立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラクラクホンのヒットに思う。


 高齢者や、不慣れな人に便利な「ラクラクホン」の売れ行きは
 なかなかのものなんだそうな。

 携帯電話は若者のもの。

 というのは、
 つまり機能が複雑だったり、
 内容が若い人向けだったからだ。

 きっとプリクラだって、いろんな書き込みができるけど、
 シンプルな機能にして巣鴨に置けば、
 お年寄りだって使うだろう。

 「ここに立ってここを押すと写ります」でいいんだよね。
 背景は1種類でも。
 落書きも美白もできなくても。




 ってことで、
 「世の中分かりにくいよ」「人に優しくないよ」って
 つくづく感じた今日この頃。


 私ね、
 この間走って「市営住宅申込書」を出しに行ったときにも、
 ぼやいてました。

 土日は受け取れません。
 郵送不可です。
 抽選日は本人か代理人が来てください。平日の昼間です。


 代理人って、そんなのいるわけないじゃん。
 おばーちゃんと同居するとかなら、無職の人にいってもらえればいいけど、
 母子家庭だろうが父子家庭だろうが、
 「母子・父子家庭優先住宅」だろうが、抽選は平日の昼間だ。

 そんなの、
 仕事を休むしかない。

 当選して、手続きで休むならともかく、
 外れることの多い抽選のために休むのは、けっこうな負担。

 そしてもし当選したら、
 一週間以内に、
 収入の証明書だの、一年以内に離婚した人は戸籍謄本などの書類も、
 全部そろえて提出しないと、当選は無効になる。

 ・・・揃えられるんだろうか。



 正直言って、
 給与の計算方法や、そこからの所得区分の割り出し方、
 家賃の区分がどうなるのか、
 そういう方法が延々と細かく一覧表で掲載されていたんだけど、

 ( ̄(││) ̄) 全然分からなかった。

 数字ばっかりで、
 「区分Ⅰ~Ⅳの方は表⑤のように一律○円の減額となります」

 などと書かれていても、
 ん?
 表?どこ?

 どう見るの? 私は結局区分はどこだっけ?

 ( ̄(││) ̄) やっぱり分からない。


 もともと、
 数字を見ただけで眩暈がするので、
 数学の成績は猛烈に悪かったアタクシ。
 
 それにマニュアルなどを見るのも苦手だ。

 
 
 それにしたって、私だけじゃないと思う。
 あれが「分かりにくい」

 市営住宅の案内が「分かりにくい」と感じる人は。



 市の側にも言い分はいっぱいあると思う。

 でも、別にタダで住まわせるわけじゃなくて、
 一応は家賃をとって住まわせるんだし、敷金とったりするんだから、
 冷たいんじゃないかなぁ。


 一般のアパートよりは安いけど、
 それこそ、
 「風呂釜は自分で業者を呼んで、自費でつけてください」というように、
 民間アパートより、
 安い分不親切だ。

 家賃をきちんと納めていても、
 収入が上がったために退去をせまられるとか、
 そういう悲しいことも起こる。

 「ここが好きだったのに、頑張って働いたせいで退去になっちゃった」なんて

 なんだか寂しい。



 役所にも言い分があることは十二分に分かった上で、
 それでも、
 「分かりにくい上に不親切だ」と思わずにはいられない。


スポンサーサイト

減り行く消費者金融


 消費者金融が
 けっこう危機ですよね。

 一時期は飛ぶ鳥を落とす勢いだったのに。
 これから伸びる一方のように見えたのに。


 キャッシングという軽い言葉に置き換えて、一般の人に高金利でお金を貸し、
 銀行でのローンが厳しい人にも重宝がられてきた。

 
 が、
 高金利ゆえに、グレーゾーンと言われる、法で禁止されているとも、
 いないとも言いがたいレベルの金利が科せられてきた。

 もともと、
 ちょっと車が欲しいとか、
 ちょっと海外に行きたいとか、
 私が知っている例では、「貯めるまでのガマン」が出来ない人が、
 よく「キャッシング」を使っていた。

 月末までしのぎたい、
 急な入院で手持ちが無い、
 家賃が無い、
 生活費が無い。

 今月苦しくて、だからキャッシングで借りた人が、
 なんで来月は返済しながら余裕で暮らせるだろう


 ちょっとずつ返しながら、
 いつの間にか借金を重ねて身動きが出来なくなる人が、
 大勢いた。

 私の知っている人は、
 親が勝手に消費者金融から100万円ほど借りてしまい、
 その返済を、毎月4万円ずつ、5年もやっていた。

 もう、とっくに100万円以上返したのに、
 元金はまったく減っていなかった。

 利息分だけを返し続けて5年。


 このまま返し続けたら何年かかっても返済はできない。
 親の借金を返すために、何十年返済を続けても、元金が減らないから、
 永遠に毎月4万くらい返していくことになる。

 「あなた死ぬまでその100万円の利息を返済し続けるの!?」

 アタシは叱り付けて、
 お金をかき集めて、今は苦しくても、知り合いにお金を借りようとも、
 とにかく消費者金融とは手を切るように説得した。

 身近なものを売り、最低限の生活にして、毎月の返済額も増やした。
 「毎月の生活が不便じゃない程度の返済」をしていたら、
 結果的に永遠に返済が終わらない。

 貸した側は、終わらないように、少ない額の返済で長期間返すようにしむける。
 その方が、相手を続けられるし、
 企業は得られる金額が増える。


 とにかく元金を減らさせた。

 あんな人が日本中に、
 どれだけいるんだろう。



 泥沼の中にいるのに、
 毎月数万円の返済で済むから、なんとか生きていける。

 自分が泥沼にいることを、
 認めないで、事実を見つめないで生きていける。

 追い込まれることもないから、気付いたら、100万円の借金に、
 何百万円返済していても気付かない。

 怖くて、今までいくら返済したか、 その総額が元本をどれほど超えているか、計算する気も失せている。


 そうやって多重債務で自殺や自己破産に追い込まれる人が増えて、
 ルールは変わった。

 グレーゾーンの高金利で貸し付けたお金は、
 弁護士がくっついて取り戻せるようになり、
 取りすぎた金利は戻ってくることも増えた。

 そういう借金清算を専門にやってる法律事務所も増えて、
 テレビコマーシャルも増えた。

 

 「どこでも簡単に借りられて、
  ケータイからでも返せます♪」
 


 可愛いCMを見ると、
 女の子の笑顔を見たりすると思い出す。

 代々、清潔感のある可愛い女性や、
 小動物が、消費者金融のキャラクターになっていた。

 可愛い可愛い清楚なイメージ。

 でも、それは借金だと、
 高金利なんだと、
 気付いて自衛していかなきゃ。



 お金がなくても、そこでお金を借りたらもっとビンボウになることを、
 忘れちゃいけない。

 とにかくワタシは借金が大嫌いだ。

 
 生活で困ってつい、判断力を失って、というのなら分かるけど、
 遊ぶ金や飲み代を借りたり、
 もっと安いのを買えばいいのに、高い車を買って借金したり、
 そういうのは大嫌い。

 夢は大事だし、
 世の中には出世払いなんていう言葉もある。

 
 出世しないことも、
 この先、急に病気で働けなくなるかもしれないってこともあることを、
 今、お金が欲しい人は、

 つい忘れてしまうのかなぁ。



 日本は本当に、
 豊かな国なのかなぁ・・・


欠席裁判


 ・・・。

 
 いつも言ってることですが、
 人はいつまでも変わらないことがあります。

 
 大人になっても繰り返される、
 陰口やイジメ。
 
 マナー違反やルール違反。

 そういうのは、
 年齢や性別で決められるものじゃない。

 「今時の若者は」なんてことはなくて、
 
 ご老人でも、
 イジメはするし、差別もするし、
 ゴミをポイ捨てしたり、
 万引きも増えたり、
 とにかく小学校で起きていたようなことは、大人の社会でも起きる。

 ずっと変わらない人もいる。



 大人はそこから逃げるために、
 自殺や引きこもりだけじゃなく、
 起業や引越し、転職など、逃げ道があるのだけれど、

 でも自分を犠牲にして逃げても、
 そこにまた困った人がいることもある。


 ので、
 ワタシは理想の人間関係がある職場ばかりだとは思って無いし、

 人間関係が円滑で幸せしかない自治会もないと思ってる。

 
 意見が対立しない場所なんてないし、
 嫌われ者や、
 イジメや、人を陥れるのが大好きな人はどこにでもいる。



 できれば近寄りたくないのだけど。


 ワタシは平和に暮らしたい。

 
 必要以上に緊張してしまうから、
 そういう、悪質な人たちのそばでは、できれば暮らしたくない。

 悪口を聞いても、
 好きな人の話だと、聞いていて自分が言われているように胃が痛くなるし、
 実際に、私もそれくらい言われてるだろうと思うと
 気がめいって仕方が無い。


 AさんがいないときにはみんなでAさんの悪口。
 BさんがいないときにはみんなでBさんの悪口。

 ( ̄▽ ̄;) ・・・

 気付いてみたら、
 悪口言われて無い人いないじゃん。

 それで仲良しグループなの?
 全員そろったら仲良しな顔して食事に行くの?


 ワタシはそういう「大人な」人間関係に、そしらぬ顔をして馴染めない。

 きっと幼稚と言われれば幼稚なんだろうけど、
 中には
 「私だけは誰にも悪口を言われたりしていない」と思いこんでいる人もいて、
 「自分だけは言う側なんだ」と思って人を貶めることを言ってる人を見ると、
 ただ胃が痛い。

 こうして、
 気にしすぎる人間は辞めて行って、
 ハートの強い、
 気にしないパワーを持った人間が残っていくんだろうな・・・。


 残る側にはなりたい。
 でも悪口の言い合いにも参加したくない。

 なるべくいいトコを見つけたい。
 
 なんてキレイごとを思う三十路。

 ・・・難しいものです。


 

ママだってつらいのよ。


 リニューアルして、
 声優も歌も変わって、
 服装も話の内容もちょっと変わったりした「ドラえもん」


 人によって評価はいろいろだけれど、
 近頃どうも違和感でいっぱい。

 内容が変わったせいなのか、
 大人の目で見るようになったせいか、
 見ていて嫌な気分になる時もある。

 他の人も、
 「体のパーツを、気に入ったほかの人の体の部分と取替えられる機械」というのを見てたときに、
 なんか気持ち悪い、って言ってましたし・・・。

 自分はそれでいいけど、
 相手は嫌な部分を押し付けられて、
 気に入っている自分の体の代わりに、
 短い手足だの、
 お腹だのをつけられてしまうんだから、納得できない。

 首から下をすべて交換したら、性転換も可能だし、
 相手が人間でなくても交換は可能。


 しずかちゃんが体をとられてしまって、
 「早く返して!私の体を返して!」って叫んでる光景は、
 
 ・・・気持ち悪かった。


 大人だからかなぁ。




 ところで、現代の子供に微妙にあわせつつも、
 ドラえもんは、一応昭和の設定のまま。

 だからちょっと妙な感じはします。
 
 
 例えば、自家用車を所有してる家は少ないし、
 もちろん電話は未来の道具以外はコードレスじゃない。

 つまりお母さんの言うこともやることも、
 今の私とは価値観が違ってしょうがないのかもしれませんが、
 ちょっと聞いてください。

 いろいろ違和感があるんです。


 例えば先日、名作と言われる、のび太くんと捨て犬イチの物語。

 このハナシには、
 いろいろ突っ込みたいところがあるんですが、
 とりあえずお母さんの対応が一番腹が立つ。


 犬は飼っちゃダメ、
 犬は飼えません
、と常々言っているお母さん。

 でものび太くんは、捨て犬に懐かれて、
 子犬を見捨てられずに拾ってしまう。

 庭の片隅で、ドラえもんの道具で小屋を出してもらい、
 こっそり子犬を飼い始める。

 エサも、小遣いが少ないから、
 ドラえもんの道具で出してもらって養う。



 が、数日後お母さんに見つかる。

 お母さんはのび太の肩を叩いてこう言う。


 「分かるわね?のびちゃん。
  ママもこんなこと言いたくないのよ?

  頼むわね。」


 そう言って立ち去る。

 つまり、捨てて来い ということ。


 子供が子犬を拾って飼っているのに、
 「また捨ててきなさい」とは、どないなことや!

 たとえ生き物でなかったとしても、
 捨ててあるものを拾ってきて、
 不用になったら捨てたとしたら、最後に捨てた人が不法投棄の犯人だ。

 犬だとしたら、
 最初に捨てた人も悪いけど、
 拾ってやっぱり飼えないから捨てるってのも、身勝手で無責任な行為に変わりない。


 普通なら、拾っちゃったなら、
 飼ってくれる家を探す とか、何か努力をすべき。

 それに、のび太の家は、
 庭付き一戸建てで子供は1人。ママは専業主婦。
 
 なぜ犬が飼えないのか、その理由も分からない。
 子供にきちんと向き合って説明もしない。



 とにかく、
 その、「うちでは飼えないんだからまた捨ててきなさい」と子供に言うことが、
 
 私には信じられない。


 テレビを見ながら、
 そういう理不尽な子育てをしつつ、のび太の成績のことばかり叱るママに、
 毎度、なんだか不機嫌になるアタクシ。


 けっきょく、のび太とドラえもんは
 「じゃあ、山で自由に暮らしてもらおう」と、山に放しに行く。

 ・・・それって、自由に暮らさせてあげてるんじゃなくて、捨ててるよね

 人間の勝手な方便だよね、と思いつつ見る。


 すでにそこは捨て犬がうじゃうじゃいる山で、
 多くの人が犬を捨てていった後だった。

 
 ・・・。


 じゃあ、タイムマシンで恐竜がいる前の時代に放してこよう。

 いや、宇宙のほかの星に・・・。


 最後はまあ、
 のび太と犬との心の交流はうまく行くんだけど、
 それって、まるで都合の悪い産廃や、
 放射性廃棄物の処分みたいじゃない?

 どこかの山奥に捨てようとか、
 海外に持ち出そうとか、
 宇宙に飛ばせないか、とか。


 とにかく、ドラえもんは犬たちが自活できるように、
 機械で人間レベルまで知能を上げて
 他の星に移住させてハッピーエンドとなった。

 ハッピーエンドなんだろうか。


 とにかく、
 ママは子供の肩を叩き、
 「ママだってこんなこと言いたくないのよ?
  頼むわよ」
と、犬を捨ててこさせた。

 その後犬がどうなったのか、
 子供に一度も聞かず、関心も無い。



 アニメとは言え、ワタシはのび家のママとは仲良くできないわ。

 と、思いつつ、
 子供が喜ぶので毎週見る。

 そして毎週イライラする。

 o(〃^▽^〃)o 心が狭いからね。

 ( ̄(││) ̄) うん。




 

晩婚化と少子化と昼寝と。

 この間、
 ちらっとニュースで見て考えました。

 効率化のために昼休みを廃止する と言っていた企業が
 とりあえずそれは先送りにして、
 昼休みの短縮にする、と。


 それでもだいぶ利益があがるだろう、と。


 ふーん・・・。



 世の中では、
 昼寝したら学生の成績があがった だの、
 健康にいいだの、
 仕事の能率もあがるだの
、いろいろ言いますが、
 そうですか。

 昼休みを短くすれば、
 その分仕事がはかどるという考えもありますか・・・。

 それもまあ、
 どちらが正解とも言えませんよね。




 例えば、
 葬儀屋さんの受付を考えてみるとします。

 これは極論ですが、
 来るか来ないか分からない依頼を、
 24時間、社員は待ってないといけない。

 遺体の搬送の連絡がいつ来るか分からない。
 夜中にずーっと詰めていて、
 来た仕事が問い合わせ一件だったら、
 社員はその5分しか働いてないから、残りの時間は無駄?

 そうとも限らない。

 だれかがそこにいないといけない。
 でもすごい暇かもしれなくても、
 「何かあるかもしれないから」

 つまり世の中には、
 効率化しにくい仕事ってありますよね。




 「できる社員は朝型だ!」
 みたいな話も流行っていて、
 朝早く出社して、雑務を全部片付けて、
 7時半には会議だ!とか、
 そういうのよく聞きますよね。

 でも、総合職や、事務職、自営業ならできるだろうけど、
 ライン作業では無理。
 家政婦さんでも、時間より早く行ったら迷惑。


 それに、それができる職場だとしても、
 いつも言うことだけど、
 家庭が無いとか、
 誰かが家庭を守ってくれている家以外では、そういう働き方はできない。

 つまり、
 子供を育てながら、「できる社員」になるのは、
 なかなかに難しいこと。

 極端な話、
 ニューヨークのキャリアウーマンみたいに、
 外国人労働者の乳母なんかをつけてないと、
 早朝から会議なんて生活はできない。

 早く出社したら早く帰れる、と言うシステムが徹底している会社なら可能だけど、
 そうでないと
 「できる社員の働き方」はできない。

 毎晩終電で帰るような生活なら、
 早朝出社毎日なんて、無理。




 子供や介護が必要な家族がいなくて、
 なおかつ仕事が時間に束縛されにくい人しかできないのが、
 「早朝に会議にも出ちゃうバリバリ社員」だよね


 って思った過去を、
 昼休み廃止すれば効率が上がるという話を聞いて、
 思いました。

 そりゃそうだよ。
 休んでないで昼も働いたほうが効率的だよ。


 でも、忙しくて、
 昼休みも削られちゃったら、
 昼休みに銀行行ったり、
 昼休みに役所行ったり、そういう用事を片付けることはできなくなる。


 実際、
 私が知っている職場で、
 毎日朝一番に来て、仕事の準備して掃除もして待っているデキ社員は、
 言葉は悪いけど、
 パラサイトシングル。

 
 
 これじゃ、
 晩婚化や少子化が止められないのも当然だよね。
 
 なんて思う、今日この頃。


 
 期待されている社員ほど、
 育児休暇などで社会から置いていかれた感覚に焦るし、
 二人目や三人目を育てながら第一線で働く大変さも分かるはず。

 だからなんだ?って言われるとあの、
 まあ、その、

 効率化は大事だし、
 なるべく始業時間よりも早く来れば来るほど余裕を持って仕事ができるかもしれないけど、
 そんな生活をずっと続けてたら、
 少子化と晩婚化と、生涯未婚率と過労死が増えるんじゃないかと思うんだけど・・・

 
 私が甘いのかな。

 o(〃^▽^〃)o どうかな。 

風呂と生活。

「郵送不可」のため、
仕事が終わった後で必死で「市営住宅申込書」を出しに行く。

 役所は土日は休みだし、
 平日に出しに行くしかない。

 休みを取って出しに行ければ楽だけど、
 有休なんかとったら大変。

 抽選には参加が必須条件。

 有休は抽選日にとっておかねば。
 落選するたびに、次の抽選に有休使ってたら、あっという間に有休は無くなる。

 ・・・タマクローもよく病気するし。


 市民に優しくない抽選だぜおっかさん。




 間に合うのか?
 と半泣きで走って到着。

 ぴかぴかの、
 大きな近代美術館のような新築の市役所につくと、
 広すぎて中でも全力疾走。

 汗だくで
 申込書を出すと、担当者がさらりと言う。

 「失礼ですが、母子家庭ですよね。」

 はい。

 「なんでこっちの人気がある物件選ぶんですか?
  こっちの母子家庭優先住宅は、ほら、ちょっと家賃が安いですよ」


 ・・・。

 ・・・。


 
 すいません。
 風呂が無いのでちょっと・・・。



 「風呂? 業者呼んで設置すれば、風呂がまを置く場所はあるよ。
 給湯器と風呂釜買って自費でつければいいんだよ」

 
 (-_-#) ・・・。



 なんで?
 母子家庭は風呂があるとこに住みたいって言ったら、
 贅沢なの?

 だいたい、入居費用だってかかるし、
 敷金3か月分だの、 
 引越し費用だの、
 所得が少ないから市営住宅探してる人に、
 「風呂と給湯器を買えば入れるよ」って、そんな初期投資を強いるの?

 ナゼ風呂釜をつけてくれんのだ!?

 


 今の時代、
 「健康で文化的な生活」の中に、風呂は含まれないの?

 せめてシャワールームくらいはつけてくれないのか?
 母子・父子家庭優先住宅に、風呂釜はいらないの?



 確かに世の中、風呂なしアパートで頑張ってる人はいっぱいいる。

 でもなんか悔しい。
 母子家庭じゃなくても、例えば、DVから逃げて来た人のシェルターにだって、
 シャワーくらいはあるんじゃないの?


 新築の豪華市庁舎を見ながら思う。


 間取りはワンルームでもいいから、
 風呂完備の市営住宅を増やそう
、って思えない?
 
 そこに使うお金はないのかな。


 ただ風呂が無いだけじゃなくて、
 治安も悪いんだよ。
 古くなった市営住宅の周囲は。
 
 

 なんか、すさんでて、
 わかるでしょ?
 
 見学に行ったら、付近にスプレー缶で落書きがいっぱいされてたり、
 カーブミラーが割られてたり、曲がったままだったり、
 なんかそこには安心して住めない。


 生活が不安なところに住むくらいなら、
 食費を削ってでも安全な場所に応募したい。



 ということで、
 一番人気があるという、
 二人暮らし用の物件に応募して帰宅。

 なんだか悔しい思いを抱えて帰宅。


 il||li(つд-。)il||li


 風呂なしの物件だって、
 退去のときは風呂釜を持って出て行ってください、という物件だって、
 ボロボロだって、
 家賃は取られるんだから、悔しいじゃないか。

 たとえ格安だとしても。
 

 ※市役所が優先なのは分かってはいます。
  災害時にまっさきに壊れる建物じゃダメだし、広さも必要だと分かってます。

  でも、
  せめてシャワーブースくらいつけてくれてもいいじゃないか、って話で・・・。

  風呂がないなら、
  せめて家賃はタダ同然とかにしてくれたらいいのに、
  風呂がなくても、
  共益費も管理費も自治会費も別途徴収!とか、お金はやっぱりかかるし。



無視はできない。

 みなさん、人を無視することってできます?
 
 そこにいないみたいに。
 挨拶されても無視。
 泣いてても怒ってても無視。

 回覧板も回さない。
 話しかけないし、返事もしない。

 だって居ないんだから。
 


 ということ、できます?


 過去には、イジメで自殺した生徒が、
 先生からもそうやって「居ないこと」にされていた事件なんかもありましたが、
 そういうことができる人には、教師でも、
 「共感する力」や「思いやり」がないのかな。

 それとも、
 戦争になれば、善良であったはずの人が、
 密告や殺しを自分で正当化して始めてしまったりするように、

 「ワタシはしない」と思っていても、
 いざとなったらやっちゃうんだろうか。

 人の正義感なんて、
 簡単に周囲に流されてしまうんだろうか。





 とりあえず、
 今の私には、どうしてもできません。

 元夫からはいわゆる「モラハラ」なんだろうけど、
 何日も何日も、どんなに話しかけても謝っても、
 まったく返事をしてもらえないということを、よくされました。

 本人は鬱病だからなんて言ってましたが、
 「遊びに行こうぜ」って電話がかかってくると、笑顔で電話に出て、
 楽しそうに風呂に入って
 一張羅を出してきて、身支度して出かける姿を見ると、
 とてもそうは思えませんでした。

 自分に都合の悪いこと、
 借金するなとか、そういう嫌なことを言う人間は、
 気が済むまでただひたすら無視するという無言の攻撃にしか、
 思えなかった。

 
 理由はなんであっても、
 ワタシはそうやって何日無視されても、
 同じ事を夫にやり返すことはできませんでした。

 やられるつらさが分かってし、
 同じレベルになりたくなかった。



 
 男性は、追い詰められると黙るとか、
 言葉では太刀打ちできないから無視することがある、などと言いますが、
 さすがに、何日にも渡る無視は、それも言葉の暴力だと思います。

 相手が謝ろうと何をしようと、
 ひたすら無視を続けるというのは、
 相手の存在自体を否定する、悪質な行為にしか思えません。



 だからできない。

 
 子供の頃、
 ボス的な存在の子って、よくクラスや地域に1人くらいは居た。

 そして、グループを作って、
 とりまきに言うことを聞かせて、
 さからったら「今日から○○ちゃんはみんな無視だよ!」と命令する。

 命令に違反したら、次はその子がターゲット。

 いつの間にか、最初に無視されていた子が、
 許されていじめる側に迎え入れられると、
 嬉々として、次のターゲットを無視している姿もよく見た。




 なんなんだろうな。

 男とか女とか関係ないよね。

 人を無視するっていう行為が平気な人って、いる。

 自分がされたときの辛さも分かってるのに、
 次のターゲットになりたくないから、いっしょになっていじめる人もいる。


 それは大人の社会にも残っていて、
 ママグループになっても、変わらない人も居る。

 「○日にランチ会ね。でも、△さんにはやるって言っちゃダメだよ」

 それくらいならまだマシだ。

 「△さんには、返事しちゃダメだよ」くらいのレベルの人までいる。


 
 挨拶されても、みんなで無視しようね、
 返事したら仲間じゃないよ?


 
 そんなことが平気でできる人が怖い。

 私もタマクローも、
 いや、勝手に息子を巻き込んじゃ悪いのかもしれないけど、
 そんなことに従わないと仲間に入れないグループなら、
 入れてもらえなくていいや。

 なんて思う、近頃のアタクシ。


 
 地域でもそう。
 老人会でもそう。

 どこにでも無視の組合は発生する。

 そこに、無視という凶器の力を自覚していなかったり、
 された辛さを人に向ける無神経さや、
 自分がターゲットにされる怖さに勝てない人がいる限りは。


 タマ、
 一生、どこに行ってもそういう人たちはいる。

 そういうことをされる心の痛みを知ったら、
 自分はやらない、と言っていると、
 もしかしたら、仲間はずれにされたりもするのかも。

 そんな時、
 負けて無視する側に回らないことが、弱い人間の持つ強さなんだと、
 アタシは思うよ。



 何言ってんだろうね。
 今日もオチがないですが、

 「一緒に無視しようね」とか、それって例えば、
 「みんなでヒトゴロシしても大丈夫だよ」っていうくらい、それくらいヒドイ言葉だと、ワタシは思う。

 一緒に無視するくらいなら、
 ワタシは無視される側の方が、気が楽だな・・・。


自分だけじゃないと信じたい。



ネットでアップル社の製品の規格をめぐるニュースを見ていて
愕然とした。

・・。



カタカナ語ばかりで、なんか意味が分からない。

接続方式だの、
データの保存法や、データ量の単位、
いろんな外来語や専門用語があふれてて、
頭にすっと入ってこない。


そう言えば、キャッチフレーズから企業名が連想できる会社ランキングの
ベスト5は、
「お口の恋人」とか、全部短い日本語だったとか。

珍しくてもカタカナ語や凝った言葉は、
あまりハッキリと印象に残りにくいものなんだとか。

o(〃^▽^〃)o でもさ、テレビで放送された回数にもよるんじゃない?

( ̄(││) ̄) そうだけど。


私の脳は、
ベータかVHSか、って騒がれた頃で止まってしまったんだろうか。

あまりにも、
携帯端末の世界は日進月歩すぎて、
全然ついていけない。

商品名に企業名、
接続方法やデータの方式など、すべてがカタカナ語だから、
ニュースがほとんどカタカナばっかりなんだよね。



持って歩く端末も、
携帯電話、
ゲーム機、
読書専用機、
ゲームとネットができる機械、
音楽を聴くもの、
映像も音楽も楽しめるもの、
だいたいどれも可能なもの、

( ̄(││) ̄) 種類が多すぎて、旧型も知らないワタシはついていけない。


使ったこと無い新商品は
カタカナばかりで、
使ったこと無い、なじみの無いものが
使わないまま進化していったら、やっぱりよく分からない。

現代の高性能なテレビですらよく分からない。

きっと全国のオトシヨリは、
地デジ化に伴ってテレビを変えるとき、あたしよりもっと混乱するんだと思うわ。

変な訪問詐欺に遭ったり、
モデムがどうの、アダプターがどうのって言われて混乱する気持ちも
分かるわ。

ラジオやテレビを分解してみれば、仕組みが分かったような時代は、
もう遠い昔なのよね・・・



少々、オトシヨリな気分の、
そんな三十路。


鉱山の人々。


 チリの鉱山で埋っていた人々が助け出されて、
 熱狂していた報道も落ち着いた。

 でも、
 あれこそどう見ても、究極の3Kのお仕事。

 キツイし、
 危険極まりないし、
 そして給与が安い。


 月給は12万円と、現地では高給な方だったらしいけれど、
 そんなところで、
 50代や60代の人が働いている現実が、
 胸に突き刺さった。
 
 月給は多少いいとしても、
 補償はどうなってたんだろう。

 例えばあのまま、全員が餓死したり、
 さらなる落盤で死亡していたら、
 どんな補償があったのだろうか。

 以前から落盤による死亡事故があって、それでも鉱山は別に閉山されなかった。

 もし33人も一気に死亡していたら、
 どうなっていただろう。
 遺族にはどんな手助けがあっただろうか。



 シェルターで生きていて救出された、
 と聞けば、なんだか過酷さが伝わりにくいけど、
 33人もの人が、生存を伝えるまでは14缶のツナ缶や、
 わずかな豆の缶詰などを分け合って生きていたと聞くと、
 壮絶さに身震いがする。

 
 暗い、蒸し暑い空間の中、
 閉鎖された中で、
 飢えてただ死を待つ中で、人は何を考えるだろうか。




 日本にだって、危険な職業はある。

 高所作業や、
 地下の作業などで、落下や窒息、濁流に飲まれただの、
 そんな死亡事故は、ちょくちょく聞く。

 この世には危険な仕事をしてる人が大勢いて、
 そういう人が掘ってくれた金属で製品が作られたり、
 そういう人が整備してくれたインフラで
 便利に暮らしてるってこと、
 忘れちゃいけないよね・・・。

 
 助かった人々の話を聞いて、
 ただただ、助かってよかった、よく持ちこたえたと賞賛しつつ、

 鉱山が閉鎖になって解雇された、300人以上の社員と、
 その家族の生活を思うと、
 気分が暗くなる。



 チリからの出稼ぎ労働者が、
 大勢派遣切りにあって、私の住む地域でも失業しています。

 あんな遠い国から、
 仕事を求めてやってきて、
 そしてその国でも仕事にあぶれて・・・。

 エコは大事だし、
 モノを消費することが素晴らしいとも思わないけど、
 商品が売れなければ、人が働く場所は減る。

 円高の厳しい状況を見つつ、
 今日もため息をつくアタクシ。

 今日も生きられること、
 ご飯を食べられること、
 感謝を忘れちゃいけないわね。


 市営住宅は外国人労働者居住区のようになってしまったり、
 日本人が入りにくいお店が増えたり、
 残念ながら、外国人がらみの犯罪も増えたり、
 なんだか複雑な気持ちにはなるけれど、
 できればお互い助け合って生きて生きたいものよね・・・。

 
 
 あのチリの状況は、
 まだ、「助けよう」と世界各国が救いの手を差し伸べられるだけ、
 まだマシなのかもしれない。
 
 軍事国家などで、
 他国には情報も出さず、
 救援部隊も入れない国も、この世界にはあることを、下を向いて考える・・・

 
 

変わっていくシステム。


 アタクシの本家ブログは、
 ご存知かと思いますが、「アメーバ」にございます。

 なんだか最近寂しいです。

 
 モノがもらえるから、という安易な気持ちで参加していた
 「ブログネタ」は、
 どんなに記事を書いても、昇進しなくなって、何ももらえなくなってしまった。

 昇進の基準はあきらかにされていないので、
 金星!面白いですとスタッフさんに言われても、
 そういう評価がいくつ貯まっても、
 昇進はしない。

 せめて昇進しなくても、
 ちゃんと誰かが読んでくれているならいいけど、
 なんだか機械で自動的に処理されている気がしてならない。

 感想はいつも
 「面白かったです!」


 相撲の番付になぞらえて、
 幕下だの、十両だの、そうやって「すんも」と言うキャラクターが昇進していき、
 そして昇進するとプレゼントがもらえるシステムだったのだけど、
 いつの間にか昇進しても、もらえるプレゼントの質は落ちていき、
 ウェブマネーのプレゼントも、
 現金化不能の、仮想空間でしか使えない通貨のプレゼントに変わってしまった。


 さらに、
 以前はブログを書いていて「アメG」という仮想通貨が貯まると、
 イーバンクに手数料を払えば現金化できるシステムだったのだけど、
 いつの間にかイーバンクが楽天銀行に自動的に変わっていた。

 もう、その時点でなんだかよく分からない。
 ついていけない。

 
 そして貯まったら現金化できると思っていた、わずかなアメGは、
 毎月毎月、
 「期限切れです」と、消滅していく。

 消滅させないためには、500G以上貯めないといけない。

 でも、毎月100Gくらい消えていき、
 500Gをなかなか越えない。

 だから楽天銀行に現金化することはできない。

 期限切れになる時間が、いつの間にか短く設定されてしまったみたいなのだけど、 
 いつからそうなったのか、
 分からない。



 それじゃあ、と思って、
 何か商品を頂いて記事を書こう!と、アメーバさんと同じ系列の 
 サイバーバズでモニター商品に応募しようと思ったら、
 「来年から別会社に移行します」と書かれていた。

 そして、その際に審査があって、
 不適格なブログは通れないんだそうな。

 ( ̄▽ ̄) ・・・。


 移行に同意しますか? という文面が出てきたけど、
 
 同意しなければ消滅するので、
 まあ、同意するかやめるしかあるまい。

 ので同意した。

 審査に通るかどうかは、疑問なり。


 
 なんでも無料が当たり前だと思っていてはいけない。
 だけど、
 無料なら、それを伝家の宝刀のように振り回して、
 参加者を雑に扱っていいのかな。

 
 近頃、
 テレビでアメーバピグのCMを見るたびに思う。

 そうだよね。
 こうしてCMもやって、
 たくさん芸能人ブログも召致して、
 お金がかかってるんだから、一般のブロガーに還元する余裕はないわよね。

 そして、
 仮想空間で使えるグッズを増やしたり、
 ゲームのアイテムを売ったりして、そのために
 アメGを配布するんじゃなくて、
 現金でアメGを売ってるんだから、

 じゃ、配れないよね。


 売れば現金収入になるんだから・・・。



 それが企業ってもんだと思いながらも、
 なんだか哀しい、悲しいアタクシ。

 儲からなければ会社じゃない。
 成長させるには儲けなきゃいけない。

 分かるには分かるんだけど、
 それでもなんだか、ついていけなくて悲しい。

 

「か?」に注意。


 「ほんまでっかTV」ってのをちょっと見た。

 さまざまな分野のスペシャリストが、自分の経験や知識から得た、
 「ほんまでっか?」って言いたくなるような自説を繰り広げるというもの。

 あくまでも、 
 「ほんまでっか?」ってことだけれど、
 つまりは疑問系だという前提なんだけど、
 
 脳科学者だの、そういう肩書きをつけてる人が自信満々に言うので、
 それが真実だと鵜呑みにする人もいるんじゃないでしょうか。
 
 それはちょっと危険なこと。


 医学だって正解はあるようで無い。

 余命1年と言われた人が、その後何年も生きることもあるし、
 治ると言われた人が、そうならないことも・・・。



 同じ症状の人を見ても、
 使うべき薬がドクターによって違ったり、
 手術すべきだと言われたり、
 もう治らないといわれたり、助かると言われたり。



 ということで、
 前置きが長くなりましたが、

 脳を騙して痩せましょう
 と言っていた「専門家」に首をかしげたアタクシ。

 
 思い切り甘くしたコーヒーをちびちび飲んでいれば、
 糖分が補給されるから
 血糖値が下がらず、空腹感が起きない。
 
 だから一日一食しか食べなくても飢餓感が無いから、
 胃が小さくなって痩せる。
 という話。


 そう、脳は糖分で騙されるんです。

 それは事実だと思う。
 血糖値が上がるから、食べて無いのに甘い飲み物だけ飲んで、
 平気な人がけっこういる。

 
 で、それが若い人の糖尿病にもつながってるじゃん。
 それ、ペットボトル症候群と同じ原理。


 甘い飲み物を飲んでいれば空腹感がおきにくいから、
 それで胃が小さくなって痩せます。

 という専門家の意見だと勘違いして、痩せたい人がその部分だけ真似したら、
 糖尿病へ一直線。

 「その道の専門家の意見」として報道するのは、なんだか頂けない。


 あくまでも、「一説によると」という話だけれど、
 例えば都市伝説として報道しても、それでも見た人は信じることはある。

 スポーツ新聞にありがちな、
「○○と熱愛発覚!!・・・ という、
 すごく小さい「か?」の部分があることを、
 見てる側も忘れちゃいけないと思う。

 以前、納豆ダイエットに翻弄されて、納豆が店頭から消えた日本。

 テレビの影響力は強いんだから、
 「か?」の部分があるなら、あくまでも「そんな説もある」んだと言うだけだと、
 強調すべきじゃないのかしら?

 と思ったアタクシ。


 「か?」とつければ、どんなに曖昧な報道でも許されてしまうようなやり方にも、

 もちろん賛成はできないんだけど。

 

結局は分かりやすいのかも。


 日々、書類を隠したり、意味不明な指示をしてきたり、
 アタクシをただひたすら
 「あんたダメだよね?
  ダメだって分からない時点でおかしいよね?
  理解できないことがおかしいよね?」
 と、延々と追い詰め続けるランカー君。


 そんな彼は、
 上司にはやりすぎじゃないかと思うくらいへつらう

 他のドクターも言ってた。
 「彼はちょっと気持ち悪いくらい丁寧だよね。ゴマすりって言うか。」と。

 猛烈にへつらうし、とてつもなく丁寧に話すのだけど、
 その場を離れたとたんに

 「医者っつったって、アイツは田舎の国立大学じゃねーか」とか
 「医者なんて常識がねぇ人間しかいねーな。基本的にバカだ。」とか、

 コロッと豹変。

 

 そんなランカー氏がターゲットに選んで執拗に苛める相手は、
 今は私だけれど、
 他の部署にもいる。

 ただ、部署が違うとたまにしか被害に遭わないから、
 アタクシほど深刻にならないだけだ。


 だけれど、上司やドクターに接するとき以外で、
 彼が猫なで声になり、
 別の雰囲気になってたら話しかける相手がいるのが、
 近頃分かった。

 
 若くて、
 優しげな雰囲気で、
 彼氏がいない女性。


 ・・・分かりやすいじゃねーか、おい。


 イジメのターゲットになる女性は、
 独身なら美貌でなくおとなしい後輩。
 
 美人でもイジメられた人はいるけど、三十路の女性や、
 彼氏が居たり、既婚の女性。

 そして自分より入社は後だったり、
 職場での経験年数が少ないことが必須条件。

 よく考えればすぐ分かる共通点だった。


 そうか、
 だから私を追い出したいのか。

 毎日のように自分じゃなくて
 「○○課長が、タガメがまだ辞めないって困ってるよ」とか
 「○○部長が、タガメが使えないから、進退を自分で早く決めて欲しいっていつも言ってる」とか
 周囲全体がアタクシを嫌っているから辞めてくれ、とアピールするわけが
 ちょっと分かった。

 別に、私が有能ならいいってワケじゃない。

 そうじゃないんだ。


 入ってきた私が、後輩なのに年食ってて、
 しかも子持ちだから気に入らないんだな。うん。

 他の部署の可愛い事務員さんが、メガネを忘れて出社した日、
 「あれ?メガネっ娘のときも可愛いけど、
  それも可愛いよねぇ。どっちでも可愛いんだねぇ」
って、すりよってる姿を見て、総毛だった。


 (_ _|||)  分かりやすい。

 
 あんた、結局分かりやすいよ。

 相手の年齢、容姿、資格、職歴、役職、そういうので使う言葉を分けて、
 態度をコロコロ変えて。

 でも私が辞めても、
 若い子は庶務のパートにゃ来ないよ。

 私が面接受けた時も、受験者で私が一番若かったくらいだもん。

 若くて美人な子は、もっと有利な派遣に登録したり、
 別の会社に正社員で入るわよ。




 ということで、

 アタクシは独身ですが、残念なことにバツイチの子持ちで、
 美貌にも恵まれていないため、
 今後もどんなに努力したって、イジメからは逃れられないな、という結論に至りました。

 今更ながら。

 o(〃^▽^〃)o 慣れるしかないね。

 慣れるか辞めるかどっちかだなー、と、
 10円ハゲができちゃった頭を見ながらつぶやく、本日のアタクシ。

 でも、
 仕事変わるのもまた、ストレスだよねー・・・。

腐っててさ。


 身近な人の話題ではございませんが、
 病院でこんな話を聞きました。

 「しばらくぶりに実家に行ったら、
  お父さん腐っててさー」
 ( ̄▽ ̄;)は?


 「テレビかなんか見てるときに心臓発作で逝っちゃったみたいで、
  そのまま腐ってたの。」
 ( ̄▽ ̄;)は?

 「で、病死なんだけど、日にちも経ってるし、一応警察が来たんだー」


 ・・・。

 話題になった方は、まだなんと60代。

 いくら1人暮らしとは言え、
 まだまだ若かったので全然心配してなかったらしい。

 だからそんなにしょっちゅう電話もしなかったらしい。

 そりゃそうだ。 
 離れて暮らしてる親と、
 必ず毎日電話するとも限らない。
  

 電話がつうじなくても、「あ、留守かな」くらいに思うだろう。

 そして久々に行ったら、
 腐ってた、と。

 夏場だったから。


 ( ̄▽ ̄;) ・・・。


 なんか、事実はそうなんだけど、
 あまりに普通に淡々と話されたのですごい違和感があった。

 たぶん仲が悪い親子だったんだろうと思いつつ、
 でも、亡くなった方が60代と聞いて、
 いろいろ考えてしまった。

 アタシはもう、60歳までは30年を切った。
 そんなに先じゃない。
 
 そんなにすぐ、60歳は来る。

 その頃タマクローは家庭を持っているだろうか。


 そして離れて暮らしているアタクシを、
 しばらくぶりに訪ねてきて、あたしが死んで腐っていたら。
 
 「でさ、行ったらクサってたんだよねー」って、
 気軽に周囲に言うだろうか・・・?

 とかね。
 
 o(〃^▽^〃)o その人が変なんじゃない?

 
 その人の「腐ってたんだよねー」っていういい方は別にしても、
 60代で、突然死で孤独死したまま気付かれない、ってのは、
 他人事とは思えない。

 ワタシだってそうなるかも。

 その亡くなった人は、突然死んで
 長く病むこともなく、 
 もしかして死んだことにも気付かなかったかもしれない。

 うっ!ってなってそのままだったかもしれない。

 だったらそれって、幸せな死に方かもしれないけど、
 なんか理想とちょっと違う。

 ぽっくり逝きたいけど、
 なんか違う。


 
 できれば、身内には哀しんで欲しい。

 なんて、
 贅沢に悶々と考えた三十路でございました。


 独居の方は増えてますからね。
 まさかの60代の孤独死だって、こうして起きてますから、
 これからもこういう風に1人で亡くなってるって人、
 増えるんだろうなぁ・・・。


見えなくてもできるだけやってるのよ。

 分からないところで努力したって無駄だ。
 それがなにか結果につながらないなら、
 それが見えることにならないなら
 その努力は無いことと同じ。


 ・・・という言葉を人に言われた。


 言われたんだけど、
 しょうもないのにやらないといけないことってあるよね。

 やっても認められないのに
 やらないといけないことってある。


 例えばさ、
 病院で代表電話なんか取ってると、
 「メガネを忘れてきた」だの 
 「出した保険証を返してもらってない」だの、

 まあ、おじーちゃんおばーちゃんから、
 けっこう問い合わせが来るもんでございます。

 だいたいは無い。
 だいたいは勘違い。

 本当に忘れ物した人は、
 忘れたことを忘れてて、電話なんかしてこない。

 だけど念のために、
 ちゃんと忘れものがないか各部署に問い合わせるし、
 現場も確認する。

 無いはずはないんだ!あのトイレに置いた!とか
 あのソファに置いたんだ!って言われたら、

 あたしゃ、自分でもちゃんと見に行きます。

 
 ムダなのかもしれない。

 大体は、「本人の勘違い」

 9割9分くらいは自宅にある。
 カバンに入ってる。


 でもさ、万が一っていうことがあるでしょ。
 万が一、本当にそのトイレに忘れてたら、
 見にも行かなかったら、無責任じゃん。

 
 ということで、見に行く。

 無いけど。



 偉い人が「コーヒー飲みたいな」って言ったら淹れる。

 淹れてる間に用事思い出してどっか行っちゃって、
 冷めたから処分した頃に戻ってきて、
 「やっぱり飲む」って言えば、また慌てて淹れる。

 それしかしょうがない。

 で、ドリップしてる最中に
 「あ、お客さんも来たから2人分にしてね」とか、そんなのしょっちゅうだ。

 (T∇T )もう、自販機で買ってください。




 いろんな業者さんも来るし、
 看護師さんから来る請求書は、いつもどこか間違ってるし、
 それでもシャカシャカ走り回って
 あれこれ聞いて回って修正したり、対応してる。

 そんでイジワルな先輩には、お約束どおり書類を隠されたりして
 仕事は滞り、
 周囲には何かミスしたように見られる。

 典型的な庶務ライフに汗をかいている。


 でもそれって、
 なんの数字にも表れないんだよね。
 
 苦労したって、いくら削減できただとか、
 どれだけ患者さんを増やしたとか、
 全然数字に表れない。
 
 それどころか、
 「なんかバタバタしてるけどなんの仕事もしてない人」にしか見えない。


 ということで、
 なんだかんだ言っても、今日も愚痴です。

 ああ、
 面談がイヤざんす。

 あなたはどんな仕事をして、どんな成果をあげましたか?
 ってな、上司との面談がそろそろ来るので、
 落ち込んでいるアタクシ。

 頑張ってるけど、
 たぶん全然ダメなんだろうな。

 何かやってるみたいだけど、
 何やってるか分からない人なんだろうな、庶務の下っ端なんて。

 ラインの作業なら「1分で部品を5個作れるようになりました!」とか言えるんだろうけどさ・・・。
 
 うん・・・。

 さて、
 めげずにもっと頑張ろうっと。

  

 

話題の寿司屋について思うこと。

 
 すし屋さんの内定取り消しについて
 取りざたされてますがな。

 どっかで聞きました? 
 見ました?


 有名寿司チェーン店の入社内定者が
 アナウンサーでも難しいくらいの長文を、暗記の上で早く読まされる、
 などの厳しい研修を受けて
 そこで落第となると
 「辞退します。なんら損害賠償を求めません」と一筆を書かされて内定を取り消される。

 あくまでも「辞退」


 というような内容で。

 企業側にも言い分があるようで、
 反論も雑誌に載せたり、もめていらっさるようだ。



 アタクシなりの見解。

 研修の内容が本当だったのかとか、
 本当なら悪いのか、いいのかとかじゃなくて、

 厳しい社会に立ち向かえる社員が欲しいなら、
 まず会社がそんなに厳しいってことをアピールするのが先じゃないかな。

 内定出しちゃったら、
 そこで決まったと思って、学生は就職活動を一旦やめる。

 で、卒業して、
 いざ研修となったら厳しくて、
 その内容を是とするか非とするかじゃなくて、
 内定を辞退してまでやめて行く学生がいるのなら、


 第一に、残れない学生を見抜けずに内定を出した人事の力量不足だし、

 第二に、内定を出す前に「猛烈に厳しい入社試験」をするべきだったんじゃない?


 過酷な試験を突破してきて、
 ほんとにやる気も根性もある人を内定にすればいいんじゃん。

 内定出しちゃってから取り消すのと、
 途中で「ここは無理だ」って学生がリタイヤするのとじゃ、違う気がする。
 



 内定出しちゃってから猛烈に厳しい研修が待ってるってのは、
 そしてそこで合格とか不合格っていうのは、納得できん。

 円満な辞退だとか
 自発的に学生が書いた辞退書だと言われても、違和感ありすぎ。

 やはり客観的に見て、
 今流行の内定切りと思われてもしょうがないんじゃないかな。

 「賠償を求めません」って書かせるのも、感じ悪い。

 


 テレビの言い分に踊らされてる、と思われるかもしれないけど、
 やっぱりイヤだわ。
 なんだかしっくり来ない。

 内定を受けたら、人生が変わるんだから。

 あちこち転職し放題だったバブル時代とは違うんだから。

 だから内定を出す重みを、責任を自覚して欲しい。


 ついてこれない人に内定を出しちゃったなら、
 ついてこれる人材に育てる努力をすべきだと思うのは、甘いだろうか。

 内定って、それくらいの重みを持つものじゃないの?


 
 逆に、老人介護の現場なんかだと、
 内定を出した後で、「一般職で他で決まったので」と言って、
 内定蹴りをしてくる学生もいる。
 
 気持ちは分かるけど、
 「オムツ替えたりヨダレ拭いたりするのは、最後の手段だわ」と考えて、
 滑り止めのように介護施設などの内定を取る学生さんもいる。

 そういうのも、なんか私、イヤ。

 
 内定をもらったら、勝手に断るのもダメだし、
 企業側が無理難題を出したり、嫌がらせをして辞退させるのも、当然おかしい。

 どちらにもイヤ。
 法的にひっかからないなら、何してもいいのかな。

 なんてね。

 やだわね、また心が狭いわね。


 内定取り消されちゃった学生さんもさ、腐らずにファイトだわよ。

 まだ若いしね、
 頑張ってちょうだい。

 年齢が若ければ、本気で頑張れば公務員とか、まだなれるわ。

 アタシなんか、
 すでに年齢制限でひっかかっちゃうもんね。

 チャンスが多い分、ガンバレー、若者ー。

さまよう職員。


 病院の片隅からこんにちは。


 片隅ですので
 別にアタクシ、何の力もありません。

 医療知識も無ければ、
 病院の事情もイマイチ分かってません。

 なのでね、
 何にも偉そうなことは言えません。

 大奥にも、偉い北の方から、下っ端の洗濯女までいるように、
 アタクシはそういう底辺の人間だ。

 どこかに偉い人の部屋があるとか、聞いて知ってるけど
 入ったことはない、みたいな。
 その程度の人間でございます。


 なので、
 病院で働きつつも、
 患者さんの立場にけっこう近いんですよね。

 逆に、そのクレームに対応しきれない、医療の現実も分かるけど。

 どんな対応したって、病気で体力も気力も落ちている人は、
 何か絶対苦情言うんだもん。

 同じ看護師さんが、
 「笑顔で感じがいい」と投書されることもあれば、
 「こっちは病気なのにヘラヘラ笑って無神経だ」と書かれたり、

 感じ方は人次第。
 どうもならんこともございます。





 でもね、

 ただ・・・



 アタクシ病院で迷子になります。


 働いてんのに。


 働いてんのによ?



 あまりに巨大で、
 あまりに職員も多くて、
 ここはもしかしてエンジンつけて宇宙に飛ばしても、
 小都市としてやっていけるんじゃないかと思うくらい。

 ということで、
 「広すぎて分からない」とか
 「案内板が少ない」というクレームに対しては、非常に共感!!

 どっち見ても同じような白い壁だし、
 同じようなドア、同じようなイス、
 渡り廊下でつながったいくつもの病棟。

 ( ̄▽ ̄;) ここはどこやねん!レントゲンはどこで撮るねん!!


 うろうろと、何か書類を持ってさまよってる人や、
 お見舞いに来て困ってる人、
 トイレに行ったら、もと居た待合室が分からなくなった人、
 
 そんなん見てると、

 もっと案内板増やしてプリーズ、とか、
 クレームの投書に共感することも多々ある。

 共感しても、
 なんにもできない。

 
 大奥で、洗濯女が北の方に意見を言えないのと同じだ。
 洗濯女は、洗濯するしかない。
 
 洗濯を手際よくやるとか、
 洗剤を節約するとか、そんな改善しかできやしないのだ。

 だから投書は・・・
 読んでるんだけどさ、読んでるんだけど、
 読んで頷くだけ。

 頷いてると、次の週も、次の週も、
 「まだ改善されないのか!」とか、
 「早く院内にマクドナルドを作れ!」とか同じことが何度も書かれる。

 ( ̄▽ ̄;) 何度書かれてもさ、できないもんはできないよ。


 みんな、下っ端からトップまで、
 投書は全部読んでんだけど、
 予算とかいろいろね・・・。


 案内板や時計は増やしてくれと、
 下っ端は、患者さんと一緒に願いつつ、
 今日も書類を持って、
 巨塔で迷子になる。

 そんな下っ端。

 トップの顔は遠くから見たことがあるだけの、
 そんな三十路。

 でも毎日せっせと働く。

人の振り見て。

 ワタシが、全くの素人で病院の片隅に居て、
 耳だけ澄ませて話を聞いてて思うことは、
 いっぱいある。

 まだまだ
 素人の耳で、患者の心で聞けることも多くあるから。


 でも、
 相変わらずクレームの内容には気分が落ち込む。


 ドクターが通りすがりに患者一人ひとりに声をかけて丁寧に挨拶していかなかった!
 こっちは客だぞ。
 金払ってんだぞ!


 売店が遠い
 食堂も狭い。
 居心地をよくしろ。


 サービスが悪い。
 テレビを増やせ。
 雑誌をたくさん置け。
 待ち時間が長い、なんとかしろ。

 各階に売店を増やせ。




 民間企業ですから、努力は大事です。
 無愛想な病院より、
 ニコニコ挨拶して、雑談してくれる医師の方が印象はいい。

 でもドクターが通りすがりに全ての患者さんに挨拶していたら、
 診察は余計に遅れて、
 待ち時間は増えます。

 一生懸命急いでやってるから走り回っちゃうし、
 全員に挨拶してる暇は、
 大病院では、やっぱり無いよ。

 

 食堂が狭い?
 食堂のメニューが少ない?
 
 客商売なんだから、愛想よくしろ?

 分かる。

 分かるんだよ、私、第三者だもん。
 病院の味方でもないし、医者でも看護師でもないもん。

 分かるけど、丁寧な診療や、
 本当に患者さんのためになる診察が、第一。

 笑って挨拶してたら、
 絶対待ち時間増えるって、ほんと。
 
 すごい走り回って、体力要るもん、勤務医や大病院の看護師さんは。



 


 分かりますよ。
 具合が悪いのに待たされるのはツライ。

 いつも笑顔で優しく話を聞いて欲しい。

 ワタシだって分かる。
 



 だけど、じゃあ、自分の時間が来たら、
 次の人が待ってるからって、短時間の説明で気が済みます?

 念のために検査だの、
 その検査はどういうものだの、
 薬を変えるならその説明もいる。

 「はい5分経ったので修了!」っていうワケにはいかないでしょう。
 
 患者さんがいたいと言えば、
 万が一を考えて、しっかり検査しなきゃいけないんだし。

 何か悪性のものが見つかったら、
 急に精密な検査が必要になる場合もある。

 だから、
 待ち時間の予想なんて、できないんですがな。



 食堂が混んでるだの、
 好みのメニューが無いだの、そんなクレームが多いですが、
 昼食をゆっくり取れず、
 席で菓子パン食べたり、
 大慌てでウドンをかきこんでいるドクターが、どれだけいるか考えたことがございます?

 ご飯を食べられないドクターもいる。

 「白い巨塔」じゃないけどさ、
 患者のためにコツコツやってる下っ端のドクターは、
 苦労してますがな。

 ふんぞり返ってる人も、そりゃいるけどさ。

 

 それでも、
 待ち時間が長いとか、「あと何分という表示を出せ」とか、
 無愛想だとか、
 食堂が少ない、売店は各階に!というクレームはやむことは無い。

 過労で倒れたり、
 鬱で辞めていくドクターも多いのに・・・。


 自分のことだけしか考えられなくはなりたくない。

 病気を治しに来ているんでしょ?
 個人クリニックじゃないんだから、重症患者だっていっぱいくるよ。
 待ち時間の想像はできないわ。

 じゃ、本とか持ってこなきゃ。
 サービスエリアみたいなグルメを期待してちゃダメだってば。

 そういうのを求めたら、
 豪華で個人負担の多い病院になっちゃうよ。
 「ここからは保険適応外です」ってことになる。


 たとえ病気でつらくても、
 待ち時間が長くてイライラしても、
 ドクターは昼ごはんも食べずに治療してるかも、って、それは忘れないでほしい。

 そんな今日この頃。


 オチは今日もなく、
 まとまりもなく、すいません。

 悪い医者もいるけど、
 お互い感謝も忘れないでいたい・・・。


何があったんだろうなぁ


 さあ中国の船長さんを解放したぞ。
 これで元通りになりますよ。

 
 と、気楽に言っていた菅さん。


 元通りになるかどうかさっぱり分からないし、
 もともとそんなに中国との間に問題がなかったのか分からないけど、


 とりあえず大規模反日デモが起きてる。
 多くの日本人は「政府の指示」で起きてる同時多発デモと感じてる。

 あの国にある日本企業が襲われたり
 お店が壊されたりしている。


 ( ̄▽ ̄;) ・・・これが「メデタシ」なの?


 私たち、結局中国のフネがぶつかったという現場も、
 映像も見せてもらっていないし、
 
 今後、日本が尖閣諸島を領土だと言うのなら、
 そのためにどんな外交をしたり、
 どんな教育をしていくのかも聞いてない。

 人を憎め、
 国を憎めとは言えないものの、
 領地だと言い、それが取り合いになっているのなら、
 どんな歴史があって、
 自分たちがどう正当だというのか、
 その根拠を若者にも国民にも、はっきり教えて欲しい。


 これからどうなるんだろうか。

 もう、
 捕まえちゃうとこういう騒ぎになるから、
 船がぶつかってきても、
 領海を侵犯しても、
 見てみぬふり、気づかなかったふりをしていくのかな。


 ・・・。


 中国には、お手をしてもオヤツはもらえないぞ。

 平和な外交と、
 言いなりは違うぞ。

 いじめっ子に断固立ち向かって、クラスで孤立する自体になっても、
 自分が正しいと信じられればまだいい。

 でも、いじめっ子の言うなりになって、
 いじめっ子にパンを買ってきたり、
 家のお金を渡したりしていたら、
 それは「仲良くしてる」っていうことかな。

 そうしたらいじめっ子はやめてくれるのかな。

 友好的ってことかな。

 それが菅さんの言う友好なら、それはへつらいと読むと思うわ。



くさるなよ。


 この間「カロリーメイト」のコマーシャルを見ていて
 画面の前でうんうんと共感してしまった。



 一生懸命仕事しているのに空回りする若いサラリーマン


 A上司に「余計なことをするな。お前は言われたとおり動いていればいいんだ」と叱られ
 
 B上司に「気が利かないわね。自分で考えて積極的に動きなさい」と叱られ

 会議では

 「A案で」と言われて準備していると

 「常務の意向でB案に変わりました」と言われ


 落ち込む彼に字幕が出る

 「話がちがうからって、くさるなよ



 いやー・・・

 分かるよ。っていうか、毎日そんなもんだよ。
 サラリーマンなんてさ。

 サラリーマンじゃなくても
 パートだってそう。

 マニュアルどおり動いていればいい仕事以外は、
 だいたいそうよ。

 
 誰かに指示されて仕事してても、
 他の上司に「なにやってるのよ!勝手なことしないで」って叱られたりして、 
 そんなとき、指示した本人はかばってなんてくれないもんよ。

 世の中そんなもん。

 くさるなよ、って言われても、だんだん心が腐っていきそうな気がするわよね。

 くさっちゃうよ。



 自分ばっかじゃないわ。 
 ほんと、よほど図太い人や、親の後ろ盾が強いから叱られない人以外は、
 組織の中ではあちこちから叩かれて
 腐りそうになっていくもんよ。

 でさ、
 将来が明るいならともかく、
 昇進したらしたで、責任は重くなるわ、残業手当はつかなくなるわ。

 ははははは・・・。




 ということで、
 腐りつつある月曜日。

 岸谷五郎さんが、
 俳優時代のバイトは、脳を演劇のために使いたかったから、
 頭を使わない単純作業の肉体労働のバイトばかりにした、という気持ちがつくづく分かる。

 変に気を使って、
 事務職だって、
 庶務だって、 
 疲れるものでございますよ。

 目に見えない何かが、どんどん消耗して、
 脳がじわじわと
 黒いものに侵食されていくような気がする。


 そして自信とやる気と髪の毛が減っていく今日この頃。

 円形脱毛症、一個で済めばいいけど。


 

突っ込んだらさらにダメだったか?


 チリの大統領さんの失言をニュースで見た。

 地下から救出された作業員のみなさんとサッカーしようと言い、
 勝ったら大統領官邸に招待、
 負けたら坑道に戻すぞ、と言ったんだとか。

 ・・・。


 ( ̄(││) ̄) そう、失言は大統領の得意技よね、どこの国でも。


 調子に乗っちゃったり
 うっかりした人が変なことを言っちゃうことは、多々ある。
 
 思い込みや勘違い、差別やたんなる悪ふざけ。
 いろいろと。

 ただそれが国のトップなら
 単なる失言じゃすまされないよね。

 

 横で奥さんが
 「じゃあ、大統領チームが負けたらあなたが地下に行きなさいね」
 って言っときゃ良かったのに。

 なんて思った。

 o(〃^▽^〃)o ママは嫌な女だね。

 自分の夫でも、
 せっかく助かった人たちにそんなこと言ったら、あたしなら腹が立つ。

 とりあえず、
 あのカゴに乗せて地下に降ろして、真っ暗なところで1人で反省してください。

 o(〃^▽^〃)o 降ろす費用は誰が出すんだよ!

 それは極論だけどさ、
 人が命がけで助かって戻ってきたのに、それは冗談じゃないよ。

 大病をして苦しんだ人に、その病気を冗談でからかうとか、
 事故や災害に遭った人に、それを笑い話で言うとか、
 ワタシはそういうのがキライ。

 自分で自虐ネタで言うならいいけど。

 戦争の被害を笑ったり、
 戦争の悲しみを伝えたい歌をお笑いのネタにする芸人さんもイヤだし。


 そんなワケで、
 とりあえず、チリの大統領さんには、もしサッカーが実現して大統領チームが負けたら、
 失業した社員たちへの失業手当を自腹で出してもらうかしら。

 今回の騒動で解雇されてしまった、
 他の従業員300人以上への、失業手当を。

 被害に遭ったのは33人だけじゃないんだから。

 33人の方も、確かに助かったけど、
 きっと今後はもう、鉱山で働くのは心理的に難しいだろう。
 違う仕事を探さなきゃいけない。

 今後の人生も大変だ。

 どうせ鉱山は今回の事件で会社は休業しちゃったし、
 今までだって、実入りが良いから危険な鉱山で働いていたんだし、
 チリは失業率も高い。

 今の大騒ぎが終わった後で、どう生活していくのかを考えなきゃいけない。

 もし大金が慰謝料で入ったら、愛人騒動だけじゃなく、
 わんさか現れる親類などにもたかられたり、
 人生が変わっちゃうかもしれない。

 
 そんなときに、
 「サッカーしようか」っていう時点で、そこですでになにかオカシイのかもしれない。

 しっかりしてよ、
 どこの国の大統領も、総理大臣も。


  

なんだこの違和感。


 ランカーくんの陰口ばかり言ってて、
 自分でもどうかと思うんだけど、

 なにやってもダメ出しばっかり食らう毎日で、
 書類隠されたり、
 意味不明な指示をされたり、
 指示に従っても従わなくても責められるので、
 まあ許してください。

 
 どこにもでいるんですけど、
 こういうネチネチしたイジメって、
 女性からしかやられたことがないので、
 男性からやられると、また違ったダメージがあります。

 (ちょっと慣れてきたけど)



 以前、女性のお局様から
 「近頃駐車場のゴミが目立つし、車上狙いも出るから見回ってきて」
 と頼まれて見回りに行くたびに、

 周囲には
 「あの子、また無断で席離れて困るわ。
  ワタシにばかり仕事を押し付けて、外で時間をつぶしてばかりいるのよ」
 って言いふらされてたことがございましたっけ。

 そういう、女性のお局様みたいなことを、
 もっと巧妙な仕掛けでやってくるので、
 そりゃあまあ、
 胃が痛い。



 企業の側としても、
 本音としては「どっか行ってくれないかな」って感じらしい。

 こうしてワタシのように被害を受ける人が大勢居て、
 それはランカーが入社してからずーっとなんだそうで。

 ( ̄▽ ̄;) どんな新入社員だったんだろう?



 「そこの自分、人間としておかしいよね?
  間違ってるよね?
  間違ってるって分からないこと自体がおかしいよね?
  理解できないことがおかしいよね?
  ねえ、分からないよね、分からないから問題なんだよね?」


 漠然とした、
 どう直したらいいのか分からない指示や説教を延々と続けるランカーくん。

 アタクシはけっこう、
 もう彼が近づいてきただけで胃が痛いし、
 脂汗が出る。


 
 そんなランカーくんを、
 この間電車で見かけた。

 同じ車両に乗ってしまったのだ。

 タマクローを連れて一区だけ乗った電車で一緒になっちゃったんだけど、
 彼は帰社途中

 どうにもならない違和感を覚えた。


 なんだ?
 スーツをきちんと着て、ボタンも全部しめて、
 直立して電車に乗っているだけなのに、どうしてこんなに違和感が?



 ・・・

 ・・・



 しばらく考えて気付いた。


 
 手ぶらなんだ。


 スーツを着たサラリーマンが、
 手ぶらで電車に乗ってるのが怖いんだ。

 思えば、彼はいつも手ぶらでやって来る。

 
 上司も来て、朝礼が終わって、 
 全員が仕事を始めた頃に、
 堂々と手ぶらで来る。

 考えてみたら、怖い話だ。


 食事は社員食堂でできるし、給与天引き。
 必要なものがあれば売店で買えばいいし、
 駅などにも売っているから、
 定期券と財布がポケットにあればいいんだ。


 必要なものはデスクに全部置いてある。
 欲しいものはAmazonで買って、職場に届く。

 職場のデスクの上には、
 大好きなお菓子と、
 読みかけの小説がいつも置いてある。

 ・・・。



 そうか、
 一番の違和感はそこなんだ。

 スーツ着て手ぶらで来て、
 一番最後に来て、
 デスクが自宅の机みたいになってる男に、
 「タガメさぁ、自分さぁ、上司に対して失礼だよね」 
 って説教される毎日に違和感があるんだ。


 とりあえず、
 小さくてもいいから、カバン持って来ようよ。

 職場にAmazonの本、届けさせるのやめようよ。
 デスクにお菓子置きっぱなしで帰るのやめようよ。
 朝礼に間に合うように来ようよ。


 と、言えないからこそこそ呟く
 本日のアタクシ。



 女性でも男性でもそうだけど、
 きちんとした格好してて、仕事に行く感じなのに、
 手ぶらで電車に乗ってたら、ちょっとヘンな感じしますよね。

 ワタシだけかな・・・?


代理母の場合。

 この間、第三者からの卵子提供に賛成できない、と書いたんですが、
 まあ、全面的に反対なワケじゃないです。

 提供者が近親者と全くの赤の他人では、
 状況が違うし。



 で、そういう不完全な反対で、
 しっかりした信念もない、ぐらぐらとした気持ちではありますが、
 代理母にも、
 完全な第三者がなる場合は反対です。


 だって、 
 それもものすごい負担だから。

 どう考えても
 ビンボウな人の代理母を、裕福なキャリアウーマンがやってあげる姿は想像できない。

 逆しか想像できない。

 大変だもん。
 子供をお腹に入れていたら、仕事も大変だし、
 夜勤などの仕事は休むことになったり、
 つわりがひどかったり、流産の危険があったら休職しなきゃいけない。

 痛いし気持ち悪いし、
 長期間、体を他人のために使うことになる。


 あなたなら、自分が女性で、子供を産むことが可能な場合、
 誰かに「無償でワタシの子供を産んでもらえないかしら?」って頼まれたら
 イエスと答えますか?

 さまざまな検査も、病院で受精卵を戻す作業も、
 検診も必要で、
 多くの時間を割くことになり、体の負担も大きいのに。


 だったらやはり お金がからむ。 

 子を産むことがビジネスになってしまう。
 それはやはり違和感がある。


 


 倫理がどうとか、
 神さまがどうとかは別の問題としても、

 例えば、第三者から卵子の提供を受けて産んだ場合に、
 それをわが子として認めるのなら、

 逆に代理母に自分の卵子を預けて産んでもらったら、
 それは自分の子じゃないの?
 
 ( ̄(││) ̄) ワタシ程度の頭じゃ理解できない。


 ワタシには、なんだかしっくりこない。




 以前見たドラマ「アグリーベティ」にこんなシーンがあった。
 
 お金持ちの中年女性が、
 自分の卵子と、凍結させておいた亡夫との精子で受精卵を作り、
 夫の財産を狙うというもの。

 亡夫には前妻との間に子供がいるので、
 なんとしても自分も子供が欲しい。

 そこで、すでに死んでいる夫の体から精子を違法に採取して、
 借金に困っている知人女性に代理母を頼むというもの。

 (それが可能だというのが、医学の怖いところだけれど)

 お金のために引き受けたものの、
 その後、子供がしっかり着床するまで、と言われて、
 ほとんど代理母は、豪華な部屋で軟禁状態になってしまう。


 それもそうだ。

 大事なわが子だ。

 
 ある意味代理母は、わが子を入れているベビーベッド。

 安全な部屋の中にあるのが一番。



 悪い言い方をしたら、自分の子供をお腹に入れて歩いて、
 人質に取られているようなものだから、
 万が一、はめを外して遊びに出かけて、流産されたら困るしね。

 ( ̄(││) ̄) なんかイヤだなぁ。



 海外にでかけて代理母に子供を産んでもらう人も居て、
 それほどに子供を欲しがる人の気持ちは痛いほどに分かるけれど、
 
 子供を産むって、
 そんな簡単なことじゃないよね。

 案ずるより産むが易し、なんていうコトワザはあるけど、
 易くないよ。

 出産で死ぬ人は、医療が発達した先進国でもゼロじゃない。

 障害が残ることもあるし、
 子供が安全に生まれる保証も無い。

 子供は安全に健康に生まれて当たり前、という思い込みが、
 産科への訴訟数の増加に拍車をかけて、
 それを恐れて産科医が減っているとも言われるほど。

 本当は出産は危険だし、
 子供は必ず無事に生まれるのが当然、とは限らない。



 死産だったり代理母が死んだりした場合、
 保険はどうなる?
 依頼した側が、その代理母の命を補償するお金を払うの?
 責任は負えるのかな。

 逆に代理母が困ったことをしたら、
 賠償を求めるの?

 代理母が妊娠中、
 犯罪を犯して捕まったら、わが子は警察病院で生まれるの?

 代理母がうっかりはめをはずして、お酒を飲みまくって
 胎児になにかあったら?

 交通事故にあったら?
 ドラッグをやってしまったら?
 妊娠中に大病をしたら?
 アレルゲンになる食べ物をたくさん食べたら?

 不安になればなるほど、
 依頼主は契約で代理母をしばり、
 その行動を把握、監視することが必要になってしまう。

 それでも完全に把握することは難しい。
 そして母体に何かあったときに、責任がとれるかどうかも分からない。




 以前代理母をやっている女性が、
 インタビューで誇らしげに言っていた。
 「人に喜びを与える仕事よ!ワタシも嬉しいし、赤ちゃんを産んでもらえた人も嬉しい」 それもそうだ
  
 そうなんだよ、分かってるんだよ。


 でもやっぱり、医療を介して、他人に自分の子を産んでもらうというシステムが、
 まだ怖い。
 
 どうしても怖い。

 産んでくれてありがとう、という穏やかで感謝に満ちた関係が
 すべてじゃない。

 安産で、
 健康な子供が生まれて、
 ノートラブルだったからこそ言える言葉なんじゃないだろうか。

 死産なら?
 障害があったら?
 

 
 相手の素性や病歴なども、しっかり調べて、
 代理母は選ばれるだろうとは思う。
 
 でも、だから完全に安全なのかな。

 完全なる子産みマシーンなど、この世のどこにも存在しないし、
 どんなに安全に見える出産にも、
 実は危険は潜んでいるんだから。


 ・・・他にも理由はいっぱいあるけど、代理母には、まだ反対。


 母親や姉妹が産んであげる場合は、
 またちょっと事情が違うんだけどさ。


 

12万円。

 チリのみなさんが無事救助されて、
 ああ良かった良かった。

 ・・・。

 

 しかしね、もともと危険で有名だったそうですね。

 危険なのを承知で、
 でも「月給12万円」という高給につられて、働いていた、と。

 12万か・・・。

 危険を承知の地下の作業で、
 いつ落盤があるか分からない仕事で、
 12万円・・・。

 物価の差があるとは言え、
 タガメ市にはるか遠いチリからも働きに来ている人がいる理由が、
 分かったような気がする。



 今は日本は景気が低迷しているとは言え、
 まだまだ出稼ぎに来る価値はある、ということだろうか。

 住めば子供手当ても出たりしたし。



 以前、工場でラインの組み立て作業をしていた知人が、
 隣にいたインドの人に言われたんだそうな。

 「母国で大学院まで出たのに仕事が無くて、出稼ぎにきた。
  3ヶ国語くらいは話せるんだけどなー」

 ・・・。


 インドは身分の問題とかもあるしね。
 いろいろあるしね。

 そうか、大学院出て、
 日本でライン作業して、仕送りか・・・。


 
( ̄▽ ̄;) それじゃ、日本人は勝てん。


 なんちゅうか、
 そういう「なにくそ!稼ぐぞ!なんとしても!」という勢いが、 
 追い詰められた感じが足りないんだろうな。

 日本人力士が勝てない理由もその辺にあるんだろうか。
 稼がねば!
 上に登らねば!
 石にかじりついてでも!家族のためにも!

 そういう気持ちで日本で働いている心が
 
 与えられすぎて、あるのが当然と思ってしまう。

 私もそうだけど、
 がむしゃらな根性が足りないかもな。


 と、12万円という給与を見て、しみじみ思う。


 命をかけた仕事に12万円か・・・


そういのないの?



 嫌なことだけど、
 弱みは効果的に見せなければならない。

 さらけ出すと、追い込まれることもある。
 世の中、敵はいろんな場所に居る。





 ってなことで、
 疲れすぎて産業医のを相談を受けているアタクシ。
 
 今までのランカーのイジメの被害者は、
 みんなこうなって産業医の世話になったり、
 精神安定剤を処方されたりしてきたらしい。

 ・・・それでもランカーは口頭注意だけ受けて
 ずっと異動を繰り返してきた。


 陰湿ないじめを受けていることは産業医は分かっているので、
 ついつい弱気になって、
 こんな目にあった、
 あんな目に遭った、と愚痴はこぼれるものの、

 「だからワタシはこんなに弱ってしまった」という表現はしないように気をつけている。

 それを産業医のドクターが待っていることに 
 今更ながらに気付いたからだ。

 録音されているわけでも
 会話がすべて記録されているワケでも無い。

 だけれど、相談している中で、
 自分が弱っているアピールをしてしまったら、ワタシを解雇するきっかけになってしまう。
 


 そんな用心をさせるようなことが、
 いろいろあったので、
 注意でございます。



 ワタシをターゲットにしている相手は、
 別にみんなに好かれてもいないし、
 問題があることは、知られている。

 産業医のドクターも、当然のように知っていた。

 「知ってるよ。相手が弱い立場の後輩や女性だと、
  ジキルとハイドみたいに、別人みたいになって猛烈に執拗にいじめるでしょ?

  執拗で、ヒステリックで、根拠の無い人格否定とかするでしょ」


 ( ̄(││) ̄) 分かってるんじゃん。

 バレバレなんだから、
 ジキル博士にはなれていない。

 もっと隠さないと。
 上司にも周囲にもバレてんじゃん。

 分かって無いのは、
 転勤してきて日が浅い人だけ。




 だけど企業としても、
 イジメを繰り返すからと言っても、態度がおかしくても、
 簡単に解雇はできない。

 それで何人鬱病になっていても、
 正社員で雇用し、
 労働組合にも入っているので、
 そう簡単には解雇できない。

 正直言って、
 ワタシが辞めてくれるというのも、一つの解決法になるワケで、
 また次のターゲットが現れるとしても、
 その間の時間稼ぎはできる。




 先日、用心しながらも
 近頃はワタシがミスをしたように見せかけるための書類隠しなどが頻発していて、
 陰湿化している事実を報告。

 ランカーは高学歴で、非常にプライドが高い男性なので、
 うまくやれば、
 ワタシがミスを頻発しているように見せかけることはいくらでもできる。
 日々用心と緊張。


 
 するとドクターはため息をついて、
 イライラしたように机をボールペンでつつきながらこう言った。

 「こっちも彼をなんとか辞めさせたいんだよ。

  せめて、
  性行為を強要されたとか、
  もう性行為をした後だったら、すぐ警察沙汰にして解雇できるんだけどねぇ・・・

  ねえ、そういうのは無いの?」


 !Σ( ̄ロ ̄lll)



 ・・・。

 ・・・ねぇよ。


 あんた、今すごいこと言ったよ。

 ちょっと、かなり衝撃だったよ。

 精神科医のはずなのにすごいこと言ったよ?




 アタクシ円形脱毛症になりました。

 なんか、疲れすぎて考えがまとまらない・・・。


 どっちの味方でもない。
 
 産業医は会社の損害にならないように、
 うつ病患者が出るような場合には、
 被害者か加害者を、うまく追い出したいんだな・・・。


 

バザーのその後で。


 先日バザーでもらってきた
 子供用ママゴトテーブルを修理した。

 欲しかったワケじゃないし、
 残ってたからタマクローがもらっちゃっただけなんだけど、
 もらったからには、壊れていちゃ、子どもは悲しがる。

 ・・・面倒だ。

 もっと大変な人はいっぱいいるって分かってるけど、
 疲れたわ。

 疲れるわ、ひたすら毎日疲れる、
 近頃の三十路。




 しかし、バザーに壊れたおもちゃを出してしまった人は、
 その商品の行方を考えたことがあるんだろうか。

 捨てようと思ってたら、ちょうどバザーがあって良かった、
 ってなモンだろうか。

 どう思ってるのか、
 出した人を知らないけど、会って聞きたい。



 アタクシ、子供の頃からいろんな体験をさせるべきだと思う。
 
 親が地域の行事に参加して、
 それに子供も巻き込むべきかと。


 子供の頃、親が地域のバザーを手伝っている風景を見たり聞いたりしていたら、
 良い商品を集めて売ることや、準備の大変さや、
 余ったものの処分に困ることも分かるだろうし、

 状態の悪い、捨てるつもりのものを持ち込む人が居て困ることも、
 記憶に残るだろうから。



 別にそんなことさせなくても、
 本人が生活していく上で、構築していくモラルってのもあるかもしれないけど・・・

 とりあえず、
 教えておいて損はない気がする。


 人間って、
 「これは悪いことなんだし、すごく人に迷惑をかける」っていうことを、  
 知っててもわざとやる場合もあるから、
 なんとも言えないけど。
 
 あえて人が嫌がることをやる人間に、
 わが子が育たないことを祈るばかりだけれど。


 
 小学校や保育園でも、
 バザー商品募集のカンバンの横に、

 「家庭で着られなくなった古着を整理するイベントではありません
  商品なので、未着用のものを」
なんて書かれていたりする。

 着られなくなった服は、欲しい人がいればあげるのはいいし、
 古着でも欲しいという人がいるならオークションに出せばいい。

 だけどバザーは違う。

 バザーは廃品回収じゃない。


 なんで分からないのか・・・。
 なんで書かないと分からないのか・・・。


 「救急車は無料タクシーではありません」
 「プールはオフロではありません」
 「道路は灰皿ではありません」
 
 実際に、公共の場に貼られているこういうポスターを見るたびに、
 ため息が出る。


 なんでかなぁ。
 なんでそんなチラシ貼らないと、分からないのかなぁ。

 で、そういう困った人は、
 ポスター見たらやめるのかなぁ・・・。
 
 
 

応援してるくせに言う。

 野田議員の妊娠について、 
 いろんな意見があるようですね。
 
 街頭インタビューでは、
 「女性としては気持ちが分かる!賛成」という意見が多いのをテレビで見たのだけど、

 その女性たちは、
 卵子を取り出すのがけっこう大変なのを知っているだろうか。



 批判を覚悟で言います。

 今の世の中で、今の医療の状態なら、第三者からの卵子提供での妊娠や、
 代理母には、
 実はワタシは反対。

 今はね。

 経済格差が如実に現れてしまうから。



 ワタシの周囲では、
 自分の卵子を使って体外受精をしている女性がけっこういる。

 自力で精子が卵子まで泳げないとか、
 排卵が不定期だとか、
 自分の卵子であっても、外に出してシャーレの中で受精卵を作ったりして
 それを戻さないと妊娠できない人もいる。

 自分の卵子と、夫の精子であっても。

 
 そういう苦労を聞くと、多くの場合、
 卵子を取り出すのは、精子提供とは比べ物にならないほど大変だ。

 
 さまざまな注射を打ったり、
 何日もかけて体調を万全にしてから、
 ホルモン剤なども使い、卵子をたくさん作成させて、
 その状態で、体の中に器具を突っ込んで卵子を取り出すのだから、
 当然、痛い。

 麻酔したり、
 場合によっては入院する人もいるし、
 そのホルモン剤の影響で、体調を崩す人も少なくない。

 大変な苦痛と時間をともなう作業。
 何日もかかる。

 そして、毎月できる作業でも無い。


 一旦、卵子を採取したら、
 数ヶ月体を休める必要がある時もある。



 男性とは違うのよ。
 学生がバイトで精子提供するのとは、ワケが違う。

 そうしたら、
 どうしたって、
 卵子をもらえる側と提供する側の、経済格差が出てきちゃうんじゃないかな・・・。

 経済的に余裕が無い人は、
 子供が欲しくても
 卵子提供を受ける側には、なりにくい。


 
 長く語らず、ちょっとだけ話して反対と言うと、
 思っていることが全部は伝わらず、誤解を招くとは思いますが、
 他にもいろいろ理由はあるのです。

 あんまり長いのもどうかと思うのでまとめちゃいますが、
 とりあえず、
 子供を産みたい気持ちはすごく分かるけど、
 誰かの苦痛や時間と引き換えにしないとそれが手に入らない場合、
 経済的な弱者は平等に恩恵を受けられないので、
 現在は、まだ反対。

 医療が進化して、
 卵子を取り出すのが、
 精子くらい簡単になれば別だけど。

 


 野田議員は、頑張って50代のいい新米ママになって欲しい。
 
 妊娠した以上は、応援している。

 それは心からの、本当の気持ち。


 でも、
 何百万円もする治療を、しかも海外に渡航&滞在して受けられた人の経済力なら、
 子供の世話を手伝ったり、
 家事を手伝ってくれる人もいるんだろうな、と思うと、
 なんだか複雑。



 野田議員はこう言った。

 「外国では、人工授精がダメだったら、すぐ第三者の卵子提供となる。

  なのに日本では堂々と議論もされていない。

  外国に比べて遅れている



 
 それは違う。

 自分の卵子がダメならすぐ第三者の卵子提供となる、のは、
 大多数の『外国』じゃない。

 認可されている国があるからと言って、
 『外国ではそうです』っていうのは違う。

 特定の先進国の、
 富裕層の場合
 がそうなのだ。


 先進国と言われる国の中でも、
 宗教的に保守的な立場を守って、不妊治療に対して
 倫理問題を深く討論して慎重な国もある。

 
 だから野田さんの出産を心から応援しつつも、
 『外国ではすぐ第三者から卵子提供になるのよ』って言ってたのは、

 それは違うと思う。

 テレビの前で小さく呟く。



  

あなたはもらって嬉しいの?

 先日、バザーを見学しておりましたら、
 くじ引きをやっておりました。

 タマクローがやりたそうだったのでやったら、
 スティックシュガーが2本当たりました。

 ( ̄(││) ̄) ・・・。


 地味な景品ですが、
 タマはとりあえず大喜び。


 そしてバザーで売れ残った小さなママゴトテーブルを、
 残っても困るから、と、タマクローにくれました。
 
 もらったので文句は言いませんが、
 テーブルだけど、
 触ったら足が取れました。

 他の足もブラブラしてます。
 
 キズだらけだし、
 裏に落書きと汚れがいっぱい。

 よく見たら、一度取れた足がそっと接着剤でとめてあるだけ。



 ・・・。


 あのさ、
 バザーって、普通、
 「未使用品」を出すのが常識じゃないの?

 少なくとも、使用してあってもキレイなものを。
 せめて壊れてないものを。

 ワタシの常識が間違ってる?


 買ったときのままサイズアウトしたベビー服だとか、
 未開封のお歳暮だとか、
 もらった洗剤とか。

 もし使ってあるものを出す場合は、
 次の人が喜んで使いそうな、
 まだキレイなベビーカーだとか、三輪車だとか。

  
 ってことで、
 バザーの開催者は大変だと思いますので、開催者にはなんとも思ってませんが、
 出した人に怒りを覚えました。

 値段をつけて売る商品を集めているんだから、
 バザーに出す商品は、少々、考えてから出しましょうよ。



 

 アタクシの母が繰り返し語る、悔しい思い出があります。

 数十年前、
 伊勢湾台風で、母の地元も打撃を受けたとき、
 停電は一ヶ月にも及び、
 水などにも困ったり、
 片付けに追われたそうです。

 その時、救援物資として各地からいろいろなものが届いたけど、
 すごく侮辱された気がした、と。

 破れて使い果たした下着とか、
 洗ってないボロボロの靴下とか、
 どう見てもゴミみたいなものを、大量に送られて。

 中には置物や、使うはずもない割れた下駄などもあり、
 片付けに追われる被災地に、
 さらにゴミが増えて腹が立った、と。

 自分たちは確かに被災者だけど、
 汚れて洗っていない下着を渡されるほど、
 そんなに人間として侮辱される筋合いはない、と。

 



 好意で送ったと思います?
 貧しい人が、好意で送った、せめてもの贈り物だったと。

 ワタシはそうは思いません。
 ワタシの子供の頃にも近所にいました。

 バザーや救援物資を、
 「不用品処分」だと思っている人たちが。




 同じことが阪神大震災の時にも報道されました。

 使い古したゴルフセットだの、
 壊れた家電や置物、
 着古した服などを大量に送る人がいた。

 ゴルフセット?
 救援物資に使い古したゴルフセット?



 何十年経っても同じ人がいる。

 困っている人には、
 いらないものをなんでも送っていいと、
 無法地帯のように考えて調子に乗る人が。

 自分がその立場だったらどう思うか、
 考えられない人が。


 自分が被災して、
 救援物資のオニギリを食べて、体育館で暮らしていたら、
 誰かのお古のパンツや、
 ボロボロのゴルフバッグが欲しいですか?


 そういうこと、
 親に教わらなかったの?

 ワタシはビンボウですが、
 救援物資を送らねばならないとき、何もなかったら、
 お金を寄付するか、
 服ならちゃんと安くても新品を買って送ります。

 最低限のマナーじゃないの?


 アタシ、心が狭いのかな・・・。


 とにかく、
 すぐに壊れたテーブルを見てしょぼんとして、
 
 クジで当たったスティックシュガーをにぎっているムスコを見たら、
 悲しくなった。

 こんなものなら、
 タダでもいるもんか!

 
 でも、タマがガッカリするから、
 「良かったね、当たってよかったね!テーブルも直してあげるからね!」と言って帰宅した。

 あの子が大きくなったら、
 救援物資やバザーの意味を、教えたい。

 売れなきゃ自分の在庫で終わる、
 「ガレージセール」とは違うんだって事を、教えようと思う。


 
 知り合いに
 子供服のお下がりをもらったりするのはすごくありがたい。

 ワタシの分だって、誰かが「もう着ないから」って服をくれたら、
 とても嬉しいから着る。


 その違い、分かってもらえます?


 「タマクローにどうぞ」ってお下がり子供服をもらったら嬉しいけど、
 被災地で着古したパンツをもらったらイヤだ。

 ( ̄(││) ̄) 変?


 
 なんか被災地に置物とか、壊れた家電送る人って、
 災害がなければ、山に不法投棄しそうな気がする。

 思い込みで、勝手なイメージですが、
 そう思う。

 ああ、気分悪い。

 テーブルを直す、そんな週末。


暗転しない。

 個別の中国人を嫌いになりたく無いし、
 中国の人とも仲良くしたいけど、

 中国政府はやっぱり怖い。


 先日の、中国人劉さんのノーベル平和賞受賞が、
 テレビで放送されず、
 画面が暗転していた様子が報道されてたけど、
 ( ̄▽ ̄;)やっぱり怖い。

 天安門事件や
 チベットの反乱について擁護する立場の人は、
 堂々と発言もできないし、
 受賞しても報道されないのね。

 


 日本のテレビにだって、
 ある程度制約はある。
 
 自主規制だったり、
 大きな勢力へのへつらいや圧力への用心とか。
 
 そんなのは視聴者だって分かってる。
 けっこう気付いてる。

 でもその分、雑誌では言いたい放題でも発禁にならなかったり、
 テレビ、
 週刊誌、
 新聞、
 それぞれ書くことが違って面白い。

 中国はそういう補助的なマスメディアも規制されてんだよねー。

 ネットでは言いたい放題だし。




 日本では、
 日本人が活躍していても、海外の地味な分野だとあまり報道されないことも多い。

 でも、それは放送禁止なんじゃなくて、
 単に、取り上げられないだけ。

 日本出身で、
 日本政府を批判したり政治的活動をしている人がノーベル賞受賞したら、
 それがまったく報道されないってことはない。

 それにここでアタシがどんなに
 管総理の演説が暗いとか、
 力も説得力も無いとか言っても、 
 逮捕もされない。

 

 中国じゃ、
 『劉さんがノーベル平和賞とったよ』というメールすら、全て送信不能になったそうな。

 グーグル検索も不能とは、
 さすがに怖い。


 大きな国で、ネットやテレビ、電話も細かくチェックされてるなんて、
 それすごいでしょ。

 怖い怖い。


 ・・・。

 

 中国には住めないな。

 o(〃^▽^〃)o うっかりネットに政府批判とか書いて逮捕されるだろうね。

 ( ̄(││) ̄) うん。

元に戻る?


 他の人には分かるのかもしれないけど、
 ワタシには菅さんが記者会見で言ってることが
 よく分からなかった。

 中国のトップとの会談ができただとか、
 意味があっただとか、
 そのへんも分からない。

 ・・・まさか、廊下で話したアレ?

 あれのこと言ってるの?
 ぼそぼそと下のほうに視線をむけて、
 力の無い感じで言ってたけど。

 オバマさんとか見て、
 「演説には説得力と力強さが必要」とか気付かないのかしら。


 とりあえず、
 日本のトップが効果があったと言っていた会談によって

 「日中関係はもとに戻っていくでしょう」 だそうです。


 元ってなに?
 
 そ、そんなに問題ゼロだったっけ?


 ずっと地下資源取り合って、
 ずっと領土問題も解決してなくて、
 反日感情はまだまだ渦巻いてて、
 日本の地名や有名な食品などは勝手に商標登録されちゃって使えなくて、

 なんか、元に戻るって、
 そんないいことなの?

 なんかあなたのお手柄なの?


 偉そうでごめんなさい。
 
 ワタシ程度には分からなかったわ。


 政治家の2世3世のお坊ちゃんじゃないはずの菅さんが、
 2世3世議員と何もかわらなく見えるわ。

 浮世離れした、
 現実を、日本の現状や、
 実情を見つめてない、空論ばかり言ってるように見えるけど、
 ワタシの理解力に不足があるからかしら。

 本当に、
 日中関係は「もと」に戻るの?

 で、元に戻れば、それが解決なんすか?( ̄(││) ̄)??

 分からん。

 

もしもぼくが外国人なら?

今日もどうっっっでもいい話なんですけどね。

ワタシが勝手に思う話で、オチもないんですが、
あなたはニホンジンですか?

「ニホンジン」ってナンでしょうねぇ?


日本で生まれて日本国籍を持っていたり、
日本に帰化したらニホンジンなんだろうけど、

そういうルール上の定義はさておき。

見た目がニホンジンであることが重要なのかな。
親がニホンジンであることが重要?
育った環境の言語や文化が日本のものであること?



小学校からずーっと日本にいるような人が、
両親が外国人だからと言って
「外国人タレント」としてトーク番組に出ているのを見ると、

首をかしげて微妙な思いでおりマッスル





以前アタクシ、このような本を頂きました。

「アヒルと鴨のコインロッカー」

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



ネタバレになるから詳しくは書けないですが、

主人公が大学で仲良くなり始めた友達に

「ガイコクジンってなんかイヤだよな」
「わざわざ仲良くなろうとは思わないよな」と言われます。

あいまいに頷きながら、
試しに、

「じゃあ俺が本当はガイコクジンなんだって言ったら?」と聞くと、
友達たちは一瞬たじろいで、「そうなの?」嫌な顔をされる。

・・・。

つまり、言葉が同じで、見た目もニホンジンとなんら変わりがない場合でも、
日本人でないと分かった瞬間に壁を作ってしまう人たちは大勢居る。



何か身構えてしまう。
違う考え方なんじゃないか。
変なことするんじゃないか。
日本人を嫌ってるんじゃないか。

そして「実家では納豆食べるの?」みたいな話になったり、よそよそしくなっていったり。

必ずしもそうじゃないんだけどさ。



アタクシの住んでいる地域は、
猛烈にガイコクジン率が高いです。

人数で言ったら東京なんかにはかなわないだろうけど、
比率が高いのよね。


中東、
東南アジア、
中国、
フィリピン、
そしてチリ、ブラジル。

ブラジル人に関して言えば、
日系人の2世3世ということで、見た目も名前も日本人なのに、
全くニホンゴが話せないという人も大勢居て、
名前は日本風なのに漢字でどう書くか知らない、とか、
なんだか変な感じがいたします。




町には、
ランドセルの子供たちが、集まって今時の対戦型ゲームをしていたり、
制服を着た中学生が自転車で走っていたりする。

その中に、
本当に普通に、
「両親はいわゆるガイコクジンなんだろうな」という子が混在している。


短いカールヘアにブラウンのブラウンの肌の子や、
手足が長くて顔の小さな、シュッとしたモデルのような子が混ざっていて、
さすがに目を引く。

けれどその言葉は完全にニホンジンのもので、
この地方のアクセントで、方言で話している。



ふと、先ほどの「アヒルと鴨のコインロッカー」を思い出した。

こういう子たちと、
インタホン越しに話したら、
なんとも思わないことだろう。

でも、ドアが開いていざ顔を見てみたら、
一瞬、「ん?」ってなるんじゃ無いだろうか。

差別じゃなくても、
「あれ?ニホンジンだと思って話してたのに、この子だったの?」みたいに、
何か異質だと感じてしまう心が、
なんとなくあるような気がする。

母国を知らず、
日本で生まれ、日本で育ち、
日本の小学校や中学校に通って生きてきて、
それでもやっぱり、彼らは「ガイコクジン」なんだろうか。


なんて思った、そんな三十路。

オチもなくてすいません。



こういうところで育つと、
わが子のガイコクジンに対する考え方も、私とは何か、
根本的に違う風になるんだろうなぁ・・・。

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。