立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交際相手殺害に思うこと。


 岐阜で、交際相手の女性を殺した男が逮捕されたニュースを見たのだけど・・・

 私にはその考えが
 やっぱり理解できない。

 振られたことは私だってあるけれど、
 だからって憎いから殺そうとか
 そんな思考にはならないもんなぁ。

 なんでなんだろう。


 歌でもありましたよね。
 「誰かにとられるくらいなら
   あなたを殺していいですか」 みたいな。


 それ、本当に相手を好きなのかな。

 好きなら幸せを望んであげないと
 好きだから誰にも渡さないために殺すなんて、

 身勝手すぎるなぁ・・・
 恋愛じゃなくて、自分のコレクションだと思ってないかなぁ。


 とりあえず、
 身勝手な思い込みでの殺害は
 「相手を本当に愛していたから」 とは思えないアタクシ。


 相手じゃなくて
 自分が本当に好きだから
 自分が可愛くて仕方ないから、他の人を犠牲にできるんじゃないかなー・・・




 
スポンサーサイト

チェルノブイリとの比較

 福島原発事故の影響があった地域で
 被爆したコドモに多い
 「甲状腺がん」が一例見つかったそうだ。

 見つかったけれど
 政府は
 「チェルノブイリでは初めて症状がでたのは
   事故から4年後だ。

  だから早すぎるので因果関係は立証できない
」と見解を示した。


 ・・・。

 ・・・。


 ガンだぞ。

 幼い体で「ガン」って言われるんだぞ。

 親も子供も、果てしない重圧とストレスで、人生が変わるのに。



 原発事故は、なんでもかんでも「想定外」

 放射性廃棄物置き場の屋根がふきとんでも「健康に影響はない」

 いつまでも立ち入り禁止なのに「他の原発は安全が確認されました」



 ・・・。


 福島だって、安全っていいまくって操業してませんでした?

 のどもと過ぎてないのに
 もう熱さ忘れちゃったの?

 お金の力と原発への天下りが、のどを冷やしたの?



 とにかく
 なんでもチェルノブイリと比較するのは
 やめてもらえないだろうか。

 ここは島国だし
 住んでいる人種も違うのだし。

 惨事だが『チェルノブイリよりはまだ良い』とか、
 健康被害はチェルノブイリで出てないものは、日本でも出ないだろうとか
 チェルノブイリで数年後に出てきた症状はまだ出ないだろうとか、


 チェルノブイリを全部の基準にするの、
 どうかんがえてもおかしいでしょ。



 少なくとも、
 隙間だらけでも
 チェルノブイリは原発を壁でかこって
 「むき出し」だけは、今は格好だけは避けているのに。(現実には漏れてても)

 津波に地震に避難生活に家族の離散、死亡
 日本には日本の災害があって、
 日本の被害者が居て、
 原発事故は全部同じではない。


 チェルノブイリと、
 「ただ原発の事故だから」って比較の対象にするのは

 犯罪の被害者に
 「もっとひどい目にあってる人もいるから、あなたは楽な方だよ」って
 そんな比較をするくらい

 違う気がする。

 
 

とにかく良かった。

アパート排気口の上に乳児を裸で置き去り
読売新聞 2月15日(火)10時40分配信

 15日午前6時30分頃、横浜市神奈川区三ツ沢下町のアパート玄関脇の外壁に取り付けられた排気口の上に、生後間もない男児が裸で置き去りにされているのを、泣き声に気づいた住民の女性(28)が見つけた。

 神奈川署が保護責任者遺棄容疑で調べている。

 発表によると、男児は身長45・4センチ、体重2670グラム。へその緒がついたままで、生後数時間しかたっていないとみられる。命に別条はないという。 最終更新:2月15日(火)10時40分



 ああ、生きてて良かった。

 このお母さんにとって、子供なんてほんとうにやっかいなものだったんだろう。
 死んでもかまわないつもりで置いたとしか思えない。

 少なくとも、
 無事だれかに育てて欲しいと願ったら
 保温して目立つところにそっと置くもん。

 子供が欲しくてどんなに治療受けても授からない人もいるのに、
 こうして、いらない人には授かってしまうのが、
 この世の中のままならないところですよね・・・

 子供の将来を悲観して、
 いらない子供なら助かっても幸せにはなれないと言う人もいますが、
 私は助かって良かったと思います。
 とにかく、生まれてくることに罪はない。

 その子が生まれてきたことにも、
 意味があると信じたい。
 その子が将来、誰かの助けになったりすると、信じたい。


 幸い、生後間もない子なら、養子に出されても、
 実子として登録できる制度があります。

 親が誰だか分からないと、
 おそらく妊娠中に健診も受けていないだろうし、
 遺伝的的になにか問題のある遺伝子があるかとか、
 親の病歴も分からないなどの問題もあるけれど、
 寒空の下で助かった子の運の良さに、私は賭けたい。

 幸せになってくれると信じたい。



 自分で産んだ子じゃなくても、
 赤ちゃんを育てたいと願う夫婦は大勢いるのだし、
 例え施設で育ったとしても、人のためになろうと、まっすぐ生きている人もいる。

 生まれた環境が恵まれていたとしても、
 そのありがたさに気づかずに曲がっていってしまう人もいる中で、
 その子は、暖かい心を持って育って欲しいと、心から願います。


 ま、もし私が育ててって言われたら、 
 贅沢はさせられないけど、精一杯育てるわ。

 こういう
 「子供なんて邪魔なだけ」という考えの人が一人でもいる以上は、
 たとえどんな批判があろうとも、
 「赤ちゃんポスト」のようなものが、各地に必要だと思う、
 そんな三十路。

 

アタクシが思う、内蔵のハナシ。


 臓器提供への意思表示を明確にする人が、
 増加してるんだそうな。

 とくに、「拒否」の人が。

 脳死だったら、臓器は使わないで欲しい。
 意識が戻りそうもなくても、
 医師がそう判断しても、延命を続けて欲しい。


 ・・・分からなくもない。

 
 親の立場なら、子供の場合は奇跡を信じたい。
 
 脳死ですって言われても、
 急に目覚めるかも、って思って、毎日さすり続けるだろうし、
 ふんぎりもつかない。

 暖かくて鼓動があって、
 髪も爪も伸びる子が、
 「もう死んでるから臓器出していいですか?」って言われても、
 親はなかなか踏ん切りがつかないと思う。

 だけどワタシは、
 大人である私自身では、
 自分の臓器は使ってもらっていい。

 もしかして助かる可能性があっても、
 ほぼダメっぽいから脳死という判定が出るんだろうし、
 そこから回復する可能性があったとしても、それは現代医学をフル回転させた上でも、
 奇跡に近い。

 もし映画の世界みたいに、
 政界の大物とかと臓器が適合してて、
 だから助かる可能性があるのに消されそうになってるとしても・・・

 医者が腕試しをしたいだけだったとしても、

 ヾ(@゜∇゜@)ノ だったらその後もどうせ狙われちゃうんじゃん。

 カルテなんて適当にごまかされちゃうだろうし。


 ま、
 なので、
 臓器出して使ってもらってもいいかなって思ってます。

 
 世の中、不摂生がたたって体を悪くしてる人も大勢いるけど、
 生まれつきの病気だの、
 何かに感染しただの、自分の責任じゃないことで臓器が使えなくなってる人がいる。

 だったら、
 アタシの内臓で少しでも長生きして、
 その人が世の中に貢献してくれたらありがたいわ。

 ワタシがあげた臓器で長生きした人が、
 大犯罪を犯すかもしれないけど、そこまでは責任持てない・・・。


 ただ、
 生きたいという意志を持っているのに、
 ベッドでじっとしているしか無かったり、
 例えば、生まれつきの腎臓疾患で、透析を受けていて、命が危ないとか、
 そんな人がいたら、使えたら腎臓あげたいな、って思う。

 これは個人の考えだから、
 拒否することは悪いことでもなんでもないと思うし、
 強制するつもりはないんだけど・・・


  
 でもさ、
 自分がもし、規則正しい生活してきたはずなのに、
 臓器がダメになったりして、
 もう移植でしか助からないと思ったとき、
 移植してもらえたら助かると分かったら、お願いしたくない?

 なにか事業が途中なら、
 養う家族があったり、
 夢があるなら、
 なおさらのこと。


 自分は脳死になっても臓器はあげたくないけど、
 でも移植が必要な体になったら移植して欲しいって、
 なんかそれって、どうもワガママな気がしてしまう。


 ということで、
 ワタシは血が薄く、献血もいつも断られるし、
 出産も個人経営の田舎の病院でしたので、臍帯血も提供できなかった。

 臍帯血が適合して、助かる人がいたかもしれないと思うと残念だけど、 
 まだ、
 出産時に臍帯血を回収できる病院は、全国にそう多くないんだもんね。


 だからせめて、
 内臓くらいは、
 使えたら使って欲しいと思う。


 献体したっていい。

 家族が分かってくれたら、
 献体して、散骨して、
 法事は空かなんか眺めて済ませて欲しいように思う。


 っちゅうことで、

 「拒否」の意思を示すために脳死後の臓器移植への意思表示が増えたってのは、

 個人的には、
 いろいろ考え込んでしまうニュースでございました。


 
 そして臓器移植を受けた人には、
 その後はやっぱり、
 清く正しく生きて欲しい。

 無くすはずの命をもらったんだから、
 犯罪に手を染めたり、
 自堕落な生活や、暴飲暴食なんかしないで欲しいな。

 強制はできないけど。

誰だか分からない死人。

 ふたたび消息不明のお年寄りの話。



 近頃、
 高齢者の行方が分からない問題がクローズアップされている。

 本人の死亡届が出されず、
 とくに何かの滞納などがなければ、
 ずっとデータ上は生きていることになる。

 今後、100歳以上のお年寄りには、
 実際に会ってみることにする、という案も出ているけど、
 悪意がある家族なら、
 よその寝たきりのオトシヨリを借りてくることも可能なわけで・・・。

 近隣と付き合いの無い家庭の場合は、
 なかなか大きな問題をはらんでおりマッスル。

 年金などの支払いの問題もありますしね。



 そんな話をしていたら、
 ドクターが言ってました。

 「でも、誰だか最期まで分からないで死ぬ人なんて、
  病院じゃ珍しくないよな?」






 橋の下とか、
 公園にお住まいの方が倒れたりして、
 救急車で運ばれてきたり、
 役所の人が連れてきて入院したりする。
 
 治らない病気の末期だったり、
 もう意思も示せない状態だったり、 
 本人が言いたがらなかったりして、
 一体何歳なのか、ドコの誰かのかも分からないまま医療を受け
 やがれ亡くなり、
 そして役所の人が遺体を引き取って焼き場へ。

 そういう例は、年に何件もあるんだそうな。

 誰だか分からないまま治療され、
 誰だか分からないまま死に、
 誰だか分からないまま焼かれ、
 誰だか分からないまま骨になる。


 その戸籍に、死亡と記載されることも無く。

 

 だから
 データの中ではその後もずっと生きていたりするのかもしれない。

 どこかに身内がいるとしても連絡しようもないし、
 身内がいるのかどうかも分からない。
 本人の名前すら分からないのだから。


 例えば家族が年金を受け取って暮らしていたり、
 そうじゃなくても、身内が誰もいなくて、亡くなった事を申告する知り合いも居なければ、
 「失踪者」にすらならない。

 名前も分からない患者さんの場合、
 近所のバス停や橋の名前で、呼ぶんだそうな。

 番号で呼ぶわけにもいかないしね。


 ちょっとだけ、
 墓石から名前をとったという、
 孤児院育ちの少女を思い出したわ。
 あしながおじさんの主人公、ジェリューシャ・アボット。


 

 バス停や駅の名前や、
 住んでた公園の名前で呼ばれたまま、亡くなる人たち。

 名前も住所も年齢も、
 下手したら、国籍すらも分からない。


 それが現実。
 
 戸籍の管理は難しい。

 人の転居は自由だし、
 さまざまな事情で独居や、身内の居ない人が多い昨今、
 一体人をどう管理していったらいいのか、
 誤魔化そうと思えばいくらでもできる「本人確認」に意味はあるのか。
 
 もろもろ考える、
 そんなアタクシ。
 

 次回、
 プライバシーと地域のつながりに続く。

 o(〃^▽^〃)o なんだよ偉そうに続き予告かよ。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。