立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題性さればあればいいの・・・

 のりぴーはやっぱり、芸能界に復帰するそうな。

 芸能界にそういう需要があるんだろう。
 間違いなく、
 「話題性」はあるんだから。
 
 コマーシャル代もいらない。

 批判はともかく
 マスコミはとりあげる。


 ・・・。


 それでもね、
 それでも、

 贅沢さえしなければ
 普通の生活はできるんだよ。

 介護の資格、ちゃんと取れば
 地道に生きていけるんだよ。

 不祥事を起さなくても
 芸能界をさっぱり引退して、
 (話題性がなくなったせいもあるけど)
 
 普通に暮らしてる人も、大勢いるんだよ。


 ここで
 いつでも戻れる甘い世界だと思わせてしまったら、
 彼女は変われないような気がする。

 どんなに反省してみせても
 どんなに泣いて見せても
 それは演技にしか見えない。

 

 つらい肉体労働で
 汚物の処理もして
 体の不自由なご老人や病人の介護もしてこそ、
 人間的に深みが増すと思ったんだけど・・・

 今回のことは
 別にダンナが全て悪いとは思えないけど
 それでも話題を求めてしまうのが
 日本なんだななぁ・・・。

 マスコミなんだな・・・

スポンサーサイト

それはぬいぐるみじゃあ無い。


 ペット通販で苦情が相次いでいる
 というニュースを見て
 「まだやってるのか・・・」と力が抜けた。

 通信販売で犬を買おうとか猫を買おうとか 
 その感覚がおかしいと
 なぜ気付かない。

 人間の赤ちゃんなら、
 箱に入れて空輸しますか。

 届いた時点で衰弱していてすぐ亡くなったり
 何か感染症にかかっていたりすることなんて
 当然考えられます。

 犬を飼おうとか
 猫を飼おうとか言うのは
 家畜を食べる目的で飼うのとは違うんです。

 「肉」を空輸しているんじゃくて、
 それは生きているんです。

 家族にしようとする生き物を
 画像で選んでクリックして送ってもらうことが
 なぜおかしいと気付かないんでしょうか。




 昔、ペットショップでアルバイトしていて
 関東の大手ペットチェーンの業者も見ました。

 ペットを扱っていて
 利益を上げるには
 服やおもちゃなどのグッズをたくさん売るか
 美容や散歩、ペット預かりサービスなどの副業が大きい。

 生き物をただ売るだけで利益を求めるのは
 とても難しいことです。
  
 不可能ではないですが
 そこには
 少し良心が欠ける場合が、どうしてもある。


 実は純血でないのに血統書をごまかして販売して
 「いざ飼ってみて、だんだん違う毛色になってきても、愛着があるから返却はないだろう」とか

 少し関節に異常があるのが分かっていても
 「子犬の頃はたくさん走らないから気付かない。今のうちに販売しよう」とか


 販売しなければ
 犬たちは下手したら処分されることになる。

 すべての売れ残りの犬・猫を
 繁殖用に手元に残していたら、飼育に費用がかかりすぎる。


 ペットショップで働くと
 つらい場面をたくさん、見ることになる。




 実際に子犬を見て、抱いて、この子がいいと買っていった人が
 平気で「やっぱり他の子にする」と
 返品しにくることもある。

 返品
 交換
 通販


 ペットはぬいぐるみでも、ただのアクセサリーでもありません。

 いじめれば懐かないし
 病気もするし
 いつか老化もします。

 生き物なんだから。



 それは学校で習ったりしないと
 分からないことなんでしょうか。

 分からないで通販で買って
 苦情を言っている人の気持ちが、私には分からない。

 通販で販売してしまう人も、
 買ってしまう人も。



 家族にするのなら、それは、人間の赤ちゃんと同じです。




50年後が想像できない。


 突然ですが定期借地住宅って
 けっこうよく聞きますよね。


 定期借地権
 定期借地住宅
 定期借地マンション

 いろいろあるのだけれど 
 つまりは土地は買えず
 土地だけはもとの所有者のもので
 地上を利用する権利を年数限定で買うもの。

 期限がきたら立ち退かねばならない。

 だから、
 普通の住宅よりも割安であることが多い。


 だって代わりに、
 永遠に自分のものにはならないのだから。


 一戸建ての定期借地住宅を買っても
 子々孫々が済み続けづことはできない。

 期限は最初に契約して決まってるのだけど、
 50年程度のものが多い。

 返却の際には、 
 普通、地上の建築物は
 居住者の負担で解体し更地にして返さねばならない。


 更地にして返すとしても、
 安く買えるからいいの?
 メリットデメリットを考えると
 難しい。

 だって、定期借地権という制度ができたのは
 そんなに昔でもないし
 物件が増えてきたのも近年の事。

 つまり、借地権が終わって
 期限がきたから更地にして円満に立ち退き完了と言う、
 実例がまだほとんどないのだから。


 人生は80年程度と考えれば
 30歳のときに50年期限の定期借地マンションを買えば
 ほぼ終生そこで暮らすことができるかもしれない。

 財産を継がせたい子供がいないとか
 子供が海外にいるとか
 そんな場合には持ち家を残した方が
 逆に面倒なことになるとも考えられる。

 だけれども、
 これから50年先、
 そういう人々が長年住んでいたとして、
 50年後に、問題なく更地にして
 返却することができるんだろうか。


 50年の間には
 居住者が亡くなることもあるだろう。
 期限が来る前に亡くなったりした場合、
 あと数年しか住めないマンションが売れるとは考えにくい。

 櫛の歯が欠けるように
 居住者が引っ越したり
 亡くなったりしていった場合
 50年が過ぎたとき、
 残った居住者が更地にして返す余力はあるだろうか。

 おそらく、定期借地マンションの積立金が高めなのは、
 そういう場合に備えるためもあるんだろう。

 いつか来る、返却にも備えて。


 先のことを考えていたらきりがない。
 だけど通常のマンションや団地だって老朽化する。

 団地自体全体が高齢化して
 過疎化して問題になっている場所もある。

 それでも団地や一般マンションなら
 行政や若い居住者の努力で
 リフォームして生まれ変わったり
 手入れがされることもある。

 でも、いずれ壊すことが決まっているマンションなら?





 なんて思うのは、
 家が欲しくて憧れて検索すると
 安くて新しい中古マンションは
 たいてい定期借地だから。

 定期借地マンション。
 維持費は高め。
 住める残り年数が36年などと書いてあると、

 安いようでもやっぱり高い買い物に思えるアタクシ。



 
 多少割安と言っても、
 いつか更地にして返さなきゃいけない物件って、
 やっぱりスパンの長いレンタル物件なんだよねぇ・・・



希林さんのお仕事


 思い過ごしかもしれないけど、
 なんだか樹木希林さんをバラエティなんかでよく見るような気がしてならない。

 まさか、
 夫のために弁護士費用だの、
 今後のために仕事を増やしてるんだろうか。
 
 もしそうなら、
 本当に頭が下がる。

 なにかの番組宣伝でもないのに、よく見かけるので・・・。



 対して、
 夫の内田裕也氏は
 「ロッカーだからお金がなくて弁護士費用が払えない」とか
 相変わらず理解不能なことをおっしゃっている。

 正直、
 希林さんだから支えられるんだろうけど、
 私なら絶対無理だ。

 お金がないのは、
 ロッカーだからじゃなくて、
 好き勝手使ってきたからであって、
 辞書で引いても、ロッカーとは「人にどんな迷惑をかけてもいい、その日暮らしの人」とは
 書いてないはず。

 ロッカーでも家族を大切にする人もいれば、
 ロッカーでも弱い立場の人を脅したりしない人はいくらでもいる。

 ロッカー=無法者 のようなアピールを続けるのは、
 ほんと、よして欲しい。



 とにかく、
 鍵屋さんを呼んで、元交際相手の部屋の鍵を勝手に替えるお金はあっても、
 弁護士費用は無いとは、 
 本当に身勝手な話。

 でも私は勝手に、
 そんな夫を支えるために希林さんは仕事量を増やしたと
 思っている。

 以前、病に苦しんでから、仕事はセーブするっておっしゃってたんだもの・・・。



 二言目にはロッケンロール!と叫ぶ内田氏だけど、
 このままじゃ、
 ただの無法者のチンピラで、奥さんに後処理をしてもらうヒモになっちゃう。

 やり直せる人生の時間は少ないかもしれないけど、
 本当に心のこもった一言と
 たった数日でも気持ちのこもった恩返しで、
 数十年もの放蕩も帳消しになることだって、ある。

 もちろん、逆もあるのだけど。

 
 内田さんには、
 もう、自分のしたことを「ロッカーだから」と
 ロックンロールのせいにしないで欲しい。
 
 反骨精神と、弱いものを脅すことは、違う。




 

整形したっていいと思う




 前から言ってることだけど、
 私は別に、美容整形に反対じゃない。

 リスクもあるし、ある意味、贅沢なことに医療を使うわけだから、
 予防接種が足りないとか、
 まだポリオやハンセン病が蔓延してる国も多い中で、
 なんだか先進国のエゴみたいな気もするけれど。

 その問題はちょっと置いておいて・・・

 
 美容整形って、
 必ずしも絶対に安全じゃないでしょ。

 昔よりは良くなっているとは言え、
 病気でもないのに体を切ったり、何か削ったり取ったりするんだから、
 それなりに覚悟が必要。


 あごを小さくしたり、えらの張った顔を削って小顔にする手術も流行ってるらしいけど、
 老後のこととか考えたら、
 「噛み合わせとか大丈夫か?」と心配せずにはいられない。

 ので、
 どこまで本人が覚悟をしているのかは知らないけど、
 大きなお金を使って、自分の容姿を理想に近づけようとすることに、
 私は別に反対じゃない。


 ただ、美の基準は人それぞれなので、
 自分で美しくなったと思っても、周囲が必ず好意的な反応を示すとは限らないし、
 それをやったから就職できるとか、
 恋愛がうまくいくとか、
 そういう現実的な効果が伴うかどうかは分からない。

 
 少なくとも、
 手術が成功して満足すれば、
 本人は自分のコンプレックスを克服できたりするのだから、
 それによって今後前向きに行動できるなら、人生にプラスになる。

 だから反対はしないんです。



 先日、知り合いのBさんが言ってました。

 「あーあ、キレイに生まれたかったなぁ。そうしたら人生違っただろうなぁ。
  タレントの○○ちゃんみたいな顔になりたいなぁ」



 Bちゃんがそう言うので、ふとその芸能人を検索してみて驚いた。
 
 めっさ整形してる。

 別人になるくらい整形してる。


 Bちゃん、確かに美人に生まれたら人生は違うかもしれないけど、
 人生を変えるために後で美人になった人もいるんだよねぇ。

 整形前の写真もたくさん出回っているから、
 「すごく整形した人」というイメージを、今後も消すことはできないと思う。

 それでも確かに、
 彼女は美容整形でキレイになることで、芸能界で仕事をつかんだ。

 それが長く続くかは、
 後は努力と運と実力次第だろうけど。



 
 
 
 Bちゃんには、○○ちゃんはキレイに生まれたんじゃなくて、
 キレイにして仕事をつかんだのよ。
 やってみる?
って言ってみた。


 アタクシは、もしお金があったとしても、 
 「キレイに整形したのにこんなはずじゃ・・・」って、
 うまくいくと勝手に夢想した人生どおりじゃなくてガッカリしそうだから、しないと思う。

 理想の外見を手に入れることと、
 理想の人生を手にいてることは、また別だから。

 でも、
 やるのも人生の選択の一つよね。



 ということで、
 私は整形には反対じゃないです。

 刺青には反対だけど。

 どこが違うって、
 刺青は普通病院でやらないし、
 整形みたいにしたことを誤魔化すこともできない。

 まだ日本では異質な目で見られるから、
 服を着ても隠せないところにやると、
 法事やら葬儀では、包帯で隠したり、ファンデ厚塗りしたり。

 「やったんだぞ」と周囲にアピールするシルシみたいだから、 
 好きじゃないんザンス。

 古いと言われても嫌なものはイヤ。
 タマクローが整形したっていいけど、刺青入れたらイヤだ。

 やるなら病院でやる「アートメイク」のアイラインくらいにしてちょーだい。

 
 
 

次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。