立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死の真相。

 まだ罪ははっきりせず、
 ただセンセーショナルに報道される
 34歳の結婚詐欺師のニュース。

 連続殺人犯かと疑惑がうずまく彼女の周囲からは、
 自殺と処理されてきた男性や、
 被害届を出していない詐欺被害者など、
 ますます多くの男性が発覚している。

 
 ・・・。

 こんなに罪を重ねないと
 発覚しないものなんだろうか。
 
 世の中で、
 練炭自殺として処理されている死者の中に、
 こういう被害者
 他にいないとは言えないだろう。



 孤独死したご老人などの住まいを片付ける業者さんも
 同じことをおっしゃっていた。

 孤独死というのは、
 見つかったときには死後、時間が経ちすぎていて、
 細かい捜査もできず、
 「また老人の孤独死だな」で、済まされてしまうことが
 ほとんどなのだと言う。
 
 たとえ財産がなくても、
 怨恨やちょっとしたもめごとでも、
 人は殺されることがある。

 けれど、
 老人の孤独死に関しては、
 ほとんど捜査が無いんだそうな。


 もちろん、
 捜査しても証拠が見つかりそうもないとか、
 警察の目から見て事件性が感じられないとか、
 理由はあるのだろうけど・・・

 専門の掃除業者さんは、 
 たまにオカシイと感じたりも、するんですって。
 
 さもありなん。

 だって、今回の34歳詐欺師の犠牲者たちだって、
 警察は一旦は、事故や自殺と断定してきたのですから。




 今回話題の34歳女の場合、
 今からもし自供したとしても、
 過去の犠牲者の多くは、事故や自殺として埋葬も済んでいる。

 そのことがほんとに怖い。



 調子に乗らないで、2~3件の犯罪でやめていれば、
 この女性は、捕まらなかったということだろうか。


 世の中に、気づかれない殺人って、

 どれだけあるんだろうなぁ・・・。


スポンサーサイト

ワクチンまであと2ヶ月。


 新型インフルエンザの感染者が
 100万人単位で増加する今日この頃。

 子供の死亡も報道される中、
 ワクチン接種が始まる予定は、

 12月中旬からだそうで。
 ( ̄▽ ̄;)

 もうその頃には感染してそうで怖い。

 
 子供のワクチン接種は、2回。

 そして、ワクチンの効果が出始めるのは、
 打って1ヵ月後からだと言う。

 だったら最初のワクチンの効果は1月に出始めて、
 それから2回目のワクチンを打って、
 2月に予防接種の効果はピークになるんだろう。

 
 ・・・遅くないかい?


 しょうがないことだとは思いつつ、
 なんだか歯がゆい、近頃のアタクシ。

 夏でも流行ってたインフルエンザだから、いつまで流行が続くか分からない。
 だったらもちろん、
 12月の時点でまだ感染してなければ、
 ワクチンを打ちには行くのだけれど・・・


 これからもさらなる新型が現れる可能性は
 いくらでもある。
 
 一冬に3種類のインフルが流行ったりしたら、
 予防接種のスケジュールで親も大変だと思う、
 そんなアタクシ。

 o(〃^▽^〃)o 夜間に打ってる病院が近くにあって良かったね。
 ( ̄▽ ̄;) ほんとね


 

いろいろバレバレ


 ちまたでは、
 34歳の女結婚詐欺師とか言うのが話題になっている。
 
 結婚詐欺師ならまだしも、
 お金をとったあと、男性を殺していた疑惑があるとかで、
 それじゃ恐怖の連続殺人犯であって、
 詐欺師とはまったくレベルの違う悪党だ。

 殺されちゃったら、
 男性たちは人生をやり直すこともできないんだから。

 こんなに犯行を重ねないとバレナイものなのかと、
 なんかそれも空恐ろしいのだけど・・・


 ま、それはともかく、
 驚いたのが、ブログやネットの情報。

 詐欺疑惑の女性も、
 被害者の男性、ブログをやっていたりして、
 そこから疑惑も情報も、いっぱい得られるということで、
 マスコミでも連日取り上げられている。

 ウキウキした記事を掲載した直後で男性が自殺するのはオカシイとか、
 付き合っていた男性が死んだ後に、
 女性がパンの記事ばかり明るくUPしてるのはオカシイだとか。

 ( ̄▽ ̄) いやー・・・

 私が殺されたら、
 私のこのアンポンタンなブログたちも公開されて、
 あれこれ話題にされるのかと思うと、
 ちょっと怖いような。

 でも自分が自殺に見せかけて殺されたとき、
 解明に役立ってくれるかも、と思えば、
 便利なのか。



 今回一番ゾッとしたのが、
 オークションの履歴。

 加害者と目される女性のオークションの履歴を見ると、
 購入する洋服のサイズが、だんだん大きくなっていることが分かるんだと言う。

 だから、
 男性から奪ったお金で贅沢して、
 グルメを堪能して太っていった様子がよく分かるそうで。

 ( ̄▽ ̄;) ひー。

 
 私も確かに、そういうのは思ったことがある。
 ベビー用品を出品している人の履歴を見ると、
 ちょっと前は妊婦用の服で、
 その前は披露宴グッズだったりするので、
 
 ああ、結婚してすぐ子供ができて、
 で、もう無事に出産したんだなぁ、そして男の子が生まれたんだなぁ、とか

 けっこうまるわかりですから。

 
 別になんの犯人でもなくても、
 オークションの履歴は、
 その人の人生や家族構成、
 体型や趣味まで反映してる
ことがある。

 しかも誰でも見られる。

 個人情報だから怖いや、とつくづく思った
 そんな秋の日の三十路。



 あの34歳女性が連続殺人犯なら、
 ちゃんとすべての罪が暴かれて、
 男性たちの無念がはらされますように。

 

それは聞いちゃダメ

 
 またまたまたまた
 不妊治療の続き。

 不妊とか堕胎とか、
 女性の性や出産に関わることって、
 おめでたいこと以外は、
 あまり口にしないことじゃ、ありません?

 例えばやむを得ない事情で堕胎を経験していたとしても、
 それって、
 普段から周囲に、しょっちゅう言うことじゃないですよね。

 結婚や出産は、盛大に式を挙げたり、
 写真入年賀状でお知らせしてめでたいけど、
 離婚だったら、いつの間にか静かにしていたりするもの。

 そんなもんですよね。
 別に法を犯したり、
 悪事を働いていなくても、
 大声で言いにくいこともある。



 このところ書いている、
 人工授精で大変な友達の話。

 人工授精って本当につらそうで、
 とにかく、見ていてもパンパンにむくんでいたり、超大変なのだ。


 そんな彼女の近頃の悩みは、
 無遠慮に結果を聞いてくる人のデリカシーの無さなんだそうな。

 私はあえて、こちらからは何も聞かないのだけど、
 根掘り葉掘り聞いてくる人も、世の中にはいる。

 体調が悪いこともあるので、
 人工授精を受けている人は、休んだりする都合で
 不妊治療を受けていることは公表しなきゃいけないこともある。

 だから
 周囲から興味津々な目で見られることも、
 あるんです。


 友達が
 「○日に検査があるけれど、デリケートなことなので、
  私が何も言わなければ失敗だったのだと思って、
  何も聞かないでください」


 と言っても、

 病院に行くたびに
 「で、どうだった?できてた?できてた?」
 ぐいぐい聞いてくる人が、いるんですって。

 ( ̄▽ ̄;) さ、察してあげなよ、もう・・・



 世の中には、いろんなブログがあるけれど、
 例えば、妊娠の経過を書いていた人が、
 あるときから急に赤ちゃんのことを書かなくなったら、

 きっとそれは、何か悲しいことや、
 良くないことが起きたんだろうと思う。

 そう思って、あえて何も言わないでおくのが、
 思いやりじゃないだろうか。

 
 不妊治療も、そう。

 長い道のりになることもあるんだし、
 失敗も何度もあるかもしれない。

 でもそんなこと、周囲にあんまり言いたくないでしょ?

 そうしたら、
 そっと見守ってあげて欲しいなぁ。

 「どうだった?
  ねぇ、どうだったどうだった?」 


 そんな風に聞くのは、
 まるで、人の内臓を土足で踏むようなもんだ。

 ・・・と、思ったり思わなかったり。


 次回は成功するように祈りつつ、
 でも結果は、本人が言うまで聞かない。

 それが、不妊治療を受ける人が増える中で、
 周囲が気づかっていかなきゃいけない、
 マナーなんだろうなぁ・・・

 

書き留められた名前。


 すいません。
 また不妊治療の続き。

 今日もまた
 人工授精が失敗に終わった友人が、
 とても落ち込んでいるのを聞いて、
 アタクシまで気持ちが重い。

 たかが受精卵とあなどるなかれ。
 胎内に戻した卵が着床しなかったんだから、
 すでに分裂を始めていた卵なんだから、
 それはある意味では流産と同じ。

 本人にとっちゃ、
 たまらない話。

 気丈にしてても、
 たくさん考えてあった赤ちゃんの名前書いたノートを
 泣きながら持っていると聞いて、
 痛々しくて見ていられない。

 この日本では、
 ある調査では
 出生数よりも、年間の堕胎手術数の方が、多いのだと言う。

 それなのに、
 こうして望んでも望んでも、
 貯金を使い果たしても、
 子供を授からない夫婦がいるのは、なんとも痛ましい話。



 今日、TVタックルのインタビューで、
 今までに800万円のお金をかけたけど、不妊治療が実を結んでいない女性が、
 「子供が居ないからって扶養控除も無くされて
  人様のお子さんのために納税していくのは不平等な気がする」

 悲しそうに言っていた。

 子供手当て増額に、
 授業料無償化に、
 そして専業主婦への扶養控除の廃止

 確かにこれから、
 子供を持たない人にとって、
 特に、「持ちたいのに持てない人」にとっては、
 金銭的にもどんどん追い詰められることだろう。

 普通のサラリーマン家庭でも、
 別に不妊治療は安くしてもらえるわけじゃない。
 
 知人も、一ヶ月に80万円払ったとか言っていたので、
 800万円なんて、気づけばあっという間なんだろう。



 自然に授からないなら、
 子供を得るのは、あきらめるべきなんだろうか。

 神がどこかに居て、
 そう言っているんだろうか。

 産んでも殺してしまうような母親が、
 不思議と次々に妊娠したりすると言うのに。



 何度も言うようだけど、
 扶養控除の廃止をするなら、
 同時に、
 不妊治療の、原則「保険適用化」を検討できないだろうか。

 子供の居ない夫婦が、
 「お子さんがいる家庭の分も納税してるみたいで損」と思うように、

 不妊治療に多くの助成金を割くのは、
 一般家庭から見たら、損に見えるだろうか。

 子供が欲しいと贅沢を言う不妊夫婦のために、
 普通の家庭の税金を遣うようで、不平等だろうか・・・?

 税金を使ってまで
 「子供が欲しい」という希望を援助するのは、
 贅沢な話だろうか・・・。

 
 涙をこらえて、
 今日も友は、まだ見ぬ子供の名前を考えている。
 
 なんともやりきれない。

 

人間はどこから人間か。


 ちょいと切ない気分のアタクシ・・・。


 あのですね、
 子供が欲しくて、苦しい思いをして人工授精に挑んでいる知人が、
 また失敗に終わりまして・・・。
 
 人工授精って、
 簡単なものじゃないんですよ。

 卵を試験管でちょちょいとやって、
 注射器かなんかでチュッと子宮に入れてオシマイ♪
 ってなもんじゃなくて、
 最初の準備からして、
 ものすごい時間とお金と体の負担がかかる。

 男性が精子を出すのは簡単だけど、
 女性から卵子を取り出すのは、
 ある意味では、内臓の一部をほじくるようなものなんですもの。


 そんな思いをして採取した卵子に、
 人工的に精子を受精させ、
 受精卵にする。

 それを冷凍保存しておいて、
 体の調子を見て、母体に入れる。

 それが着床して成長する確率は低いのだけれど。


 こういう場合、
 ヒトって、
 どこからがヒトなんでしょうね。

 シャーレの上で、
 医師が卵子と精子を結合させたら、
 その受精卵って、もう、ヒトですか?

 体に入れて、着床したら、ヒト?

 心臓が動き始めたら、ヒト?

 生まれて呼吸したら、そこからがヒト?


 難しいことはよく分からないけど、
 アタクシは、今回の失敗で
 まるで赤ちゃんが死んでしまったように、深く悲しいのです。

 受精卵とは言え、
 それが育てばヒトになるのだから、ある意味では、ヒトでしょう?

 そのに、
 知人はもう、名前までつけちゃってたんです。

 卵子とは言え、将来のわが子でしょう?

 凍った小さな卵を、
 すごくいとおしんで、
 着床するように、
 着床するように、
 ずっと願って願って、
 何度もそのために通院してきたワケですよ。

 それがダメだったというのは、
 なんだか、私まで、その大事な子供が亡くなってしまったように思うのです。

 それだけの話なんですけどね・・・。


 人工授精を何度も失敗しているヒトというのは、
 何度も子供を亡くしてしまったような苦しみと
 こうして向き合っているんだなって
 初めて感じたアタクシ。

 もう一度チャレンジすると聞いたので、
 是非、今度こそ成功して欲しい。


 倫理的には、
 人の命の発生に、どこまで医療が関わっていいのか
 私には分からないのだけど・・・
 

年下の女


 ほんっとどうでもいい話ですが、

 嵐の番組見てましてね。明石家さんまさんと対談するヤツ。

 o(〃^▽^〃)o ママ、好きだねぇ

 その中で、
 さんまさんがこう言ってたんです。

 「この歳になるとな、
  お父さんと同年代ですって言われると、
  自分からは好きやって言えなくなるんや。
  悲しいもんやでー」



 ( ̄▽ ̄) ・・・。


 そんな若い娘ばっかり狙ってんだ。
 自分が50代なら、
 40代くらいの落ち着いた女性を狙えばいいのに。

 o(〃^▽^〃)o そういう言い方はよしなよ。


 離婚したとは言え、
 年頃の娘さんがいるワケで、
 娘と同年代の女性と再婚したりしたら、
 なんか、いろいろめんどくさそうな気がしなくも無い。

 男っていいな。

 逆だったら、
 絶対もっと反感買うモンね。

 ムスコと同年代の子とばっかり付き合ってる女性とか、
 そういうのって、
 下品みたいに思われそうじゃない?
 
 でも男性だと
 「元気ですねー お盛んですね~」って感じだもの。

 ( ̄(││) ̄) 不平等だわ。


 そういえば、
 イタリアの首相も、娘と同年代だか、
 もっと年下の子と付き合ってるんだよね。

 ・・・元気だな。


 

ガッツリへこむ


 私は、大変にガッツリへこむ人間です。

 何を言われても気にしない♪
 なんて堂々としていられたらいいんですが、
 ちょっと何かあっただけで、
 もう、顔もあげられないほど凹みます。

 人間、心配事や嫌なことがあると、
 本当に胸にずっしり、重石がのってる感じがしません?

 息も苦しいような。

 ずっしり来てると、
 子供が笑顔で近寄ってきても
 途方も無くテンション低い返事しかできません。

 いやまったく、
 悲しい限り。

 明日は頑張ろう。
 前向いて頑張ろう。

 病は気から。
 気が滅入ってるとこのまま病気になっちまうざんす。

 しっしっ!
 ウイルスとか病気とか
 今はそんなものにやられてる余裕はないざんすよっ!

イヌの災難

 イヌの飼育には
 いろいろとモラルが必要で、
 さまざまな義務がある。

 イヌを飼うことによって自分が幸せなら、
 イヌもできるだけ幸せにしてあげてほしいし、
 周囲の人にも配慮を持って欲しい。

 「土佐犬90頭 無届飼育」のニュース

 ・・・( ̄  ̄;) うーん

 どう見ても、
 予防接種して、
 毎日全部散歩させてあげてるとは思えない。

 杭につないであるだけじゃん。
 
 アタクシね、
 残念なことに若い頃に近所で、
 土佐犬が赤ちゃんをかみ殺す事件を見ましたので、
 やはり大型犬に関して無責任な飼い主には
 深い怒りを覚えます。

 自分に対して従順で、
 普段はとても温厚で可愛らしいから安心していても、
 ふと、突然赤ちゃんを見たら襲い掛かることもある。

 人間だと認識せず、
 ふざけたつもりで咥えて振っただけでも、
 赤ん坊は死んでしまうのだ。

 もちろん、その気になれば
 闘犬は大人だってかみ殺せる。


 自己満足のために、
 満足に運動もさせられない状態で
 猛獣を飼うのは、人としてどうだろう。

 それは飼っているんじゃなくて、
 ただ収集して、
 そばに置き、見て満足するコレクターの心理だ。
 
 相手が生きていることや、
 人に危害を加える可能性を、忘れちゃいけない。


 担当の保健所では
 「とくに苦情がないので10年ほど放置していた」と言うけれど、
 何かあってからでは、遅いのでは?

 管理に慎重なはずの、動物園やサファリパークでも、
 飼育員が襲われたり、
 動物が逃げる事故は、ゼロではない。

 それなのに、個人で事故が完全に防げるはずがない。

 こういう飼い主が増えないように、
 厳しく取り締まることが必要。

 輸入のカメワニの飼育、販売・購入にも
 どうも日本は甘い。
 犬を飼う、動物を飼うということに対する責任への認識を
 もっと厳しくしていくべきだと思う。
  
 罰則の強化も含めて。

 

さようなら南田さん


 南田洋子さんが亡くなった。

 認知症でご主人の検診的な介護を受け、
 近頃では多少、回復の兆しがあったと聞けば、
 ますます残念です。

 ご冥福をお祈りします。



 私の知ってる南田さんは、
 意地の悪いお金持ちの奥様とか、
 理事長だとか、 
 そんな役が似合う、貫禄バリバリの大御所女優だった。

 懐かしのフィルムとか流れると、
 もちろん青春スターだった若き日々もあるワケで、
 見ていて、なんだかしんみりしてしまった。

 人生って何でしょうね。
 
 亡くなった南田さんは、
 ちょうど、皇后様と同年代。

 元気にお誕生日を迎えられ、
 たくさんの孫に囲まれるヒトがいる一方、
 50代や60代でも、認知症を発症する人も大勢居る。

 親が認知症のわが子を介護する家庭だって、
 増えつつある。

 今後、介護問題は、
 自分が介護される側になることも含めて、
 誰もが、他人事じゃないよね・・・。


 悲しみにくれるご主人 長門さんは
 洋子さんの認知症の回復について
 こう語っていた。

 「愛情をこめて介護すれば、
  こうして必ず、認知症だって回復するんです!」


 愛ゆえの、
 努力したがゆえの、
 自信が持てるほど介護したからこそ言えるセリフだとは思う。

 だけれど、
 そこには一言付け加えたい。

 「でも、回復しなくても、
  それはご家族の介護に、愛が足りないワケではないです」
 と。

 頑張って介護している、
 日本中の多くの人々に、そう、私なら言いたい。

 どんなに愛して
 どんなに尽くしても、
 回復しない病も、この世にはある。

 愛がすべてを解決できたら、
 それはもちろん素晴らしいのだけれど。

あなたのお仕事はなぁに?

 医療従事者に向けて始まった
 新型インフルエンザの予防接種。

 当初の予定の数倍にのぼる希望者に圧倒され、
 全然数が足りないんだそうな。

 医療従事者を最優先に開始し、
 その後、
 病気の方や、
 妊婦の方の接種に移行する予定だけれど・・・

 その「医療従事者」に、
 事務職員も含めてヨシ!
と通達したのが誤算なんだそうな。

 事務職員が、
 いっぱい打ちに来ちゃったんだそうな。


 受付のおねーさんから
 経理の担当者まで、
 病院で働いてれば医療従事者。

 
 ・・・なの? 

 確かに、売店のヒトや事務職員でも、
 その人が感染することで、
 院内にインフルが大流行しちゃう可能性は、ある。

 だけど、
 医療従事者っつったら、
 どう考えても、患者に接したり、
 患者を救う直接の手当てをする人たちのことだ。

 事務のおねーさんや、
 派遣で来た経理の人まで打ってたら、
 そりゃ足りまへんがな。


 今回、予防接種にむらがる人たちに対して、
 テレビはなんども警告をしている

 「予防接種は、感染を防ぐものではなく、
  重症化して死亡することを防ぐものです」


 
 これって、実は普通のインフルエンザの予防接種も、
 同じこと。

 打ったらかからないわけでもないから、
 「ぼく予防接種打ったもんね」と、
 大流行してる場所にノンキにでかけたら、かかって高熱を出したりする。

 そういうことも考えて、
 ま、そんなに無理して
 「私だって医療従事者だもん!」って予防接種に群がらず、
 妊婦や弱者に、ゆずってあげてくださいよ。

 あんまり屁理屈言って注射取ったって、
 結局感染して、
 うんうん言って寝込むことも、あるんザンスから。( ̄▽ ̄)

 

テレビ向け民族


 ふと見ていたバラエティ番組で、
 アマゾン流域の少数民族の村に行く場面があった。

 不思議な魔力を持つという
 珍しい少数民族の村長は、
 ポロシャツにコットンパンツで待っていた。
 
 腕にはキンキラの時計。

 訪れた日本人タレントも、
 思わず苦笑い。

 村長はめったに民族衣装を着ないということで、
 歓迎のために着替えたら、
 チクチクすると痒がっていた。
 
 o(〃^▽^〃)o ははは。

 その後、
 「女性たちが民族衣装を着て歓迎の儀式をしてくれた」と言うシーンがあったけど、
 『民族衣装を着て』と言うところをみると、
 もう普段は着てないんだろうなぁ。

 o(〃^▽^〃)o だろうね。

 族長が洋服きて時計してるのに、
 他のメンバーは腰巻だけとか、
 ありえないし。



 もうずいぶん昔のことだけど、
 清水圭さんが、
 マサイ族の撮影に行ったとき、撮影が終わると、
 みんな服着て靴履いて帰ってくって言ってたっけ。

 でも、撮影してる間は、
 「当然普段から民族衣装です」みたいな雰囲気で居て、
 取材班が持っている機材に大げさに驚いてみせたり、
 野生の生活をしている演技をしてくれる。

 って。

 o(〃^▽^〃)o そんなもんだよね

 今まで普通にしてたのに、
 カメラが回ると、
 ヤリ持ってホー!みたいな。

 寂しいけどね。


 当たり前だよ。
 相手は人間なんだもん。

 考えて、工夫して、選択する力がある。
 取材にそうやって協力することで金銭が得られるなら、
 そんな風に変わる。

 でも、伝統的な生活を失ったら取材が来ないと分かったら、
 生活の手段として、
 それをやめることは無いだろう。
 
 現金収入の手段として。


 よく報道されるミャンマーの「首長族の村」もそうだ。
 彼らは住居を制限されているから、
 あの村で生きるしかない。
 
 だとしたら、観光客に来てもらうのが、
 一番の収入源。

 家には電気が来て、
 テレビで衛星放送も見られる家に住みながらも、
 あの一族の女性たちは、
 「首長族」でいることを、やめることはできない。

 首を伸ばす輪を嫌がる若い娘も増えてきたそうだけど、
 1人もいなくなったら、生活が成り立たなくなる。
 やめることは、できない。



 マサイの村。
 シャーマンの村。
 首長族の村。

 みんな、
 なんか、場所は違うけどなんか、
 同じような哀愁と、
 したたかさと、
 生きる力を感じる。

 「野生の生活をしてる人に会いたい」

 そんな風に、珍獣を探すみたいに言っちゃいけないんだろうな。
 相手は、自分と同じ人間なんだから。

 ○○族を取材するぞ!って
 それってちょっと、自分たちを上に置いて見てるもんね。
 
 o(〃^▽^〃)o でもシャーマンの村は、動物探しのついでに行ったんだよ。
 ( ̄(││) ̄) うん、目的はそうなんだけどね。

 

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

初めてじゃないよね?


 飲酒運転で現場にかけつけて、
 一般人を殴って懲戒免職になった警官のニュースを見ましてね。

 わざわざリンクは貼りませんが、
 ま、そういう事件があったっちゅうことで。


 もめごとの現場に、酔った警官がパトカーでやってきて、
 そこに居た人と揉めて殴りあいになり、
 そして帰って、また酒を飲んでいた。 と。

 ( ̄▽ ̄) ・・・。


 これは極端な話だけど、
 ベテランの警察官が飲酒運転で捕まるたびに、
 つい、思うの。

 『あーた、飲酒運転のベテランでしょ』


 当然初めてじゃないし、
 勤務中にしょっちゅう、酒飲んでたでしょ?

 
 偏見みたいだけど、
 こんなに飲酒運転はダメだダメだって言ってるのに
 飲んで乗っちゃうなんて、
 もう、昔からやっててクセになってる としか、思えない。

 飲酒運転も、
 他の犯罪も、
 やっぱりどう考えても、警察や教員がやるのは、
 普通の人がやるよりも、大問題。

 そういう人がやめられないのに、
 どうして普通の人が、
 「ちょっとくらいいいじゃん」って乗るのをやめられると言うのだろう。

 今回の警察官は懲戒免職になったけれど、
 一体、免職になる前、
 何回酒を飲んでパトカーに乗ったんだろう。

 万引きGメンがよく言うセリフみたいに、
 「あんた、初めてじゃないね?」って、
 つい言いたくなる、
 そんなアタクシ。

 

一国民の、素朴な疑問。


 民主党の、
 赤字国債問題。

 話題になってますね。

 『赤字国債に反対するなら、
  マニュフェストを実行しないぞ』って言うのは、
 なんか、その、
 ちょっとズルイ言い方のようにも思えたりするのだけど、
 それは私の心が狭いからだろうか。

 財源はある。
 埋蔵金がある。
 赤字国債はダメだと、
 あれほど息巻いていたから、信頼してみたのになぁ・・・。


 ある番組で、
 コメンテーターの方が熱く語っていた。

 「別に90兆かかろうとも、
  それ以上かかろうとも、

  それが必要なお金なら、いいじゃないですか!!

  国民のために必要な出費なんですから、
  惜しんだら、国民が不幸になるんですよ。

  今投資して、
  それで景気が良くなって、もっと国が豊かになるなら、
  必要経費です。

  赤字国債を出さないという公約にしばられて、
  国民のための政治ができないなら、本末転倒でしょう!」


 ・・・( ̄  ̄;) うーん

 それも分かる。

 言いたいことは、分かる。


 けれど、
 日々、なるべく節約して暮らしているアタクシなどは、
 つい考えてしまうんです。

 例えば、必要経費であっても、
 家賃が10万で、
 食費が5万の人が、
 収入15万円だったら、

 ・・・足りませんよね。

 個人の場合、
 そうして無理だったら、
 安いところに引っ越すか、
 食費を減らすか、
 収入を増やすために仕事をかけもちする。

 いつまでも、
 借金をかさねて、毎月、「必要だから」と言い続けることはできない。


 将来への投資だとしても、同じこと。

 例えば、
 わが子を将来、一流プリマドンナやら、スケート選手にしようと思ったら、
 初期投資がいっぱい掛かる。

 でも、将来出世してくれたり、
 子供の教育に役立つのなら、と、
 借金に借金を重ねて、全然返す予定もないのに、
 習い事をいっぱいさせて、
 すごくお金の掛かる学校に入れて、
 借金を返すために借金をする生活を続けるとしたら、
 それはどうだろうか。

 それって、
 確かに将来への投資だけど、
 削ったり、
 ガマンするべきところもあるんじゃないかと考えるのが普通。


 そういう主婦感覚と同じにしちゃいけないんだけど、
 もう、
 国として莫大な借金があり、
 将来の年金やら介護にものすごい心配を抱えている中で、
 どんどん赤字国債を出し続けて、
 ほんとにいいんだろうか。

 「これは、だって国民のためですよ?」

 そんなこと言われると、
 なんか、
 どうもずるいような気がするのは、私だけ?

 社会保険庁の、
 消えた年金問題の調査とかに莫大な調査費がかかってるのだって、
 確かにそれ、国民のためだけど、
 悪いのは行政なんだし。

 なんか、
 ちょっとナットクがいかない、
 そんな今日この頃・・・。

 o(〃^▽^〃)o でもさ、投資をやめると、もっと国が不安定になるんじゃない?
 
 ( ̄(││) ̄) うーん。でも借金だしさぁ・・・。


※あくまでも主婦感覚での話です。
  国政とは違うと、分かった上で、分かってるけど、言ってみただけです。

命が一番大事。

 ちょっと前、
 アタクシになじみのある地域で、
 悲しい事件が起きた。

 会社帰りの男性が、 
 駐車場で車上荒らしに遭遇し、
 怒って取り押さえようとして、逆に殺されてしまったのだ。

 海外でホールとアップに遭ったら、
 とにかくお金をすぐに出して、
 逆らわないのが鉄則だとも聞く。

 日本でも、
 結局はそれが一番正しいのだろうか。

 空き巣や泥棒を追いかけて捕まえただの、
 お手柄中学生がどうのとか、
 そんな新聞記事やニュースも見るけれど、
 逃げる方も必死なので、どんな武器を持っているか分からない。

 いざ殺されてしまったら、
 命は取り戻せないのだから、
 車や財布なんて、
 盗られてもいいと諦めるのが、一番いいのだろうか。

 なんとも悔しい話なのだけれど。


 会社員を刺した犯人は、その後も捕まる気配が無く、
 手がかりも無い。

 残された家族は、
 帰宅するはずの父、夫を失って、ただ悲しみにくれている。
 
 犯人が捕まることを、
 犯人が日本にいることを、切に願うばかりです。


 ほんっとうに悔しい話だけど、
 命にかえられるようなものは、無い。

 子供を守るためとかでなければ、
 無法者の言うなりになったり、
 目の前で車が盗まれても黙っているべきなんだろう。


 ああ、本当に、
 耐え難く悔しいのだけど。

今日も公園はブラジルの少年でいっぱい。

 昨日は誰にも怒られなくて良かった・・・。

 似たような考えの人が多いようで、
 嬉しくなりましてございます。

 イルカを食べる文化も
 イヌを食べる文化も、
 それを
 動物の知能の高さや可愛らしさ によって、
 残酷な文化だと決め付けることは、
 どうも一方的すぎるようなので。


 さて、
 今日も怒られそうな話。

 けっして特定の国を差別したり、
 外国人に偏見があるわけじゃないので、
 そのあたりを分かっていただけると嬉しいです。


 外国人への差別では、
 決してありません。
 分かっていただけると嬉しいです。


 愛知県には、
 自動車系の工場がある地域に集中して、
 大勢のブラジルやチリ、中国などの労働者がたくさん住んでいる。

 場所によっては、
 小学校の生徒の半数以上が、ブラジル人の子だとか、
 市営住宅の住民の9割がブラジル人だという地区もある。

 どこの国にでも
 いい人と悪い人がいるように、
 どの国にも揉め事があるように、
 海外の方が大勢住むようになれば、問題も起きる。

 しかし、
 交通事故などの相手が、ブラジルの方の場合、
 事故を起こした後で、すぐに帰国されてしまったら、
 もう、捕まえることができない。

 ブラジルとは、
 相変わらず、犯人の引渡し条約が、
 結ばれていない。

 ひき逃げ犯を見つけてみたら、
 すでにブラジルに帰国済みだったという事例が、
 実際にあって、
 やりきれない。

 母国に帰ってしまったブラジル人は、
 もう、日本に引き渡されず、
 再度日本に来ない限り、捕まえられない。

 確実な証拠があっても、
 犯人がブラジルで幸せに暮らしていることが分かっていても、
 どうにもならない。

 実際に、そうやって泣き寝入りを強いられている
 死亡ひき逃げ事件が、
 何件も明らかになっている。

 ブラジル政府が、
 日本の代理で逮捕して、
 あちらで良心的に処罰してくれることを
 ただ願うことしかできない。

 今まで、ブラジル側が代理処罰してくれたのは、
 ほんの数えるほどの事例しか無いのだけど。



 私は
 海外の方とも仲良く暮らしたいし、
 もう、こんなに大勢の方が日本に根付いて暮らしているのだから、
 お互いに仲良くして
 今後もうまく、生活していけたらと思う。

 子供が小学校に入ったら、
 きっとクラスに外国人が何人かいるだろうけど、
 その子とも、
 その子の保護者とも、
 仲良くなれたら、すごく嬉しい。

 だからこそ、
 「でもこの人たちが人を殺したり、
  強盗をしても、
  犯罪が露見する前に帰国してしまったら、
  もう捕まえられないんだなぁ」
 と思うと、

 どうも、ちょっとだけひっかかってしまう。


 どの国の人も、
 海外で罪を犯していそいで母国に逃げ帰るようなことは、
 止めて欲しい。

 逮捕したらしたで、
 通訳だの、外国人特有の要求だの、
 また多くの税金が使われるのだろうけど、
 それでも。

 何でも日本でやって、
 急いで帰国しちゃえば捕まらないという状態は、
 どの国の方とも、
 望ましいものでは無いように思う。

 日本人にも、
 海外で悪いことして逃げ帰って欲しくないし、
 無責任なことをして欲しくない。

 お互い、
 それは同じじゃないかな・・・。

 

神よ、イルカを食べてもいいですか?

 私はけっして神様を信じていないわけじゃない。

 そういう存在がいないと思うと
 人はなんだか救われないし、
 すがるものが無いし、
 なんだか、自分に対して厳しくなれないような気がする。

 でも、
 その神様ってのは、
 自分の都合に合わせたものでも、
 人を攻撃する理由にできるものでも、
 それを信じたら特別な存在になれたり、
 人より偉くなれるものでも無いと思う。

 人が、より良く生きるために、
 支えにするために、
 心の中に居るものであって欲しいと思う。

 前にも書いたけど、
 お日様のような
 お月様のようなもんだと思いたい。


 で、
 だからと言ってこれを言うと、
 怒る方もいるかもしれないのだけど・・・

 
 豪州の方の、
 日本のイルカ猟への反発問題。

 もともと、豪州では日本の捕鯨へのバッシングは大きい。

 だから可愛く、
 知能も高く、癒し効果のあるイルカを食べるなんて、
 残酷で恐ろしく思えるだろうと、分かる。
 
 とてつもなく野蛮な行為だと怒り狂う気持ちも、
 よく分かる。
  
 私は、
 美味しくないならあえてイルカを食べる必要はないと思うのだけど、
 他の魚や動物は食べるのに、
 イルカは特別だから食べないっていう理由も見つからないので、
 昔から食べてきたなら、
 食べてもいいとは思う。

 o(〃^▽^〃)o どっちなんだよ。

 日本のイルカ猟がいかに残酷かを描いた映画も作られて、
 豪州での日系人へのバッシングも多くなり、
 それも今問題になっているけれど、
 なんていうか・・・

 これは他の人でも考えることかもしれないけど、
 例えば、

 「こんなに可愛い子ヒツジを、
  こんな風に殺して、こんな風にさばいて死体を食べるなんて、
  ああ恐ろしい!
  なんて野蛮な国だここは!!」

 なんていう映画を、
 日本は作らないじゃないですか。

 牛を食べない宗教の人も、
 食用牛生産に対して「生き物を食べるために育てて殺す野蛮民族」とか、
 そんな映画作らないでしょ?

 なんていうかさ、
 それって、
 例えば海外の食べ物を食べて、
 「これは実は虫の料理なんです!」
  「うげぇ~!! 食っちまった!!」ってやるバラエティ番組みたいに、
 異文化に対して、大変に失礼な行為に思えてならない。

 食べていい動物と悪い動物を、
 人が格付けするなんて、そんな権利、本当にあるんだろうか。

 食べたら気持ち悪い食べ物や、
 食べたら可哀想な生き物や、
 レベルの低い食文化や高い食文化があると考えることも。
 
 o(〃^▽^〃)o 絶滅危惧種は食べちゃダメだけどね。
 ( ̄(││) ̄) それはまた違うもんだいよ。


 ある種の考えを持った人々には、
 例えばイルカを食べるなんて
 文化でもなんでもなく、
 恐ろしい、神への冒涜でしか、ないのかもしれない。


 神っていうのは、
 そんな小さいもんじゃないような気がするんだけどなぁ。

 いるとしたら、
 絶対、人間だけを特別扱いしないと思う。



 神が人間の姿をしていると決め付けることも、
 自分たちと同じ人種だと思い込むことも、
 なんだか、身勝手。

 きっと本物の神様が居たら、
 「イルカを食べてもいいですか?」って聞いたら、

 大笑いするか、
 「何を食べるのも同じ罪だよ」って言うような気がする。

 人を食べたサメも、
 サメを食べた人も、

 神がいるなら、同じように裁くような気がする。

 
 ・・・そんな風に思う。

 ・・・勝手に。


 o(〃^▽^〃)o ママ、豪州の人に怒られるよ。

 ( ̄(││) ̄) でも、そう思うんだもん。
 

 人肉でも、
 亡くなった後、供養や哀悼の意で食べる文化があったら、
 それはそれで正しいような気もする。

 欲望のために人を殺したりするのとは違って、
 神は問題にもなさらないと思う。

 o(〃^▽^〃)o 神様を信じてなくせに。 
 ( ̄(││) ̄) だから、漠然と信じてるんだってば!

 私は食べないけど。 

 ・・・ああ怒られそうだ。
 こんなこと書いたら、絶対怒られる・・・。

みんなが主役


 軽自動車のCM見てて思う。

 両親が、
 モモ太郎の格好をした、可愛いムスコを車で幼稚園に送っていく。
  
 『主役なんだから、急いで急いで!』

 ・・・・

 そしていざ本番になると、
 出演者は、全員桃太郎の格好で、桃太郎しか出てなかった。

 ・・・。というCM



 リーアールー・・・・


 リアルだわ。

 今時の小学校や保育園じゃ、
 よくあるらしいですね。
 
 誰を主役しても、誰のセリフを増やしても親がもめるので、
 全員同じにするって。

 鬼の役はイヤだ。
 イヌもイヤだ。
 うちの子がおばあさんだなんて!!

 ( ̄▽ ̄;) ・・・。

 
 私は、あえてそんな出し物なら、
 うちの子だけ鬼で出して目立たせたいわ。

 1人で金棒持って、
 ガリガリに痩せた、細~い弱そうな鬼が、
 桃太郎の中で踊ってたら可愛いわ。

 「こういうポジションも大事なのよ」
 「こういうポジションも、オイシイのよ」


 そういう風に考えて、
 運動会で全員一番とか、
 もうそういうの、止めにしましょうよ。

 正直、くだらない。

 みんなお姫様の格好がしたいけど、
 なれなかったりするのが社会でしょ。

 みんな主役になりたくても、
 そうはならないのが、普通でしょ。

 男女平等の社会だって言われても、
 実際、体の差や、出産は女性しかできないこともあり、
 まだまだ同じように扱われることは難しい昨今。

 貧富の差や、
 家柄の差、
 学歴の差、
 資格の差、
 コネの差、
 容姿の差で、
 世の中での扱いや、社会での出世は、そりゃ違うよ!

 早くから挫折させるのはダメだけど、
 社会に出たときのために、
 ちゃんと競争もさせるべきじゃないかな。

 自分には何ができるのか、
 自分は何が苦手で、
 どうしたらいいのか、それで考えるようになるかもしれない。

 
 ・・・なんてね。

 
 全員主役反対。
 全員一番、反対。

 そんなアタクシ。

 
 o(〃^▽^〃)o だからこそ、先生は、保護者の身分で生徒を差別しちゃダメだよね。

 ( ̄(││) ̄) そう。先生こそが、一番、公平な目を持つ努力を忘れないで欲しい。

何気なく盗んだものの重さ。


 新聞を読んでいたら、
 こんな作文が載っていた。

 高校生の娘さんの自転車が盗まれた。

 警察に届け、
 そして近所の自転車置き場などを見回っていたけれど見つからず、
 そうしているうちに、
 娘さんが病気で入院し、
 自転車どころじゃなくなってしまった。


 そして7ヵ月後、
 どこかのアパートの駐輪場に放置してあった自転車が、
 戻ってきた。

 錆びたけれど、
 まだ使える姿で。

 持ち主の娘さんは亡くなってしまったけれど。
 自転車だけが戻ってきた。


 そんな話。



 目に付いた自転車を盗む人は、けっこう多い。

 そういう人は、
 もしかして自分が盗んだものに、
 これだけの重みがあるかもしれないことを、
 考えたことがあるだろうか。

 自分が盗んだ自転車の持ち主は、
 必死で働いて、やっと買ったのかもしれないし、
 こうして、病に苦しんで亡くなったりしているかもしれない。


 私の考えが堅苦しいという指摘もたまにあるけれど、
 固くてもいいじゃないか。

 盗んじゃいけない。

 別に宗教を信じてなくても、
 盗むなかれ。


 おなかが空いて死にそうなら、
 一切れのパンをコンビニで盗みたいかもしれない。

 借金に追われて、必死になって、
 強盗をしてしまう人もいるかもしれない。

 でも、
 傘を盗まないと死ぬ状況は無いし、
 おそらく、自転車を盗まないと死にそうな状況も、無い。

 盗んだ人は、
 軽い気持ちに違いない。

 気楽に盗んで、
 気楽に捨てる。


 どういう風に育ったら、
 それが平気になるのかは分からない。

 大手企業で働いているときも、
 傘は盗まれたし、
 社員しか入れないロッカーも荒らされた。

 必ずしも、
 貧しいから盗むというワケじゃない。


 とにかく、
 最初に書いた話を、
 名前入りで、新聞に掲載されたこの話を、
 私は子供に、何度でもしよう。

 傘を盗みたくなったとき、
 自転車を盗みたくなったとき、
 病気で死んでしまった女子高生のことを、
 ふと思い出して欲しいから。


 汝、盗むなかれ。


 
 

おにまん。


 地元のラジオ局が流す番組を聴いていたところ、
 リスナーからの葉書に、 
 「秋と言えば鬼饅頭ですねー」
 と書いてあり、
 DJの女性がきょとんとした。

 「おにまんじゅう??」


 愛知の名物鬼饅頭
 地元ラジオ局のパーソナリティが知らなくても、
 まあ、それは仕方ない。

 人には知らないこともあるんだから。

 このラジオ局の人は、
 「傘は使い捨てにしまーす♪」って言ったり、
 たまに腹立たしいんだけど、
 それもまあいいや。

 鬼饅頭を知らないのも、別にしかたないんだけど、
 その後がイカン。


 スタッフから内線で連絡をもらったらしいDJさんは
 ほっとしたようにこう言った。

 「へー、が入った饅頭で、中は餡子なんだぁ♪
  美味しそうですね~♪」


 Σ┏(|||`□´|||;;)┓! 全然違う。


 さらにしばらく時間が経った後で、
 またスタッフから訂正連絡をもらったらしいDJさんは
 
 「さっきの鬼饅頭って、中に『いもあん』が入ったお饅頭なんですって!
  へぇ~ ちょっと間違えちゃった♪」


 ( ̄▽ ̄;) いや、それも違うから。


 なんか、
 言葉だけで伝えるDJさんが
 知らないものについて、知らないままで説明を続けるのは、
 どうだろう?
 
 ゾウを見たことが無い人が、
 3歳児からゾウについて説明を聞くくらい、
 伝わらない。

 
 たまにこの局の方が、
 こういうミスをするたびに、思う。

 放送ブースに、何故パソコンを置かぬ!

 o(〃^▽^〃)o ネット接続しながら放送すればいいのにね。
 ( ̄(││) ̄) 鬼饅頭くらい、すぐ画像が出てくるのにさ・・・。

中川氏の死に思う


 故 中川昭一氏の告別式のニュースなど見ていて、
 いろいろしんみり思いました。

 アタクシが好きな俳優「三波豊和」さんも、
 ブログに、中川氏への思いをつづっていらっしゃいました。

 私のブログにコメントなどいただいたこともあり、
 いつも楽しみに三波さんのブログを拝見しているのです。

 するとね、
 三波さんは、
 故中川元大臣と、個人的にテニス仲間でいらしたそうで、
 大臣のイスに三波さんが座らせてもらってる写真など、
 仲が良さそうな写真が掲載されていて、
 驚きました。

 なんか、ハイソな世界ですよね・・・


 どんな有名人にも、
 その家族にとっては、父であり、夫であり、
 昔からの友達にとっては、仲間なんですよね。

 私たち国民からは、
 多くの責任と義務を背負った、そして権力を持った政治家でしか無くても、
 投票したり、バッシングしたり、応援するだけの相手であったとしても、
 そういう人も、やはり人間なんですよね。

 当たり前のことですが、
 そう思うと、
 あらためて、早すぎる死だったな、と
 中川氏のご冥福を祈らずにはいられません。


 中川さんの残された家族が、
 忘れることはできなくても、
 立ち直ってくださる日を、
 元気を取り戻してくださる日を、願うばかり。


 アタクシは一体、
 どうやって死ぬんだろう。

 子供に何か、
 残してやれるだろうか。

 死は、
 誰もが望むときに、
 望むような形でやってきてはくれない。

 自分は、いつか死ぬ。
 死なない人などいないのだ。
 病気にならない人も、
 絶対に事故に遭わない人も、いない。

 なんだか、
 中川氏の遺影をテレビなどで拝見しつつ、
 『死』について、いろいろ考えてしまった、
 そんな週末でございました。

コールドケース

コールドケース というドラマがある。

Cold Case [DVD] [Import]Cold Case [DVD] [Import]
()
Kathryn MorrisDanny Pino

商品詳細を見る


アメリカさんの輸入モノだけど、
近頃もてはやされる海外ドラマは、
よく出来ていて、ほんと、面白い。

日本にも、こんな風に、海外に堂々と輸出できるドラマがいっぱいあるかどうか、
なんだか悲しくなってくる。

さて、
「コールドケース」とは、
もう有名だけど、
迷宮入りになってしまった過去の事件のこと。

日本と違って殺人などに時効が無いアメリカじゃ、
昔の証拠品からDNAが出ただとか、
新しい分析法が見つかったとかで、
解決不可能と言われていた事件が、ふと解決することも、あると言う。

日本の警察は優秀だとか、
検挙率が高いとか言うけど、
時効になったらそれまでってのは、いただけない。

その点は、絶対アメリカや、
時効を容認しない国には、頭が下がる。

逃げれきれば勝ちみたいな、
犯罪って、
そんなものだろうか。

罪の重さは、時間とともに減っていくものだとは、
私は思わない。



が、

この間の深夜に見ていたら、
なんと、
第二次世界大戦の頃の殺人事件が、
やっと解決していた。

犯人は、興奮してつい殺してしまったとは言え、
その事実を隠したまま、
戦後をずっと生きてきたワケで、
さすがに50年くらい経ってから、「犯人ですね」って逮捕される光景には、
ちょっと驚いた。

時効が無いってことは、
つまりはそういうことだ。

何十年前の事件であろうとも、
犯人が、
孫やひ孫に囲まれて老後をのんびり暮らしていたとしても、
90歳でも100歳でも、
重要な証拠が出てきたり、
確実な証人が、「実はアイツが犯人です」って出てきたら、
すぐ逮捕なワケで・・・

なんとなく、
「そんな、いまさら逮捕するの?」みたいに思ってしまった自分が、
情けなくなった。

それじゃ、時効容認と同じなんだよね・・・


受刑者の高齢化で、
刑務所で、認知症のケアが必要になったり、
動けない高齢受刑者のために、
冷暖房完備の部屋があったり、
確かに、なんていうか、
本末転倒な気もする、「高齢者の懲役」

税金もいっぱい掛かる。


時効が無くなって、
コールドケースのようなことが日本で起きはじめると、
私のように、つい、
「でも相手はお年寄りなんだし」っていう同情論は、
絶対出るに違いない。

時効に反対!とは言っていたものの、
50年経っても、
100年経っても時効無しってのも、
なんか無理があるように思えてきた、そんなアタクシ。


時は、すべてを解決してくれるワケじゃ、
無いんだよね・・・。

o(〃^▽^〃)o 難しいでしゅね。

扶養控除が無くなったりするそうで。

 扶養控除は廃止になったりするそうで・・・

 ( ̄▽ ̄;) ははは。

 なんていうか、
 財源確保のためにいろんなとこ削るみたいだ。

 選挙前から、こんな結果になるだろうと、
 思ってなかったわけじゃない。

 限られた財源から、
 たくさんの補助や手当てを出すとなれば、
 他のものを廃止にするとか、
 減額するしかない。

 それなのに、
 そりゃ無いだろう!と言いたくなるのはナゼだろう。


 少子化で困ってるんだから、
 子供がいない家庭に税金を大目に負担してもらって、
 そして働いてない主婦への援助も減らして行こう。

 ( ̄(││) ̄) 理屈は分からなくも、無い。

 でも、
 扶養控除を廃止するなら、
 不妊治療については、
 全面無料化でもしない限り、
 少子化を増長することになりかねない。

 アタクシの知人が不妊治療を受けてるんですが、
 相当負担は大きいですよ。

 人工授精くらいまでやってると、
 体の負担が大きくて、仕事なんてやってられない。
 だけど支出は半端じゃない。

 卵子を採取するために入院したり、
 体中が駐車の影響でむくんだり、
 卵子採取後は、一週間、ほとんど水分を摂ってはいけないと規制されたり、
 絶対普通の仕事しながらじゃ、
 無理。

 そんな状況なのに、
 扶養控除が無くなって、
 しかもまだ子供はいないから、子ども手当ての恩恵は受けられない。

 正直、
 不妊治療中の家庭が、
 今回の政策によって、一番ダメージを受けるんじゃなかろうか。

 不妊治療じゃなくても、
 例えば、子供が1人の家庭も、
 「そうか、これからは扶養控除が無くなるのか、
  じゃあ、妻もバリバリ働かないといけないから、第二子はやめておこう」
 
 なんてことにもなりかねない。

 主婦を守れと言ってるわけじゃない。
 できるかぎり、
 みんな働いて、納税して、
 性別も年齢も関係なく、
 元気で働ける人は、働くのが、一番人間として望ましい姿だと思う。

 そして、
 事情があって働けなかったり、
 障害を持っている人を、集めた税金で助けていける社会が、
 理想だと思う。

 ( ̄(││) ̄) 理想は理想なんだけど。
 o(〃^▽^〃)o 理想は理想で終わるもんでしゅよ。

 ・・・。


 助け合うためには、
 高齢化社会で、子供が少ないというのは、致命的。


 とにかく、
 扶養控除を無くすなら、
 そして主婦にはどんどん働けと後押しするのなら、
 乳児から入れる保育園の充実や、
 病児保育、
 病後保育、
 学童保育を、全国で受けられる施設を、
 国が確保することが必須。

 民主党の政策には期待したいけど、
 こども手当てに対しては、
 最初から多くの日本人が、「財源はどうすんだ?」って懐疑的だったはず。
 
 その結果が、
 だんだん目に見えてき始めた。

 次にどんな手当てが廃止され、
 次にどんなものが増税になるんだろう。


 みんな、
 自分に火の粉が降りかかってこないか、
 段々不安になってくる、
 そんな日本・・・
 
 老後安心できるような気が、
 全然しないのはナゼ・・・。

 

周囲の大人が・・・


 台風の爪あとや混乱の様子をマスコミが伝える中、
 名古屋駅で途方に暮れる男子高校生の姿が、 
 何度も放送されていた。

 就職試験で大阪まで行くのに、
 朝9時の新幹線が出ない、
 どうしよう、と途方に暮れる学生さん。

 ( ̄▽ ̄;) ・・・。

 台風だって言ってたじゃん!
 昨日から、翌朝でっかい台風が直撃するかもって、
 ニュースで言ってたじゃん!


 周囲の大人や先生がアドバイスしてあげようよ!
 まだ、
 交通の混乱をあまり分かってない子かもしれないじゃん。
 
 自転車通学してる子とかなら、
 雪や台風で、
 新幹線が長時間止まったりすること、
 運休になることに、
 考えが及ばないのかもしれない。

 だったら、就職指導の先生が、
 「明日は絶対新幹線はダイヤが乱れるから、
  こんな一世一代のときは、
  ホテルがなくても大阪駅夜を明かすつもりで、
  前日から現地入りしておけ!」
って

 ちゃんと言っておいてあげればいいのに。

 o(〃^▽^〃)o 先生にそんな責任は無いよ。

 うん、ごめん。
 無いけどさ、
 なんで当日の朝、駅でおろおろ泣きそうになってんだと思ったら、 
 かわいそうで。

 普通列車でもいいから、
 前日に出発しなさい
 って、親が言ってあげれば良かったのに。

 あの子、
 試験に間に合ったかなぁ?

 ちょっと気になる、
 そんなアタクシ・・・。

なんともなかった・・・

 不安で一晩中起きていたんだけど、
 うちの近所には
 台風の被害が全然なかった。

 ニュースを見てなければ、
 大型の台風だとか、直撃だとか、
 そんな感じは全然ないくらい。

 ( ̄▽ ̄) 風が吹いてるだけだった・・・。


 名古屋はけっこうひどかったし、
 愛知県内でも、
 ほかにも被害が大きかった場所は多い。
 
 こういうのって、
 ほんと、わずかな差ですよね。

 隣町が水没してても、
 自分の近所は全然なんともなくて、
 だから普通に出勤しようとしたら、冠水でたどり着けなかったとか。

 
 私、もちろん、
 家を持つことには憧れる。
 
 つい、アメブロでもらったアメGを換金して、
 それでtotoくじ買っちゃったほど。

 o(〃^▽^〃)o ネットで手に入れたお金って、無駄なことに使い勝ちだよね。
 ( ̄(││) ̄) いや、だって当たるかもと思って・・・


 だけど、
 もし家を持ったら持ったで、
 その管理も大変なんだろうな。
 
 今回の台風で壊れたりした家は、
 保険入ってたかなぁ・・・
 補償されるのかなぁ・・・。

 と、
 ベランダの小さなプランターさえも倒れなかった我が家で、
 ふと思う。

 いつまでも幸運が続くとは限らない。
 今回より大きな台風が直撃したり、
 大地震が来ないとも限らないから、

 日頃から避難に備えておこう。

 ・・・と。

 o(〃^▽^〃)o 台風が過ぎてから思ったんだ。
 ( ̄(││) ̄) すいません。

 

でないよ。暴風だよ。


 台風接近中。


 そろそろ、暴風になってまいりました。
 さっきまでの豪雨は今、ぴたりとやんでいるんだけど、
 代わりに風がすごい。

 片付け忘れたプランターを部屋に入れようと思ったけど、
 やめた。

 出て行って何かに当たってどうかなる人のニュース、
 台風のたびに見るんだもん。
 
 子供の頃、飛んできたタイヤのホイールカバーに当たった人、
 見たことあるもん。

 ( ̄(││) ̄) 家から出ないぞ。


 しかしね、
 困ったな。

 どこの家だって困るだろうけど、
 停電になったりしたら、
 何にもできやしない。
 
 ご飯も炊けない。
 うち、オール電化アパートだから、電気が無いと何もできないや。

 伊勢湾台風も、
 こんなふうに細かくニュースが流れて、
 どれくらいの規模で、
 どんなスピードで来るとか報道されてたら、
 あんなに被害は大きくならなかったのかな・・・。

 いや、でも、
 家ごと流されるなんて普通思わないもんね。
 
 今の私みたいに、
 「台風が来るから、家から出ないぞ」って思うだけだよね・・・。

 o(〃^▽^〃)o 植木鉢片付けて、雨戸閉めてさ
  ( ̄(││) ̄) うんうん。

 昭和の時代と違って、
 瓦もずいぶんしっかり固定されて、
 家もそうそう吹っ飛ばない。

 だけれど、
 アスファルト舗装と建築物の増加で、
 増えたのは水害だ。

 一昨年、実家のあたりはけっこう大変なことになった。
 
 ( ̄(││) ̄) 今回は大丈夫だろうか。

 明日の朝、
 「思ったよりなんともなかったね♪」って話せることを、
 切に願います。

 もう、
 災害ってのはこうなったら、
 過ぎてくれるのを待つしかないんだから。

 o(〃^▽^〃)o でも一応荷物とかまとめてよ!
 ( ̄(││) ̄) 要るかな、それ・・・

 アスファルトで舗装して、
 どこも車で走りやすいし、ぬかるまないし、
 
 そういう便利さと引き換えに、水がやってきた。

 浸水の危険。
 豪雨と洪水。

 人間って、
 じわじわ自分たちの首、絞めてるなぁ・・・。

ひき逃げ事件に思う・・・

 またもや目に付いたひき逃げ事件を見ていて、
 ふと思う。
 
 轢いちゃったら絶対逃げないって、
 当然だって思ってるけど、
 いざそうなったら、
 冷静に判断できるのかな・・・

 その場ですぐ救急車を呼べば助かるような場合もあるのに、
 なんでひき逃げしちゃうんだろう。

 私も、そういう立場になったら、
 逃げたくなってしまうのかしら?

 もちろん、
 逃げないつもりでは、いるけれど・・・。


 幸いなことに、
 私はいままで、人を轢いたり、人身事故を起こしたことが、無い。

 被害者にしか、なったことが無い。

 でも、
 どんなに安全運転をしているつもりでも、
 車やバイク、自転車を運転しているということは、
 誰かをひき殺す可能性を、
 持っているということ。

 絶対に事故を起こさない人なんて、
 きっと居ない。


 運転歴何十年のベテランだって、
 突然の飛び出しには、どうにもならないこともある。



 そんなワケで、
 まあ、少なくとも、
 誰もが交通事故を起こす可能性を持っているという前提で、
 すべてのドライバーに、
 「逃げたら大変なことになる!」と思わせる罰則強化を、
 徹底して欲しい。

 被害者が死んでなくても、
 逃げちゃった場合は、執行猶予無しで懲役10年、とか。
 それくらい罪が重かったら、
 逃げるのを思いとどまる人も、増えそうじゃないかしら。

 時効も短い。

 死亡ひき逃げ事件の時効7年は、
 やっぱり相当、短い。

 ひき逃げの検挙率は高いけれど、
 でも見つからなかったら、たった7年で無罪放免だなんて、
 その差が大きくないだろうか。

 時効7年というのも、
 逃げてみようと思わせるポイントかもしれない。

 だいたい、
 死亡ひき逃げ事故人殺しって、
 どう違うの?

 自分が轢いた相手が死んだと新聞で見ても自首して来ないなら、
 それ、
 殺人でしょ?
 ヒトゴロシでしょ?

 ( ̄(││) ̄) ・・・ねぇ。
 o(〃^▽^〃)o 誰に言ってんの?

 相変わらず、
 飲酒運転でひき逃げした場合、
 逃げて酔いを醒ましてから出頭した方が刑が軽くなるってのも、
 なんとかしてください。

 鳩山さん。

 o(〃^▽^〃)o 鳩山さんに言ってんの?


 飲酒で事故ったのがバレるより、
 逃げちゃった方が罪が軽いんだから、
 飲んでる人は、人命救助より、逃げちゃうでしょうよ。

 その場から逃げた方が、
 刑務所から早く出られるだもん。
 
 正直にその場で警察を呼んだほうが、
 罪が重いんだもん。



 ( ̄(││) ̄) ・・・やっぱおかしいよ。
 
 おかしいことは、すぐなおそうよ。

かみさまってなあに?


 タマクローに、「かみさまってなあに?」 と聞かれた。

 私は法事があればちゃんと行くし、
 仏壇にも手を合わせるけど、
 多くの日本の若者がそうであるように、
 「熱心な仏教徒」ではない。

 正月は神社に行って、
 年末はクリスマスをやる、典型的な、「葬式だけの仏教徒」だ。


 3歳だから、アタクシの言いたいことはよく分からないと思うけど、

 宗教って、

 お金持ちとか、
 すごく信じてる人が救われるとか、  
 特定の人種や民族が救われるってものじゃなくて、

 自分たちが正しい生き方をしたいっていう、
 人間の気持ちの象徴であって欲しい。



 なんちゅうか、
 お日様みたいなモンです。



 お日様を、世界各国で何て呼ぼうとも、
 やっぱりお日様はお日様で、
 誰のものでも、ない。



 誰か特定の人に利益をもたらすこともなく、

 目の見えない人には太陽は見えないけど、

 それでもちゃんと、そこにある。



 感謝してても、
 してなくても、

 太陽はそこにあって、
 実は人は太陽のおかげで生きてるんだけど、
 毎日あがめたり、お供えすれば、さらに効果があがるワケでもない。



 でも、
 お日様はずっと、
 誰のことも見捨てない。

 特に干渉もしない。



 誰かが虐殺されても、
 罪を犯したものがのうのうと生きていても、
 太陽は何も言いはしない。



 でも、人は勝手に、
 お日様(神様的なもの)は、きっと全部見てると信じて、
 善行を積む。
 正しいと思うことを、する。

 それが人としての生き方。



・・・と思いたい。


 神様というか、
 宗教って、

 そんな風であってほしいなと思うんだけど・・・


 どの宗教を信じるにしても、
 自分の宗教だけが正しいとは思って欲しくないし、

 神様って、
 誰の心にも住んでるものだと思いたい。



 ( ̄(││) ̄) いかがなもんでしょうか。
 o(〃^▽^〃)o ママの考えは偏ってるからね。

 真面目に宗教に取り組んでる人や、
 修行の日々を送っている方を、間違ってると言いたいわけでもないのです。
  
 神様に近づこうとして修練したり、
 神を知ろうと、
 神の声を聞こうとすることは、
 すばらしいこと。

 でも、自分だけの神を信じるあまり、
 他の宗教を排斥したり、闘ったり、
 みずからを特別な存在だと思いはじめるのは、イヤだ。

 みんな、同じように日の光を浴びてるだけなんだと、
 同じなんだと思いたい。


 

さようなら中川さん。

(注 この記事はUP後1日。
 今は中川氏の死因は病死か事故死の可能性が高いと報道されています。
 中川昭一氏の死について自殺説を聞いて、死因がはっきりする前に書いてしまったものです)

 死にたくなることや
 つらいことがアタクシにだってあるので、
 自ら死を選んだ人に、
 どうこう言うつもりは無い。

 中川昭一さん、
 どうか安らかに。

 しかし、
 まあ、一つ言えることは、
 やっぱりどんなにバッシングされても、
 死んじゃったら負けだ。
 もう二度と言い返すことはできない。

 家族も友人も、
 この先ずっと、
 「もっと支えてあげられたんじゃないか」
 「何かしてあげられたんじゃないか」
 「自分が追い詰めたんじゃないか」と、
 絶対に、後悔と自責を繰り返す。

 そうやって、
 遺族を哀しませてしまうことだけは、
 苦しみを残してしまうことだけは、
 忘れないで欲しい。


 死を選ぶほうが楽なときは、ある。

 あるよ絶対。

 このまま眠って、
 目が覚めなかったらどんなにいいかと思うことは、
 けっこう、大勢が経験すると思う。

 でも、
 その死が、また誰かに苦しみを与えてしまうことも、
 あることを忘れないで欲しい。


 人って、生きるって、
 ほんとに難しいものですよね。
 
 生きたくても生きたくても、
 夢があっても、
守りたいものがあっても、 
 奪われる命が、たくさんある。

 子供が小さかろうが、
 もうすぐ結婚だろうが、
 そんなときでも、事故や病気はやってくる。

 そういう人は生きられないで、
 なのに、
 お金もあって、
 食べるのにも困らず、健康な人が、
 生きることに疲れ果てて自ら命を絶つ。

 進化したゆえの、
 社会を形成したゆえの、
 不可思議な矛盾。

 だからこそ、人間なんでしょうね。
 
 悲しいな、
 人間って・・・。

 

 (追伸 中川さんの死因は、
  睡眠薬の服用はあるものの、ハッキリしないと報道されています。
  どっちにしろ、遺族は悲しいものですが、
  やはり、自ら命を絶ったのよりは、病死の方が、心の負担が軽いような気がします。
  遺書も無いそうなので、
  自殺で無いことを、祈るばかりです。
  どうぞ安らかに・・・)

NGワード NGセンテンス


 ムスコは可愛いし、
 とにかく大事で仕方が無いのだけど、
 教育のこととかは、
 やっぱり不安だ。

 お金だけが大事じゃない。

 お金が無くても、
 親が居なくても、立派に成長する人はいる。
 
 お金があっても、
 超めぐまれていても、変な人に育っちゃう人もいる。

 もちろん平凡な家庭でも。

 だからお金のことや、
 片親ってことについてだけ心配してるわけじゃないのだけど、
 
 万が一失敗したら、
 子供が犯罪を犯したりしたら、
 ( ̄▽ ̄) 人のせいにできないのは厳しい。

 全部自分のせいだ。


 慎重に、
 大切に、
 温かく、
 厳しく、
 優しく、

 いろんなことを思うけど、
 育児本を見ればあれこれルールは書いてあるんだけど、

 ( ̄▽ ̄) それでも今日も口をついて出てしまう言葉の数々。

 「早く早く!」
 「何で分からないの!」
 「きゃー!!何してるの!」


 絶対言っちゃいけない言葉だそうだけど、
 たぶんつい言っちゃう言葉ベスト3に違いない。

 言ってはまた、
 ああ、言っちゃった、しまったの繰り返し。

 「いい子ね、立派ね」と褒めるのもNG。
 「ダメダメダメ!」と叱るのもNG。

 言い分を聞いて、共感する子育てをしましょう。

 そんな立派なセリフが、役に立つはずの育児本が、
 妙に母親たちを追い詰める気がする、

 2009、秋。

 o(〃^▽^〃)o なんだその終わり方。

 
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。