

 
 長生きしてみたいわって、
 ちょっと思った。


 幼い頃に見た、
 巨大な洗剤の箱を二層式の洗濯機に向かってばっさばっさ振ってた、
 あの頃の母親の姿と、今の違いを思うと、
 本当に時の流れを感じる、本日の三十路。


 風邪は治らず・・・




たかが給食 されど給食

 ごめんなさいね。

 またもや、あの、一人で給食を食べ、
 ゴリラだの臭いだの言われて命を絶ってしまった、
 フィリピン系ハーフの女の子の話。


 給食を一人で食べていたことは認識していたことが分かった。
 それは担任も校長も。

 でも最後まで
 「自殺との因果関係は認められない」と学校側は責任を否定したまま。

 学級崩壊で担任が手におえないなら、
 そこに手を貸さなかった校長たちの責任は重い。

 私は個人的にはそう思う。





 自ら命を絶つほどつらかったというのに、
 何が「因果関係が分からん」だ、てやんでぇ。

 じゃあ、職場でどんなにパワハラやセクハラがあって教師が自殺しても、
 遺書が無かったら因果関係は認めんのかい。

 ・・・などと、

 ブラジル人が異常に多いタガメ市から思う。

 フィリピーナも異常に多い。
 ぜんぜん珍しくない。

 クラスにいなくても、学校に数人はハーフか、
 両親ともに外国人の子がいる。

 クラスの半分がブラジル人っていう学校もある。

 こいう土地では、親が人種が違うからって苛めは少ない。
 目立たないから。

 異人種へのそんなイジメは起きないので、
 もし外国人が少ない地域に転校して、
 そこで「ゴリラ」だなんて苛められたら、ショックも大きいだろうなぁ。

 (もちろん別の問題がありますよ。
  多人種他民族が田舎に混在すればトラブルも起きますが、別の機会に)



 さてさて 
 給食を一人で食べていた問題。

 学校側も、学級崩壊でどうにもできなかったのは分からなくもないけど、
 給食の時間と言うのは、
 子供にとってそうとう重要な時間だと私は思ってます。

 私も、そういう、
 「一人ぼっちで食べる気持ち」は分かります。


 人付き合いも苦手だったし、
 ○○ちゃんのご機嫌をとってグループに入るためならこれをやる!とか、
 そういう妥協もゴマすりもできないタイプだったので、
 よく一人でした。

 くじ引きでグループ分けなんかしたら、
 「あーあ、つまんない子が入ってる。○△ちゃんと一緒が良かったのにハズレー」
 なんて大きな声で言われて、
 くっつけて食べるはずの机を、ちょっと離して食べられたこともあります。

 その苦痛たるや・・・。


 人間は、食べ物をただ食べれば生きていけるというものではありません。

 「この子と食べるのやだー」と言われながら睨まれて食べる給食に、
 味なんてありません。



 でも、社会人と違って、
 「じゃあ外で弁当食べる」という自由も無く、
 本でも読みながら食べようという選択肢も無い。

 決められたメニューを、
 決められた時間に、
 決められた席で食べるしかない。

 メニューも場所も
 選べない状況で、
 嫌がられたり、
 席を離されたりして一人で食べる苦痛は、
 相当なものです。

 やられた側にしか分からないのでしょうか。

 おいしくなんて、当然無い。

 
 あの頃は、
 たくさん食べたい子も、
 少食の子も、同じように取り分けられて、
 元気な子は足りず、
 少食な子は苦しみながらたくさん食べるという、「好き嫌い」とは別の
 妙な食事の強制もあったので、
 なおさら苦痛だった。


 いつの世にも、大人の世界だけがつらいわけじゃない。

 子供が、
 給食を砂を噛むような思いで食べている状況を、
 傍観している教育は、教育で無いように思う。


 そうやって見過ごすことも、
 そんな学級を手に負えなくて途方にくれている教員を、
 学校全体でフォローしないことも、
 何かが違う。

 
 切なく小学校時代を思い出した、
 本日の風邪引きタガメ。


 

婚約おめでとう。

 ウィリアム皇太子の婚約が決まったそうで。

 あ、間違えた、王子だった。

 いや、なによりざんす。
 幸せになって欲しいものです。


 子供の頃から幼い彼らの姿を映像で見てきたので、
 「あんな小さかった子が、結婚!?」

 なんて思っちまいますが、
 気付けば28歳ですか。

 早いものです・・・

 
 その分アタシは老けたのか・・・

 結婚が早すぎるということはありません。

 婚約者も同じ28歳ですからね。
 
 一般家庭と違って、跡継ぎを望まれる微妙な立場にいる未来の王としては、
 相手の女性をいたずらに待たせるのも、
 よくないことでしょうから。
 
 とにかく、
 大変な世界だと思うんでね、
 頑張って欲しいものです。



 一昔前は、
 王子様との結婚なんて夢の出来事。

 ある意味シンデレラドリームとなった。


 けれど、優秀で美しい女性には、
 さまざまな仕事で活動できる昨今では、
 「子を産む」重圧と
 「人々の見本でいる」疲れと、
 「常に視線にさらされる」緊張を考えたら、なかなか王族との結婚には踏み切れない。

 実際に王族の離婚やトラブルもあり、
 それを考えたら、
 王子と結婚するのが、ただの「憧れ」では済まないことを、みんな分かっている。


 チャールズ皇太子も、
 結婚相手を選ぶとき、男性経験がなく、育ちが良く、
 若く見目麗しい相手を選んだけど、本当に好きな女性は別だったようで、
 多くの悲劇を招いた。

 今や、王族と言っても、
 国によっては、バツイチ子持ちの人と結婚したり、
 違う人種の人を選ぶ人もいる。

 多くの人の期待や、
 血筋への自分たちのプライドや、国民の厳しい目もあるものの、
 日本でも今後、
 ますます「皇族の方との結婚」は、
 デリケートで大きな問題を抱えた話になりますよね。

 今はまだ若き、
 日本の宮様方が、将来、支え得る相手とめぐり合えることを
 心から願います。


 結婚しない、という選択も許されそうにないし、皇族・王族は大変だね・・・。

 とにかく、
 末永くお幸せに。

 王子様と結婚したお姫様には、
 「幸せに暮らしましたとさ」となって欲しいものだから。

芸術と表現の自由。


 昨日も書いた、
 ローティーンや未成年の性描写や裸体などを、 
 漫画に描く事を制限する条例。

 あれは、
 前にも論争になったけど、
 もろ刃の剣なのよね。

 そんな意図もない漫画も、まとめて規制されてしまう。


 今、ドラえもんの中で、
 しずかちゃんの入浴シーンはほぼ皆無。

 昔はよく、どこでもドアでしずかちゃんの風呂に突撃してたのび太も、
 海外ではああいうシーンが削除されることを受けてか、
 もう風呂に侵入しない。
 しずかちゃんが「きゃーっ!いやーんのび太さん」っていうシーンが、
 無くなった。

 もし風呂に入るシーンがあるとしても、
 ドア越しのシルエットだけだったりする。


 
 前にも書いたと思うんだけど、
 じゃあ、未成年の入浴シーンだからあれが卑猥かと聞かれると、
 それはちょっと違うんだよね・・・

 だけど、これはよくて、こっちはダメ!って
 一つずつチェックすることなんてできないから、
 まとめて、
 「ローティーンの入浴シーンだから卑猥!ダメ」ってすることになる。

 難しいんだよねぇ・・・。
 そりゃ、漫画家の先生がたが怒るのも分かるわ。




 でもね、
 やっぱり、表現はなんでも自由か、
 それとも規制すべきかってのは、
 「公共の利益」と「個人の権利」と同じで、
 永遠に戦いの続くものだと思う。

 歌いたいときに好きな場所で歌いたい!と思っても、
 それを迷惑だと思う人が居れば、規制される。
 全員が全員の思い通りの行動をして、平和は保たれない。


 
 この前、近くの市民ホールの前に、
 超、シュールなアート作品が設置された。

 正直、
 どう見ても、檻の中にバラバラ死体が入っているようにしか見えない。

 銅像などではなく、彩色されているので、
 イメージとしては、マネキンをバラバラにして、
 檻の中に縛り付けた感じ。

 
 まさに「バラバラ死体」

 最初見たとき、「う!」って思いました。

 アートなのか?
 アートならあれはいいのか? と。


 夜中に見たら相当怖い。
 それに、芸術の分からない人間だと言われそうだけど、悪趣味だ!


 と思っていたら、
 他にもそんな意見が寄せられたらしく、
 数日後にムシロで巻かれた。

 ムシロで巻いてある姿が余計にオバケ屋敷みたいで怖いよ!
 と思っていたら撤去された。



 設置するときに気付かなかったのか。
 市民ホールの前に、
 バラバラ遺体風アートはおかしくないか?
と。


 現代美術展の中で飾られていれば、反応は違うと思う。
 でも、
 公共の道路に飾るものじゃない。



 芸術であっても、
 時と場所を選ぶものがあると思うわ。
 
 作者の人には悪いけど、
 そこに置くにはそぐわない。



 というワケで、
 しずかちゃんのお風呂シーンが卑猥だとは思わないけど、
 それを卑猥だと言う国があるのなら、
 全世界で放送される番組なら、
 そういう基準に合わせないといけないんだろうなぁ。

 ん?
 何言ってるんだろう私。

 
 つまり、
 芸術なのか、卑猥なのかっていう線引きは難しい。

 でも、
 小中学生の裸や、性表現は、
 たとえドラえもんのような「巻き込まれ被害者」も出るとしても、
 規制しないといけないところまでひどくなっているように思う。

 その判断基準や規制方法は、
 本当に難しいとは思うけれど。


 

規制の限界。

 東京都では、
 漫画などに登場する18歳未満と思われるキャラクターの
 性描写などについて規制したいそうな。

 以前立ち消えになった条例を
 また出すそうな。


 ・・・。


 これねぇ、
 確かに私も思うんですよ。

 私は女性だし、
 ロリコンでもないので、書店にならぶ幼い顔のアダルト漫画や、
 テレビでも確かに気分が良くない番組もあります。


 例えば深夜に目を覚まして孤独にテレビをつけると、
 幼い体型の女の子が、
 体に密着した、股間の割れ目なども強調されたようなコスチュームで
 戦っているアニメが放送されていたりする。

 どうもイヤ。
 
 小学生や中学生の設定のキャラクターなのに、
 お尻や股間の線まで描く必要があるの?



 自由な表現は大事だとは思うんです。
 規制をすれば、どこかにひずみは出るし、禁止したって、
 ネットだのなんだの、
 情報をやりとりできる手段はある。

 あれが禁止でこっちはいいの?みたいな
 不公平感も出てくると思う。

 でもねぇ・・・
 自由すぎないかねぇ・・・。



 実際に幼い人に性行為をさせるのとは違うとしても、
 二次元の世界なら、どんな表現でも自由かと言われたら、
 妙な気がするんです。

 実際にはありえないような大きな胸の女性が、
 セクシーな格好で出てくるアニメや、
 幼児体型の女の子が、転んで下着が見えるようなシーンが多いアニメには、
 私は嫌悪感を感じるんです。

 まあ、その、
 頭の固いオバサンって感じで申し訳ないんだけど。



 韓国では、
 女の子のアイドルグループがセクシーな衣装で
 扇情的なダンスを踊ることに、厳しいそうな。

 昼間の時間帯には出さないとか、
 未成年向けのPVには露出の少ない格好で出るとか。

 確かにセクシーではあるものの、
 でも、私が見たところでは、
 「は?韓国ではこんなんもダメなの?」っていう程度の露出だし、
 セクシーダンスだって、
 「ああ、確かにセクシーだねぇ」っていう程度。

 しかも、youtubeとかでいくらでも見られるから、
 規制したって未成年も見るとは思うんだけど、
 でもまあ、
 「そういうのはダメです!」っていう姿勢があるというのは、
 少しは必要なのかもしれない。



 世の中、芸術ならば性描写があってもいいのか、とか
 どこまでが表現の自由なのか、 
 というのは、数学のようにピシッと答えは出ない。

 このキャラクターはどう見ても18歳未満だ、と思えても、
 作者が「童顔なんです」
 「制服ですがコスプレなんです」と言い張ったら、
 それを否定するのは難しい。


 難しいけれども、
 あまりに奔放な表現や、
 女性の意に反した行為を強いるような漫画や、
 幼児への性的な表現が、多いように思えてならない。
 
 自由ってなんだろう。

 表現の自由は大事だけど、
 そして、何が芸術や娯楽で、
 何が俗悪か犯罪かなんて、誰にもはっきり線引きはできない。

 

 

 しかしなんで、
 ああいうローティーンを「性的な対象」として見る人が多いのかなぁ。

 野生動物なら、
 成熟していないメスにだけ発情するなんてことは、
 そうそうないと思うんだけど・・・。



 

引越しのたびに。


 発つ鳥跡を濁さず、と言いますが、
 人が引っ越して行くたびに、
 ガッカリすることがあります。

 いつもオシャレな格好してた、
 今風のカップルが、要らない家電を目の前の田んぼに捨てて引っ越して行ったり、

 いつも挨拶してくれて感じが良かったファミリーが、
 古くなった自転車をそのまま置いて引っ越して行ったり。

 あえて置いて言ったな、という感じで、
 ベランダの下の目立たない場所に、布団とか捨てて行ったり。


 発つ鳥が後に残すもので、
 その人たちへの評価が、最悪なものになることがあります。

 もう発つ鳥だから、
 後に残ってる人とは連絡も取らないし、
 どう思われてもいいんでしょうか。

 どう思われたって、
 別にもう関係ないからいいの?


 そういうのって寂しいな・・・



 回収されないのを分かってて、
 燃えるゴミ置き場に、深夜に古い扇風機や衣装ケースを捨てて行く
 「発つ鳥」たちを、
 もう何人も見てきた。

 引越しの時に、
 出て行くときにこそ、その人の本質がちらりと見えるのかもしれない。

 そんな風に思うアタクシ。

 
 少なくとも、ブーツに帽子をコーディネートして、いつも素敵だったのに、
 家電を畑に捨てて引っ越して行ったあのカップルは、
 心はオシャレじゃないな。

 心は発つ鳥のフンにまみれて、ツーンと発酵してるわよ。
 捨ててきたはずの汚れは、でも、
 どんなにオシャレしててもどこかににじみ出るものだと、
 アタクシは思う。

 
 アタシが出てくときは気をつけようっと。


引っ越してきましたの挨拶。


 引っ越してきました、の挨拶をされたことがないと
 知人が言いました。

 そう、
 今は微妙なライン。

 引っ越した先がチンタイであっても、
 独身用か家族向けかでも、ずいぶん違う。

 
 ワタシは、一応家族向けだけど、子供が生まれたら狭い、という微妙な広さのアパートにいるので、
 引っ越してきた人は挨拶に来ることがあります。

 でも独身向けだと、
 お互い「関わりたくない」とか
 「他の部屋の人に個人情報を知られたくない」とか
 いろんな理由で、行き来が少ないように思います。

 
 
 以前1人暮らし用のアパートに住んでいたときには
 その中間だった。
 
 引越ししてきた人は、
 たまに「引っ越してきました」というメモと、ラップやティッシュを、
 ドアの取っ手に引っ掛けておいてくれたりしました。

 1人暮らし同士だと、
 家にいる時間も合わないことが多いし、
 居そうだと思っても、夜行くのは憚られるし。


 
 で、アタクシのアパートに、一気に3部屋の引越しがあった。
 一軒だけ引越しの挨拶に来てくださったけど、
 このご時勢なので、
 危ない世の中なので、
 子供と二人暮らしの世帯だと、ドアを開けるのを迷ってしまう。

 引越しの挨拶に行くのも、危険と隣り合わせだ。
 引っ越してきた方も、ドアを開けたら怖そうな人が出てくるかもしれないし、
 挨拶される方も、ウソをついてドアを開けさせる泥棒かもしれないので、
 どっちも怖い。

 
 嫌な時代だけれど、
 だから同じアパートに住んでいる人と、
 面識も会話も挨拶も無い、っていう場合も、よくありますよね。


 ということで、
 この間挨拶に来られたときは、
 ちょっと緊張しました。

 
 同じアパートでも、誰が住んでいるか分からない時代。
 ドアを開けるのも逡巡する時代。
 
 ふと、
 今どんどん増えている孤独死や、
 孤独死した人の部屋を片付ける業者さんのお仕事を思い出しました。

 私たちの老後には、「孤独死」ってのが、
 当たり前みたいになるのかな、と思いました。

  
 プライバシーと防犯の意識が、
 イコール社会との隔絶、になっていってしまうのは、なんとなく寂しいもんですねぇ・・・


 
  

賢い不服従

 盲導犬が、
 主人に「こっちに行け」と言われても、危険だから命令に従わない、
 みたいなのを「賢い不服従」と言う。

 ・・・。

 のを思い出した。

 
 尖閣事件の映像を漏洩した職員が、
英雄視されるのは問題だというニュースを見て。

 どうなんだろうか。

 石原都知事は、彼を褒め称えたようだけど、
 仕事を失った彼は、今後どうなるんだろう。

 まだ40代だけれど、家族はいるのかなぁ。

 英雄なのか罪人なのか、
 私には分からない。

 手放しで褒め称えてはダメなのかも、とも思うけれど、
 バッシングも出来ない。

 つい、賞賛してしまいそうになる。




 企業の不正を告発したら、
 雪印事件の時のように、それで仕事を失う人が出たり、
 告発には周囲の犠牲がつきもの。

 取引先を失ったり、
 「正義」だと思ってやったことで、その後、問題も起きることも否めない。

 彼がやったことは
 確かに国民が情報を知る機会を作ってくれた。

 議員ですら数分に編集されたものしか見られなかった動画が、
 世界中に何十分も流された。

 でも、
 悔しい思いをしても我慢していた同僚や上司が、
 何か処罰されたりすることも考えられる。

 ・・・( ̄  ̄;) うーん






 私もね、
 映像を隠していた政府には腹立たしい。

 なぜ国民に見せないのか。

 なぜ何があったのか教えないのか。

 なぜ船長はさっさと国に帰されたのか。
 

 別に領海侵犯していなくても、
 日本の船であっても、海保の船に突撃したら逮捕されるはず


 ずっとモヤモヤしていた。


 で、
 よく分からないうちにとっとと釈放して、
 なのにレアアースなどの輸入が滞ったり、なんもいいことない。

 中国は別に、
 「釈放してくれてありがとう」というムードじゃない。

 「返してくれたからお礼にこれをどうぞ」じゃなくて、

 「逮捕しやがったな!もっとやってやるぞ」っていう
 挑戦的な空気すら感じる。



 動画を流した行為は、
 賢い不服従だったのか。

 少なくとも、
 彼のおかげで多くの国民は、何があったのか知ったし、
 余計に「じゃあなんですぐ釈放されたんだ?」
 政府に疑惑は増えて、
 国民はいろいろと考えるための素材を得られた。


 だけど、正義を信じて
 みんなが自分の正義のために行動を始めたら、収拾がつかなくなる。


 世の中には、絶対的な正義は無い。

 例えば、「必殺仕事人」は、法でさばけない極悪人を、
 こっそり始末してくれるけれど、
 彼ら自身もドラマの初期には
 「俺たちはただのヒトゴロシだ」とか
 「死んだら地獄行きは決まっている」と言っている。

 正義だと思って無いし、
 自分たちを正義のヒーローだとも思っていない。

 悪いことだけど「必要悪だからやってる」と自覚してる。

 人を殺してものうのうと生きている人を法でさばけないのなら
 自分が悪人になってでも戦う人がいなければ、
 死んだ人が浮かばれない。

 次の犠牲者を出さないためにも。

 法が罰せられないなら殺そう。
 俺たちも後で地獄に行くから。


 それが仕事人。(現在はもう少しキレイごと言ってますが)


 昔、仕事人の1人が、(ドラマの中で)殺した人の影・亡霊に怯えて、
 鬱病っぽくなったことすらある。

 


 ということで、
 役人をやっていれば、
 警察でもなんでも、
 「国民を欺いて国が悪いことをしている」という現実を見てしまったり、
 「税金がムダに使われている」のを知ってしまったり、
 いろんなことがあるだろうと思う。

 でも、役人であるからには、
 それがたとえ正義だと信じたとしても、外部に簡単にそれを漏らすことはできない。

 だって役人だし、
 人が持つ「正義」の基準は、それぞれなんだもの。



 でも私もちょっと、情報を流した人に、感謝はしてしまう。
 彼がやってくれなかったら、
 見られなかったんだから。

 それは、
 「俺たちは人殺しなんだ」と言っていても、
 仕事人を応援してしまうのと同じかもしれない。

 
 彼がしたことは悪事なのか、
 それとも賢い不服従だったのか。

 私にはどちらだとも断言できない。
 法で有罪になったとしても、
 例えば神や閻魔様がいるなら、死後、彼をどう評価するのだろうか。


 
 ・・・。

 少なくとも、
 動画を流してすぐに自首して欲しかったな、とは思います。
 
 自分が正しいと信じて、
 クビも覚悟でやったのなら。

 

行くと迷惑。

 倒れませんでしたが、
 熱で休みました。


 仕事にいけないこともありませんが、
 ノドをやられて声も出ず、
 洟もかみっぱなしの人が職場に来ても、
 迷惑にしかなりません。

 自己管理ができてない!と言うのは簡単だけれど、
 この世に絶対病気しない人なんているのかしら。

 というワケで、
 イイワケっぽいですが、
 「頑張って出勤する」というのが逆に迷惑な場合があるのは分かるので、
 お休みしました。

 痰がからんで苦しいザンス。




 
 せっかく休みですが、
 だからと言ってあれこれ用事もすませられません。

 とにかく熱で熱いし寒いし、
 ゴロゴロしてるのが精一杯。




 さてさて、
 アタクシね、ふと「行くのが迷惑」で思い出したんですけど、
 
 関連性は何にもないんですけど、
 北方領土の話。

 
 日本が尖閣諸島の問題でもめてる間に、 
 ほら、ロシアのお偉いさんは北方領土にいらしたじゃないですか。

 少なくともね、
 それにたいして、菅さんは何もやらないのかしら。
 
 尖閣問題の情報を流した人を探すのもいいけど、 
 そんなのもともと、
 漏洩しようと思えばできる状況だった方が悪いんじゃん。

 機密だっていうなら、それを守る制度がイマイチだったんだし、
 大体、職員がクビ覚悟で情報流しちゃうくらい「納得のいかない」釈放をし、
 国民にもちゃんと説明しないからいけないんじゃん。

 ・・・オカシイ?



 とにかく尖閣諸島も北方領土も、
 自国の領土だと言い張り、小学校などでもそう教えて、
 地図にも日本の領土だと表記するなら、
 
 なんで国民が普通に行けるようにしないワケ?



 言うだけじゃん。
 ってアタシは思うの。


 政治家のみなさんは、もちろんそれぞれ頑張ってるって言うでしょうよ。
 ヘリで視察したり。

 でも、
 北方領土は日本だよっていくら言っても、
 そこではロシアの人が生活して、街を作ってて、
 もう、見た目が「ロシア」になってるじゃん。

 日本人が住んでなくて、
 ロシア人が住んでる時点で、
 それもう、事実としては今はロシア。

 なんで領土だと言い張るなら日本の首相も行かないの?
 行ったら撃たれるの?
 じゃあ安全に渡航できるために、政府はどんな努力をしてるの?


 戦えとか、もめろとは言わない。

 だけど、
 既成事実って言葉もある。



 日本の民法でも、
 遠くにある自分の土地に、知らないうちに誰かが勝手に家を建てて、
 ずっと住んでたら、取られてしまう。

 15年だったっけ?
 25年だったっけ?

 「そういえば祖父が残してくれた土地が、田舎にあったっけ」って、
 超久しぶりに見に行ったら、
 そこに誰か知らない人が住んでて、
 「すいません、ずーっとここに住んでました」って言われたら、

 タダで取られちゃう。
 所有権にも時効がある。
 長期戦だけど、気付かれずに住んだ者の勝ち。
 まるでそういう陣取りゲームみたいだ。
 そう法律で決まってる。

 
 だったら、国の領土だって
 そんな風にだんだん、なんとなくロシアのものになりつつあるんじゃないかなぁ。



 菅さん、尖閣諸島の問題も、
 「船長を釈放しろと国が指示したわけじゃない」とか
 「誰が映像を漏らしたんだ」とか
 そんなことばかり言ってますけど、
 論点はそこじゃないでしょ。

 これから領土問題、どうすんの?

 今までの総理も、 
 先延ばしにしていればいつか任期が切れるから、
 面倒なことに手をつけなかったんじゃないの?

 誰か北方領土に行きました?
 尖閣諸島に行きました?



 よく、ノブレスオブリージュって言葉が戦争の頃に使われた。

 偉い人は、
 ただ偉いんだとふんぞり返って税金使ってないで、
 その分国民の先頭に立って、
 危険と立ち向かい、軍に入るのも名誉ある義務だと。

 そうやって皇族も戦地に行かされたりしてましたね。
 イギリス王室じゃ、皇太子は軍の学校に行くし。
 


 名誉ある仕事には、
 重い義務がつきまとうものなんじゃないのかなぁ。



 でも、総理はどうかな。
 名誉ある仕事に伴う重い責任や重圧に、きちんと向き合ってるのかな。

 辞めたくなったらとっとと辞めちゃうし、
 辞めても罰則も無いし、
 年金問題が未解決のまま任期が終わってもいいし、
 領土だって、
 「我が国の領土です」って、口で言ってるだけだ。


 オカシイ。

 
 名誉ある仕事につきものの、義務はどこに?
 

 みえみえなのよ。

 「なんとなくうやむやにしていれば任期が切れるから」っていうのが。



 私だけかしら、そんな風に思うのは。

 「日本の総理たちは、
  領土だと主張する土地を守るために、
  ものすごく積極的に頑張ってる」
って、

 先生は生徒に堂々と教えられるだろうか。
 具体的にどう領土問題と向き合ってるか分からないのに。

 「領土なのに、どうして日本人が自由にいけないんですか?」
 って小学生に質問されたら、

  
 総理はどう答えるのかしら。


 ゲホゲホ。

 ゲホゲホ。
 

気がつかないふり。



たぶん熱がある。
声もかすれて出ない。

熱をはかったら、
熱があるのを証明してしまったら、
きっと体温計を見てどっと疲れる。

動けなくなる。

今日は頑張って仕事しよう。
倒れるなら明日だ。
今日休むより金曜の方がいいから、
今日は頑張らねば。


数字を見ようが見まいが、
症状として、もう立っているのもつらいので
病気だろうとは自分で分かってる。
分かってるけど、
数字は見ないほうが頑張れる気がする。

方々から借金してる人が、
全部を合計して現実を見るのを避けるのと
似た心境だろうか。
・・・。


げほげほげほげほげほ。


こんなときには、
シングルマザーは一番不安で、
一番心細い。

元気であるということのありがたさを、
痛感する一瞬だ。

よほど具合悪くても更新してますが、
滞ったら、
「あ、タガメ、倒れたな」と思っておいてください。

目が回るザンス・・・



因果関係。


 先日何度か書いた、
 フィリピン人ハーフの小学生が、転校先でなじめず自殺した話。

 
 当初、担任と同級生はイジメがあったと言い、
 校長はイジメは無かったと発言していたものの、

 マスコミの報道に耐えかねてか、
 真実味のある、同級生の暴露話などに負けてか、
 ついに遺族に対してイジメがあったことを認めた。

 
 「臭い」「汚い」「ゴリラ顔」などと言われて、のけ者にされていた少女。

 1人で給食を食べていた少女。
 友達がいなかった少女。
 
 イジメグループが怖くて、他の生徒も仲良くはできず、
 イジメを止めることもできなかったと言う同級生たち。


 そして少女は自ら命を絶った。


 校長はやっと、
 イジメがあったことを認めた。


 ただ、
 イジメがあったことは分かったけれど、
 それと自殺との因果関係は証明できないという、補足説明付きで。




 そうですか。

 人として、恥ずかしくはないのでしょうか。
 教育者として自分が今までやってきたことを、汚しているとは感じられないんでしょうか。

 無視されていじめられていたけれど、
 だからといってソレが自殺の原因だとは証明できません。

 
 そうかもしれません。
 けっきょくのところ、遺書が無ければ、
 どんな自殺も、本当の原因は分からないかもしれない。
 
 パワハラを受けていた社員が会社で自殺しても、
 遺書が無ければ、それは「好きな人に振られたからかもしれないでしょ?」とか、
 言い逃れれができるのかもしれない。


 でもそれ、
 校長先生、生徒たちがみんな見てますよ。

 ああ、それが大人の対応なんだな、
 そうやっていれば責任とらないでいいのかなって、
 子供たちが見ていますよ。

 人一人が死んでも、
 遺書さえ無ければ、大人はそうやって目を背けて逃げようとするんだってことを、
 見てますよ。

 そしてたぶん亡くなった子も、
 どこかで見ていますよ・・・。



生理休暇って取れるの?

 先日生理休暇について、
 とってる人を見たことがない、と書いたら、
 あまり共感はいただけませんで。

 ということは、
 全国的に見たら、
 優良な企業が多くて、生理休暇を普通にとってる人が、
 大勢居るのかなぁ。

 うーん。



 アタクシね、
 昔いた職場で、年配の女性にこんな話を聞いたことがあります。

 「生理休暇、昔(バブル時代?)は堂々と取れたものよ。
  で、有休にはならないけど、
  欠勤にもならないから、堂々と休めるでしょ。
 
  よく、生理休暇とって映画見に言ってたなぁ~。

  欠勤じゃないから評価にも響かないし、
  ボーナスもいっぱい出る時代だったから、良かったわー♪」



 ・・・へ、へぇ、そうなんだ。

 景気がいいときには、
 そんなこともあったんだ、この会社に・・・。( ̄▽ ̄;)

 
 アタシが入ったときには
 有給休暇も一日も取れない会社でしたけど。

 有給はあるんですよ。
 あるんですけど、
 「まさか取らないよね?みんな使ってないからね?」って言われて、
 使えます?

 労働基準局とか、そういうところに気を使ってか、法律にのっとって
 有給休暇は付与されてるんですけど、
 使えずに消えていく。

 それどころか、休みの日に呼び出されて仕事しても、
 タイムカードには記載されなかった。

 有休使えない上にタダ働きまで・・・。




  
 そういえば、
 どこかの公務員が、生理休暇慶弔休暇を存分に使って、
 旅行やらなんやら楽しんでて、
 それをブログにUPしててバレて問題になったとか、
 そんなんありましたっけ。

 職場によっては堂々と取れるのかなぁ・・・。
 この世にはいろんな規模の会社があるし、
 労働組合のパワーもそれぞれですもんねぇ。



 とにかく、
 私は就職氷河期と言われてから社会人になったんで、
 バブルの頃はこんなにボーナスがもらえた!とか言われても、
 「はあ。」と返事することしかできませんでした。


 そして、生理休暇をとっている人も、
 今まで見たことがない。



 だから、例えば子宮筋腫があるとか、
 なんらかの事情で猛烈に生理が重い人は大変だよな、って思います。
 
 私も生理痛はひどいほうですが、
 立ち上がれないほどの人もいるじゃないですか。
 そういう辛さのためにあるはずの休暇だけど、
 ほんと、取得申請しにくいですよね。

 上司が男性だったり、
 生理がとても軽い女性だったりしたら。


 同性からも、
 生理くらいで休んで、っていう目で見られそうですし、
 よほど有能で気の強い人でないと、
 「私は今生理なんです!そしてつらいから休みます!」って、
 男性職員もいるのに公言はできなさそう・・・。



 ということで、
 生理休暇というものが「就業規則」に記載されていない会社は見たことがないけれど、

 取得している人を一回も見たことは無い。


 ・・・そんなアタクシ。


 とてつもなく生理で眠くて、
 腹痛と頭痛で朦朧とするような日には、
 「そういえばこの世には、生理休暇ってのがあるんだよな」って、かすかに思い出します。


 
 

当たらない話。


 まーた風邪ひいちゃいましてね。

 熱でうなされるムスコに
 ちょいちょい水分を取らせながら一晩過ごしまして、
 寝た気がしません。

 アタシも風邪引いてんのになぁ。


 こうして毎日書いてますとね、
 ああ、ずいぶんアタシは世界が狭いなあって、痛感します。

 子供の世話した話と愚痴ばーっかり♪


 こう、目新しいことはないんでしょうかね。

 平穏な人生ほど幸せなものはないのだけれど、
 単調だと、忙しいのにボケそうになります。

 比喩じゃなくて、
 毎日同じことの繰り返しだと、人って、
 若年性の痴呆になったりするんですよね。

 通勤の道を変えてみるだの、
 たまには映画見て感動してみるだのしないと、
 人ってボケちゃうのよね。




 アタクシ、近頃泣いたかしら。
 感動して。

 ・・・。

 ・・・。


 
 まあでも、
 正直、贅沢は贅沢よね。

 ミャンマーじゃまた、軍が国民ともめてるしね。
 軍事政権下での投票をボイコットしようとした国民は、
 軍に銃で脅されて投票させられるしね、
 1万人もタイに逃げたって言うし・・・。

 ・・・。


 恐怖に怯えて暮らすよりは、
 忙しさにあっという間に日々が過ぎていく方がマシなんだろうか。

 よく分からないけど、
 このままじゃいけない、このままじゃいけないと焦り中。

 
 まだ30代でも40代でも、遅くは無い!と
 資格にチャレンジしたいものの、
 学校に通ってるシングルマザーへの援助がある自治体に
 まずは引っ越さねば。

 公営住宅当選が、まず第一歩か・・・。

 
 
 

生理休暇。


 重い生理痛と、ひどい生理時の眠さと頭痛に悩むアタクシ。

 ふと思う。


 世の中の会社には、
 たいがい、「生理休暇」というものがある。

 生理が重い人は、
 無給だけど欠勤扱いにはならずに、「生理休暇」というものがとれるはず。


 だけれど、
 今まで一回も、
 それをとってる女性社員を、見たことが無い。

 同じく、
 「一応育児休暇はとれますよ。でも今までとった人はいませんけどね」って言われる派遣会社も同じ。


 あるにはあるけど、
 とるにとれないし、
 前例もないし、
 とったらすごく白い目で見られたりする。

 そんな制度がこの世にはあるなって、つくづく思う。


 制度上あるからいい、って会社は言うだろうけど、
 使えない暗黙の了解があるんじゃ、
 それは無いといっしょじゃん。

 昼休みも取れない日があっても、
 残業しても申請しにくい日が続いて、
 落ち込む今日この頃。


 文句を言いたきゃ言えばいい。
 でも、
 「あんたの代わりなんていくらでもいるからね」

 それが現実だよね~・・・

ランカーくんの覚書。

 データ印というものをご存知でございますか?

 日付印とも言いますよね。
 事務仕事のお友達、
 マイフレンド日付印


 こう、だいたい丸くてですね、
 丸の中が三分割くらいされてまして、
 上と下に、会社名や個人名が入ってて、
 真ん中が日付けになってる印。

 病院の領収書なんかに押してあるアレ。


 お分かりになります?
 役所なんかでも、受け付けてくれた日に、ドン!って押される
 そういうヤツ。


 日本ってほんと、そういうハンコ好きだなぁって思いつつ、
 日々押してます。
 過去の職場でも、けっこうお世話になってましたけど、
 場合によってはパソコン上で作られた画像で印鑑代わりにポン!てのも可能だったので、
 それは一体どんな意味があるのか、
 謎のまま使ってます。

 データ印・日付印は、
 日付けの部分をくるくる回して、今日の日付けにしてペタンと押すもの。

 つまり、
 押し忘れたら昨日の日付けで押しておけばいいし、
 来週受け付ける予定なら、来週の日付けで押しちゃっておいてもいいんだし、
 ほんとにそのハンコは、まったく信用ならないもんです。

 なんで日本はハンコ社会なんでしょうねぇ。

 ・・・。



 
 また脱線したわ。

 
 先週の木曜日のことです。

 アタクシ、そのデータ印の日付けのところがかすれてしまうので、
 押しにくいなー、と思いながらグリグリやっておりました。

 すると、通りかかった他部署の課長が、
 「それ、日付けのところが引っ込んでるから、もっと上に出せるんだよ。  
  この方が俺も押しやすいから
」と、

 ひょこっと印鑑の日付けのところを押し上げてくれたのよね。
 そんなことできたのね。

 ははは。

 常識なんだろうけど、知らなかったの。

 で、
 クリクリとねじを回して、日付けの部分が少し出っ張ったことにより、 
 社名と同じ高さに日付けがならぶので、
 押したときにくっきりと日付けが付くようになったんざんす。

 こりゃめでたい。


 
 で、喜んで押したはいいけど、シルシがずれました。

 ハンコには大体、
 「こっちが上ですよ」っていうシルシのでっぱりがある。

 実印などにはないですが、
 シャチハタなどにはありますよね。

 まっすぐ押すための目印が。
 それがズレた。



 元に戻したいんだけど、ネジが固くて動かない。

 そこでアタクシがペンチを借りてウンウンやっていたところ、
 後ろからランカー氏の怒りの声が振ってきた。


 「それ、日付けの高さ、俺がベストな位置に設定してるからいじらないでくれる?」


 ・・・。
 
 すいません、でもこの位置のほうが押しやすいって、○×課長が・・・

 「俺がベストな位置にしてるからって言ってるよね?」


 でも、これみんなが使うものだし、
 ○×課長がこの位置にしてくれて、全員が使うものだし、

 「おーれーが!! おれが押しやすいのがベストなの!通じないね!」


 ・・・。


 あなたより○×課長の方が、
 役職、ずいぶん上なんですけど。

 
 「バカな○×じゃなくて、俺が基準なの!」


 ああ、そうですか。
 ほんっと、漫画みたいに裏表の激しいやっちゃな。

 面倒だから
 「はいすいません。どうもすみませんでした」

 今日もとりあえず謝る。





 日々、ランカーのくだらないこだわりに振り回されて、
 病院のものを私物化されてイラつくアタクシ。

 本人の前じゃ卑屈なくらい敬語使うくせに、
 いなくなったら、バカ医者だの、無能なくせに歳ばかり食った上司だの、
 バカにしすぎだよ。

 もう、ほんとにいい加減、録音した方が良かろうか。

 病院の予算で買ったパソコン部品、
 ずいぶんランカーが自宅に持ち帰ってるのも、周囲は気づいてないみたいだしさ・・・。

 
 ということで、
 たかがハンコの位置をずらしただけで逆鱗に触れて怒りまくられた、
 ちゅう覚書。
 
 そして課長のやったことに文句タラタラで
 俺の都合が全てなんだ!って威張ってたっちゅう話。

 後で清書するんですけどね、
 忘れないうちにメモしておくんでございます。
 
 罠にはまって解雇されそうになったら、
 せめて最後に
 蜂の一刺しができるように。



 

 私、元来ケチですけど泥棒はしません。

 会社の高価な備品を平気で持ち帰ったりする気持ちって、
 理解できません・・・。



 

だって近いから。

 人によっては
 母子家庭だと聞くと眉をしかめる人もいるので、
 アタクシはあまり人の家の教育だのシツケだの、
 そういうことには偉そうなこと言えないんですけどね。

 それでも
 イライラすることは毎日ございます。

 男は一旦外に出たら敵が何人いるだの言われますけどね、
 女だって戦ってんですよ。




 さてさて、
 アタクシ毎日のように、イラッとしていることがあります。

 職場の非常識男のことだけじゃなくて、
 保育園の保護者のことでも。

 

 毎朝ね、
 保育園の門のまん前に車を停めて、
 子供の送り迎えしてる、ヤンキーな親がいるんですよね。
 
 もう、絵に書いたようなヤンキー。


 その親が、毎朝車を横付けする門には、
 でっかいカンバンがつけてある。

 「通り道のため、ここに車をとめないでください」
 
 「駐停車禁止」
 


 見えないのかな、と思ったのか、
 先生たちが新しく大きな看板につけかえたけど、
 意味なし。

 見ててやってる。
 分かっててやってる。

 
 たぶん「携帯電話禁止」っていうカンバンの前で普通に電話して、
 「禁煙」っていうカンバンの前でタバコ吸う人なんだろう。

 そういう人が複数居て、
 その人たちは仲良し同士だ。

 ・・・。

 ワタシは挨拶はするものの、
 できれば仲良しにはなりたくない。

 というか、たぶん向こうからお断りだと思うのだけど、
 私がタマクローに
 「このカンバンなに?」って聞かれて、

 「ここに車をとめて、
  子供をお迎えに行ったりしちゃダメだよって書いてあるのよ」
 
 って教えてるのにね、
 そこで堂々と送迎してる親がいたら、
 気まずいでしょうが。


 他の保護者は、
 多少遠いけど駐車場にとめて、ちゃんと子供の手を引いて歩いて門まで来るのよ。

 門の前にどーんと停めたら、確かに送迎は楽でしょうけど、
 それはダメって書いてあるからやらないの。

 だいたい、
 そんなトコに停めたら他の車が通れなくて迷惑になるんだし。



 みんな、働いてる人たちは朝、忙しいのにルールを守ってる。
 遅れそうでも守る。
 
 雨が降ってたりしたら、
 みんなできるだけ門のまん前とかに停めたいわよ。
 お昼寝布団持って、遠くから歩きたくないもん。

 子供が3人いる人なんて、
 山のような荷物だわよ。




 でも、
 「それをやっちゃあおしめぇよぉ」っていうのがあるじゃん。

 ね?
 
 

 だから「近いからいいじゃん」なんて言う親は嫌いだ。
 
 こんな親ばかりだったら、
 小学校になっても、保護者会とか苦労するだろうとか、
 勝手に考える。
 
 きっとこういう親ほど、学校には苦情言うもんだろう、なんて
 勝手にイメージを膨らませつつ。


 その、
 ヤンキーな違法駐車する親の子供が、
 この間保育士さんからの死角で、タマクローを蹴っ飛ばすのを見た。

 で、
 「この子転んでるよー」って言ってるのを見た。

 
 さらにその子に、迎えに行ったアタクシも蹴られ、
 ついでに鉛筆で刺された。

 ・・・。

 (-_-#)ケッ


 これだけは思いたくなかったけど、
 どうしても頭をよぎってしまったわ。

 「ああ、あの親の子供だから、どうせこうよね」 って。


 違法駐車するヤンキーの子だから、
 性格も悪くて、ずるくて乱暴なんだわ。
 そんな風に思ってはいけないけど思ってしまった。

 申し訳ない。

 だからヤンキーの子供よ、
 そんな育てられ方をしたとしても、
 途中で「あれ?」って気付いて、
 反面教師にして立ち直って欲しい。

 そのまま、こそこそ弱い年下の子をいびったり、
 イジメを続けて大人にならないで欲しい。


 そして親が違法駐車しようとしたら、
 『かーさん!そこ、停めるとこじゃないでしょ!』って言える子になってね。

 /_-)ウウッ


  

ランカー君の留守。

 木曜の夕方、
 珍社員ランカーくんが急に言い出した。

 「あ、明日は引越しの手伝いする約束だった。
  友達に約束しちゃったから、
  明日は有休とっていいですか?」


 周囲は仏のような人ばかりなので、
 当然許可。
 
 というか、別に彼がいなくても、
 誰もそれほど困らないので、許可。

 年に何度も海外旅行に行き、
 病気で突然休むこともあり、
 さらにその上、友達の引越しの手伝いがあるのを突然思い出して、前日に有休申請か。

 なんて恵まれた職場なんだ。
 まるでパラダイスだ。


 と思いつつも、
 少なくともランカーから金曜日は苛められなくて済むので、
 喜んで出勤。

 
 そして、金曜の朝
 アタクシは愕然とした。


 ランカーくんの雑然としたデスク。

 いつものように雑然と積まれた書類も、
 おきっぱなしの小説も、
 買い置きの山盛りの「ビスコ」も、
 「これが真実の中国だ!」的なマニアックな本たちも、まあいいや。

 どうかと思うけど、
 もう慣れたからいい。

 
 それじゃなくて、
 机の上に、残業のときに食べてたクッキー缶コーヒーが、
 食べかけのままで置いてあるんだよね。



 ( ̄▽ ̄;) ・・・。


 明日有休って宣言してた人が、
 食べかけのクッキーの箱を広げたままで帰るか!?

 明日は来ないんだよ?
 って言うか、明日も出社するとしても、クッキー食べっぱなしで帰るか?

 ここは自室かい?
 ここはアメリカの大会社の、個室持ってる人のブースかい?



 
 なぜ誰も注意しない・・・。

 なぜ誰も叱らないんだ・・・。


 ( ̄(││) ̄) 気にならないのか?


 
 そんなワケで、
 近頃プチサービス残業と、昼休み抜きでの仕事が増えてきて、
 イライラが募るアタクシ。

 クッキーくらいしまって帰れとイライラしつつも、
 でも机の引き出しの中は、
 お菓子とお菓子の空き箱でいっぱいなことも知っている。

 ・・・。

 ああ、イタイ。
 なんだか脳が痛い。


 
 

子供手当てはもう増やさなくていいから。

 来年度は3歳未満の子の子供手当てが2万円に増額されるとか。

 ・・・。

 そういえば、最初は2万6千円くれるとか言ってたよね鳩山さん。
 増額しても2万か。
 ふぅん。

 しかもうちはすでに4歳だから関係ないや。

 そして子供手当てが始まったことで、減らされた手当てがあったり、
 増額された税金があったりして、
 別にありがたさも感じない。

 もういいよ。
 無理に増額して他にしわ寄せが来るなら。

 増やさなくていいから。 結局国民の負担が増えるから。


 


 先日、テレビでフランクミュラーさんの番組を見た。
 あの、時計で有名な。

 彼の作る時計は軽く100万円以上するものが普通。

 そして彼の主催するパーティーに招かれる客は、
 一年間に一億円分以上
 フランクの時計を買った顧客だけだという。

 ・・・どんな顧客だよ。( ̄▽ ̄;)



 世界的に見れば、
 世界全体を100人の村にして考える「世界が100人の村だったら」ってヤツだと、
 私は裕福な部類に入る。

 でも全然生活が楽だとは思えない。

 毎日ご飯が食べられて、
 パソコンが使えて、
 きれいな飲み水予防接種が受けられて幸せだね、って言われても、
 満足感はなかなか得られない。

 人は、周囲にもっとモノを持ってて、
 もっと楽な生活をしている人がいたら、
 やはりつい、うらやんでしまうものでしょ。
 
 もっと便利に暮らしたい、
 もっと美味しいものが食べたい、
 あの本も読みたい、
 あの映画も見たい、
 新しい服が着たい、
 お化粧がしたい、家電も欲しい、

 人の欲に際限は無いように思う。


 
 だから、世界的に見たらあなたは恵まれてるんだよって言われても、
 それでも、
 個しか持って居ない人ばかりの中にいたら、個で満足できるとしても、
 個持っている人のなかに囲まれたら、
 個持っていても足りないと感じたりするものなんです。

 人生50年、と言われる時代には還暦はめでたくても、
 80代の人が元気で大勢生きてて、50代の議員が若手と言われる世の中になれば、
 還暦で死んだら「早すぎた」と言われる。

 比べる周囲の環境で、今もっている同じものの価値も、
 変わってしまうものなのだから。


 
 あ、
 脱線した。


 そうそう、だからね、世界が100人の村だったら、
 私ですら恵まれている少数派に含まれていると言われても、
 でも、
 今の日本では恵まれてる方に入らない。

 なので一ヶ月に1万3千円の子供手当てをもらっても、
 「じゃあオモチャ買うぞ!」じゃなくてね、
 生活費とか、
 子供の将来の学費の足しにしよう、とか、そうなるワケです。


 余裕のある家庭にも、
 そうでない家庭にも、同じように子供手当てを配り、
 同じように年金を渡すのは、
 それは本当に平等なのかなぁ。

 なんか私、な気がする。



 平等であるのは大事だ。
 みんな税金を納めてるんだから、不公平感というのは、
 国への大きな不満になる。

 必死で働いて、それでも貧しい生活をしている人は、
 生活保護を受けてだらだらパチンコしてる人とかには、
 厳しい視線を向ける。
 
 それはやはり、
 「ワタシはこんなに頑張ってるのに、なんであの人は働かず国からお金をもらえるの?」
 という思いに、不公平感がつきまとうからだ。

 おかしい、
 あいつだけズルイ、と。



 でも、だからと言って、弱者への救済をなくし、
 「貧しいのは自己責任だ!
  障害者福祉も、
  母子手当ても、
  それは甘えだ、減らそう」
 と政策を変えていけば、
 その国は人情のない、殺伐とした国になる。

 
 間をとるのは難しい。
 共産主義が、理想どおりにいかず、停滞してしまい、
 資本主義にも厳しい貧富の差が現れるし、

 理想の政治ってのは難しい。



 だけどね、
 どんな大富豪でも子供手当てを渡そうとか、
 大地主でも資産家でも、お年寄りにも年金をきちんと渡そうとか、
 そういうのは間違った平等だと思う。

 財源は限られているんだから。
 ワタシは勝手にそう思う。

 


 昔話みたいに、際限なく財宝やご馳走が湧き出ることはない。

 民主党が証明してくれたように、
 「あれもこれも無料!」とか
 「増税なしで、もっとお金をあげますよ」とか、そんなことはできやしない。


 今後もリーマンショックみたいなことが、
 またあるかもしれない。
 
 年金未納の高齢者が増えたら、
 生活保護の申請も増えるだろうし、
 医療費だって増加の一途だろう。

 年金の財源の残りだって、どうなるか分からない。


 ので、
 裕福な人にも、「平等に」お金を配る方式には反対。

 これ以上「子供手当て」を増やそうとかしたら、
 またどこかで増税するしかないから、
 生活は楽になんてならないから、
 勘弁してください。

 このまま増やせば、
 良くない方に行く気がする。


 収入が少ない人たちが、
 「頑張って働いているのに報われない」と感じる国になってしまいマッスル。

 未来に夢を、持つことができる政策に、
 お金を使ってください。

 今、ムダにばらまかないで。


  【“子供手当てはもう増やさなくていいから。”の続きを読む】
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。